このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52707
タイトル(別表記)
Treatment for a non-compliant patient with cancer and epilepsy
フルテキストURL
Thumnail 126_133.pdf 940 KB
著者
南 大輔 岡山大学病院 緩和支持医療科
市原 英基 岡山大学病院 血液・腫瘍・呼吸器内科
岡部 伸幸 岡山大学病院 精神科神経科
横道 直佑 岡山大学病院 緩和支持医療科
高下 典子 岡山大学病院 看護部
鍛治園 誠 岡山大学病院 薬剤部
秋元 悠 岡山大学病院 消化器内科
堀 圭介 岡山大学病院 消化器内科
松原 稔 岡山大学病院 消化器内科
那須 淳一郎 岡山大学病院 消化器内科
谷本 光音 岡山大学病院 血液・腫瘍・呼吸器内科
木浦 勝行 岡山大学病院 血液・腫瘍・呼吸器内科
松岡 順治 岡山大学病院 緩和支持医療科
抄録
 A 58-year-old man with cervical esophageal cancer and a history of epilepsy was treated with chemoradiotherapy from May of 2013. When tube feeding was initiated due to aspiration pneumonitis, the patient showed a degree of irritability that affected routine staff work and treatment compliance. We attempted to perform supportive care for maladjustment by the notice, the fast, and the tube feeding, but there was no improvement. After we added carbamazepine, primidone, and propericiazine (which had been canceled at the initiation of the tube feeding) to the patient's intravenous phenytoin, the symptoms and treatment compliance improved significantly. We concluded that the causes of the patient's irritability were maladjustment and his epilepsy.
キーワード
てんかん(epilepsy)
易怒性(irritability)
適応障害(maladjustment)
備考
症例報告 (Case Reports)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2014-08-01
126巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
133
終了ページ
135
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2014 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Sort Key
11
Eprints Journal Name
joma
参考文献
1) てんかん―その精神症状と行動, てんかんの精神症状と行動研究編, 新興医学出版社, 東京(2004).
2) 保坂 隆 : 悪性腫瘍と軽症うつ病. 成人と生活習慣(2002)32, 1469-1472.
3) Blumer D : Antidepressant and double antidepressant treatment for the affective disorder of epilepsy. J Clin Psychiatry (1997) 58, 3-11.
4) 第15章てんかんの精神状況 : てんかん治療ガイドライン2010, てんかんガイドライン作成委員会編, 医学書院, 東京(2010)pp131-132.
5) 三原忠紘, 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会 : てんかん外科の適応に関するガイドライン. てんかん研究(2008)26, 114-118.
6) 千葉 茂, 石本隆広, 稲葉央子, 田村義之, 石丸雄二, 高崎英気, 阪本一剛, 山口一豪 : てんかんに伴う精神症状とその治療. 臨床精神薬理(2007)10, 599-606.
7) 山脇成人 : がん患者の精神症状発現要因の解析及びその対応に関する研究. 医学のあゆみ(2001)197, 410-411.
8) 西村勝治 : うつと不安. 臨床精神医学(2004)33, 525-531.
9) 樋口輝彦, 小山 司 : 臨床精神薬理ハンドブック 第2版, 医学書院, 東京(2009).
10) がん緩和ケアガイドブック 2008年版, 日本医師会監修, 青海社, 東京(2008)p8.
11) Macrea MM, Horowitz M, Shishir O : Early palliative care in non-small-cell lung cancer. N Engl J Med (2010) 363, 2263.