このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 21095
Eprint ID
21095
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Spa therapy for patients with chronic obstructive lung disease
著者
谷崎 勝朗 岡山大学三朝分院内科
駒越 春樹 岡山大学三朝分院内科
周藤 真康 岡山大学三朝分院内科
森永 寛 岡山大学三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学第2内科
中川 三郎 岡山大学第2内科
木村 郁郎 岡山大学第2内科
抄録
Histamine releasse from basophils induced by house dust and C. albicans was examined in 30 patients with bronchial asthma. House dust and C. albicans caused a significant amount of histamine release in subjects with a RAST score to corresponding allergen. A close correlation was found between house dust- and anti-IgE-induced histamine release. However, histamine release induced by C. albicans was considerably different from the release induced by anti-IgE.
抄録(別表記)
ハウスダストあるいはカンジダが特異抗原である気管支喘息30例を対象に,それぞれの抗原刺激時の好塩基球からのヒスタミン遊離を,抗ヒトIgEによる遊離と比較検討した. 1. ハウスダストが原因抗原である症例の好塩基球からのヒスタミン遊離は,抗原刺激時41.8%,抗ヒトIgE刺激時40.8%であった. 2. カンジダが原因抗原である症例の好塩基球からのヒスタミン遊離は,抗原刺激時27.1%,抗ヒトIgE刺激時32.2%であった. 3. ハウスダストと抗ヒトIgEによる好塩基球からのヒスタミン遊離は,ほぼ同様の値を示した. 一方カンジダと抗ヒトIgEによるヒスタミン遊離の間には有意の 相関関係はみられなかった.
備考
原著論文 (Original Papers)
発行日
1984-11-30
出版物タイトル
岡山大学温泉研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
55巻
出版者
岡山大学温泉研究所
出版者(別表記)
Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
開始ページ
7
終了ページ
10
ISSN
0369-7142
NCID
AN00032853
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc