このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14367
Eprint ID
14367
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The Lectures on the Development of Teaching Plans and Teaching Materials Tried in the Science Education Class in Master's Course, Okayama University
著者
稲田 佳彦 岡山大学教育学部
柿原 聖治 岡山大学教育学部
喜多 雅一 岡山大学教育学部
山下 信彦 岡山大学教育学部
石川 彰彦 岡山大学教育学部
小倉 久和 岡山大学教育学部
安藤 元紀 岡山大学教育学部
草地 功 岡山大学教育学部
加藤 内蔵進 岡山大学教育学部
吉岡 勉 岡山大学教育学部附属小学校
河田 有紀 岡山大学教育学部附属小学校
平山 元士 岡山大学教育学部附属小学校
橋本 誠治 岡山大学教育学部附属中学校
赤崎 哲也 岡山大学教育学部附属中学校
東 伸彦 岡山大学教育学部附属中学校
別役 昭夫 岡山大学教育学部附属中学校
抄録
岡山大学大学院教育学研究科の理科教育専攻の講義として、教材開発・授業案開発をテーマとした新しい講義を試みたのでその報告を行う。本講義は、理科教育講座に所属する大学院生、理科教育講座の大学教員、附属学校の理科関係の教諭が三者協働で進めることが特徴である。課題設定、教材開発を含めた実践準備および実践を院生チームを組み遂行させ、さらに経験や専門性の異なる人材と論議を重ねて活動を進めることを通じ、将来、協働で学校現場の課題提案・解決を行うことのできる能力を養うことを目標とした。
抄録(別表記)
This is a report of the new type of lectures on the development of teaching plans and teaching materials attempted in the science class in the Master's Course, Okayama University. The lectures were conducted in collaboration of the graduate students and the academic staffs in the science education course, and the science teachers of the attached school of Okayama University. The graduate students were grouped into two teams of five or six people, assigned to decide on themes, prepare and practice the development of teaching plans and teaching materials. They conducted their activities discussing problems with people of different experience and specialty, thus developing the ability to jointly propose and solve problems at schools in future.
キーワード
大学院講義 (Science Education Class in the Master's Course)
附属学校 (Attached School)
授業実践 (education practice)
教材開発 (Development of Teaching Materials)
授業案開発 (Development of Teaching Plans)
発行日
2007-03-10
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
7巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
7
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc