このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43084
フルテキストURL
Thumnail 66_2379.pdf 361 KB
タイトル(別表記)
On the far Examination Result about Patients of Infectious Hepatitis 1st Report. Ist Examination Result in Akaiwa Area
著者
小坂 淳夫 岡山大学医学部第一内科教室
瀬戸 桂太郎 岡山大学医学部第一内科教室
森本 嘉一 岡山大学医学部第一内科教室
荻野 重美 岡山大学医学部第一内科教室
長島 秀夫 岡山大学医学部第一内科教室
島田 宜浩 岡山大学医学部第一内科教室
庵谷 恒夫 岡山大学医学部第一内科教室
岩原 正雄 岡山大学医学部第一内科教室
尼子 隆士 岡山大学医学部第一内科教室
日野 益雄 岡山大学医学部第一内科教室
川口 正光 岡山大学医学部第一内科教室
石田 立夫 岡山県衛生部公衆衛生課
抄録
Re-examining 153 cases of infectious hepatitis patients in Akaiwa area, Okayama Prefecture, the result was that some cases seemed to have distinctly shifted to chronic hepatitis, along with cases of latent hepatitis without conscious symptoms, to the extent of about 1/8 of total cases; moreover, there were pretty many who should be taken care of: where, there were few cases of perfect recovery. Besides, 2 cases were recognized which shifted tohepatic cirrhosis, one of which could be given testimony owing to autopsy. The chronic turn like this was of course seen in serious cases, but even in slightly-affected cases, if thorough treatment was out of use (esp., quiet repose); so that, in its treatment, utmost care should be taken; besides, as to the decision of recovery, one should take resort to every means to ensure it.
発行日
1954-12-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
66巻
12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
2379
終了ページ
2384
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/66/12/66_12_2379/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma