このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11062
Eprint ID
11062
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Fruit Quolity of'Gros Colman'Grapes Produced on Virus-free Vines
著者
岡本 五郎 岡山大学
三木 義博 岡山大学
陶山 晃子 岡山大学
犬伏 弘樹 岡山大学
平野 健 岡山大学
抄録
The Grape cultivar 'Gros Coleman'(Vitis vinifera)is the latest-maturing variety in japan,mainly cultivatde in green-houses in southern Okayama.Vines treated with virus-free treatments before raising in a nursery bed have been introduced in the last desade to improve the fuit quality,especially skin coloration and sugar content.However,some growers feel that the fruit taste from treated vines tends to deteriorate earlier than from untreated vines. We investigated change in the qualities of the berries produced on treated and untreated vines from October to January.After analysing skin color,berry turgidity,and juice constituents,we concluded that the palatability of berries on virus-free vines might be lessened in late December or thereafter of the rapid decrease in amino acids such as glutamic acid,glutamine,and alanine,which considerrably affects fruit taste.
抄録(別表記)
岡山県南部で施設栽培されている晩熟性ブドウの’グローコールマン’では、果実の品質を高めるためにウイルスフリー樹の導入が進められてきた。それによって、多くの場合は果実の着色や糖の蓄積が促進されるようになったが、樹によっては出荷最盛期の12月下旬になると果実の「張り」や食味が低下すると言われている。本研究で主産地の岡山市一宮地区内にある5ケ所の’グロー・コールマン’園で、ウイルスフリー樹と在来樹の果実の成熟を比較した結果、12月上旬から1月中旬までの間に果粒の「張り」や果汁の糖濃度が低下することは認められなかった。しかし、ウイルスフリー樹では果汁のアミノ酸が速く低下する傾向があり、それが食味の低下を引き起こす可能性があると推察される。
キーワード
grape
Gros Coleman
virus-free
ripening
turgidity
発行日
1999-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
88巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
65
終了ページ
71
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa