JaLCDOI 10.18926/AMO/54981
フルテキストURL 71_2_127.pdf
著者 Shirakawa, Yasuhiro| Noma, Kazuhiro| Maeda, Naoaki| Tanabe, Shunsuke| Kuroda, Shinji| Kagawa, Shunsuke| Katsui, Kuniaki| Katayama, Norihisa| Kanazawa, Susumu| Fujiwara, Toshiyoshi|
抄録 Currently, chemoradiation is the most widely used nonsurgical treatment for esophageal cancer. However, some patients, particularly the very elderly or those with severe vital organ dysfunction, face difficulty with the chemotherapy component. We therefore examined the outcome of radiation therapy (RT) alone for patients with esophageal cancer at our facility. Between January 2005 and December 2014, 84 patients underwent RT at our hospital, and 78 of these patients received concomitant chemotherapy. The remaining 6 patients underwent RT alone; these patients were considered to be high-risk and to have no lymph node metastasis (stage I). Five of them received irradiation up to a curative dose: 4 showed a complete response (CR) and 1 showed a partial response (PR). Of the patients exhibiting CR, 3 are currently living recurrence-free, whereas 1 patient underwent endoscopic submucosal dissection (ESD) as salvage therapy for local recurrence, with no subsequent recurrence. High-risk stage I esophageal cancer patients can be treated radically with RT alone under certain conditions. In the future, to broaden the indications for RT monotherapy to include some degree of advanced cancers, a novel concurrent therapy should be identified.
キーワード esophageal cancer radiation therapy high-risk patient
Amo Type Original Article
発行日 2017-04
出版物タイトル Acta Medica Okayama
71巻
2号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 127
終了ページ 133
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2017 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 28420894
著者 岸本 浩行| 児島 亨| 渡邉 雄一| 香川 俊輔| 藤原 俊哉| 宇野 太| 寺石 文則| 京 哲| 水口 裕之| 橋本 悠里| 浦田 泰生| 田中 紀章| 藤原 俊義|
発行日 2008-05-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 梅岡 達生| 川嶋 健| 香川 俊輔| 寺石 文則| 滝 正樹| 京 哲| 永井 勝幸| 浦田 泰生| 田中 紀章| 藤原 俊義|
発行日 2006-05-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
118巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 遠藤 芳克| 酒井 亮| 大内 正明| 鬼松 秀樹| 日置 勝義| 香川 俊輔| 宇野 太| 渡邉 雄一| 浦田 泰生| 田中 紀章| 藤原 俊義|
発行日 2008-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 香川 俊介|
発行日 1987-06-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
99巻
5-6号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 香川 俊介|
発行日 1987-06-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
99巻
5-6号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Umeoka, Tatsuo| Kawashima, Takeshi| Kagawa, Shunsuke| Teraishi, Fuminori| Taki, Masaki| Nishizaki, Masahiko| Kyo, Satoru| Nagai, Katsuyuki| Urata, Yasuo| Tanaka, Noriaki| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2004-09-01
出版物タイトル Cancer Research
64巻
17号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Teraishi, Fuminori| Kagawa, Shunsuke| Watanabe, Takanori| Tango, Yasuhisa| Kawashima, Takeshi| Umeoka, Tatsuo| Nisizaki, Masahiko| Tanaka, Noriaki| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2005-08-01
出版物タイトル FEBS Letters
579巻
19号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 児島 亨| 橋本 悠里| 香川 俊輔| 田中 紀章| 浦田 泰生| 藤原 俊義|
発行日 2010-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
122巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 黒田 新士| 藤原 俊哉| 白川 靖博| 山崎 泰源| 矢野 修也| 宇野 太| 田澤 大| 橋本 悠里| 渡辺 雄一| 野間 和広| 浦田 泰生| 香川 俊輔| 藤原 俊義|
発行日 2011-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 佐々木 剛| 田澤 大| 長谷井 嬢| 国定 俊之| 吉田 晶| 橋本 悠里| 矢野 修也| 吉田 亮介| 宇野 太| 香川 俊輔| 森本 裕樹| 浦田 泰生| 藤原 俊義| 尾﨑 敏文|
発行日 2012-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
124巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Kojima, Toru| Hashimoto, Yuuri| Watanabe, Yuichi| Kagawa, Shunsuke| Uno, Futoshi| Kuroda, Shinji| Tazawa, Hiroshi| Kyo, Satoru| Mizuguchi, Hiroyuki| Urata, Yasuo| Tanaka, Noriaki| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2009-10-01
出版物タイトル The Journal of Clinical Investigation
119巻
10号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 児島 亨| 渡邉 雄一| 橋本 悠里| 黒田 新士| 山崎 泰源| 矢野 修也| 田澤 大| 宇野 太| 香川 俊輔| 田中 紀章| 浦田 泰生| 藤原 俊義|
発行日 2013-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Yoshida, Ryosuke| Tazawa, Hiroshi| Hashimoto, Yuuri| Yano, Shuya| Onishi, Teppei| Sasaki, Tsuyoshi| Shirakawa, Yasuhiro| Kishimoto, Hiroyuki| Uno, Futoshi| Nishizaki, Masahiko| Kagawa, Shunsuke| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2012-11
出版物タイトル Cancer Immunology, Immunotherapy
61巻
11号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Hashimoto, Yuuri| Tazawa, Hiroshi| Teraishi, Fuminori| Kojima, Toru| Watanabe, Yuichi| Uno, Futoshi| Yano, Shuya| Urata, Yasuo| Kagawa, Shunsuke| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2012-06-15
出版物タイトル PLoS ONE
7巻
6号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Hasei, Joe| Sasaki, Tsuyoshi| Tazawa, Hiroshi| Osaki, Shuhei| Yamakawa, Yasuaki| Kunisada, Toshiyuki| Yoshida, Aki| Hashimoto, Yuuri| Onishi, Teppei| Uno, Futoshi| Kagawa, Shunsuke| Urata, Yasuo| Ozaki, Toshifumi| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2013-03
出版物タイトル Molecular Cancer Therapeutics
12巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 田澤 大| 矢野 修也| 吉田 亮介| 山崎 泰源| 佐々木 剛| 橋本 悠里| 黒田 新士| 大内 正明| 大西 哲平| 宇野 太| 香川 俊輔| 浦田 泰生| 藤原 俊義|
発行日 2013-12-02
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/52006
フルテキストURL 67_6_333.pdf
著者 Tazawa, Hiroshi| Kagawa, Shunsuke| Fujiwara, Toshiyoshi|
抄録 Autophagy is a catabolic process that produces energy through lysosomal degradation of intracellular organelles. Autophagy functions as a cytoprotective factor under physiological conditions such as nutrient deprivation, hypoxia, and interruption of growth factors. On the other hand, infection with pathogenic viruses and bacteria also induces autophagy in infected cells. Oncolytic virotherapy with replication-competent viruses is thus a promising strategy to induce tumor-specific cell death. Oncolytic adenoviruses induce autophagy and subsequently contribute to cell death rather than cell survival in tumor cells. We previously developed a telomerase-specific replication-competent oncolytic adenovirus, OBP-301, which induces cell lysis in tumor cells with telomerase activities. OBP-301-mediated cytopathic activity is significantly associated with induction of autophagy biomarkers. In this review, we focus on the tumor-suppressive role and molecular basis of autophagic machinery induced by oncolytic adenoviruses. Addition of tumor-specific promoters and modification of the fiber knob of adenoviruses supports the oncolytic adenovirus-mediated autophagic cell death. Autophagy is cooperatively regulated by the E1-dependent activation pathway, E4-dependent inhibitory pathway, and microRNA-dependent fine-tuning. Thus, future exploration of the functional role and molecular mechanisms underlying oncolytic adenovirus-induced autophagy would provide novel insights and improve the therapeutic potential of oncolytic adenoviruses.
キーワード oncolytic adenovirus autophagy E2F1 microRNA
Amo Type Review
発行日 2013-12
出版物タイトル Acta Medica Okayama
67巻
6号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 333
終了ページ 342
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2013 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 24356717
Web of Sience KeyUT 000328915700001
著者 Yano, Shuya| Tazawa, Hiroshi| Hashimoto, Yuuri| Shirakawa, Yasuhiro| Kuroda, Shinji| Nishizaki, Masahiko| Kishimoto, Hiroyuki| Uno, Futoshi| Nagasaka, Takeshi| Urata, Yasuo| Kagawa, Shunsuke| Hoffman, Robert M.| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2013-12-01
出版物タイトル Clinical Cancer Research
19巻
23号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Shigeyasu, Kunitoshi| Tazawa, Hiroshi| Hashimoto, Yuuri| Mori, Yoshiko| Nishizaki, Masahiko| Kishimoto, Hiroyuki| Nagasaka, Takeshi| Kuroda, Shinji| Urata, Yasuo| Goel, Ajay| Kagawa, Shunsuke| Fujiwara, Toshiyoshi|
発行日 2014-05-28
出版物タイトル Gut
資料タイプ 学術雑誌論文