このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15285
JaLCDOI
Sort Key
9
タイトル(別表記)
The relationships between the components in QOL causal model of kidney posttransplant recipients and recipient characteristics.
フルテキストURL
著者
林 優子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
抄録
本研究の目的は,概念枠組みを基盤にして作成した腎移植後レシピエントQOL因果モデルの構成要素とレシピエント特性との関係を明らかにすることである。対象者は,関東と名古屋の4施設において外来通院をしている腎移植者で,研究参加に同意を得た210名である。データ収集は,自己記入式質問紙 法,面接法ならびに診療記録より収集した。その内容は,身体の状態,自己概念,不確かさ,ソーシャルサポート,対処,QOLについてである。またレシピエント特性として,年齢,婚姻状況,学歴,移植後年数などを取り上げた。データ分析は,ピアソンの積率相関係数, t検定,一元配置分散分析(対比較)を用いた。分析の結果,年齢,婚姻状況,学歴,就労状況,移植後年数,入院を要するほどの合併症および入院回数がモデルの構成要素のいずれかに関係していた。 したがって,それらは腎移植後のケアを行う時に考慮されるべき重要なレシピエント特性であることが明らかになった。
抄録(別表記)
The purpose of this study is to analyze the relationships between the components in QOL causal model of kidney posttransplant recipients and recipients characteristics. Based on the conceptual framework for study, the QOL causal model was constructed. The subjects are 210 recipients after kidney transplant aged 20 or more from four hospitals in Kanto area and Nagoya city, who agreed to participating in this study. The data were collected by means of an interview and a questionnaire, and from medical records. The questionnaire consists of physical state, self-concept, uncertainty, social support, coping, QOL, and medical and demographic characteristics such as age, marital status, education, time since transplant. Pearson's correlation coefficient, t-test, and one-way ANOVA were used for analysis. Age, job, marital status, education, time since transplant, frequency of hospitalization, and complications were related to any of the components of the causal model. From this evidence, it follows that they are important characteristics for the care of the recipients after kidney transplant.
キーワード
QOL (quality of life)
対処 (coping)
対処に影響を及ぼす要因 (affecting factors on the coping)
レシピエント特性 (recipient characteristics)
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1997-09-10
8巻
1号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
61
終了ページ
68
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs