JaLCDOI 10.18926/11714
タイトル(別表記) スクリーン/フィルム乳房撮影法における乳房線量測定システム
フルテキストURL 010_2_099_106.pdf
著者 後藤 佐知子| 東 義晴| 丸山 敏則| 中桐 義忠| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦| 門久 繁文|
抄録 The average glandular dose to glandular tissue m mammography is generally assumed to be a function of beam quality (HVL), x-ray tube target material, tube voltage, breast thickness, breast composition and, to a lesser extent, x-ray tube voltage waveform. The average glandular dose is generally determined from published tables with knowledge of the above function. Tables for a high frequency x-ray generator are not yet published. In our study, the lookup tables for the average glandular dose were made at 28 kV (high frequency x-ray generator), employing a breast simulating tissue (0-100% adipose tissue, 0-100% glandular tissue) phantom for an Mo target - Mo filter source assembly. We tried to estimate breast composition from x-ray mammograms by digital image processing techniques, also using the simulating tissue phantom. Then the system that automatically calculates the average glandular dose from digitized clinical x-ray mammograms was built. It is considered that this system can contribute to objective evaluation of the average glandular dose.
抄録(別表記) 乳房X線撮影法において乳腺組織に対する平均放射線吸収線量,すなわち平均乳腺線量は放射線のリスクの最も有用な測定法であり,現在,乳房に対する線量の評価に用いられている指標である。一般に,平均乳腺線量は線質(HVL),X線管球ターゲット材料,管電圧,圧迫乳房厚さ,乳房構成および(ある程度)X線管電圧波形の関数であるとされている。平均乳腺線量は,上記の関数についての情報を備えた表が公表されており,一般にその表を使って決定されている。近年,インバータ式といわれる高周波X線発生装置が普及してきた。しかし,その装置用の表は,まだ公表されていない。我々の研究では,乳房組織をシュミレートするファントム(0~100%乳腺組織,0~100%脂肪組織)を使用して,28kVでMoターゲット―Moフィルタソースアセンブリーを備えた高周波X線発生装置のために,平均乳腺線量用のルックアップテーブルを作成した。同様に,乳房組織をシュミレートするファントムを使用して,乳房X線写真から,ディジタル・イメージプロセシング技術によって,乳房構成の評価を試みた。そして,ディジタイズされた臨床乳房X線写真から,平均乳腺線量を自動的に計算するシステムを構築した。サンプル数が少ないため断定はできないが,日本女性は,基準構成(50%の脂肪および50%の乳腺組織)と比較すると,脂肪が少ない傾向を分析結果は示唆していた。また,平均乳腺吸収線量の限度は,明確に規定されていないが,American College of Radiology(ACR)は4 mGyなどを推奨している。また日本では,3 mGyが推奨されているが,我々の撮影システムはこれらを十分満足していた。このように本システムは,平均乳腺線量の客観的な評価に寄与するとともに,DR(digital radiography)などに応用すると,すなわちルックアップテーブルをDRのコンピュータに保存しておけば,撮影後すぐに乳房構成および平均乳腺線量を算出できる可能性をもつ。
キーワード Screen/Film Mammography (スクリーン/フィルム乳房撮影法) Breast composition (乳房構成) Average glandular dose (平均乳腺線量) Entrance skin exposure (皮膚入射線量) Breast-equivalent material phantom (乳房組織等価ファントム)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 99
終了ページ 106
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313736
JaLCDOI 10.18926/15252
タイトル(別表記) Extended-cycle processによる乳房撮影用増感紙/フィルムシステムの画質改善
フルテキストURL 009_2_083_090.pdf
著者 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 東 義晴| 中桐 義忠| 竹田 芳弘| 杉田 勝彦| 木村 文江| 門久 繁文|
抄録 Extended-cycle process is the term used for a processor in which the processing time has been prolonged usually to approximate 210 seconds. It has been known that the extended-cycle process of some single-emulsion films as used for mammography may enhance film contrast and increase film speed. So the speed was increased in lower speed and higher resolution system than conventional systems by means of using the extended-cycle process in this paper. We investigated how much the resolution of the system was kept. A single screen-single emulsion combination, Konica M-100/CM-H was employed as a low speed and high resolution system. This film after exposure was processed in the different combinations of developing temperatures, 30, 32 and 34℃, and processing time of 210 seconds. On the other hand, Konica M-200/CM-H was employed as a high speed system. This film was processed in the standard-cycle processing (34℃, 90 seconds). Those systems were compared on contrast, speed, screen-film blur and noise by a characteristic curve, MTF (modulation transfer function) and WS (wiener spectrum). Furthermore, the RMI 165 phantom was used to evaluate visibility of mammographic details of these systems. As a result, in the extended-cycle process at the developing temperatures of 32 or 34°C and processing time of 210 seconds for M-100/CM-H, it was possible to increase the speed as much as the higher speed system, M-200/CM-H. Then the contrast, the MTF and the visibility were also improved as compared to the higher speed system. Furthermore patient dose could be reduced at the developing temperature of 34℃ and processing time of 210 seconds in M-100/CM-H.
抄録(別表記) 通常,extended-cycle processは処理時間が約210秒に延ばされた現像機のために使われる用語である。乳房撮影に使われるような片面乳剤フィルムにおけるextended-cycle processは,フィルムコントラストを増し,感度をあげることが良く知られている。そこで,本論文ではextended-cycle processにより低感度,高解像度システムの感度を上げ,どの程度解像度が維持されるかを調べた。片面増感紙/片面フィルムの組合わせであるKonica M-100/CM-Hを低感度,高解像度システムとして用いた。露光後のフィルムは現像温度30,32, 34度,処理時間210秒の異なる組合わせで現像処理した。一方,高感度システムとしてKonica M-200/CM-Hを用い,このフィルムは標準現像(34℃,90秒)された。感度,増感紙/フイルムのぼけ,雑音に関して,特性曲線,MTF(modulation transfer function), WS(wiener spectrum)によってこれらのシステムを比較した。さらにこれらのシステムにおける乳房写真の細部視覚評価のためにRM165ファントムを使用した。その結果,M-100/CM-Hに対するextended-cycle process現像温度32, 34℃,処理時間210秒のextended-cycle processにおいて,高感度システムM-200/CM-Hと同等の感度を上げることが可能であった。そのとき,コントラスト,MTF,視覚的検出能も高感度システムより向上した。さらに,現像温度34℃,処理時間210秒では,被曝線量の低減が可能であった。
キーワード image quality mammography single screen-single emulsion film system high-resolution screen extended-cycle process
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1999-02-26
9巻
2号
開始ページ 83
終了ページ 90
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307881
著者 中桐 義忠| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 杉田 勝彦| 園山 真世| 森岡 泰樹| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 門久 繁文| 井上 龍也| 平木 祥夫|
発行日 1995-12-20
出版物タイトル 環境制御
17巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/11805
タイトル(別表記) Dose Distributions at Standard Diagnostic X-Ray Energy
フルテキストURL 002_063_071.pdf
著者 三宅 英昭| 稲村 圭司| 中桐 義忠| 門久 繁文| 三上 泰隆| 東 義晴| 山田 俊治| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 Exposure dose has been indicated by surface dose or transit dose, but they could not indicate dose distributions inside the body. Modulex as the radiation therapy planning system was used for dose distributions at standard diagnostic X-ray energy. X-ray is low energy X-ray at standard diagnostic radiography, so alterations of the energy and the scattering dose distribution by absorbers are quite different from those at high energy X-rays. Mix-DP was put to the homogeneous tissue use, then Bone equivalent phantom or Lung equivalent phanton was put to the inhomogeneous tissue use. Density correction factors for inhomogeneous phantoms were gotten by the calculation of the water equivalent thickness. In Bone the inhomogeneous correction depended strongly on the bone thickness. In Lung it was in need of one density correction factor and the scattering correction method for the decrease of the back scattering. The calculated dose distributions by Modulex agreed with measured data when each correction was carried out, and it was indicated that those data apply to inclinical situations.
キーワード Exposure Dose Dose Distribution Radiation Therapy Planning System Density Correction Scattering Correction
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1992-02-05
2巻
開始ページ 63
終了ページ 71
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313328
著者 松島 紀志夫| 永谷 伊佐雄| 稲村 圭司| 門久 繁文| 中桐 義忠| 三上 泰隆| 杉田 勝彦| 青野 要|
発行日 1984-12-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
96巻
11-12号
資料タイプ 学術雑誌論文