このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15228
Eprint ID
15228
フルテキストURL
タイトル(別表記)
放射線エネルギーの違いによる喉頭癌における吸収線量の影響
著者
青山 英樹 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
中桐 義忠 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
井上 光広 財団法人操風会岡山旭東病院放射線課
稲村 圭司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
田原 誠司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
宇野 弘文 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
森岡 泰樹 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学講座
抄録
We investigated the usefulness of Gafchromic MD-55 film (Nuclear Associates, Inc.) for measuring the radiation doses on the radiotherapy of laryngeal cancers. Since larynx has thin wedge-shaped structure in anterior neck adjacent to airway, the radiation doses to the lesion may be diminished because of build-up and build-down. So, the dose has been measured with conventional measuring systems such as thermoluminescent dosimetry (TLD). However, it was not possible to evaluate the dose distribution correctly using TLD, because it is impossible to float a TLD chip in an air cavity. In this study, we employed Gafchromic MD-55 film as a dosimeter, for it can be set on the area of interest and with a measurability of dose range of 3 to 100 Gy, though it has no energy dependency. And this radiometer is composition near the soft tissue of the human body. The dose distributions to larynx were investigated with this film using neck phantom under each radiation beam energy of 4, 6 and 10 MV x-rays. Our neck phantom is made from acrylic resin and simulates a normal larynx on the basis of image information of computed tomography (CT). Moreover we observed secondary build-up and build-down curves in tissue in the vicinity of air cavities, especially at 10 MV x-rays. These findings suggest that patients with TI-T2 glottic cancers with anterior commissure invasion may receive more effective treatment with 4 MV x-rays rather than with 6 MV and 10 MV x-rays.
抄録(別表記)
Tl声門癌に対して放射線治療を単独で行うのは確立している方法である。しかし,頚部は解剖学的に複雑であり,前方に薄いⅤ字形で,喉頭が気道に隣接している構造を持つので,病巣への線量はbuild-upとbuild-downの影響による線量低下が生じることが考えられる。すなわち,放射線エネルギーの選択が喉頭癌の局所的制御に影響を及ぼすと言える。この影響は,より高い放射線エネルギーでは,それに伴いより強く起きるということが基礎実験にて報告されている。また,それらの線量測定は,熱ルミネセンス線量計(TLD)のような従来の測定システムで測定されていた。しかし,空気空洞へTLD を単体 で浮かせ線量を正確に測定し評価を行うのは困難である。本研究において,我々は Gafchromic MD-55 film (Nuclear Associates, Inc.)を使用し測定した。 Gafchromic MD-55 film は,フィルムタイプ線量計でありエネルギー依存性がなく,3~100 Gyを測定可能であり,アクリル製頸部ファントムの空気組織境界面及び,空洞部に線量計を容易に精度良く配置することが可能である。また,この線量計は人体の軟部組織に近い組成である。そこで, 4, 6および10MVの各エネルギーでこの線量計を用いてエネルギーの違いによる,頸部ファントムを用いて喉頭の線量評価を行った。その結果,我々は,特に放射線エネルギー10MVで頸部ファントムにおける,前部組織-組織空洞境界面-空洞部の一連したbuild-upおよびbuild-downを線量計で評価することができた。これらの研究の結果、前交連浸潤を有するT1-T2に相当する声門癌患者は,放射線エネルギー6MVおよび10MVではなく,4MVを用いることによって,より効果的な放射線治療を行えると推測できる。
キーワード
Gafchromic MD-55-2 film
radiation dose
build-up
build-down
glottic cancer
発行日
2002-03-20
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
12巻
2号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
91
終了ページ
99
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs