このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42790
フルテキストURL
Thumnail 68_2607.pdf 675 KB
タイトル(別表記)
EFFECT OF CHEMOTHERAPY ON TUBERCULOSIS OF KIDNEY
著者
香曾我部 芳夫 岡山大学医学部皮膚科泌尿器科教室
抄録
81 cases of tuberculosis of kidney were treated with various chemotherapeutics, i.e. Streptomycin (Dihydrostreptomycin), PAS, Tibione, Isonicotinic acid hydrazide and combination of Streptomycin and Tibion, Streptomycin and Isonicotinic acid hydrazide respectively. The effects of these chemotherapies were satisfactory, especially Streptomycin alone or combination of Streptomycin and Isonicotinic acid hydrazide indicated the marked clinical improvements.
発行日
1956-12-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
68巻
12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
2607
終了ページ
2615
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/68/12/68_12_2607/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma