JaLCDOI 10.18926/19832
タイトル(別表記) Analytic study on colon examination for the past three years.
フルテキストURL 060_100_102.pdf
著者 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 越智 浩二|
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 100
終了ページ 102
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309110
JaLCDOI 10.18926/19797
タイトル(別表記) Clinical evaluation of co-examination by sigmoidoscopy and barium enema study for early diagnosis of colon cancer
フルテキストURL 060_039_046.pdf
著者 越智 浩二| 石橋 忠明| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 林本 加奈枝|
抄録 注腸・内視鏡同日併用法の大腸早期癌診断における有用性の検討,その診断能向上のための検査前日食改善を目的に,同法を施行した94例の診断能,従来のBrown変法に準じた献立食とレトルト食(サンケンクリン)とのX線画像の質,内視鏡時の残渣の程度,被検者への味のアンケートを分析した。発見大腸腫瘍は癌5例(早期癌2例,進行癌3例),ポリープ26例32病変である。早期癌はともにポリープの形態をとり,注腸,内視鏡とも病変を指摘できた。病変の好発部位である直腸・S状結腸で注腸・内視鏡によるダブルチェックができる。前日食の検討ではレトルト食が従来の献立食と比し,注腸・内視鏡ともに優れた腸内洗浄能を有し,味のアンケートからも劣ることはなかった。大腸癌早期発見の2次スクリーニングとして,レトルト食を前日食とする同法の有用性が示された。
抄録(別表記) The present study was performed (1) to evaluate the validity of co-examination by sigmoidoscopy and barium enema study for the early diagnosis of colon cancer and (2) to find the most suitable preparation method for the co-examination. The co-examination was performed on 94 patients : those with abdominal symptoms and signs suggestive of colonic diseases : those with positive occult blood test in stool : or those asking for the routine examination of the colon. The examination revealed 5 cases of colon cancer (2 with early cancer and 3 with advanced cancer) and 26 eases (32 lesions) with colon polyp. The high detection rate of colonic neoplasms, especially of minute lesions, along with the high rate of early lesions among cancers suggested the validity of the co-examination method for the early diagnosis of colon cancer. The method was not time-consuming and not demanding for both patients and doctors, but was effective in detecting minute lesions by allowing a doublecheck in the high-risk recto-sigmpid region ; in addition, the upper colon could be examined by X-ray. The comparative studies on the currently popular Preparation method (modified Brown's method) and a new method with retort foods (Sankenclean, Sanwa Kagaku Kenkyusho Co., Ltd) revealed that the latter was significantly more effective in cleaning colon lumen and visualizing fine network pattern of the colonic mucosa. In addition, the patients were more satisfied with the taste of the latter.
キーワード 大腸早期癌 (Ealry diagnosis of colon cancer) 注腸・内視鏡同日併用法 (Co-examination by sigmoidoscopy and barium enema study) 大腸検査前処置 (Preparation for colon examination)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 39
終了ページ 46
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309136
JaLCDOI 10.18926/19773
タイトル(別表記) Application of personal computer in X-ray room business.
フルテキストURL 059_097_101.pdf
著者 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1988-08
59巻
開始ページ 97
終了ページ 101
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308983
JaLCDOI 10.18926/19772
タイトル(別表記) Changes in X-ray examinations.
フルテキストURL 059_093_096.pdf
著者 穐山 恒雄| 中井 睦郎|
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1988-08
59巻
開始ページ 93
終了ページ 96
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309032
JaLCDOI 10.18926/19697
タイトル(別表記) Angiography system combined with Toshiba BV-type X-TV Equipment. 2. Stereo-magnification system.
フルテキストURL 057_061_066.pdf
著者 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 松島 紀志夫|
抄録 我々は,既設の消化管診断用X線TV装置(東芝BV型)を使用した立体拡大撮影システムを検討した。1.消化管診断用X線TV装置の透視天板の高さが一定であるため,従来のフィルムチェンジャー(AOT)では不可能であったが,上下動可能なフィルムチェンジャー(福放FC-10L特)を改良試作したことで最大2倍までの立体拡大撮影が可能となった。2.透視観察から撮影へ,コンタクト撮影から拡大連続撮影,立体撮影から立体拡大連続撮影へと併用して行うことが非常に簡単にできて被検者の負担軽減と多目的使用が可能となった。3.観察条件と立体感については,拡大率を変化させて,その立体感について検討した結果は、観察距離については,各拡大率における立体視しやすい距離は存在し,拡大率が2倍の場合には,観察距離を大きくするほど立体感も増加し,立体視し易い傾向が示された。
抄録(別表記) Angiography of the head and abdominal region gives a good deal of peculiar information for the diagnosis of nature of pathological lesions. When angiography could be performed by stereo-magnification radiography, the radiography gives better information for physicians. In this article, we tried angiography by the stereomagnifying radiography system utilizing X-TV equipment for examination of digestive system. 1. To magnify film image, the film changer was modified to move up and down, because the board of TV table did not change vertically. The board of TV table was also modified to slide more widely. The modifications could make it possible to magnify the film image by two times. 2. To use the X-TV equipment brought some advantages as follows it became very easy for us to convert the X-TV system from fluoroscopy to radiography, and contact seriography was easily changed to stereo-magnification seriography.
キーワード 立体拡大撮影 (Stereo-magnification radiography) フィルム連続撮影装置 (Fiim changer) 立体感 (Stereoscopic image)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 61
終了ページ 66
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309165
JaLCDOI 10.18926/19693
タイトル(別表記) Angiography system combined with Toshiba BV type X-TV equipment. 1. Whole limb serial aort-arteriography
フルテキストURL 057_056_060.pdf
著者 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 松島 紀志夫|
抄録 消化管診断用X線TV装置の天板機能を改良し,種々のフィルムチェンジャー,X線管球を組み合わせることにより,中規模病院において,スペース,経費などの点で有利な,血管造影システムを組むことができた。第1報では,このうち,下肢連続撮影システムについて紹介する。1.透視から造影まで,迅速に移行できるシステムとなった。2.スペース,経費の点で有利である。3.濃度補償については,LS-Ⅱ増感紙と,1.0cmエッジフィルターにより,体型によらず,全下肢にわたり,十分な補償効果が得られる。4.さらに長い長尺カセッテの開発が望まれる。
抄録(別表記) A whole-limb serial aort-arteriography system constituted of BV-type X-TV and extralarge film changer was developed and used clinically. The results were as foll-ows. 1. By improving functions of the board of TV table, changes from fluoroscopy to radiography became easier in whole limb serial aort-arteriography. 2. By using LS-Ⅱ screen and 1.0cm edge filter, we could get well compensated X-ray photographs.
キーワード 全下肢連続動脈造影 (whole-limb serial aort-arteriography) 長尺フィルムチェンジャー (extra-large-film changer) X-TV台天板 (the board of TV table)  濃度補償 (compensation of density)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 56
終了ページ 60
ISSN 09133771
関連URL http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/19952
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308997
JaLCDOI 10.18926/15328
タイトル(別表記) Relationship between bone mineral densities of second metacarpal bone and lumber spine
フルテキストURL 063_099_105.pdf
著者 中井 睦郎| 奥田 博之| 穐山 恒雄| 高取 明正| 谷崎 勝朗|
抄録 QCTおよびDIP法による測定値の相関性について検討し,DIP法による腰椎骨塩量の推定および,スクリーニングへの適用について考察した。QCT値とΣGS/DやMClとの相関関係の検討では.対象のQCT値が低値か高値かによって相関関係がかなり異なることが明らかになった。すなわち,QCT値が低い領域は,QCT値と,ΣGS/DやMCIに明らかな正の相関関係が認められたが,一方, QCT値が高い領域では,相関関係は認められなかった。また,ΣGS/D=2.8mmAI以上,またはMCI=0.48以上の症例においては腰椎圧迫骨折の危険は小さく,ΣGS/D=1.8mmAI以下,またはMCI=0.24以下の症例においては腰椎圧迫骨折の危険が大きい可能性が示唆された。
抄録(別表記) To compare bone mineral density between second metacarpal bone and lumber spine, two measuring methods, digital image processing method (DIP) for second metacarpal bone and quantitative computed tomography (QCT) for lumber spine were employed in this study. The bone mineral density was evaluated in 89 females and the results were compared between the two methods. A correlation between the bone mineral densities by QCT and ΣGS/D was found in subjects showing low mineral density by QCT, but not in those with high mineral density. These results reveal that DIP is useful to observe bone mineral density and if ΣGS/D and MCI are enough high, almost he hasn't risk of fracture of lumber spine.
キーワード 骨粗鬆症 (osteoporosis) 骨塩量 (bone mineral density) QCT (quantitative computed tomography) DIP法 (digital image processing method)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 99
終了ページ 105
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307484
JaLCDOI 10.18926/15319
タイトル(別表記) Effects of vitamin D and exercise on bone mineral density (BMD) measuured by QCT
フルテキストURL 064_071_074.pdf
著者 平松 順一| 瓦家 正志| 横田 聡| 杉本 啓介| 光延 文裕| 御舩 尚志| 梶本 和宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 40才~84才(平均64.1才)の患者38例における骨塩量を,ある期間(1~15カ月,平均8.2カ月)をおいて2回,定量的QCT(quantitative computed tomography)法を用いて測定し,その経時的変化によって,骨粗鬆症に対する治療法の効果判定を試みた。その結果,(1)全体として骨塩量に有意の増加は認められなかった。(2)骨強化剤使用例についても骨塩量に有意の増加は認められなかった。(3)運動療法施行者においても骨塩量に有意の増加は認められなかった。以上のことから骨粗鬆症の治療においては,約1年弱の経過では著明な反応は得られにくいものと思われた。ただし,一部の運動療法施行者,骨強化剤使用者において,骨塩量の著明な上昇が認められており,さらに経時的な観察が必要と思われた。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured twice in 38 patients aged 40 to 84 years old for the last one year to evalute the effects of vitamin D and exercise on BMD. 1) In all patients, The BMD did not significantly increase. 2) In patients with vitamin D for osteoprosis, the BMD did not significantly increse compared to those without the drug. 3) In patients with exercise therapy, the BMD did not show any significant increase compared to those without exercise.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoprosis) 定量的QCT法 (QCT) 加齢 (Aging) 運動療法 (Exercise) ビタミンD (Vitamin D)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 71
終了ページ 74
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307358
JaLCDOI 10.18926/15317
タイトル(別表記) Diagonosis of pancreatic cyst using post-ERCP CT examination.
フルテキストURL 064_065_070.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| Riaz Chowdhury| 水島 孝明| 杉本 啓介| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 蓮岡 英明|
抄録 ERCP直後にCTを撮影するERCP後CTはERCPの際に膵内に注入された造影剤をCTで検出するため,ERCPでは得られない情報が得られる利点がある。われわれはERCP後CTが診断や治療方針の決定に有用であった膵嚢胞の4例を経験した。膵嚢胞では主膵管との連絡,嚢胞の部位,性状診断にERCP後CTは有用な検査法であり,文献的考察を含めて報告した。
抄録(別表記) Post-ERCP CT (computed tomography (CT) examination performed immediately after endoscopic retrograde cholangiopancreatography) detects the contrast medium injected into the pancreatic duct and cystic lesions at the time of ERCP and, therefore, has the advantage of obtaining information which cannot be obtained by ERCP alone. We have experienced four cases of pancreatic cysts in which post-ERCP CT was useful for diagnosis and in deciding on treatment plans. The post-ERCP CT was proved to be a useful method for examining the site and characteristics of the cysts which communicated with the main pancreatic duct.
キーワード ERCP (Endoscopic retrograde cholangiopancreatography) CT (Computed tomography) 膵嚢胞 (pancreatic cyst)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 65
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307547
JaLCDOI 10.18926/15309
タイトル(別表記) Correlations between bone mineral density measured by QCT and risk factors of Osteoporosis
フルテキストURL 063_030_033.pdf
著者 本家 尚子| 草浦 康浩| 谷水 将邦| 光延 文裕| 御舩 尚志| 岡崎 守宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 高取 明正| 奥田 博之| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 27~85才の女性143例における骨塩量を,定量的QCT法 (quantitative computed tomography)を用いて測定し,年令,身長,体重及び原疾患(慢性関節リウマチ),使用薬剤(ステロイド・骨強化剤)の因子の骨塩量に及ぼす影響について検討した。その結果,1)加令とともに骨塩量は低下するが,特に40才代後半から60才代にかけての低下が顕著であり,また, 他因子の影響を受けやすい。2)体型的因子としては.痩せ型で低身長の人に低値の傾向がある。3)ステロイド使用の有無における検討において,特に50才代で使用群が著明に低値であることが明らかとなった。また,薬剤の因子の考察に関しては,さらに経時的検討か必要であると思われた。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured in 143 females aged 27 to 85 years old to investigate the correlations between BMD and several factors such as age, height, presence of rheumatoid arthritis and corticosteroid or bone intensifying drug therapy. 1) BMD values decreased with aglng and the most remarkable decrease was observed at the age of latter half of 40's to 60's. 2) Women with slim and low stature tended to have low BMD values. 3) BMD values of women with steroid therapy were significantry lower than those without corticosteroid at the age of 50's (p<0.01). However, further study is necessary to confirm the effect of drugs on BMD.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoporosis) 定量的コンピューター断層法 (QCT (quantitative computed tomograpy))
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 30
終了ページ 33
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307603
JaLCDOI 10.18926/15163
タイトル(別表記) Relationship between vertebral transformation (or fracture) and bone mineral density in lumbar vertebrae.
フルテキストURL 065_115_118.pdf
著者 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 梶本 和宏| 光延 文裕| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗|
抄録 QCTによる腰椎海綿骨骨塩量と,圧迫骨折を含む,椎体(第11胸椎~第4腰椎)の変形率の関係を検討した。椎体変形率と腰椎QCT値の間の強い相関関係が確認され,椎体変形者全体の50%はQCT値70mg/cm(3)以下に分布し,90%は125mg/cm(3)以下に分布した。さらに,この70mg/cm(3)付近での椎体変形者の割合は50%であり,125mg/cm(3)付近での椎体変形の割合は10%であった。QCTによる腰椎海綿骨骨塩量測定値は,腰椎の変形および骨折の危険性を予 測する良好な指標であることが確認できた。
抄録(別表記) In 360 females, Bone mineral density (BMD) in lumbar vertebrae (L2-L4) was assessed by quantitative computed tomography (QCT), and the values obtained were compared with the frequency of vertebral transformation or fracture as assessed by lateral scan image (scanogram) by X-ray CT. A correlation was observed between the frequency of vertebral transformation (or fracture) and lumbar BMD values : BMD under 125mg/cm(3) was observed over 90% of women with vertebral transformation, and BMD under 70mg/cm(3) was found about 50% of them. These results suggest that decrease in BMD in lumbar vertebrae leads to vertebral transformation or fracture. Thus, measurement of BMD by QCT would be very useful in predicting vertebral transformation or fractures.
キーワード 骨粗鬆症 (osteoporosis) 骨塩量 (bone mineral density) QCT (quantitative computed tomography) 腰椎 (lumbar vertebrae)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 115
終了ページ 118
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307136
JaLCDOI 10.18926/15162
タイトル(別表記) Clinical opplication of a newly developed radiographic system including a fluoroscope equiped with CCD and digital image processor
フルテキストURL 065_107_114.pdf
著者 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 梶本 和宏| 光延 文裕| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| Riaz, Chowdhury| 佐藤 昌孝| 右近 弘栄|
抄録 画像の入力部に世界初100万画素の多画素・高精細のCCD(電荷結合素子)を用いたテレビカメラを搭載したX線テレビ装置とDigital・Radiography装置を導入し,主に消化管検査を中心に多目的に任用した。このシステムは従来のscreen/filmシステムの持つ膨大な情報量を確保しながらCCDカメラのメリットを最大限に生かしており,DRシステムの特長であるリアルタイムのCRT撮影画像表示,透視像のFREEZE確認,動態解析,画像処理等を導入することにより診断能の向上がはかれた。更に,従来X線フィルム・撮像管に比較して被曝量の大幅な低減が期待できた。また,デジタルであるため撮影像をHDに保管すると共にMODにも記録・再生が可能である。今後,PACSやフイルムレス電子媒体保管への展開の可能性についても確認できた。
抄録(別表記) We have clinically applied a newly developed radiographic system which was introduced into our institute in April 1994. This system consists of a fluoroscope, CCD (charge-coupled device) which had a million matrix, and digital image processor. This system has following advantages comparison with a conventional radiographic system ; (1) doses of x-ray exposuce during examination is less, (2) a sharp fluoroscopic image can be obtained by real-time image processing, (3) radiographic images can be kept in the recording device such as hard disc (HD) and magnetic optical disc (MOD) since this has a digital radiographic system. By connecting this system with main online system, it is expected to be able to see the various diagnostic images simulataneously as well as laboratory data at different spots of the hospital which is now available in other hospltal.
キーワード 増感紙/フイルム (Screen/Film) 光電子増倍管 (Image・Intensifier (l・I)) デジタル・イメージング (Digital・Imaging) 電荷結合素子 (CCD) 光磁気ディスク (MOD) デジタルラジオグラフィ (Digital Radiography)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 107
終了ページ 114
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307511
JaLCDOI 10.18926/15161
タイトル(別表記) Clinical studies on polypoid lesions of the colon.
フルテキストURL 065_101_106.pdf
著者 高田 一郎| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 松村 正| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 穐山 恒雄| 中井 睦郎|
抄録 1990年4月より1994年3月末までの間に岡山大学医学部附属病院三朝分院で経験した早期大腸癌を含む大腸ポリープ88例を対象に,病理組織診断,性別,年齢構成,存在部位,精査動機について検討を行い,以下の成績を得た。(1)ポリープの69.2%は腺腫,13.2%は腺癌(早期癌)であった。(2)男女とも加齢による大腸ポリープ及び大腸癌の頻度の増加がみられた。(3)50歳未満の若年者では右側結腸にポリープが発見されることは稀であったが50歳以上では6.5%に認められ,高齢者における積極的なtotal colonoscopyによる観葉が重要であることが再確認された。(4)精査動機では便潜血陽性が最多を占め,便潜血は大腸ポリープのスクリーニングにおいて有用であることが示された。またフォローアップ目的に大腸ファイバーを施行しポリープや早期癌を発見した例も多く,フォローアップの必要性が示唆された。
抄録(別表記) Polypoid lesions, taken by a colon fiberscope, were examined in 88 patients with polyp, who were admitted to Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School for last 4 years. (1) Pathohistological examination of the polypoid lesions resulted in 69.2% of adenoma and 13.2% of adenocarcinoma (early cancer) ; (2) 35.5% of the polypoid lesions was detected in the sigmoid colon, 32.7% in the rectum, 16.8% in the transverse colon, 4.7% in the descending colon, 3.7% in the caecum, 1.9% in the ascending colon ; (3) The number of patients with polypoid lesion or colon cancer was increased with aging ; (4) Patients with the age under 50 years did not have polypoid lesion in the right hemicolon, while 6.5% of elder patients over age 50 has polypoid lesions in the right hemicolon ; (5) Occult blood in stool was the most popular motivation for receiving colonoscopic examinations ; (6) The second popular motivation for colonoscopy was for follow up after previous examinations. These results suggest that patients with age over 50 should be examined more carefully by total colonoscopy, and a hemoccult test in stool is an effective method for screening colonic polypoid lesions and after detection of polypoid lesions or polypectomy, reexamination by total colonoscopy is important at regular intervals.
キーワード 大腸ポリープ (Polyp of the colon) 大腸早期癌 (Early cancer of the colon) 便潜血 (Occult blood in stool)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 101
終了ページ 106
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307396
JaLCDOI 10.18926/15158
タイトル(別表記) Changes of bone mineral densities in women and prevention and treatment of osteoporosis
フルテキストURL 065_082_086.pdf
著者 小林 靖明| 中桐 善康| 石田 理| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 当科では3年ほど前よりQCT法を用いて骨塩量測定を行い,骨粗鬆症の管理治療を行っている。264名の測定値について分析をしたところ,40歳頃から60歳にかけて急速に低下すること,肥満度が増すにつれ骨塩量も増加する傾向がみられた。また,閉経前に卵巣を両側摘出した場合ホルモン補充療法を行っているが,卵巣を温存した場合と差がでなかった。治療に結合型エストロゲンを用いた群の12カ月後の骨塩量の増加率は,任用しなかった群にくらべ有意の差があった。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured in 264 females by QCT. BMD was rapidly decreased between 40's and 60's. There was a tendency for BMD increase in proportion to obesity. HRT was made without bilateral ovaries at operation, then there were no differencis between removal of ovaries and preserve of ovaries. The increase rate of BMD treated by conjugated-estrogens was higher than that of no treated BMD (p<0.05).
キーワード 骨塩量 (Bone mineral density) 骨粗鬆症 (osteoporosis) ホルモン補充療法 (HRT)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 82
終了ページ 86
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307221
JaLCDOI 10.18926/15156
タイトル(別表記) Study on the relatjonship between the bone mineral density mesured by QCT and the osteoporosis therapy.
フルテキストURL 065_069_076.pdf
著者 梶本 和宏| 高田 一郎| 横田 聡| 光延 文裕| 御舩 尚志| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 小林 靖明| 中桐 善康| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 当院通院あるいは入院中の女性患者54例を対象に骨塩量を経時的に3回測定し検討を行った。54例の骨塩量の平均は3回とも有意差はなく,年次骨塩変化量は-3.1±14.6mg/cm(3)/yearであった。平均骨塩量の年齢別比較では40才台,50才台,60才台の順に有意な減少がみられ,60才台と70才以上との間には差は認めなかった。また50才台及び70才以上の年代で1年当たりの骨塩量の減少が大きい傾向が窺われた。身長と骨塩量との間に有意の正の相関を認めたが,体重との間には有意の相関を認めなかった。血清中Ca,P及びALPと骨塩量との検討ではいずれも有意の相関を認めなかった。骨塩変化量減少群と増加群との比較では,平均骨塩量及び背景因子の間に差を認めなかった。女性,特にステロイド療法を必要とする患者については閉経の時期にあたる40~50才台より積極的に骨粗髭症対策を考える必要性があると考えられた。また運動療法については温泉プール療法自体を再検討するとともに,骨粗髭症に特異的な運動療法の確立が必要と思われた。
抄録(別表記) Bone mineral densities (BMD) were mesured 3 times in 54 females aged 40 to 84 years old to evaluate about relationship between BMD and osteoporosis therapy or patient background factors. BMD decreased 3.1±14.6mg/cm(3) per year, and BMD values were more decreased in subjects with the age of 50's and over 70's than in those with the age of 40's and 60's. In patients with bronchial asthma or rheumatoid arthritis, treated with corticosteroids (predonisolone : 3-7.5mg/day), BMD were sigfnificantly more decreased than in patients without corticosteroid therapy. There was a significant positive correlation between BMD and body height, but no correlation between BMD and body weight, serum Ca, P, or alkaline phosphatase. No differences in background factors were found between subjects with increased BMD and those with decreased BMD. These results indicate that female patients with corticosteroids need active treatments for the prophylaxis of osteoporosis at the age of 40's or 50's.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoporosis) 骨塩量 (Bone mineral density) 運動療法 (Exercise therapy) QCT (quantitative computed tomograpy)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 69
終了ページ 76
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307602
JaLCDOI 10.18926/15150
タイトル(別表記) Study of the preparation with sodium picosulfate and PEG intestinal lavage solution for total colonoscopy.
フルテキストURL 065_022_026.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| Chowdhury, Riaz| 田中 淳太郎| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 水島 孝明| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 蓮岡 英明| 加藤 匡宏|
抄録 Total colonoscopyの前処置における被検者の負担軽減と良好な腸管洗浄を得る目的で,50例の大腸内視鏡検査において,前日の食事制限せず, sodium picosulfate 20mℓ前夜服用,検査当日PEG腸管洗浄液1ℓ以上服用する前処置法の有用性について検討した。本前処置法によってPEG腸管洗浄液平均1230mℓの服用により,50例中48例で観察可能な腸管洗浄が得られ,PEG腸管洗浄液の服用量の減量が可能であった。腹痛,嘔気,腹鳴などの症状出現例は認めたが,重篤な副作用は認めなかった。腸管洗浄度の点で,高齢者の大腸内視鏡検査の前処置として有用である。以上よりSodium Picosulfate 20mℓをPEG腸管洗浄液と併用することにより,優れた腸管洗浄度を得られると同時にPEG腸管洗浄液服用量の減量か可能であり,total colonoscopyの前処置として有用であることが示された。
抄録(別表記) The following results were obtained from a total colonoscopic study of 50 patients who received preparation with 20mℓ of sodium picosulfate (Laxoberon®) and PEG intestinal lavage solution (Niflec®) prior to the examination. (l) The present method in combination with a mean of 1230mℓ of PEG intestinal lavage solution allowed colonic cleaning for which observation was available in 48 of 50 patients. (2) With this method. no adverse reactions were observed except for mild abdominal pain, nausea, and rugitus in a few patients. (3) This method was particularly as a preparation for colonoscopic examination in elderly patients. Thus, we conclude that preparation with 20mℓ of sodium picosulfate and PEG intestinal lavage solution is useful for colonoscopic examination.
キーワード 大腸内視鏡検査 (colonoscopy) 前処置 (preparation)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 22
終了ページ 26
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307186
JaLCDOI 10.18926/15129
フルテキストURL 066_085_091.pdf
著者 Chowdhury Riaz| 越智 浩二| 原田 英雄| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 一村 光子| 穐山 恒雄| 横田 聡|
抄録 Experimental model of pancreatitis is mandatory for elucidating the pathobiology of the disease and also to see the response of a novel treatment. In addition, the need for an animal model of chronic pancreatitis is further strengthened by the relative inaccessibility and paucity of the human pancreatitis tissue. Whereas various models of acute pancreatitis and also of exocrine pancreatic tumor have been described, chronic pancr-eatitis has not been consistently reproduced in experimental animals. Many researchers attempted to establish an experimental model of chronic pancreatitis either by partially obstructing the drainage of pancreatic secretion in dogs and cats or by feeding alcohol to dogs and rats with and without temporary occlusion of the biliopancreatic duct or by surgically inducing ischaemia in the pancreas of the dogs. But, none of these models is identical with human disease. A consistently reproducible model of human chronic pancr-eatitis probably does not exist. In this expanding era of molecular biology which promises us to enhance greatly our understanding of this disease, a right experimental model of chronic pancreatitis is still in progress.
抄録(別表記) 疾患の実験モデルの作成は,その疾患の病因,病態の解明,さらに治療法の開発のために重要である。筆者らの一人は厚生省難治性膵疾患調査研究班の班員として,慢性膵炎の病態の解明や治療法の開発に関する研究を行っており,その研究の一環として,慢性膵炎の実験モデルの作成を現在行っている。そこで,これまで報告されている慢性膵炎の実験モデルについて概要を報告した。種々の動物や方法でヒト慢性膵炎に病因,病態,組織像が類似するモデルの作成が試みられてきたが,そのすべてが合致するような慢性膵炎モデルは確 立されてはいない。近年の分子生物学的研究の進歩は著しく,実験モデルへの応用が種々なされている現在,より簡便で再現性のある慢性膵炎モデルの作成が望まれるところである。
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 85
終了ページ 91
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307190
JaLCDOI 10.18926/15126
タイトル(別表記) Pelvimetry with smaller radiation field by CC・DR system- An examination on applying to lateral radiography of the pelvis (Guthmann) ―
フルテキストURL 066_062_071.pdf
著者 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 中桐 善康| 小林 靖明|
抄録 100万画素CCDカメラを用いたI.I.-DR装置(CC・DRシステム)をX線骨盤計測に適用するため,被曝線量をはじめとするいくつかの点を検討した。照射野内の被曝線量は従来の高感度Screen-Film システムであるG12/HRSと同等以下に抑えることが可能であった。また,CC・DRシステムの9インチ円形照射野は一般的に用いられている大角フィルム面積の1/3であり,胎位の95%を占めるといわれている頭位の撮影においては胎児の生殖腺はもちろん, 赤色骨髄を多く含む脊椎への被曝を大幅に低減できた。また,新たに開発された距離計測ソフトウェアーの正確度は良好で,通常lmm以下の誤差で測定が可能であることを確認した。その他,装置に標準装備されている自動露出機構の特性についても報告し,最後に撮影時の留意点についても検討した。
抄録(別表記) To apply CC・DR system (image intensifier digital radiography system including one million pixel CCD camera)to X-ray pelvimetry, We examined exposure dose of X-ray, radiation field, and accuracy of X-ray pelvimetry by the system. The hazards of radiation by CC・DR system were less than those of radiation by G12/HRS which is high sensitive screen-film system. 9 inch round radiation field by CC・DR system was one third of the area of 14×14 inch film. In cephalic presentation which occurs in about 95% of pregnancies, the damages of radiation by CC・DR system to fetal gonads and spinal bones including bone marrow much were less than those by usual X-ray examination. The accuracy of a distance measuring software devised newly for pelvimetry was reliable, and we could measure diameters with less than 1 mm deviations. Also we report the characteristics of automatic exposure controller annexed to this TV system and enumerate points to which we pay attention on taking a radiograph. Furthermore, It is expected that CC・DR system was useful to apply to superio-interior pelviography (Martius).
キーワード 骨盤計測 (Pelvimetry) グースマン法 (Guthmann Position) デジタルラジオグラフィー (digital radiography) 被曝線量 (exposure dose)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 62
終了ページ 71
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307350
JaLCDOI 10.18926/15122
タイトル(別表記) Study on the relationship between the bone mineral densities measured by QCT and biochemical parameters.
フルテキストURL 066_037_043.pdf
著者 梶本 和宏| 光延 文裕| 御舩 尚志| 横田 聡| 保﨑 泰弘| 谷﨑 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 当院内科に通院または入院中の女性患者24例(57~89才,平均71.8才)を対象とし,定量的QCT法による骨塩量測定と同時に血中骨代謝マーカーを測定し検討を行った。年齢についての検討では,カルシウム(Ca)が70才台で60才台に比べ有意に高値であった以外は年代による有意差は認められなかった。オステオカルシン(OC)とイオン化Ca(Ca(2+))との間にr=-0.50,p<0.01の有意の逆相関を認め,OCとBody mass indexとの間に有意の正の相関(r=0.41,p<0.05)を認めた。平均骨塩量と各生化学parameterとの間には有意な相関はみられなかった。副腎皮質ステロイド剤(ステロイド)投与群では非投与群に比べ,投与群でALP骨型アイソザイム(ALP3)高値,OC低値の傾向がみられた。またステロイド投与症例はすべてOC値が8.4ng/mℓ以下であり,ステロイドによる骨粗鬆症誘発の機序として骨形成の抑制が関与している可能性が考えられた。今後骨塩量と骨代謝マーカーとの関連について,若年者を含めた検討が必要と考えられた。
抄録(別表記) Bone mineral densities (BMD) were measured with QCT (quantitative computed tomography) in 24 females aged 57 to 89 years old to evaluate about relationship between BMD and biochemical parameters on bone metabolism (calcium : Ca, ionized calcium : Ca(2+), alkaline phosphatase : ALP, bone type isozyme of alkaline phosphatase : ALP 3 and osteocalcin : OC) in blood. As for exception that Ca was significantly higher in patients aged of 60's in comparison with those of 70's in the examination with regard to age, no significant differences were observed. Significant opposite correlation (r=-0.50, p<0.01) between OC and Ca(2+) and significant positive correlation (r=0.41, p<0.05) between OC and body bass index were observed. No significant correlation was observed between mean BMD and biochemical parameters. A trend of higher ALP 3 and lower OC was observed in adrenocortical steroid (steroid) administration group in comparison with patients with no steroid therapy. Also in steroid administration group, OC value was below 8.4ng/mℓ in all patients. Thus, it was suspected that the suppression of bone formation was related to the mechanism of osteoporosis induced by steroid. Then, the further studies on the relationship of BMD and these biochemical parameters including those of younger cases were considered necessary to clarify the mechanism of osteoporosis.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoporosis) 骨塩量 (Bone mineral desity) オステオカルシン (Osteocalcin) 骨型アルカリフォスファターゼ (alkaline phosphatase (bone type isozyme)) イオン化カルシウム (ionized calcium)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 37
終了ページ 43
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307374
JaLCDOI 10.18926/15089
タイトル(別表記) Usefulness of retinol binding protein as a marker for the assessment of nutritional uptake for the preparation of colonosocpy
フルテキストURL 067_071_074.pdf
著者 加藤 匡宏| 蓮岡 英明| 越智 浩二| 水島 孝明| Chowdhury Riaz| 松村 直樹| 山本 良一| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 穐山 恒雄| 横田 聡| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 大腸内視鏡検査の前処置を栄養面から評価する目的で前処置前後にrapid turnover proteinである血中レチノール結合蛋白の変動を検討した。前日に普通食を用い,当日ニフレックを使用した10例,検査1日前に低残渣食を用いた27例,通常の前処置では良好な腸管洗浄が得られないために検査前2日間低残渣食を用いた27例の3群について,前処置開始前と検査終了後に血中レチノール結合蛋白の変動をみたところ,検査前2日間低残渣食服用群で有意の低下を認めた。前日普通食群では検査前後で変化を認めず,1日低残渣食服用群では低下傾向を認めたが,有意差は認めなかった。これまで前処置の成否は腸管洗浄度の面で評価されてきたが,血中レチノール結合蛋白を目標として用いることにより栄養面から評価することができることが考えられた。
抄録(別表記) The objective of this study was to evaluate the usefulness of retinol binding protein (RBP), one of rapid turnover proteins, for the assessment of nutritional aspect of the preparation for colonoscopy. Blood samples were drawed before the preparation and after the colonoscopic examination and serum RBP was determined by laser nephrometory. Group A consisted of 10 patients who were administered intestinal lavage solution (Niflec) without no low residual diet. Group B consisted of 27 patients who were adminstered low residual diet for 1 day. Group C consisted of 27 patients who were administered low residual diet for the two consecutive days before colonosocopic examination with intestinal lavage solution and magnesium citrate because sufficient cleanup of intestine were not expected by using the ordinary preparations. The values of serum RBP significantly decreased in group C after the preparation although no significant changes were observed in group A and Group B. We emphasized in estimating the preparation for the colonoscopy assessment of nutrition using serum RBP was needed as well as colonic cleaning.
キーワード レチノール結合蛋白 (retinol binding protein) 大腸内視鏡 (colonoscopy) 前処置 (preparation) 栄養評価 (nutritional assessment)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 71
終了ページ 74
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307681