このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11043
Eprint ID
11043
フルテキストURL
タイトル(別表記)
エンドウ原形質膜におけるATPアーゼとホスファチジルイノシトールリン資質リン酸化酵素の共精製
著者
豊田 和弘 岡山大学
一瀬 勇規 岡山大学
山田 哲治 岡山大学
白石 友紀 岡山大学
抄録
The plasma membrance ATPase was partially purified by a linear glycerol density gradient centrifugation of the detergent-solubilized plasma membrance poteins and subsequent separation by a size-exclusion column chromatogrphy. A purified ATPase preparation is shown to contain a 97.6kDa protein that was cross-reacted with an antibody raised against mung bean H+-ATPase. The preparation also exhibited the phosphorylation of exogenous phosphatidylionsitol(PI) when supplized with [γ-32P]ATP. These results indicate that one form plasma membrance ATPase is co-purified with PI kinase.
抄録(別表記)
エンドウの上胚軸組織から分離した原形質膜画分におけるATPアーゼとホスファチジルイノシトールリン脂質リン酸化酵素との相互作用を解析する目的で、双方の原形質膜画分からの可溶化とそれらの部分精製を試みた。原形質膜のTritonX-100可溶化画分をグリセロール連続密度勾配遠心分画に供し、得られた活性画分をさらに分子ふるいカラムクロマトグラフィーによって分離した。この結果、ATPアーゼとホスファチジルイイノシトールリン脂質リン酸化酵素は共精製され、非変性条件下では双方の活性を分けることができなかった。
キーワード
Lipid kinase
Mycosphaerella
plasma membrance ATPase
pea(Pisum sativum L.)
suppressor
発行日
1999-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
88巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
31
終了ページ
38
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa