このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 21082
Eprint ID
21082
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The effect on tissue perfusion by brine spring (solquellen)
著者
古元 嘉昭 岡山大学温泉研究所
河本 知二 岡山大学温泉研究所
砂川 満 岡山大学温泉研究所
古元 順子 岡山大学医学部附属病院三朝分院
抄録
Changes in partial pressures of each tissue gas and tissue perfusion were evaluated in the 2.5% artificial salt baths by means of medical mass spectrometry using 9 rabbits. The level of subcutaueous PO(2) lowered by 18% and PCO(2) elevated by 7 % compared with the plain water bath. The tissue perfusion volume was found increased by few %. It is assumed that we owe the warm feeling after taking concentrated salt baths to the improved tissue perfusion.
備考
原著論文 (Original Papers)
発行日
1985-03-30
出版物タイトル
岡山大学温泉研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
56巻
出版者
岡山大学温泉研究所
出版者(別表記)
Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
開始ページ
13
終了ページ
16
ISSN
0369-7142
NCID
AN00032853
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc