このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15271
JaLCDOI
Sort Key
3
タイトル(別表記)
Trends in quality of life of in-unit hemodialysis patients
フルテキストURL
著者
小林 有 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
林 優子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
金尾 直美 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
抄録
本研究の目的は,外来透析者の主観的な評価によりQOLを測定し,そのQOLの傾向を明らかにすることである。対象者は,名古屋・大阪・岡山・広島の4施設における外来透析者で,研究に同意を得られた341名とし,研究方法は,自己記入式質問紙法を用いた。測定用具は,Ferrans & PowersのQuality of Life Index (QLI)を翻訳して用い,データ分析はプロマックス法による因子分析を行なった。QLI項目を因子分析した結果,「社会・経済的な機能」「家族・他者からの支え」「心の安寧」「身体の健康」「医療と教育」の5因子が抽出された。そして,「家族・他者からの支え」および「医療と教育」はQLI得点が高く,「社会・経済的な機能」および「身体の健康」は低いことが明らかになった。従って,QOLを高めるためには,社会的側面や身体面をより重視して看護していくことが重要であると考えられた。
抄録(別表記)
The purpose of this study is to clarify the quality of life (QOL) of in-unit hemodialysis patients. The subjects were 341 in-unit hemodialysis patients who agreed to participate in this study from four hospitals in Nagoya, Osaka, Okayama, and Hirosima. The Ferrans and Powers Quality of Life Index (QLI) Hemodialysis version (an authorised translation into Japanese) was used for measuring perceived quality of life. By factor analysis, 'socio-economic functioning', 'support from family and others', 'well-being of mind', 'physical health' and 'medical treatment and education' were extracted as five factors of the QOL. The QOL score on the 'support from family and others' was the highest of all, whereas 'physical health' and 'socio-economic functioning' were lower than other three factors. These results showed importance of physical and social dimensions in caring hemodialysis patients in clinical practice.
キーワード
透析看護 (hemodialysis patient)
QOL (quality of life)
満足度と重要度 (factor analysis)
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1998-09-30
9巻
1号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
15
終了ページ
21
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs