このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11261
Eprint ID
11261
フルテキストURL
タイトル(別表記)
高対塩性オオムギ品種の選抜
著者
Sopandie Didy 岡山大学
武田 和義 岡山大学
森次 益三 岡山大学
川﨑 利夫 岡山大学
抄録
In order to select higher salt tolerant cultivars of barley,solution culture experiments were carried out with 500 barley cultivars, which were preliminarily selected from 4581 cultivars by exposure to 1-2% of sodium chloride(MaCl) during the germinating stage. The concentrations of NaCl used in the experiments were 2 (control), 150 and 300 mM in nutrient solution.From the results of five solution culture experiments, each of which was carried out with about 100 cultivars, 105 cultivars of barley were selected as relatively about 100 cultivars. Then the final selection was carried out on those 105 cultivars, and it was found that more than 10 cultivars were highly salt tolerant, mainly based on the comparisons of shoot yields under the supply of 300 mM of NaCl.High salt tolerant barley cultivars mentioned above showed 42-86% and 17-30% of the control in shoot yield under the condition of 150 and 300 mM of NaCl, respectively.On three groups of barley,each having more than 10 cultivars, which are high, moderate and low in salt tolerance, ion contents of the plants were analyzed.The results suggest that potassium(K) uptake was comparatively larger in the high salt tolerant goup of barley cultivars,through there was a big variation in sodium(Na) and K contents even within the same group.
抄録(別表記)
耐塩性品種を選抜するため、500品種のオオムギを用い、水耕栽培実験を行った。培地の塩化ナトリウム濃度は2(対照区)、150および300mMとした。用いた品種500品種は、4581品種のオオムギから、発芽時の耐塩性の高い品種として選抜されたものである。1回に約100品種を用い、5回の水耕栽培実験で耐塩性の高い105品種を選抜した。この105品種を同一時期に水耕栽培し、主として塩化ナトリウム300mMでの地上部収量を比較することにより、最終選抜を行った。その結果、10余品種の高対塩性オオムギが得られた。これらの高対塩性オオムギ品種では、塩化ナトリウム150mMの場合に、対照区の42~86%、300mMの場合に対照区の17~30%の地上部収量が得られた。これらの実験に用いたオオムギ品種から、対塩性の高いもの、中程度のもの、および低いものを各々10数品種選び、それらのイオン含量を測定した。その結果、同一グループ内でもイオン含量にかなりの変動が見られるが、対塩性の高いグループでは、オオムギのナトリウム吸収に比較し、カリウム吸収の大きい傾向を認めた。
キーワード
Barley
Ion content
Salt tolerance
Sodium chloride
Yield
発行日
1993
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
1巻
2号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
113
終了ページ
129
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し