このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19750
Eprint ID
19750
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Clinical evaluation of endoscopic ultrasonography (EUS) in the diagnosis of gastric disease.
著者
越知 浩二 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
原田 英雄 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
松本 秀次 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
入江 誠治 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
武田 正彦 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
田中 淳太郎 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
抄録
ラジアルセクタ式超音波内視鏡(EUS)を,15例の胃疾患患者に用い,その有用性を検討した。胃癌の深達度診断は併存潰瘍を有するm癌の1例をsm癌とした以外は,いずれも正診であり,胃癌の深達度診断にEUSが有用であることが示唆された。その他,胃粘膜下腫瘍の占拠部位や発育様式の診断や壁外性圧排との鑑別など胃疾患の診断にEUSの有用性が示唆され,文献的考察を加えて報告した。
抄録(別表記)
We performed EUS in seven cases with gastric cancer, one with gastric malignant lymphoma, two with submucosal tumor of the stomach (SMT), two with tumourous compression by extra-gastric organs and three with others. Except one case with early gastric cancer, the depth of cancerous lnvasion was correct1y diagnosed by EUS. It was posible to detect which layer had SMT in the 5 layer strcture of the gastric wall by EUS and it was helpful in determination of histological origin of SMT. Furthermore EUS was able to make the differential diagnosis between SMT and tumourous compression by extra gastric organ. Our result showed that EUS was a useful procedure in the diagnosis of gastric diseases.
キーワード
超音波内視鏡 (Endoscopic ultrasonography)
胃癌 (Gastric cancer)
胃粘膜下腫瘍 (Submucosal tumor of the stomach)
癌深達度診断 (Diagnosis of the depth of cancerous invasion)
発行日
1988-08
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
59巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
17
終了ページ
23
ISSN
09133771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc