このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40037
フルテキストURL
122_101.pdf 923 KB
タイトル(別表記)
Intravenous administration of nicorandil immediately before percutaneous coronary intervention can prevent slow coronary flow phenomenon
著者
河合 勇介 国立病院機構岡山医療センター 循環器科
久松 研一 国立病院機構岡山医療センター 循環器科
松原 広己 国立病院機構岡山医療センター 循環器科
藤本 良久 国立病院機構岡山医療センター 循環器科
宮地 克維 国立病院機構岡山医療センター 循環器科
宗政 充 国立病院機構岡山医療センター 循環器科
草野 研吾 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 循環器内科学 Kaken ID publons researchmap
大江 透 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 循環器内科学
キーワード
冠動脈slow flow現象
ニコランジル経静脈的投与
急性冠症候群
備考
平成21年度岡山医学会賞(砂田賞)受賞論文 (The 2009 Okayama Medical Association Awards)
発行日
2010-08-02
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
122巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
101
終了ページ
106
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma