著者 Okamoto, Ken'ichi| Ozawa, Junjiro|
発行日 1971
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
15巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Yamaya, Tomoyuki| Matsumoto, Hideaki|
発行日 1989
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
19巻
4号
資料タイプ 紀要論文
フルテキストURL bgeou_174_009_014.pdf
著者 大守 伊織| 南 恭子| 大野 繁| 岡 牧郎|
抄録 【目的】注意欠如・多動症(ADHD)の患児とその保護者が薬物治療をどのように評価し,治療に向き合っているのかを明らかにする。【方法】ADHDの診断を受け,メチルフェニデート徐放剤およびアトモキセチンを処方された小1から高3までの患児94 人と保護者106人に質問紙調査と半構造化面接を行った。【結果】90%以上で服薬は規則正しく行われており,薬物治療に対する肯定的な評価は,患児・保護者で約80 ~ 90%と高かった。一方で,全面的に賛成しているわけではなく,約80%の保護者が否定的な意見も持っていた.否定的評価をする要因は,保護者は副作用を含めた長期的な影響への不安,患児は服薬の煩わしさや胃腸症状が多かった。定期的な薬物治療を続けているにも関わらず,効果と不安等を天秤にかけて治療を継続することへの積極的な支持は,患児・保護者で約50 ~ 60%であった。【結論】小児では,低年齢のため客観的に自身の状況を判断し,見通しをもって治療に参加することが難しい場合がある。患児へは胃腸症状への対処を,保護者へは治療の見通しや副作用について丁寧な説明を繰り返すことによって,薬物治療への否定的評価が軽減され,服薬アドヒアランスが向上する可能性がある。
キーワード 注意欠如・多動性症 ADHD アドヒアランス メチルフェニデート アトモキセチン
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2020-07-27
174巻
開始ページ 9
終了ページ 14
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 大橋 和正| 栢木 紀哉|
発行日 2006
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
132巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 星野 敏|
発行日 1998-02
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
87巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Moritsugu, Masumi|
発行日 1965
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
12巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 Matsumoto, Y.|
発行日 1954
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
10巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Seo, Takuro| Yamaguchi, Nobuyuki|
発行日 1965
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
13巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Yasuda, Shozo| Shimoyama, Hiroshi|
発行日 1965
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
13巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kanehisa, Katsuo| Shiraga, Takashi| Tsumuki, Hisaaki| Watabe, Naohisa|
発行日 1989
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
19巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 Nakashima, Susumu|
発行日 1979-05
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
17巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 Seo, Takuro| Maitani, Toshihiko| Hiraoka, Naoko|
発行日 1985
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
19巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Seo, Takuro| Ohtaki, Eiji|
発行日 1974
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
16巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Matsumoto, Y.| Sugiyama, S.|
発行日 1960
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
11巻
3号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/12858
タイトル(別表記) An Attempt towrad Cross-Cultural Education Based on the AUC-GS Learning Model
フルテキストURL 6_125_135.pdf
著者 田中 共子|
抄録 多文化との共生に必要なものとは何かという問いを、多文化との共生のために「何をどう学べばよいのか」という、異文化間教育の問いに還元した場合、その一つの答えとして本稿では、「AUC-GS学習モデル」(田中・中島,2006)(表1)に基づいた教育について述べてみたい。 AUC-GS学習モデルは、異文化間教育の構成枠組みを示す6セルモデルである。これらを学べば異文化対応能力を増すための教育として有用であろう、という学習内容の範囲を概念的に表す枠組みである。筆者らはこれに基づいた教育実践研究の展開を試みてきた。この枠組みの概略を説明し、実践の参考として実施例の情報を記し、最後に今後の課題を考えてみたい。
出版物タイトル 文化共生学研究
発行日 2007-03-31
6巻
1号
開始ページ 125
終了ページ 135
ISSN 1880-9162
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002304826
JaLCDOI 10.18926/15362
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_35_97.pdf
著者 山崎 進| 黒瀬 義則|
抄録 In this paper, we formulate a new integrity constraint in correlation with 3-valued stable models in an abduction framework based on general logic programs. Under the constraint, not every ground atom or its negation is a logical consequence of the theory and an expected abductive explanation, but some atom may be unspecified as a logical consequence by an adjustment. As a reflection of the integrity constraint with an adjustment, we augment an adjusting derivation to Eshghi and Kowalski abductive proof procedure, in which such an unspecified atom can be dealt with.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2001-03-27
35巻
1-2号
開始ページ 97
終了ページ 135
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307812
JaLCDOI 10.18926/14962
タイトル(別表記) ステロイド依存性重症難治性気管支喘息症例における胃粘膜病変の検討
フルテキストURL 069_063_067.pdf
著者 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 原田 誠之| 岡本 誠| 湯本 英一朗| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 Recently, we experienced two asthmatic patients with advanced gastric cancer. The two patients had steroid-dependent intractable asthma (SDIA) who had been on administration of corticosteroids for more than 2 years. To determine the influence of pathophysiology of SDIA on stomach mucous lesion, gastroscopic examinations and immunological examinations were performed in eight patients with SDIA, compared with 25 patient with non-SDIA. In patients with SDIA, gastric cancer, its precursor condition and immunosuppressive state were observed. These results suggest that the immunosuppressive state in SDIA induced by the long-term administration of corticosteroids may lead to the risk of gastric cancer development.
抄録(別表記) 最近,進行胃癌を合併した気管支喘息症例を2例経験した。2症例ともにステロイド依存性重症難治性喘息(SDIA)症例であり,SDIAが胃悪性腫瘍に関与している可能性が考えられた。今回,SDIA症例における胃粘膜病変の臨床像および背景因子を検討する目的で,8例のSDIA症例における胃内視鏡検査,末梢血液分画,免疫グロブリン定量を行い,非SDIA症例と比較検討を行った。SDIA症例においては胃癌・前癌状態が認められたが,非SDIA例では認められなかった。SDIA群において,末梢血白血球は有意に増加し,リンパ球分画・IgGは有意に減少していた。これらの結果より,ステロイド依存性重症難治性気管 支喘息症例においては免疫状態が抑制され,胃悪性腫瘍が発生する危険性があるものと考えられた。
キーワード ステロイド依存性重症難治性 (steroid-dependent intractable asthma (SDIA)) 胃癌 (gastric cancer) 免疫抑制 (immunosuppression) リンパ球 (lymphocytes) IgG
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 63
終了ページ 67
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308665
JaLCDOI 10.18926/15740
フルテキストURL Mem_Sch_Eng_OU_14_1_55.pdf
著者 古賀 隆治| Hirao, Keiji| Kosaka, Megumi| Sano, Hiroya|
抄録 An absorption spectrum of γ-0 band of nitric monoxide of very dilute density was taken. An experimental electronic device showed a distinguishing power of 0.01 ppm through 10 m optical pathlength. By the aid of a data processing based on a principle developed by the authors, this sensitivity does not suffer from coexisting sulfur dioxide, which shares the absorption band with the nitric monoxide.
出版物タイトル Memoirs of the School of Engineering, Okayama University
発行日 1979-12-01
14巻
1号
開始ページ 55
終了ページ 60
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307855
JaLCDOI 10.18926/15776
フルテキストURL Mem_Sch_Eng_OU_15_2_79.pdf
著者 古賀 隆治| Nagase, Satoru| Kosaka, Megumi| Sano, Hiroya|
抄録 A method to monitor atmospheric gas concentration employing a tunable diode laser is proposed. An apparatus was built and experiments were made. The tunable diode laser employed was of'PbSnTe with its wavenumber about 1200 cm(-1) at a temperature of 77 K. Methane concentration in laboratory atmosphere was measured on the experiments. The inquired gas-density is obtained by a hardwired microcomputer incorporating the measured absorption spectrum over a prescribed range instead of an absorption at a single wavenumber. By this, drift type noises are suppressed. After an analysis based on experimental data, an attainable sensitivity for methane was found to be 1 ppb.m. This value may increase if an etalon fringe interference exists. The natural concentration, about 1 ppm, of atmospheric methane was actually measured with a short optical path of only one meter.
出版物タイトル Memoirs of the School of Engineering, Okayama University
発行日 1981-03-30
15巻
2号
開始ページ 79
終了ページ 92
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307246
JaLCDOI 10.18926/19663
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_33_2_39.pdf
著者 Yanagi Makoto| 岡 久雄|
抄録 The acousicmyogram (AMG) is a mechanical phenomenon recorded at the surface of an active muscle. It is used to monitor force production, fatigue, and contractile properties of muscle. In this study, the new electrode with accelerometer for electrostimulation and acoustic detection. It consists of Ag-AgCl active electrode and solid-gel annular groud, and a very light piezoresistive accelerometer. The recorded AMG waveform depends on the pulse amplitude and duration of stimulation current and its lag from the electroatimulation is about 7 ms. The strengh-duration (S-D) curve (the threshold current for stimulation vs. pulse duration) describes the excitability of muscle. The left forearm is electrostimulated by using the same electrode and the muscle vibration (AMG) is recorded with accelerometer. During the muscle fatigue, the S-D curve changes and the current threshold increases under the same pulse duration. The rheobase of S-D curve increases gradually but the chronaxie hardly changes during muscle fatigue.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 1999-04-27
33巻
2号
開始ページ 39
終了ページ 44
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002309185