このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15255
JaLCDOI
Sort Key
7
タイトル(別表記)
Occurrence of Balaustium murorum (Hermann, 1804) in a room in Okayama City, 1998
フルテキストURL
著者
頓宮 廉正 岡山大学医療技術短期大学部
抄録
1998年4月,岡山大学医療技術短期大学部棟6階の実験室内にダニが発生した。ダニは赤色で体長700-900/μmであった.形態的特徴よりハマべアナタカラダニBalaustium murorumの成ダニと同定した。周りの他の部屋や屋上からはこのダニは発見されず,発生源は特定されなかった。発生した部屋はビルの6階にあり,建物以外からの侵入は考えられなかった。
抄録(別表記)
A number of red mites suddenly occurred in a laboratory of School of Health Sciences, Okayama University on 28th April 1998. The laboratory was on the top floor of a 6-story building. The mites crept on the inside surface of a graduated glass cylinder on the laboratory table. From morphological characteristics, the mites were identified as adult Balaustium murorum. However, the origin of the mites was not specified in the present case.
キーワード
ハマベアナタカラダニ (Balaustium murorum)
ダニ (mite)
不快害虫 (nuisance)
室内発生例
岡山市 (Okayama City)
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1999-02-26
9巻
2号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
113
終了ページ
116
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs