このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19771
Eprint ID
19771
フルテキストURL
タイトル(別表記)
トランスフェリンを介する鉄の細胞内取り込み機序 ―特に肝細胞への取り込みにおける内皮細胞の関与について―
著者
入江 誠治 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
松本 秀次 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
越智 浩二 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
武田 正彦 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
田中 淳太郎 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
原田 英雄 岡山大学医学部附属環境病態研究施設成人病学分野
Mehdi, Tavassoli ミシシッピ州立大学医学部
抄録
Transferrin (Tf) is thought to play a pivotal role in iron metabolism of various kinds of cells. Tf has specific receptors on the surface of the cells that require iron. Tf-receptor binding is followed by internalization through a system of coated pits and vesicles. The rapid decline of pH of these vesicles leads to the release and sequestration of iron by the cell. Apotransferrin-receptor complex returns to the cell surface, where under neutral pH conditions, apotransferrin is dissociated from the receptor. Recent advances in cellular and molecular biology, gene cloning and monoclonal antibody technique have elucidated many features of these processes at a molecular level. These advances are briefly reviewed, and particularly, our own observations concerning endothelial mediation of uptake of Tf by hepatocytes are discussed.
抄録(別表記)
トランスフェリン(Tf)は鉄代謝において重要な役割を担っている。鉄を必要とする細胞の表面には,Tfの特異的受容体が存在し,Ffは受容体との結合に引き続いて,coated pitsとcoated vesiclesを介して細胞内に取り込まれる(internalization)。Vesicle内での急速なpHの低下にともない,鉄はTfから分離し,細胞内で分画される。一方,鉄を失ったTf(アポTf)は受容体と結合したまま細胞表面にもどり,中性のpHのもとで受容体から解離する。最近の細胞・分子生物学の進歩,遺伝子クローニング,ならびにモノクローナル抗体の開発により,分子レベルで鉄代謝経路が解明されつつある。今回,これまでの主要な知見をまとめ,特に,最近筆者らの研究により明らかとなった,肝の鉄代謝における内皮細胞の役割について考察した。
キーワード
Iron uptake (鉄の細胞内取り込み)
Transferrin (トランスフェリン)
Receptor-Mediated Endocytosis
Desialation (脱シアル化)
Endothelium (内皮細胞)
発行日
1988-08
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
59巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
83
終了ページ
92
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc