このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40703
フルテキストURL
Thumnail 101_1.pdf 401 KB
タイトル(別表記)
Radiosensitivity of an isolated human malignant fibrous histiocytoma cell line
著者
川崎 祥二 岡山大学医療技術短期大学部
水田 昭文 岡山大学医学部放射線医学教室
柏谷 尚子 岡山大学医学部放射線医学教室
黒田 昌宏 岡山大学医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
青野 要 岡山大学医学部放射線医学教室
佐藤 二郎 岡山大学医学部癌源研究施設病理学部門
荻野 哲朗 香川医科大学病院病理部
中西 敬 山口大学医学部放射線医学教室
抄録
A human cell line (YU-137) isolated from a bone of malignant fibrous histiocytoma in bone was evaluated using immunofluorescent staining methods. Cell cycle fractions were studied by flow cytometry. The magnitude of G(2)+M fraction in a cell cycle of an exponentially growing population of YU-137 was higher than that observed in HeLa S3 cells. The doubling time of YU-137 cells was 3.2 days. The radiosensitivity of this cell line was compared with HeLa S3 and HMV-1 cells from dose response curves against X-irradiation. The parameters of radiosensitivity of YU-137 against X-irradiation were n=2.0, D(0)=1.05 Gy and D(0)=0.73 Gy. From these data, the radiosensitivity of YU-137 was discussed.
キーワード
Tissue culture
Malignant fibrous histeocytoma
Radiosensitivity
Flow cytometry
発行日
1989-02
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
101巻
1-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1
終了ページ
6
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/101/1-2/101_1-2_1/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma