このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19877
Eprint ID
19877
フルテキストURL
タイトル(別表記)
土壌改質材 FFC エースによるオオムギの生育と収量の促進効果
著者
藤田 景子 岡山大学
鈴木 智子 岡山大学
長谷川 幸子 岡山大学
目黒 あかね 岡山大学
杉浦 裕幸 ㈱赤塚植物園・生物機能開発研究所
豊田 和弘 岡山大学
白石 友紀 岡山大学
坂口 英 岡山大学
西村 富生 ㈱赤塚植物園・生物機能開発研究所
久能 均 岡山大学
抄録
The effects of a unique soil conditioner, FFC-ace, on photosynthesis, transpiration, growth and yield of barley were examined in a field experiment. FFC-ace well-mixed with sandy soil greatly enhanced root and shoot growth, tillering and the number of grains per stock. The total yield in the treated plot increased by about 172%. The plants grown in the FFC-ace plot were greener and contained a higher level of chlorophyll, compared with the control. Photosynthesis and transpiration, which are tightly linked to productivity were also significantly enhanced at the broad range of photon flux observed in our study. The quality of grain harvested from the FFC-ace plot was similar to the control plot in terms of nutritional and inorganic components. The increased photosynthesis in the FFC-ace treated barley reflects a higher absorption of CO(2) from the atmosphere. It was also noted that the efficiency of water utilization for photosynthesis was significantly greater under the high light intensity in the treated plot. The relationship between application of FFC-ace and absorption of atmospheric CO(2) is discussed. Our investigation provides data showing that application of FFC-ace to soil significantly reduces water requirements for plant growth and yield.
抄録(別表記)
本報は,㈱エフエフシー・ジャパンから販売されている土壌改質材FFCエースTMの作物の生長促進効果について,2006年11月から翌年6月,本学農学部内の実験圃場で実施された,オオムギの生育ならびに収量調査に関する試験結果をとりまとめたものである.実施圃場の砂土壌にFFCエースを所定量混和した区画を設け,オオムギの種子を播種した.なお,対照区は非導入土壌とした.定期的に行った生育調査の結果,FFCエースを導入した土壌では非導入の区画と比べて,生育初期における根の生育が良好となり,地上部における分けつ数の増加とともに穂の生長も旺盛となって,1穂当たりの収穫量(粒数)の著しい増加をもたらした.結果,FFCエース導入区における全収量は非導入区と比べて約1.7倍となった.また,それぞれから収穫したオオムギ粒に含まれる栄養価ならびに無機元素類の量には,FFCエースの導入,非導入によって大きな違いは認められず,導入の効果は収量に大きく反映された.事実,調査期間中に行った測定から,FFCエースを投入した土壌で生育するオオムギ葉は高いクロロフィル量を示しており,光合成が促進されているものと考えられた.実際,播種後4ヶ月目以降,光合成ならびに蒸散速度値を測定した結果,FFCエース導入区で生育したオオムギでは常に高い値を示した.また,FFCエースの導入によって強光条件下における水利用効率が促進された.本報告では,FFCエースの投与と空気中からの二酸化炭素の吸収量との関連について考察するとともに,併せて,FFCエースの土壌への導入によって作物の生育に必要な灌水量を大きく減らすことができる可能性についても言及したい.
キーワード
barley (Hordeum vulgare L.)
enhanced growth and yield
FFC-ace (soil conditioner)
enhanced photosynthesis and transpiration
chemical analysis of grains
発行日
2010-02-01
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
99巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
13
終了ページ
20
ISSN
0474-0254 
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa