このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 55373
JaLCDOI
Sort Key
11
タイトル(別表記)
The Current Situation and Issues Surrounding Volunteer Tutoring: Based on a Survey of International Students
フルテキストURL
著者
宇塚 万里子 グローバル・パートナーズ
岡 益巳 グローバル・パートナーズ
抄録
 ボランティアによるチュータリングをテーマとした先行研究は極めて少なく、庄司(1996)、岡・坂野(2006,2008)のみである。本稿では、2007 年度から2015 年度にかけて、留学生を対象にチュータリングに関する質問紙調査を実施し、回答のあった81 人のデータを分析した結果、①定期的なチュータリングを受けた者の満足度がそうでない者より有意に高いこと、②チュータリングの内容項目が多いほど満足度が高いことを明らかにした。また、ゆとり教育世代の入学、文科省の大使館推薦国費留学生配置方針の転換、English cafe 等の創設、留学生寮へのレジデント・アシスタントの配置などがWAWA スタッフによるチューター活動に影響を及ぼしている点も指摘した。
キーワード
ボランティアチューター
WAWA
チューティ
日本語研修生
日韓予備教育
学生
出版物タイトル
岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日
2016-12-30
1巻
出版者
岡山大学全学教育・ 学生支援機構
出版者(別表記)
Institute for Education and Student Services, Okayama University
開始ページ
133
終了ページ
152
ISSN
2432-9665
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
biess