このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11347
Eprint ID
11347
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Phenol Reaction of Kernels and Chromosome Location of Phenol Reaction Genes in the Genus Triticum
著者
張 成林 岡山大学
武田 真 岡山大学
武田 和義 岡山大学
抄録
A total of 3,606 accessions of the genus Triticum involving diploid, tetraploid, hexaploid, and synthetic wheat and 7 Aegilops materials were tested for the phenol reaction in kernels. All hexaploid wheat showed a positive reaction to phenol, but deffered in staining degree. One of the synthetic wheat lines showed a negative reaction to phenol. Using monosomics, ditelosomics and nulli-tetrasomics in the common wheat cv Chinese Spring (Triticum aestivum L.), and Langdon (Triticum turgidum var. durum) disomic substitutions, genes controlling phenol reaction of kernels were located on chromosomes 2A, 2B and 2D. Synteny of the chromosome region involving the phenol reaction gene in some gramineous plants was discussed.
抄録(別表記)
1. コムギ属における穀粒のフェノールによる着色反応を調査した結果、二粒系コムギでは着色する系統としない系統が存在するが、普通系コムギでは3,200以上の品種を供試したにもかかわらず、穀粒がフェノールによって着色しない系統は見いだされなかった。合成コムギ(AABBDD)にはフェノールによって着色しない系統が見出された。2. 異数体分析によって普通系コムギの穀粒のフェノール反応を支配する遺伝子が2Aと2D染色体に座乗することが明らかになり、2B染色体にも穀粒のフェノール反応を支配する遺伝子の存在が認められ、コムギの第2同祖群の全ての染色体にフェノール反応遺伝子が存在することが確かめられた。3. フェノール反応遺伝子と無葉耳遺伝子が見出されているイネ科植物の染色体の同祖性について考察した。
キーワード
Phenol reaction
Triticum
Chromosome
発行日
1997
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
5巻
1号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
61
終了ページ
68
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し