著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1925-05-30
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
2巻
5号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1918-10-10
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
1巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1927-07-25
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
3巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 Nisikado, Yosikazu| Miyake, Chūichi|
発行日 1925-07-25
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
2巻
5号
資料タイプ 紀要論文
著者 脇本 恭子|
発行日 2008-02-25
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
137巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/fest/11454
フルテキストURL 012_107_117.pdf
著者 Akhtar M. Shahbaz| 沖 陽子| 足立 忠司| Khan Md. H. R.|
抄録 Acclimation to orthophosphate (Pi) deprivation via highly coordinated Pi-starvation induced (PSI) classical mechanisms such as copious quantities of H(+) and carboxylates (OAs) exudation, remodeling and modification of root architecture by increasing structural and functional plasticity, enhanced uptake rate and increased synthesis of Pi transporters would reduce or eliminate our current overreliance on expensive, polluting, and nonrenewable Pi-fertilizers. These complicated but elegant morphological, physiological, biochemical and molecular adjustments of Pi-starved plants provide an excellent example of how the unique flexibility of plant metabolism and energy transduction helps them to cope in a typically stressful environment. Pi-starved roots possess enhanced H(+)-ATPase and PEPCase which could result in increasing H(+) efflux and OAs exudations in the root vicinity. This would lead to the rhizosphere acidification, which thereby contribute to the solublization and assimilation of mineral Pi from environment. To visualize the dissolution of sparingly soluble Ca-phosphate and rhizospheric pH changes (in situ), genetically diverse Brassica cultivars were grown on agar media. Newly formed Ca-phosphate was suspended in agar containing other essential nutriens. With NH(4)(+) applied as the N source, the precipitate dissolved in the root vicinity and this was ascribed to acidification. No dissolution was occurred with No(3)(-)-nutrition. In order to observe the pH changes at the media-root interface (rhizosphere), an image analysis was carried out after embedding the roots in agar containing bromocresol purple as pH indicator. Efficient cultivar 'Brown Raya' showed greater decrease in pH than P-inefficient 'B.S.A' in the culture media. Hydroponically grown cultivars were compared with respect to P-utilization efficiency (PUE), P-stress factor (PSF), and Ca- and P-uptake at P-starvation. PUE, and Ca- and P-uptake correlated significantly (P<0.01) with biomass accumulation, indicating that higher P-uptake of efficient cultivars was because of their higher Ca-uptake, which in turn was related to their better P-acquisition and PUE. Remodelling of root architecture of efficient cultivars helped the cultivars to establish a better rooting system, which provided basis for tolerance under P-starvation.
キーワード Brassica Bromocresol purple H(+) -efflux Rhizospheirc pH changes and acidification PUE
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2007-03-15
12巻
1号
開始ページ 107
終了ページ 117
ISSN 1341-9099
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313432
著者 黒﨑 東洋郎|
発行日 2015-10-31
出版物タイトル 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
22巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/fest/11506
フルテキストURL 010_105_109.pdf
著者 Alam Ashraful| 高口 豊| 坪井 貞夫|
抄録 Ortho-monobromination of phenols and polyphenols by 1,3-dibromo-5,5-dimethylhydantoin (DBDMH) is described. A simple addition of commercially available DBDMH to phenols and polyphenols in chloroform at room temperature resulted in a good to excellent yield of corresponding ortho-monobromo derivatives.
キーワード ortho-monobromination phenol polyphenol DBDMH
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2005-02-28
10巻
1号
開始ページ 105
終了ページ 109
ISSN 1341-9099
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313473
JaLCDOI 10.18926/15126
タイトル(別表記) Pelvimetry with smaller radiation field by CC・DR system- An examination on applying to lateral radiography of the pelvis (Guthmann) ―
フルテキストURL 066_062_071.pdf
著者 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 中桐 善康| 小林 靖明|
抄録 100万画素CCDカメラを用いたI.I.-DR装置(CC・DRシステム)をX線骨盤計測に適用するため,被曝線量をはじめとするいくつかの点を検討した。照射野内の被曝線量は従来の高感度Screen-Film システムであるG12/HRSと同等以下に抑えることが可能であった。また,CC・DRシステムの9インチ円形照射野は一般的に用いられている大角フィルム面積の1/3であり,胎位の95%を占めるといわれている頭位の撮影においては胎児の生殖腺はもちろん, 赤色骨髄を多く含む脊椎への被曝を大幅に低減できた。また,新たに開発された距離計測ソフトウェアーの正確度は良好で,通常lmm以下の誤差で測定が可能であることを確認した。その他,装置に標準装備されている自動露出機構の特性についても報告し,最後に撮影時の留意点についても検討した。
抄録(別表記) To apply CC・DR system (image intensifier digital radiography system including one million pixel CCD camera)to X-ray pelvimetry, We examined exposure dose of X-ray, radiation field, and accuracy of X-ray pelvimetry by the system. The hazards of radiation by CC・DR system were less than those of radiation by G12/HRS which is high sensitive screen-film system. 9 inch round radiation field by CC・DR system was one third of the area of 14×14 inch film. In cephalic presentation which occurs in about 95% of pregnancies, the damages of radiation by CC・DR system to fetal gonads and spinal bones including bone marrow much were less than those by usual X-ray examination. The accuracy of a distance measuring software devised newly for pelvimetry was reliable, and we could measure diameters with less than 1 mm deviations. Also we report the characteristics of automatic exposure controller annexed to this TV system and enumerate points to which we pay attention on taking a radiograph. Furthermore, It is expected that CC・DR system was useful to apply to superio-interior pelviography (Martius).
キーワード 骨盤計測 (Pelvimetry) グースマン法 (Guthmann Position) デジタルラジオグラフィー (digital radiography) 被曝線量 (exposure dose)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 62
終了ページ 71
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307350
著者 渡辺 美智子|
発行日 1996-06-08
出版物タイトル 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
3巻
資料タイプ 紀要論文
著者 貝原 弘道| 山本 二郎|
発行日 1947-10-25
出版物タイトル 農学研究
37巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 久保田 尚浩| 柳沢 穣治| 島村 和夫|
発行日 1986
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
68巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 久保田 尚浩| 木村 剛| 島村 和夫|
発行日 1979
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
53巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 佃 律子| 清久 正夫|
発行日 1971
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
38巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 佃 律子| 清久 正夫|
発行日 1975
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
45巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 佃 律子| 清久 正夫|
発行日 1972
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
39巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 清久 正夫| 佃 律子|
発行日 1968
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
32巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 近藤 萬太郎| 笠原 安夫| 秋田 史郎|
発行日 1947-06-25
出版物タイトル 農学研究
37巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 野呂 康|
発行日 2015-12-30
出版物タイトル 大学教育研究紀要
11巻
資料タイプ 紀要論文