このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11298
Eprint ID
11298
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Reaction of the Resistant Gene ml-o to Various Barley Powdery Mildew Strains
著者
部田 英雄 岡山大学
武田 和義 岡山大学
抄録
Eight powdery mildew strains, four collected from the field and the other four derived from a cross between two strains, were inoculated to seven mutant barley lines having the ml-o gene for powdery mildew resistance and their original varieties of barley. These eight powdery mildew strains showed a distinctive reaction to the nine testers having various resistant genes. Onthe other hand, the original barley varieties showed a similar reaction to all the powdery mildew strains inoculated, indicating that the genetic background of these varieties was similar. In comparison with the ml-o mutants and their original varieties, the type of lesion did not change in most cases, but the number of lesions decreased significantly without exception. In conclusion, the powdery mildew resistant gene ml-o does not affect the type of lesions but it reduces the number of lesions.
抄録(別表記)
うどんこ病抵抗性遺伝子ml-oを持つ7つの突然変異系統と原品種に対して圃場で採取したうどんこ病菌4菌株と交雑由来の4菌株計8菌株を接種し、ml-oの突然変異系統とその原品種のうどんこ病菌に対する反応を比較した。供試8菌株は判別品種に対して相互に異なる反応を示し、従って異なる病原性遺伝子を持つものとみられた。一方、7つの原品種は8つの菌株に対する反応が一般的に良く似ており、抵抗性に関する遺伝的背景が似通っているとみられた。ml-oを持つ突然変異体とその原品種を比較すると、一部の例外を除けば病斑型はほとんど等しい一方、病斑数が顕著に減少していたので、ml-oは病斑型に対してではなく、病斑数を減少させる方向に働くとみられる。
キーワード
Powdery mildew resistance
Barley
ml-o gene
Pathogenicity
発行日
1995
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
3巻
1号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
11
終了ページ
16
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し