このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11088
Eprint ID
11088
フルテキストURL
タイトル(別表記)
共生真菌アクレモニウムエンドファイトの形質転換
著者
ユーナス アハマド 岡山大学
一瀬 勇規 岡山大学
白石 友紀 岡山大学
山田 哲治 岡山大学
抄録
Conditions have been developed for transforming protoplasts of the Acremonium endophyte by PEG 4000 and electroporation. Transformation by PEG exhibited a higher number of transformants than by electroporation. lntegration of iaaM gene into the genome was examined by PCR and Southern blot hybridization analysis. PCR product showed that transformants banded at around 1.7 kb corresponding to the size of iaaM gene. Hybridization of the digests of genomic DNA with iaaM gene as DNA probe showed that the number of hybridized band signals was different between transformant and non-transformant. These results might indicate that PEG is an effective method for the transformation of Acremonium endophyte and that there are repeated copies of the iaaM homologous sequences in the genome of Acremonium.
抄録(別表記)
アクレモニウムエンドファイトの形質転換の条件を検討した。アクレモニウムエンドファイトからプロトプラストを調製し、PEG4000とエレクトロポレーションを用いて形質転換を試みた。その結果、PEGで形質転換すると、エレクトロポレーションによる場合よりも多くの形質転換体が得られた。PCR解析によってiaaM遺伝子のゲノムへの導入を確認したところ、形質転換体のPCR産物はiaaM遺伝子のサイズに相当する約1.7kbのバンドを持っていた。一方、iaaM遺伝子をプローブとしたサザンブロット解析においては、形質転換体と非形質転換体の間にはハイブリダイズした断片数に違いがあることが明らかとなった。以上の結果は、アクレモニウムエンドファイトの形質転換にはPEG法が有効であること、アクレモニウムエンドファイトのゲノム中にはiaaM遺伝子様配列の反復コピーが存在することを示唆している。
キーワード
Acremonium sp
endophyte
tranformation
iaaM gene
hgh gene
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
99
終了ページ
107
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa