このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13600
Eprint ID
13600
フルテキストURL
Thumnail 113_289.pdf 2.11 MB
タイトル(別表記)
Ultrasound guided radio-frequency albation in human hepatocellular carcinoma
著者
能祖 一裕 岡山大学医学部附属病院第一内科
小林 功幸 岡山大学医学部附属病院第一内科
中村 進一郎 岡山大学医学部附属病院第一内科
湯本 英一朗 岡山大学医学部附属病院第一内科
鈴木 貴博 岡山大学医学部附属病院第一内科
箱田 知美 岡山大学医学部附属病院第一内科
詫間 義隆 岡山大学医学部附属病院第一内科
田中 弘教 岡山大学医学部附属病院第一内科
松本 栄二 岡山大学医学部附属病院第一内科
谷口 英明 岡山大学医学部附属病院第一内科
藤川 達也 岡山大学医学部附属病院第一内科
鈴木 真由美 岡山大学医学部附属病院第一内科
守屋 昭男 岡山大学医学部附属病院第一内科
坂口 孝作 岡山大学医学部附属病院第一内科
辻 孝夫 岡山大学医学部附属病院第一内科
抄録
Hapatocellular carcinoma (HCC) is one of the most prevalent malignancies in Japan. Percutaneous ethanol injection therapy (PEIT) of microwave coagulation therapy (MCT) have been used to treat small HCC. These two methods are effective methods to treat HCC; however, they have weak points. A period of admission is long to treat patients with PEIT because it requires several sessions to kill HCC completely. The risk of complications of MCT is high because the needle is thick, although it can coagulate HCC completely in one session. Radio frequecy ablation (RFA) is a new method to treat HCC. RFA compensates these weak points and is thought to become a main modality to treat HCC. In this paper, we demonstrated two patients with HCC who were treated with RFA. The effect of the treatment was examined with helical computed tomography and contrast harmonic power doppler, and the results were satisfactory. We also mentioned the merits and demerits of RAF in Discussion.
キーワード
肝細胞癌
ラジオ波焼灼療法
腹部超音波
レボビスト
備考
症例の解説
発行日
2001-12-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
113巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
289
終了ページ
294
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/113/3/113_3_289/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma