このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11326
Eprint ID
11326
フルテキストURL
タイトル(別表記)
QTL Analysis for Expressivity of Hull-cracked Grain in Two-rowde Spring Barley
著者
金谷 良市 岡山大学
高橋 秀和 岡山大学
武田 和義 岡山大学
抄録
The exposure of the caryopsis through lemma and palea is called 'hull-cracked grain', which lowers the germinability and grade of malting barley. To breed new varieties with a low occurence of hull-cracked grains,quantitative trait loci(QTL) analysis was conducted using 146 doubled haploid lincs derived from Harrington × TR306.Interval mapping analysis revealed three significant QTLs on chromosomes 3H,5H and 7H. About 37% of the variation of the expressvity of hull-cracked grains was explained by these three QTLs in a spikelet-thinning condition where 1/4 of the spikelets were thinned at the flowering time. On the contraty the QTL on 5H was silent in normal or non-treated condition and 23% of the variation was determined by the QTLs on 3H and 7H. Some of the QTLs detected here had a pleiotropic effect on the grain size.
抄録(別表記)
Harrington×TR306に由来する倍加半数体146系統およびその両親を北海道網走市で春播条件で栽培し、頴花の1/4を間引いた摘粒地区と無処理区で裂皮粒歩合を調査し、interval mappingによって裂皮粒歩合を支配するQTL解析を行った。両親の裂皮粒歩合は極めて低かったが、裂皮粒歩合の高い系統の超越分離が認められた。無処理区では3Hと7Hに有意なQTLが見出され、これらによって変異の約23%が説明できた。摘粒区ではこの2つに加えて5Hにも有意なQTLが見出され、これらによって変異の37%が説明できた。これらの3つのQTLのうち2つは粒大を支配するQTLと同座と見られた。
キーワード
Barley
Quality
Hull-cracked grain
QTL analysis
発行日
1998
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
5巻
2号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
183
終了ページ
191
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し