このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11328
Eprint ID
11328
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Studies on Root Fluorescence Mutants in Barley
著者
武田 和義 岡山大学
張 成林 岡山大学
抄録
Using 10,473 barley accessoins and 16,480 gamma-ray lines, root fluorescence mutants which have been reported in order crops, such as soybean, were screened. No spontaneous mutant was found,but an artificial mutant whose root tips emitted a pink glow under ultraviolet light was obtained by the gamma-ray irradiation. The mutant was controlled by a recessive gene named frp 'fluorescent reaction-pink'. It was poor growth and was lethal. The transmissoin rate of the mutant gene was about 80% of that of the normal allele. Thus the segregation in the heterozygous populations was ca. 4 normal to 1 mutant. The frp gene is located close to gl-3, 'glossy leaf-3' on the 4H chromosome.
抄録(別表記)
オオムギ10,473品種およびコムギ1,140品種を供試して根の蛍光変異体を検索したが、変異体を見出すことはできなかった。オオムギ品種ふじ二条にガンマー線を3世代にわたって90KR照射したM8世代16,480系統の中から根端が紫外線によってピンクに発色する変異体が3系統得られた。これらは同一の突然変異に由来する姉妹系統の可能性が高い。この蛍光変異体は劣性1遺伝子frp(fluorecent reaction pink)に支配される。frpは4H染色体のgl-3近傍に座乗し、その伝達率は正常型の対立遺伝子に比べて0.8程度と低い、frpは致死遺伝子であるがヘテロ維持が可能である。
キーワード
Barley
Mutation
Fluorescence
Linkage analysis
発行日
1998
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
5巻
2号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
193
終了ページ
202
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し