JaLCDOI 10.18926/11752
フルテキストURL 001_007_009.pdf
著者 Tongu Yasumasa| Bayoumi Magdi Abdel Hamid| Saida Haruo|
抄録 マンソン住血吸虫とビルハルツ住血吸虫に混合感染し、しかも尿からマンソン住血吸虫の虫卵を検出した珍しい症例。患者は18才の男子でスーダンのハルツーム市在住。3年前に流行地で水に接する機会があった。最近、朝の最初の尿で血尿が出るようになった。また腰痛および吐気も自覚するようになった。1990年7月26日個人のクリニックで検査したところ尿の沈渣中より2種類の住血吸虫卵を検出した。スーダンでは混合感染者の3~5%に尿からマンソン住血吸虫卵が検出されるといわれているが確実な報告例はない。
キーワード Schistosoma mansoni S.haematobium schistosomiasis Sudan
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1991-03-25
1巻
開始ページ 7
終了ページ 9
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002314060