著者 Dunuyaali, Murniati| 岡本 五郎| 島村 和夫|
発行日 1983
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
61巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/13315
フルテキストURL 6_021_036.pdf
著者 Huang Shaoan| Gao Wei| Zhang Su| Huang Naijing|
抄録 This paper tries to measure the effect of cooperation on economic growth of both China and Japan by setting up an econometric model. This measuring is based on the basic framework of cooperation economics (Huang shao-an,2000) . The structure of the paper is as follows: The first part introduces the basic idea and analytical methods of cooperation economics; the second part establishes an econometric model for measuring the effect of cooperation on economic growth of both China and Japan; The third part measures degree of cooperation between China and Japan from two dimensions which are political factor and bilateral trade between China and Japan, and lists all the macroeconomic data that the econometric model needs; The fourth part employs the econometric model and the macroeconomic data to calculate the effect of cooperation on economic growth of both China and Japan; the final part is a brief conclusion.
出版物タイトル 北東アジア経済研究
発行日 2008
6巻
1号
開始ページ 21
終了ページ 36
ISSN 1880-8476
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002310579
著者 高木 茂明| 牧田 健一|
発行日 1985
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
66巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 村本 茂樹| 西崎 日佐夫| 青山 勲|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
1巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/15428
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_29_2_83.pdf
著者 都留 寛治| Nishiyama Chikako| 大槻 主税| 尾坂 明義|
抄録 One of the CaO,SiO(2)-based bioactive glasses(5OCaO・ 5OSiO (2) in mol%) were soaked for various periods in a simulated body fluid(SBF) with or without containing alcohols such as methanol, ethanol, and 1-propanol. Effect of the alcohols was investigated on the apatite formation on the glass surface with thin-film X-ray diffraction, FT-IR reflection spectroscopy and scanning electron microscopy. Under the presence of alcohols up to 0.1mol/l in the SBF an apatite layer was formed on the glass, while it consisted of crystallites similar in morphology but larger in size than that found for the SBF without the alcohols. It was concluded that the alcohols little influenced the the apatite forming ability of the CaO,SiO(2)-based glasses.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 1995-03-27
29巻
2号
開始ページ 83
終了ページ 88
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307301
JaLCDOI 10.18926/19961
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_44_69.pdf
著者 Nekado, Kenta| Kato, Hidehiro| Nogami, Yasuyuki| Morikawa, Yoshitaka|
抄録 Recently, pairing–based cryptographies have attracted much attention. For fast pairing calculation, not only pairing algorithms but also arithmetic operations in extension field should be efficient. Especially for final exponentiation included in pairing calculation, squaring is more important than multiplication. This paper proposes an efficient squaring algorithm in extension field for Freeman curve.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2010-01
44巻
開始ページ 69
終了ページ 72
ISSN 1349-6115
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002309070
著者 Yasuda, Shozo|
発行日 1964
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
12巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Yasuda, Shozo|
発行日 1963
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
12巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/15810
フルテキストURL Mem_Sch_Eng_OU_16_2_59.pdf
著者 Hida M.| Maeda H.| Tanabe K.| Kamijo N.| Terauchi H.|
抄録 The EXAFS spectroscopy equipment constructed from an asymmetrical cut flat monochromator and PSPC is applied to the structural determination of pure α-iron which has small difference (0.038nm) in the first and second nearest neighbour distance. The efficiency of the curve fitting method for the two shell model of known structure material (α-iron) is discussed, in addition to describing the details of the experimental procedure of our new type of spectrometer and of the EXAFS data analysis.
出版物タイトル Memoirs of the School of Engineering, Okayama University
発行日 1982-03-29
16巻
2号
開始ページ 59
終了ページ 74
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307651
JaLCDOI 10.18926/13317
タイトル(別表記) Regional Disparity Problem and Its Structure in the East Region of EU
フルテキストURL 6_045_058.pdf
著者 田口 雅弘|
抄録 本稿は、EU東部地域の経済格差の現状をEU中心部との比較、また国内における県別の比較を行い、その構造を明らかにするものである。 1997年 7月に欧州委員会は「アジェンダ2000」を発表した。これによって、ポーランドを含む旧東欧 5カ国およびキプロスの先行加盟が準備され始める。こうした動きに並行して、コソヴォ紛争の深刻化などに伴い、EUは「拡大によるEUの安定化」志向を強めることとなる。最終的には、2004年に10ヵ国、2007年に 2ヵ国が新規に加盟した。 EU東方拡大は、全般的にはEUの政治的・経済的安定化に貢献したが、しかしながら、地域経済圏拡大はかならずしもクロスボーダーリージョンの安定化につながっているわけではない。むしろ、EU拡大によって生じた摩擦や対立もある。それは、現在EU内で急速に拡大志向の議論が萎み、「拡大」よりは「深化」に重点を置く議論が中心になりつつあることにも表れている。もちろん、その背景には、「拡大」が経済圏・文明圏として重要な地域をほぼ包括しつつあること、EU周辺の政治的混乱が収まりつつあることなどがあるだろう。しかしその一方で、拡大によって逆に多様性=不安定要素を取り込んでしまい、その対応に多くの労力と資金がつぎ込まれて、拡大のメリットが十分に享受できないという「拡大疲れ」を伴った不満もある。 本稿では、経済格差、経済発達の遅れがどの程度のレベルにあるかを、ポーランドを中心に統計的に整理し、その構造を明らかにすることによって、クロスボーダーリージョン安定化を考える上でのひとつの材料としたい。
出版物タイトル 北東アジア経済研究
発行日 2008
6巻
1号
開始ページ 45
終了ページ 58
ISSN 1880-8476
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002310248 120002310248
JaLCDOI 10.18926/40885
タイトル(別表記) An Analysis of Polish Labor Migration in the EU Region after the EU Accession
フルテキストURL hss_030_255_274.pdf
著者 ジェニス アンナ・マリア|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2010-11-24
30巻
開始ページ 255
終了ページ 274
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002674406
著者 Nishi, Katsuhisa|
発行日 1986
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
19巻
2号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/CTED/56551
タイトル(別表記) Interdisciplinary collaboration between climate and cultural understanding education for promoting the fundamental ESD literacy A report of the lesson practice in the university on climate and “seasonal feeling” in the northern Europe
フルテキストURL cted_009_183_198.pdf
著者 加藤 内藏進| 加藤 晴子| 赤木 里香子| 大谷 和男|
抄録 ESD的視点を育むための学際的な指導法開発へ向けて,北欧の夏の気候と季節サイクルを中心に日々の気温の変動幅にも注目した気候背景を解析するとともに,大学での授業実践結果を分析した。北欧の冬には,平均気温だけでなく極端な低温日の気温もドイツより更に低く,極端な低温日は4月初め頃まで出現する。また,夏至〜7月一杯までが気温のピークで,その後は急降温する。授業では,絵画作品の鑑賞や,伝統的な季節の行事やくらしについての映像の視聴,伝承曲の鑑賞を行ない,夏至祭をテーマとする音楽や美術の表現活動を行った。音楽の創作活動では小物の打楽器類などを用いた。表現活動を通して,季節の特徴や移り変わり,人々の生活,気持ちなどへの自分の注目点を意識することにより,そこに住む人々の季節感と自分の感じ方とに繋がりを得る機会になったと考えられる。
キーワード 気候と芸術との連携 学際的気候教育 ESD 季節サイクルと季節感 北欧と日本との気候比較
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2019-03-20
9巻
開始ページ 183
終了ページ 198
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/55811
タイトル(別表記) Development of Home Economics Classes from an ESD Perspective : Examining the Practice of the 2018 Liberal Arts Education Subject “Contemporary Issues in Education (Lifestyle and Environment)” at Okayama University
フルテキストURL cted_008_109_122.pdf
著者 佐藤 園| 佐藤 大介| 篠原 陽子|
抄録 平成28年以降、わが国では、これから子どもたちが生きる予測できない未来に対応するための学校教育の方向性として、グローバル化や知識基盤社会で生きる力とその育成のためのアクティブ・ラーニングの導入が示された。2014年にスーパーグローバル大学の指定を受けた岡山大学においても、知識基盤社会やグローバル化社会を支える高度な専門知識と知的な素養を備えた人材育成のための教育改革が行われた。本研究は,この改革の中で、教養教育として教育学部に求められた「現代の教育的課題」の授業科目として、アクティブ・ラーニングを核とする“ESDを視点とした家庭科Project”を基盤として開発した「生活と環境」とその実践結果について検討した。
抄録(別表記) Since 2016, active learning has been implemented in Japan as part of a direction for school education that can respond to the unpredictable future in store for children, in order to develop the ability to live in a globalized, knowledge-based society. Okayama University, which has been designated as a Super Global University in 2014, is engaged in education reform to develop people with the advanced, specialized knowledge as well as mental fundamentals to support a knowledge-based, global society. This study examines the results of the “lifestyle and environment”which were developed as foundation for a “home economics project from an ESD standpoint,” one that is central to active learning in the “Contemporary Issues in Education” course, required for liberal arts education in the Faculty of Education.
キーワード ESD 家庭科授業開発 ( development of home economics classes) 大学教養教育 (liberal arts education) アクティブ・ラーニング (active learnings)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
開始ページ 109
終了ページ 122
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/15841
フルテキストURL Mem_Sch_Eng_OU_10_1_61.pdf
著者 School of Engineering, Okayama University|
出版物タイトル Memoirs of the School of Engineering, Okayama University
発行日 1975-07-01
10巻
1号
開始ページ 61
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307517
JaLCDOI 10.18926/1470
フルテキストURL 22_0143_0149.pdf
著者 塩田 真友子| 猪原 敬介| 堀内 孝|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2006-11
22巻
1号
開始ページ 143
終了ページ 149
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002306028
JaLCDOI 10.18926/15317
タイトル(別表記) Diagonosis of pancreatic cyst using post-ERCP CT examination.
フルテキストURL 064_065_070.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| Riaz Chowdhury| 水島 孝明| 杉本 啓介| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 蓮岡 英明|
抄録 ERCP直後にCTを撮影するERCP後CTはERCPの際に膵内に注入された造影剤をCTで検出するため,ERCPでは得られない情報が得られる利点がある。われわれはERCP後CTが診断や治療方針の決定に有用であった膵嚢胞の4例を経験した。膵嚢胞では主膵管との連絡,嚢胞の部位,性状診断にERCP後CTは有用な検査法であり,文献的考察を含めて報告した。
抄録(別表記) Post-ERCP CT (computed tomography (CT) examination performed immediately after endoscopic retrograde cholangiopancreatography) detects the contrast medium injected into the pancreatic duct and cystic lesions at the time of ERCP and, therefore, has the advantage of obtaining information which cannot be obtained by ERCP alone. We have experienced four cases of pancreatic cysts in which post-ERCP CT was useful for diagnosis and in deciding on treatment plans. The post-ERCP CT was proved to be a useful method for examining the site and characteristics of the cysts which communicated with the main pancreatic duct.
キーワード ERCP (Endoscopic retrograde cholangiopancreatography) CT (Computed tomography) 膵嚢胞 (pancreatic cyst)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 65
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307547
著者 岡 益巳|
発行日 2012-12-31
出版物タイトル 大学教育研究紀要
8巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/21224
タイトル(別表記) Semi-automatic processing of EPMA data
フルテキストURL pitsr_044_007_020.pdf
著者 川嵜 智佑|
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
発行日 1975-03-25
44巻
開始ページ 7
終了ページ 20
ISSN 0369-7142
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002310998
著者 Hatanaka, Chitoshi| Ozawa, Junjiro|
発行日 1965
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Biologie, Okayama Universität
12巻
4号
資料タイプ 紀要論文