このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52890
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Image Recognition Method to Measure Angular Velocity from Movement of a Back of Hand for Safety Education
著者
箕輪 弘嗣 岡山大学自然科学研究科
宗澤 良臣 広島工業大学 工学部 機械システム工学科
橋本 康平 (株)今仙電機製作所
抄録
 人的要因の事故を防止する為,仮想現実感を利用した訓練の実現が期待されている.仮想環境での訓練の利点は実環境に近い環境で訓練できる点にある.しかし,プラント内で基本操作であるバルブの操作をシステムへ伝えるユーザ・インタフェース(UIと省略)は現在なく,実環境に即した訓練ができない問題がある.  そこで本研究では,仮想環境におけるバルブ開操作訓練を実現するバルブ操作UI開発のため,バルブの丸ハンドルの回転速度を測定する画像認識手法を提案する.本手法はバルブの丸ハンドルを回す手から取得した光学的自然特徴点を利用する.本バルブ開操作UIはPC,Webカメラといった一般的な製品を用い平易に実現できる利点がある.  本手法は,評価実験で22.5-90deg/sを測定できる事を確認できたため,発火危険を想定したバルブ操作訓練のためのUIに適用できる事が明らかとなった.
抄録(別表記)
 The realization of training of virtual reality is expected to prevent the accidents caused by human factor. The benefits of training in virtual environment is a realization of training in a simulated real environment. However, there is a problem that a trainee cannot train in the simulated real environment because there is no user interface (UI) to transmit the valve operations which is basic manipulation in the industrial plant to the training system. In this study, we propose an image recognition method for developing a valve manipulation UI which aims to realize the training of valve opening manipulation in virtual environment. The method to measure the angular velocity of the circular handle of a valve utilizes the optical natural feature points obtained from the hand turning the handle. The advantage of our valve manipulation UI is that the UI can construct easily by popular products such as PC, web camera. Our method was revealed to be able to be applied to the UI of training system for worker to train valve operating manipulation which assumed fire risk because it can measure the velocity of 22.5~90 deg/s.
キーワード
画像認識
仮想現実感
ユーザ・インタフェース
バルブ
プラント安全
発行日
2014-10-15
出版物タイトル
安全工学
出版物タイトル(別表記)
Journal of Japan Society for Safety Engineering
53巻
5号
出版者
安全工学会
開始ページ
295
終了ページ
302
ISSN
0570-4480
NCID
AN00012812
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
著作権者
安全工学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り