JaLCDOI 10.18926/11736
タイトル(別表記) Percentage body fat and results of a periodic health examination
フルテキストURL 006_023_028.pdf
著者 太田 武夫| 後藤 彰夫| 正木 久子| 高見 陽子|
抄録 肥満や栄養過剰は多くの慢性疾患、とりわけ成人病と関連が強いことが従来から指摘されている。肥満の判定には体脂肪率を測定することが重要であるが、その方法の一つとして、集団検診に使用しやすい生体電気インピーダンス法(bioelectrical impedance analysis)がある。今回、1ビール製造工場の定期健康診断において、対象者男235人および女137人の体脂肪率をこの方法により測定した。まずこの体脂肪率とBMIおよび肥満度との相関関係を求め、男性より女性において相関が高いことを認めた。ついで肥満群と正常群に分けて、血圧および血液検査の異常率の出現頻度を統計的に比較したところ、肥満群では男女共に総コレステロールで、また男性では尿酸、γGTP、SGPTの各値で、異常者が高率であることを認めた。またSGPTは30才台から、γGTP及びTchは40才台からその傾向が見られた。しかし、肥満指数とこれらの検査値との相関係数は高くはなかった。
抄録(別表記) Data from periodic health examinations such as ALP, UA, RBC, Hb, SGOT, SGPT, Tch(total choresterol), TG(triglyceride), blood pressure, body length, body weight and also percentage body fat(% Fat) as measured by bioelectrical impedance mehtod were obtained from 235 male and 137 female workers at a brewery factory in Okayama Prefecture and results were analyzed. The correlation coefficients for % Fat and Body Mass Index values(BMI) are found to be 0.678 for males and 0.803 for females. Examinees were then devided into normal and obesity groups respectively, and the frequency of values over normal ranges (classified by obesity indicators such as % Fat, BMI and obesity rate calculated from standard weight) were statistically compared. Results showed that % Fat and BMI were more sensitive than obesity rate and that the obesity group had statistically high frequencies of abnormality in some of the data as in the case of SGPT, γGTP and TG compared to the control group. Furthermore this tendency was found to be more significant among male workers than female ones.
キーワード 体脂肪率 (percentage body fat) インピーダンス (bioelectorical impedance) BIA 健康診断 (periodic health examination) BMI
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-02-29
6巻
開始ページ 23
終了ページ 28
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313771
JaLCDOI 10.18926/15306
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道内への好中球の出現とその意義 換気機能と関連して
フルテキストURL 063_025_029.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function was compared between two age-matched asthma groups : group A (study group) consists of 8 patients with bronchial asthma with marked neutrophilia (20% or more) in the BAL fluid and group B (control group) of 8 patients with neutrophils (less than 5% of total BAL cells). The values of six ventilatory parameters were lower in group A than in group B, and a significant difference was found in FEV(1.0%), % MMF, % V(50) and % V(25) between groups A and B. Of these parameters, the value of % V(25) was markedly decreased in group A compared with group B. The results show that ventilatory dysfunction in airways, especially in small airways, is closely correlated to increased number of neutrophils in BAL fluid.
抄録(別表記) 気管支喘息を対象に,年令をmatchさせた2つのグループ,すなわち,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の好中球の出現頻度が20%以上の8症例(グループA)と,BALF中の好中球の出現頻度が5%以下の8症例(グループB)における換気機能について比較検討を行った。6つの換気パラメーターは,全般的にグループAにおいてグループBに比べ低い傾向が見られ,FEV(1.0%),% MMF,% V(50)および% V(25)値は,いずれもグループAにおいて有意に低い値が示された。これらのパラメーターのうち,% V(25)値はグループBに比べグループAにおいて著明に低い値が示された。これらの結果は,気道における換気障害,特に小ないし細気管支領域の換気障害は,BALF中の好中球の出現頻度とある程度関連していることを示すものと考えられた。
キーワード ventilatory function (換気機能) neutrophils in BAL fluid (好中球, BAL) small airways (細気管支) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 25
終了ページ 29
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307993
JaLCDOI 10.18926/11734
タイトル(別表記) Analysis of three cases of renal transplant recipients whose feelings about life have become negative after transplantation
フルテキストURL 010_1_051_056.pdf
著者 渡邉 久美| 林 優子| 中西 代志子| 金尾 直美| 保科 英子|
抄録 筆者らは,林が作成した看護援助モデルに基づき,腎移植者への効果的な看護介入についての検討を行っている。その一環として,今回,腎移植を受けた119名を対象に,QOLや移植前と現在の人生に対する受けとめ方について調査した。人生に対する受けとめ方の移植前後の変化を分析したところ,ほぼ全数に近い腎移植者が移植前と比べよい状態であると受けとめていたが,3事例において受けとめ方が低下していた。そこで,この3事例に着目し,これらの事例が日常生活の中で不満を抱いている事柄を分析した。その結果,移植後に人生に対する受けとめ方が低下した3事例が抱く不満は,1.腎臓・健康などの身体状況,2.家庭環境,3.医療・友人・他人からのサポート,4.家族や社会の中で役割を果たす能力の4カテゴリーに分類された。移植後の人生の受けとめ方の否定的変化には,上記の4カテゴリーに対して抱く不満が影響していることが推測され,腎移植後の看護介入を検討する上で考慮すべき点であることが明らかになった。
抄録(別表記) We are seeking an effective nursing intervention for renal transplant recipients based on a nursing support model described by Hayashi. Among 119 patients we investigated, at least 90% of them experienced increased positive feelings about their lives after receiving a renal transplant, whereas three of them answered differently. The purpose of this study is to analyze the complaints of three recipients after renal transplantation. Factors such as age, gender, marital status, time-course after transplant, and type of kidney transplant are included in the study. As a result, their complaints are differentiated into 4 categories : (1) status of transplanted kidney and their own health, (2) status of medical support, or assistance from their friends and others, (3) situation of their immediate family, (4) a grade of their ability to fulfill their social and familial responsibilities. These results are important in our nursing approach in order to improve the quality of life (QOL) of renal transplant recipients.
キーワード QOL (quality of life) 腎移植 腎移植者 (renal transplant recipient) 看護 (nuising approach)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 1999-12-20
10巻
1号
開始ページ 51
終了ページ 56
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313642
JaLCDOI 10.18926/15305
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道炎症反応の臨床的意義。慢性閉塞性細気管支炎との比較検討
フルテキストURL 064_024_030.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Clinical significanoce of airway inflammation was assessed in 28 patients with bronchial asthma, and the results were compared with those in 9 patients with chronic obstructive bronchiolitis (COB). 1. Total cell number in bronchoalveolar lavage(BAL) fluid was markedly increased in patients with COB (51.0×10(6)), which was significantly greater than that in those with bronchial asthma (9.6×10(6) ). 2. The proportion of BAL macrophages was significantly higher in patients with bronchial asthma than in those with COB. However, the, absolute number of BAL macrophages was not significantly different between them. 3. The proportion of BAL lymphocytes was higher in patients with bronchial asthma than in those with COB, but this difference was not signifcant. In contrast, the absolute number of BAL lymphocytes was significantly greater in patients with COB than in those with bronchial asthma. 4. The proportion and the number of BAL neutrophils were markedly increased in patients with COB compared to those with bronchial asthma. 5. The proportion and the number of BAL eosinophils were higher in patients with bronchial asthma than in those with COB, although these defferences were not significant. The results suggest that airway inflammation in bronchial asthma is not so intensive as that in COB.
抄録(別表記) 気管支喘息28例および慢性閉塞性細気管支炎9例を対象に,気道炎症反応の臨床的意義について検討を加えた。1.気管支肺胞洗浄(BAL)液中の総細胞数は,慢性閉塞性細気管支炎において著明に増加しており(51.0×10(6)),気管支喘息(9.6×10(6))との間に有意の差が見られた。2.BAL液中マクロファージの頻度は気管支喘息において,慢性閉塞性細気管支炎に比べ有意に高い値を示したが,絶対数での比較では両疾患群間に有意の差は見られなかった。 3.BAL液中リンパ球の頻度は,気管支喘息においてやや高い傾向が見られたが,絶対数の比較では慢性閉塞性細気管支炎において有意に高い値であった。 4.BAL液中の好中球は,その頻度および絶対数とも慢性閉塞性細気管支炎において著明に増加しており,これは気管支喘息と比べ有意に高い値であった。 5.BAL液中好酸球の頻度および絶対数は,気管支喘息においてやや高い値であったが,両疾患群間に有意の差は見られなかった。以上の結果より,気管支喘息における気道炎症反応は,慢性閉塞性細気管支炎ほど高度ではない ことが明らかにされた。
キーワード airway inflammation (気道炎症反応) bronchial asthma (気管支喘息) chronic obstructive bronchiolitis (慢性閉塞性細気管支炎) lymphocytes (リンパ球) neutrophils (好中球)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 24
終了ページ 30
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307730
JaLCDOI 10.18926/11732
タイトル(別表記) Interpersonal values in 4-year course nursing students : Comparisons with 3-year course nursing students and students not majoring in nursing science
フルテキストURL 010_1_029_034.pdf
著者 永田 博| 加藤 久美子| 笹野 完二|
抄録 1999年4年制看護課程に入学した看護学生の入学時の対人関係価値をKG-SIVによって現実の自己像とナースの理想像について調査し,これを同年に非看護課程に入学した学生と3年制看護課程に異なる時期(1990年,1993年,1996年)に入学した看護学生3コホートと比較した。その結果,4年制看護学生は非看護学生に比べ,「博愛」と「同調」を重視する程度が強く,「支持」と「承認」,「独立」を重視する程度が弱かった。また,彼女ら の対人関係価値は3年制看護課程の学生のそれに類似していた。さらに,コホートの年次的移行のなかで看護学生の対人関係価値は「支持」と「独立」への動機づけが増大し,「博愛」への動機づけが滅退する傾向を見せた。
抄録(別表記) This survey studied the interpersonal values held by a cohort of students admitted to a four-year course of nursing program in 1999 to determine whether they had the same interpersonal values as the third-year course nursing students. The KG-SIV (Kikuchi-Gordon Survey of Interpersonal Values) was administered twice at the beginning of the program. The subjects described 'self' for the first testing, while they described 'ideal nurse' for the second testing. Their scores on the self and the ideal nurse were compared with those obtained for three cohorts of nursing students who started the three-year course of nursing program in 1990, 1993 and 1996, respectively. Their scores on self were also compared with the scores obtained for four-year course students not majoring in nursing. Analyses showed that compared to the students not majoring in nursing the four-year course nursing students rated the values of Benevolence and Conformity as more important, while they rated the values of Support, Recognition and Independence as less important. Their scores were simliar to the scores given by the three-year course nursing students. Also, the values of Support and Independence increased while those of Benevolence decreased across the four cohorts of nursing students. It was concluded that nursing students hold distinctive interpersonal values as compared to non-nurses irrespective of their particular nursing program. Such values are ones that are beneficial to the nursing profession.
キーワード 対人関係価値 (interpersonal values) 看護学生 (nursing students) コホート (cohorts)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 1999-12-20
10巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 34
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002314023
JaLCDOI 10.18926/15304
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道内への好酸球の出現とその意義. 過分泌と関連して.
フルテキストURL 063_014_018.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 木村 郁郎|
抄録 A correlation between the proportion of eosinophils in bronochoalveolar lavage (BAL) fluid and amount of expectoration was examined in patients with atopic asthma. The subjects were divided into two groups : cases with high proportion (20% of more) (group A) and low proportion (less than 5%) (group B) of eosinophils in the BAL fluid. Any significant difference was not paesent in the value of each ventilatory parameter between the two groups. The amount of expectoration/day was significantly higher in group A compared with group B (p<0.001). These results suggest that eosinophilia in BAL fluid correlates to mucus hypersecretion in the airways of patients with atopic asthma.
抄録(別表記) アトピー型気管支喘息のなかから,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の好酸球の出現頻度が20%以上の症例(グループA)と5%以下の症例(グループB)の2群を選び出し,それぞれの換気機能および喀痰量を比較検討した。その結果,換気機能には両群間に有意の差は見られなかったが,1日喀痰量は,BALF中好酸球の著明増多を示すグループAにおいて有意に多い傾向が見られた。これらの結果は,BALF中好酸球増多と過分泌との間にはある程度の関連があることを示しているものと考えられた。
キーワード Eosinophilia (好酸球) Hypersecretion (過分泌) BAL fluid (BAL) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 14
終了ページ 18
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307156
JaLCDOI 10.18926/11731
タイトル(別表記) The learning of nursing students through on site gerontological nursing practice -The difference in the learning of nursing students between a geriatic hospital and a home for the aged-
フルテキストURL 010_1_035_049.pdf
著者 住吉 和子| 岡野 初枝|
抄録 当医療技術短期大学部(以下医療短大と略す)の老人看護学実習は,特別養護老人ホーム(以下老人ホームと略す)と老人病棟のどちらかの施設で2週間の実習を行っている。今回は老人看護学実習での学生の学びの内容を把握する目的で,平成10年度のカンファレンスノートの記録を分析した。対象者は医療短大3年生75名のうちカンファレンスの記録が残っていた47名を分析の対象にした。内容分析の手法を用いて研究者2人で分析を行った。その結果,3つのカテゴリー,8つのサブカテゴリーに分類され,以下の2点が示唆 された。①実習の1週目では学生は,実習形態の違いやコミュニケーションがとれないことに戸惑っているが,2週目には日常生活の援助を通して相手を理解しようと努力していた。②老人病棟では治療の必要な患者のケアを通して高齢者の特徴を学び,老人ホームでは,生活の援助を通して個別性の大切さを学んでいた。以上の結果から,2週間の老人看護学実習を通して学生は,高齢者への理解を深めていることが明らかになった。今後は学生の学びと実習目標との関連についても検討が必要である。
抄録(別表記) The purpose of this study was to examine what nursing students had learned through on site gerontological nursing practice for 2 weeks. The data were collected from conference records written by 47 students. And the contents of conference recoeds were analyzed by means of content analysis. The conference records were divided into 3 categories and 8 subcategories. The following results were obtained. ①During the first week, almost all students felt lost concerning the elderly, but during the next week, students strived to understand them better. ②In the geriatic hospital, the students learned characteristics of the aged by taking care of them. In the home for the aged, the students learned the importance of individual care by helping them. We need to take into more consideration, the relation between what the students learned and the goals of the nursing practice.
キーワード 老人看護学実習 (the learning of nursing practice) 実習からの学び (gerontological nursing practice) 高齢者の理解 (understand ages)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 1999-12-20
10巻
1号
開始ページ 35
終了ページ 49
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313759
JaLCDOI 10.18926/15303
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるActivated Tリンパ球について,喘息発作との関連
フルテキストURL 064_011_016.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 The number of CD4(+) T-Iymphocytes, CD4/CD8 ratio, and the number of IL2R(+) T-Iymphocytes (CD25) were examined in 14 patients with bronchial asthma, and the results were compared in three different asthma stages : symptom-free stage, wheeze stage, and attack stage. 1. The proportion of blood CD4(+) T-lymphocytes was more decreased in patients with asthma attacks than in those without symptoms. The CD4/CD8 ratio was also more decreased in patients with attacks than in those without symptoms. However, these differences were not significant. 2. The proportion of blood activated T cells (IL2R(+) cells, CD25) was significantly increased in patients with attacks than in those without symptoms. The proportion of activated T cells in 5 asthma patients was 2.9±0.8% in symptom-free stage and 6.6±1.1% in attack stage(p<0.001). These findings show that numbers of activated T-lymphocytes in peripheral blood were increased during asthma attacks, and this increase suggests the participation of activated T cells in the pathogenesis of asthma.
抄録(別表記) 気管支喘息14例を対象に,末梢血CD4(+)リンパ球の頻度,CD4/CD8比およびIL2R(+)Tリンパ球の頻度について,喘息発作との関連のもとに検討を加えた。1.CD4(+)リンパ球の頻度は,非発作時の症例で最も高く,喘鳴のみの症例,発作の見られる症例へと順次低くなる傾向が見られたが,推計学的には有意の差は見られなかった。CD4/CD8比も同様に,非発作時に最も高く,発作を有する症例では非発作時に比べ低い値を示したが,推計学的には有意の差は見られなかった。2.IL2R(+)Tリンパ球(activated Tリンパ球)の頻度は,非発作時の症例で最も低く(3.5±1.1%),喘鳴のみをともなう症例(3.8±1.1%),発作の見られる症例(5.8±1.9%)へと順次高くなる傾向を示し,発作のある症例では,非発作および喘鳴のみの症例に比べ有意に高い値 を示した。また,非発作時と発作のある時期にIL2R(+)Tリンパ球を観察し得た5症例では,非発作時2.9±0.8%,発作のある時期6.6±1.1%であり,発作のある時期に有意の高値を示した(p<0.001)。これらの結果は,発作のある時期にはactivated Tリンパ球の頻度が増加すること,そして,この増加はactivated Tリンパ球が喘息発作の病態と密接な関連を有していることを示唆するものと考えられた。
キーワード CD4(+) T cells (CD4(+)リンパ球) CD4/CD8 ratio (CD4/CD8比) IL2R(+) T cells (IL2R(+)Tリンパ球) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 11
終了ページ 16
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307394
JaLCDOI 10.18926/11729
タイトル(別表記) Public transportation and the disabled person
フルテキストURL 010_2_085_090.pdf
著者 檜垣 みちよ| 赤澤 良子| 太田 康代| 赤澤 豊子| 太田 久恵| 大野 伸子| 三宅 浩美| 石原 寛恵| 松浦 徳枝| 安部 啓子| 赤木 美鹿| 太田 武夫| 岡野 初枝|
抄録 機能訓練事業として実施している「生活リハビリ教室」の教室生208名を対象に,公共交通機関を利用して外出するために障害になっている要因を明らかにする目的で,郵送法による自記式アンケート調査を行った。回答は125名(60.1%)からあった。外出経験がある者は67名(53.6%)で外出経験がない者が58名であった。外出時に付添いが必要と思っている者は,外出経験のない者に多かった。公共交通機関を利用しての外出を阻害している要因には,乗り物の昇降口に段差があることや早く発車して危険である,また周囲の人に介助を依頼しにくいことなどが挙げられている。身体機能障害者が外出できない理由は個人によって異なってはいるが,地域社会に身体機能障害者を受け入れる環境を整えていく必要がある。
抄録(別表記) A survey was distributed by mail to disabled people who received functional training in 1997. Of 208 questionnaires sent, 125 (60.1%) were returned. Sixty-seven (53.6%) of the respondents had experience traveled outside. People who participate in functional trainning for disability hope to have an attendant to accompany them when traveling. One primary factor that hinders traveling outside and using public transportation is that they cannot ask for help because of shyness. Another factor is the construction of entrances (e.g.,bumps) for vehicles which cannot be traversed easily. Reasons differed among those who had traveled outside and those who had not. It is necessary to prepare an environment (e.g., public transportationto) for ease of use for disabled persons in regional communities.
キーワード 身体機能障害者 (disabled person) 外出 (traveling) 公共交通機関 (public transportation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 85
終了ページ 90
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313665
著者 髙橋 輝和|
発行日 2007-03-31
出版物タイトル 文化共生学研究
6巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/12857
JaLCDOI 10.18926/11726
タイトル(別表記) 生体電気信号の計測システムへの電力線からの誘導障害に関するインターフェイスモデル
フルテキストURL 010_2_107_115.pdf
著者 Adli| 山本 尚武| 中村 隆夫|
抄録 A modelling of interface construction relating to power-line interference phenomenon was described. Source of interference was displacement currents which flowed from AC power-line configuration (APC) to a model. The interference depends on some factors: distance between the APC and a model ; length of unshielded leads ; position of the APC in vertical or horizontal direction ; and skin-electrode impedances which were balance or unbalanced. The position of APC and skin-electrode impedances were important in contributing of the interference. The interference was still large even though skin-electrode impedances were balance. This was caused by the disagreement in two displacement currents. It was overcame by adjustment of APC in vertical direction. As a result, total interference would be very small or zero. The result shows that interference in ECG signal recording can be eliminated to about 10 μV. Although interference of power-lines is a complicated phenomenon, the problem is easier to understand by using this modelling.
抄録(別表記) 生体電気信号の測定における電力線からの誘導障害についての研究が多く報告されているが,この現象についての説明が十分なされていなかった。本研究では,この現象を簡単なインターフェイスモデルを用いて説明した。誘導障害の原因として,電極の導線が作るループ内に発生する誘導起電力,システムの変位電流,生体アンプ内で発生する雑音等があげられる。本研究においては,電力線と導線との静電結合によってその間を流れる変位電流と被験者と電極間のインピーダンスに注目した。この変位電流による誘導は,いくつかの要素に依存している。それらは,・被験者と電力線との距離,・被験者に対する電力線の方向,・導線のシールドされていない部分の長さ,・被験者と電極間のインピーダンスである。そこで,被験者と電力線との距離や導線のシールドされていない部分の長さなどを変化させて,心電図の測定を行った。被験者と電極間のインピーダンスを調整できるように,可変抵抗を用いたRC並列回路をそれぞれの導線に直列に接続した。また,導線のループに発生する誘導起電力をできるだけ小さくするために,導線を互いに撚ってループ面積を小さくした。誘導雑音は,以下の場合に大きくなった。・電力線の距離が近い。・導線のシールドされてない部分が長い。・被験者と電極間のインピーダンスが大きく,不均衡である。また,被験者と電極間のインピーダンスを等しくした場合でも,誘導雑音が観測された。電力線の位置により各導線と電力線との静電結合状態が異なり,各導線に流れる変位電流が等しくないことが誘導雑音の原因であることを示した。本研究では被験者と電極間のインピーダンスおよび変位電流による誘導雑音の影響について検討した。この現象の理解は誘導障害の除去に大変有益なものである。
キーワード AC power-line configuration (APC) (電力線配置) biopotential signal (生体電気信号) displacement current (変位電流) physical model of interference (モデル) power-line interference (誘導障害)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 107
終了ページ 115
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313382
JaLCDOI 10.18926/15302
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道内リンパ球の出現とその意義.IgE系反応との関連について.
フルテキストURL 063_019_024.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 木村 郁郎|
抄録 Relationship of the proportion of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fiutd to IgE-mediated reactions and to ventilatory function was studied in two age-matched asthma groups : group A of 11 subjects with BAL lymphocytes over 30% and group B of 11 subjects with BAL leyphocytes less than 10%. Of the eleven subjects in group A, 3 (27.3%) were atopic and 4 (36.4%) were non-atopic. The proportion of BAL lymphocytes in subjects with serum IgE level more than 300 IU/ml, who were all older than 50 years, was significantly higher than that in subjects with serum IgE less than 100 IU/ml in group A (p<0.05). While of the eleven subjects of group B, 5 (45.5%) were atopic and 4 (36.4%) were non-atopic. The value of % V(25) was significantly higher in the atopics compared with the non-atopics in group A (p<0.05), although no significant difference was found in the value of % V(25) between the two asthma types in group B. The results show that an increased number of lymphocytes in BAL fluid may be enhanced by IgE-mediated allergic reactions in the elderly, and that the decreased value of % V(25) may be associated withan increased number of lymphocytes in BAL fluid in non-atopics.
抄録(別表記) 気管支喘息を対象に,気管支肺胞洗浄液(BALF)中のリンパ球の出現頻度と,IgE系反応および換気機能との関連について検討を加えた。対象は,同年齢の2つのグループ,すなわち,BALF中リンパ球出現頻度30%以上の症例(グループA)と10%以下の症例(グループB)に分けて,それぞれ11例ずっで比較検討を行った。グループAでは,11例中3例がアトピー型,4例が非アトピー型であった。血清IgEが300IU/ml以上の症例(いずれも50才以上)では,100IU/ml以下の症例に比べ,BALF中リンパ球の出現頻度は,有意に高い傾向を示した。一方,グループBの11例では,アトピー型5例,非アトピー型4例であった。% Ⅴ(25)値は,グループAではアトピー型で,非アトピー型に比べ有意に高い値を示した。これらの結果は,50才以上の症例では,IgE系の反応がリンパ球の出現頻度を増強させること,そして,非アトピー型では,リンパ球の出現頻度と% Ⅴ(25)笛値との間にある程度の関連が見られることを示唆しているものと考えられた。
キーワード Lymphocytes (リンパ球) BAL fluid (BAL液) IgE antibody (IgE抗体) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 19
終了ページ 24
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307202
JaLCDOI 10.18926/11719
タイトル(別表記) Influence on the character of films used for density control of an automatic processor by the difference in the way of preserving
フルテキストURL 010_1_023_028.pdf
著者 大野 誠一郎| 吉田 彰| 井上 龍也| 小橋 利美| 森岡 泰樹| 中桐 義忠|
抄録 自動現像機の濃度管理に用いられるフィルムの保存については,種々の報告がなされており,最良の方法が確立されているとは言い難い。さらに,レギュラフィルムとオルソフィルムの保存方法の違いによる濃度管理への影響,あるいはこれらの比較については,これまでほとんど報告されていない。本論文では,われわれは,レギュラフィルム,フジnew-RXとオルソフィルム,コニカSR-G,SR-VおよびSR-Hを用い,開封後,室温,冷蔵,冷凍の3種類の保存方法を採用した。われわれは,35週間3種類の保存方法で4種類 のフィルムのgross fog,speed indexとaverage gradientへの影響を調査した。その結果レギュラフィルムは,3種類の保存方法による差が認められなかった。オルソフィルムでは,冷蔵・冷凍保存に大きな特性変動が認められた。その原因として,オルソフィルムは増感色素が結露に対して敏感に影響を受けたと考えられた。
抄録(別表記) Though there are various reports on the way of preserving films used for density control of the automatic processor, it is hard to say that the best method isestablished. In addition, the influences on density control or their comparisons by the difference way of preserving film between regular and orthochromatic films have been hardly reported until now. In this paper, three ways of preserving films were employed, which were at a room temperature, in a refrigeration and in a freezer after the films were opened, using a regular film, Fuji new-RX and three orthochromatic films, Konica SR-G, SR-V and SR-H. We investigated the influences on gross fog, speed index and average gradient of four films on three different ways of preserving film for 35 weeks. As a result, new-RX film wasn't influenced by the ways of the preservation. On the other hand, the orthochromatic films were so influences sensitively that the films couldn't be used for density control. It was considered that sensitizing dye stuff got denatured by dew condensation.
キーワード 自動現像機 (automatic processor) 濃度管理 (density control) フィルム保存 (film preservation) 結露 (dew condensation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 1999-12-20
10巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 28
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313437
JaLCDOI 10.18926/11717
タイトル(別表記) 因果関係モデルによる腎移植レシピエントのQOLの分析
フルテキストURL 010_2_077_084.pdf
著者 林 優子| 金尾 直美| 中西 代志子| 渡邉 久美| 保科 英子|
抄録 The purpose of this study is to analyze the structural relationship among the components of quality of life of kidney transplant recipients by using a causal model. The subjects were 329 recipients who had regular checks-up following transplantation in seven general hospitals in Tokyo, Gunma, Aichi, Okayama, and Hiroshima, and agreed to participate in this study. Ferrans and Powers's Quality of Life - Index Kidney Transplant version was used to measure perceived quality of life. The self-administered questionnaires were handed over to the subjects, who completed the instrument on the spot. After that, the answers were collected immediately. The factor analysis and the covariance structure analysis were used to make clear the structural relationship among the components of quality of life. The results of data analysis were as follows : (1) Five components of quality of life were extracted ; socio-economic functioning, family ties, emotional support, physical health, and peace & happiness. (2) The scores in the family ties dimension and the physical health dimension were higher than in the others, and the score in the socio-economic functioning dimension was the lowest. (3) The physical health showed the starting point in a causal model. (4) The physical health influenced the family ties and the socio-economic functioning. (5) The socio-economic functioning strongly influenced the peace & happiness and the emotional support. (6) The family ties influenced the socio-economic functioning, the emotional support, and the peace & happiness. Therefore, it was conceivable that it was particularly important to make approaches for the physical health, the family ties, and the socio-economic functioning dimensions to improve quality of life.
抄録(別表記) 本研究は,因果関係モデルによって,腎移植後レシピエントのQOLの構成要素間の関係を明らかにすることを目的としている。対象者は,東京,群馬,愛知,岡山,広島の7医療機関に外来通院中で,研究に同意が得られた329名の腎移植後のレシピエントである。レシピエントのQOLに関するデータは,Ferrans&PowersのQuality of Life Index―Kidney Transplant versionの測定用具を用いて収集した。収集は外来受診時に行い,対象者に自己記入式質問紙を配布し,その場で記入してもらった後,直ちに回収した。データ分析は,QOLの構成要素と構成要素間の因果関係を明らかにするために,因子分析と共分散構造分析を行った。分析結果は以下の通りである。すなわち、(1)QOLの構成要素として,社会・経済的な機能,家族の絆,情緒的な支え,身体の健康,安らぎと幸福の5つが抽出された。(2)「家族の絆」と「身体の健康」についての得点が高く,「社会・経済的な機能」についての得点が最も低かった。(3)因果関係モデルにおいて,「身体的な健康」が原点となっていた。(4)「身体的な健康」は,「家族の絆」と「社会・経済的な機能」に影響を及ぼしていた。(5)「社会・経済的な機能」は,「安らぎと幸福」と「情緒的な支え」に強く影響を及ぼしていた。(6)「家族の絆」は,「社会・経済的な機能」,「情緒的な支え」,「安らぎと幸福」に影響を及ぼしていた。したがって、レシピエントのQOLを高めるために,「身体的な健康」,「家族の絆」,「社会・経済的な機能」の側面に働きかけていくことが特に重要であると考えられた。
キーワード 腎移植のレシピエント (kidney transplant recipient) QOLの構成要素 (components of quality of life) QOLのパスダイアグラム (path diagram of quality of life)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-03-24
10巻
2号
開始ページ 77
終了ページ 84
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313658
JaLCDOI 10.18926/11716
タイトル(別表記) Variations of parameters of bioelectrical impedance during upper limb movement
フルテキストURL 010_1_015_022.pdf
著者 中村 隆夫| 山本 尚武|
抄録 これまでに生体電気インピーダンスを用いて身体運動の解析を行ってきた。インピーダンスの変動原因は測定部位の等価断面積変化および貯血量変化と説明できるが,直接的に断面積変化や貯血量変化を測定することは困難であるため,その変動原因の定量的な検討は不十分であった。そこで,本研究では上肢運動に伴う生体電気インピーダンスの変動原因を生体の等価回路のパラメータの変動で説明する。インピーダンスのモデルはCole-Cole型であり,等価回路は,細胞外液抵抗Re,細胞内液抵抗Ri,分散の特性周波fm fm,緩和時間の分布の程度を表すα,βの独立した5パラメータで表現した。 上肢の肘関節および手関節の屈曲運動野に伴う前腕部および上腕部の電気インピーダンスを測定した。まず,電気インピーダンスの等価直列抵抗Rの変動率をパラメータの変動率で線形近似し,その信頼性と各パラメータ変動のRへの影響を確認した。Rへの影響はReとRiが支配的であるが,測定部位や運動の違いにより,それぞれの影響が異なることを示した。これは測定部位の筋活動状態の違いを表すものである。さらに,肘関節最大屈曲におけるRの変化にはfmの変化が大きく依存しており,上肢運動のインピーダンス変化には細胞膜の分極特性の変化も影響していることを明らかにした。本研究の結果は,運動強度の違いや疲労状態における身体運動評価に有意義である。
抄録(別表記) We have proposed new biodynamic analysis methods using bioelectrical impedance. Variations of human limb electrical impedance during biodynamics were caused by variations of equivalent cross sectional area of muscle and variations of blood volume. However these variations could not be directly measured. Therefore quantitative discussions about relation between the impedance and these variations have been insufficient. In this work, we explained variations of the impedance with variations of parameters of an equivalent circuit. The model of impedance was Cole-Cole type. The equivalent circuit consisted of five individual parameters as follows : extracellular fluid resistance, 'Re', intracellular fluid resistance, 'Ri', characteristic frequency of dispersion, 'fm' and parameters of dispersion of relaxation time, 'α' and 'β'. Impedances of forearm and upper arm were measured with four electrode method during flexion and extension of joints in upper limb. The ratio of variations of equivalent series resistance R was linear-approximated using the above mentioned parameters. The influences of parameters on variations of R was confirmed. R was strongly influenced by Re and Ri, However there were differences between influence of Re and that of Ri in difference measured part and difference joint movement. This showed the conditibn of the muscle. In case of the maximum flexion of the elbow joint, R of upper arm was influenced by fm. This means that a polarization of cell membrane changes and influences impedance during movement. These results are significant in evaluation of biodynamics including difference of strength of movement and condition of exhaustion.
キーワード 生体電気インピーダンス (bioelectrical impedance) 等価回路 (equivalent circuit) Cole-Cole円弧 (Cole-Cole circular loci) 上肢運動 (upper limb movement) 4電極法 (four electrode method)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 1999-12-20
10巻
1号
開始ページ 15
終了ページ 22
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002314002
JaLCDOI 10.18926/15301
タイトル(別表記) 気管支喘息における副腎皮質ホルモン長期投与による免疫抑制と気管支肺胞洗浄液中好中球増多との関連
フルテキストURL 064_017_023.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was compared between two age-matched steroid-dependent intractable asthma (SDIA) groups : 17 group A patients (serum IgG level < 1000mg/dℓ) whose immunity was regarded as being suppressed by long-term glucocorticoid therapy and 17 group B patients (serum IgG level > 1200mg/dℓ). 1. The levels of serum IgA and IgM were significantly decreased in group A compared to the levels in group B patients. 2. The number of blood lymphocytes was also significantly lower in group A than in group B patients. However, the number of blood neutrophils was not different between the two asthma groups. 3.The number of BAL lymphocytes was significantly lower in group A than in group B patients. 4. BAL neutrophilia (more than 1.5×10 (4)/mℓ) was observed in 6 of the 17(35.3%) patients in group A, but not observed in any patients in group B. The number of BAL neutrophils was significantly greater in group A than in group B patients. These results suggest that there is a correlation between immunosuppression by glucocorticoids and BAL neutrophilia in patients with bronchial asthma.
抄録(別表記) ステロイド依存性重症難治性喘息を,免疫抑制の見られる症例(血清IgG値1000mg/dℓ以下)(グループA)と抑制の見られない症例(血清IgG値1200mg/dℓ以上)(グループB)の2群に分け,気管支肺胞洗浄液中の細胞成分について比較検討した。1.血清IgAおよびIgM値は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に低い値であった。2.末梢血リンパ球数は,グループAにおいて,グループBに比べ有意に少ない傾向が見られた。しかし,末梢血好中球数は両群間に有意の差は見られなかった。3.BAL液中リンパ球数は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に少 ない数であった。4.BAL液中好中球増多(1.5×10(4)/mℓ以上)を示す症例は, グループAの17例中6例(35.3%)に見られたが,グループBでは全く 見られなかった。また,BAL液中好中球数は,グループAにおいてグループBに比べ有意に多い数であった。以上の結果により,副腎皮質ホルモン長期投与 による免疫抑制とBAL液中好中球増多とはある程度関連があることが明らかにされた。
キーワード immunosuppression (免疫抑制) BAL neutrophilia (BAL好中球増多) glucocorticoids (副腎皮質ホルモン) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 17
終了ページ 23
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307882
JaLCDOI 10.18926/15300
タイトル(別表記) Clinical effects of spa therapy on bronchial asthma.
フルテキストURL 063_007_013.pdf
著者 御舩 尚志| 草浦 康浩| 本家 尚子| 谷水 将邦| 光延 文裕| 岡崎 守宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗|
抄録 ステロイド依存性重症難治性喘息を中心に,喘息に対する温泉療法の臨床効果を,症例の背景因子に基づいて検討した。1.現年令あるいは発症年令が高い症例でより有効であった。2.非アトピー性の症例において有効率が高率であった。3.臨床病型別では,細気管支閉塞型において最も有効率が高く,17例中16例(94.1%)が有効であった。4.ステロイド減量効果は.71症例中43例(60.6%)で認められた。細気管支閉塞型の症例でステロイド減量不能の症例を多く認めた。
抄録(別表記) Clinical effects of spa therapy were studied in 93 patients in relation to allergological-characteristics. Forty-seven of the 93 patients were steroid-dependent intractable asthma. 1. Spa therapy was effective in the patients over the age of 41 and over 41 at onset. 2. Spa therapy was more effective in nonatopic patients than in atopic. 3. Regarding clinical classification of asthma type (simple bronchoconstriction type, bronchoconstriction + hypersecretion type and bronchiolar obstruction type), spa therapy was most effective in the patients with bronchioar obstruction type (94.1%). 4. In 43 of the 71 patients (60.6%), the dose of corticosteroid used was reduced by spa therapy. In the patient with bronchiolar obstruction type, reduction of corticosteroid by spa therapy was observed with a low propor-
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 温泉療法 (Spa therapy) 臨床病型 (clinical asthmaty)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 7
終了ページ 13
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307411
JaLCDOI 10.18926/11713
タイトル(別表記) Study for self-efficacy of intensive care unit nursing
フルテキストURL 011_1_017_024.pdf
著者 梶清 友美| 金只 共世| 中西 美佐子| 窪田 千代香| 住吉 和子| 川田 智恵子| 山田 一朗|
抄録 ICU看護婦の看護ケアの自信(以下ICU看護ケアの自己効力とする)の程度を知り,ICU看護ケアの自己効力に影響する要因を明らかにすると同時に,ICU経験3年以上の15名の看護婦についてはICU看護ケアの自己効力とリーダーとしての自信(以後リーダーシップの自己効力とする)との関係を明らかにすることを目的する。ICU看護ケアの自己効力とリーダーシップの自己効力について尺度を作成し,ICU勤務の看護婦48名を対象として調査を行った。有効回答数は45で,平均年齢は27.8±5.0歳であった。その結果,以下の3点が明らかとなった。1.年齢,看護婦経験年数,ICUでの経験年数が増すごとにICU看護ケアの自己効力も上昇していた(年齢:r(s)=0.35,pく0.05,看護婦経験年数:r(s)=0.35,pく0.05,ICUでの経験年数:r(s)=0.56,P<0.01)。2.配属の希望の有無,職場に満足しているか否か,看護ケアが患者の回復に影響すると考えているか否かについては,ICU看護ケアの自己効力への影響を認めなかった。3.リーダー役割をとっている看護婦のICU看護ケアの自己効力とリーダーシップの自己効力の間には,有意な相関はみられなかった。
抄録(別表記) The purposes of this study were; (1) to examine the self-efficacy of ICU nursing, and (2) to clear the factors related to the self-efficacy of ICU nursing, (3) to investigate between the self-efficacy of ICU nursing and the self-efficacy of leadership for 15 nurses who had experience more than 3 years in the ICU section. Subjects were 45 ICU working nurses whose average age was 27.8±5.0. Using originally designed scales of self-efficacy of ICU nursing and the self-efficacy of leadership, we found following results; (1) the self-efficacy of ICU nursing was significantly related to age (r(s)=0.35, p<0.05), duration of experience as a nurse (r(s)=0.35, p<0.05) and that of ICU (r(s)=0.56, p<0.01). (2) there were no significant relation between the self-efficacy of ICU nursing and desire to be ICU nurse, job satisfaction and belief in positive effect of her nursing care for patient's recovery. (3) the self-efficacy of ICU nursing didn't have significant relationship to the self-efficacy of leadership.
キーワード 自己効力 (Self-efficacy) ICU看護ケア (ICU Nursing) リーダーシップ (Leadership)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2000-11-16
11巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 24
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313565
JaLCDOI 10.18926/15299
タイトル(別表記) ステロイド依存性重症難治性喘息に対する温泉療法の重要性。過去10年間の181例を対象に。
フルテキストURL 064_001_010.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Characteristics of 181 patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) who were admitted to our hospital and had spa therapy for last 10 years were examined in relation to the methods of spa therapy. For last 10 years, three kinds ofspa therapies were administered: spa therapy A (swimming training in a hot spring pool) in the first atage (1982-1985), spa therapy B (swimming training + inhalation of iodine salt solution) in the middle stage (1986 -1989), and spa therapy C (swimming training + inhalation of iodine salt solution + fango therapy) in the last stage (1990-1991) of this study. 1. The number of patients with SDIA who were admitted to our hospital and had spa therapy tended to increase from 2 in 1986 to 35 in 1991. 2. The number of SDIA patients over the age of 60 or over the age at onset of 40 tended to increase from the first stage to the last stage. 3. The proportion of patients from distant areas (prefectures other than Tottori) was decreasing for the last stage, although the number of these patients was increasing in recent years. 4. The proportions of patients divided by serum IgE levels and by clinical asthma types did not change for last 10 years. 5. The proportion of type Ib and type II asthma was considerably high in patients with SDIA for last 10 years. 6. Clinical effects of spa therapy were observed in 21 of the 30 (70.0%)patients with SDIA in the first stage (1982-1985) with spa therapy A, 68 of the 83 (74.7%) patients with SDIA in the middle stage (1986-1989) with spa therapy B, and 61 of the 68 (89.7%) patients with SDIA in the last stage (1990-1991) with spa therapy C.
抄録(別表記) 最近10年間に三朝分院へ入院し,温泉療法を受けたステロイド依存性重症難治性喘息181例を対象に,温泉療法の方法との関連のもとに,対象患者の背景について検討を加えた。最近10年間に3種類の温泉療法が行われた。温泉療法A(温泉プール水泳訓練)は初期(1982-1985),温泉療法B(水泳訓練+ヨードゾル吸入)は中期(1986-1989),また,温泉療法C(水泳訓練+ヨードゾル吸入+鉱泥湿布療法)は後期(1990-1991)に行われた。1.当院へ入院し,温泉療法を受けたステロイド依存性重症難治性喘息(SDIA)患者の数は,1986年の2例から1991年の35例へと増加の傾向を示した。2.SDIA患者のうち,60才以 上の症例および40才以降の発症症例の数は,1986年以降急激な増加傾向を示した。3.鳥取県以外の他県(遠隔地)からの入院患者の頻度は,近年減少の傾向を示したが,その絶対数は増加の傾向であった。4.血清IgE値はいずれの時期においても200IU/mℓ以下の症例が多い傾向が見られた。5.臨床病型では,通常の喘息に比べIb型およびII型の頻度が高い傾向が見られた。6.温泉療法の臨床効果は,温泉療法Aが行われた初期では70.0%,温泉療法Bの中期では74.7%,温泉療法Cの後期では89.7%であった。
キーワード swimming training in a hot spring pool (温泉プール水泳訓練) inhalation of iodine salt solution (ヨードゾル吸入) fango therapy (鉱泥湿布療法) SDIA
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 1
終了ページ 10
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307391
著者 大島 昭夫| 松浦 次郎| 安井 公一|
発行日 1982-02-27
出版物タイトル 岡山大学農学部農場報告
4巻
資料タイプ 紀要論文