このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16849
Eprint ID
16849
フルテキストURL
Thumnail 91_503.pdf 339 KB
タイトル(別表記)
Treatment of head and neck malignant lymphoma -Results with B-COP therapy in combination with radiotherapy-
著者
斉藤 龍介 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
遠藤 洋一 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
青木 輝行 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
藤本 明子 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
赤木 成子 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
増田 游 岡山大学医学部耳鼻咽喉科学教室
抄録
Fifteen patients with head and neck malignant lymphomas have been treated with a combination of bleomycin, cyclophosphamide, oncovin (vincristine) and prednisolone (B-COP) in combination with radiotherapy since 1975. The results are discussed and compared with those of eleven patients treated with radiotherapy alone. Complete remission and its duration in stage II E were significantly superior to those treated with radiation alone. Toxicity, chiefly leukopenia, was generally tolerable and reversible. Although the number of cases and the follow-up period are inadequate as yet, this therapeutic regimen is a promising means of increasing the duration of remission and the survival of patients with head and neck malignant lymphomas.
キーワード
悪性リンパ腫
頭頸部
併用療法
発行日
1979-04-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
91巻
3-4号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
503
終了ページ
509
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/91/3-4/91_3-4_503/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma