このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15293
JaLCDOI
Sort Key
6
タイトル(別表記)
Differences in interpersonal values for three cohorts of new nursing students
フルテキストURL
著者
加藤 久美子 岡山大学医療技術短期大学部
近藤 益子 岡山大学医療技術短期大学部
多田 政子 香川県健康民生部
永田 博 岡山大学医療技術短期大学部
抄録
医療短大入学年(1990年,1993年,1996年)において異なるコホートをなす看護学生の対人関係価値を入学直後に自己像と理想のナース像についてKG-SIV(Kikuchi-Gordon Survey of Interpersonal Values)によって測定した。その結果,自己像評定では入学年が進むにつれて「支持」や「独立」の価値を重視する傾向が増大するのに対し,「博愛」の価値は逆に重視されない傾向が見いだされた。また,特に1996年では理想のナース像に対する要求水準が低くなることも明らかになった。この結果を看護学生の社会化過程と関連づけて考察した。
抄録(別表記)
KG-SIV (Kikuchi-Gordon Survey of Interpersonal Values) was administered twice to three cohorts of new nursing students admitted to School of Health Sciences, Okayama University, respectively, in 1990, 1993, and 1996. For the first testing, they indicated the values that were important to them, while for the second they indicated those that were important to an ideal nurse they had in their mind. Analyses showed that perceived values of Support and Independence increased while those of Benevolence decreased with the admission years. They also showed a reduced level of aspiration for an ideal nurse, particularly in 1996. Findings were discussed as they were related with a socialization process that nursing students would undertake in prospective nurse training.
キーワード
対人関係価値 (interpersonal values)
看護学生 (nursing students)
コホート (cohorts)
社会化 (socialization)
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1997-01-31
7巻
2号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
129
終了ページ
134
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs