JaLCDOI 10.18926/15243
タイトル(別表記) Consideration to the change of swallowing sense after operation of esophagus cancer - Evaluation of swallowing activity by using IPG and swallowing sound -
フルテキストURL 012_1_053_062.pdf
著者 森 恵子| 山本 尚武| 中村 隆夫| 楠原 俊昌|
抄録 食道癌患者は腫瘍による狭窄のため,程度の差はあるものの,術前より通過障害を認めることが多い。食道癌と診断され,手術を自己決定した患者の多くは,手術をして罹患前のように食事ができるようになりたいと思っている。しかし,患者の多くが術後に嚥下感覚の変化に遭遇する。現在,手術前に実施されるインフォームドコンセント(以下IC)では,術後に起こる嚥下感覚の変化については説明が行われていない。そのため患者は,経口摂取が可能になった時点で嚥下感覚の変化を自覚し,強い不安を感じる。今回, 5人の患者に術後の嚥下感覚の変化に関するインタビューを実施するとともに,術後の嚥下活動を頸部電気インピーダンスおよび嚥下音を用いて測定した。インタビューの結果, 5人全てが,術後に嚥下感覚の変化を自覚し,不安を感じていた。また,青年健常者と比較し,IPG波形の多相化と,嚥下音の咽頭期以外での発生が認められた。患者が,術後に起こる嚥下感覚の変化についてのICを望んでいることからも,術後の嚥下感覚の変化についてのICを行なう必要がある。
抄録(別表記) The esophagus cancer patient is conscious of passage disorder due to esophagus tumor, to greater or less degrees. Many of patients diagnosed as the esophagus cancer decide to take operation, because they want to come to be able to eat as easily as before they are diagnosed as esophagus cancer. However many patients encounter the change of swallowing sense. In the long run, they must swallow consciously when they eat everything. They are not informed about the change of swallowing sense. Therefore, the patient feels strong anxiety when they noticed about the change. This time, we had an interview about the change of swallowing sense after operation to the patient. In addition, we measured the swallowing activity by using IPG and swallowing sound. As a result, all patients is conscious of the change of swallowing sense. And we noticed the change of IPG wave and the swallowing sound occurred except Pharynx period. So patients want to be informed about the change of swallowing sense strongly before they take operation. And it is necessary for the patient to be informed about the change of swallowing before they take operation.
キーワード 食道癌 (esophagus cancer) 嚥下障害 (swallowing disorder) 生体電気インピーダンス (bioelectrical impedance) インフォームドコンセント (informed consent)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 53
終了ページ 62
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307448
JaLCDOI 10.18926/15242
タイトル(別表記) Support team and its effects on house remodeling for aged and handicapped persons
フルテキストURL 012_1_045_052.pdf
著者 本干尾 八州子| 田中 操子| 杉井 真澄| 福島 敏子| 田口 道子| 高見 京子| 中島 康子| 津島 裕子| 安本 勝博| 谷口 望| 太田 武夫| 岡野 初枝|
抄録 地域で生活する高齢者・障害者にとって,住宅環境の整備は必須の要件である。津山市では在宅生活を支援する立場にある保健婦やホームヘルパー,作業療法士等保健・福祉関係者と,建築関係者が共同で支援チームをつくり住宅改造に関わってきた。本研究では,この支援チームが関わった事例と直接関わらないで当事者と業者のみで改造を実施した事例を比較し,支援チームが関わることの効果をみた。調査方法は,各事例の家庭を訪問して面接聞き取り調査を行った。調査内容は調査票を用いて改造箇所,生活空間,介護量,外出の状況について尋ねた。改造前後の変化を比較して,支援チームの効果について以下のことが明らかになった。 1.支援チームの関与による浴室の改造は,入浴が可能となり生活空間が広がるなど改善が認められた。 2.離床を目的にした玄関・廊下・居室の改造は,外出などの日常生活行動を広げ,本人のQOLを高めることに役立つ。以上より住宅の改造が,介護者の介護負担を必ずしも直接軽減するとは限らないが,高齢者・障害者の介護の質に変化を与えることが示唆された。
抄録(別表記) The maintenance and improvement of housing environments are essential for aged and handicapped persons living in a local communities. The support team consists of public health nurses, home helpers, occupational therapists and architects took part in giving an advices for house remodeling in Tsuyama City. We compared the effectiveness of the participation of the team before and after remodeling of housing environment. An interview was conducted at each cases for places of remodeling, living spaces, quantity of care and ease of going. The results are as follows ; 1. The remodeling of bathrooms, participating support team improved the living spaces to be able to take bath. 2. The remodeling of entrances and corridors for leaving beds, improved the living space and the QOL of care recipients. The results suggest that the remodeling of houses dose not always lighten care burdens for caring, but changes the quality of care for aged and handicapped persons.
キーワード 高齢者・障害者 (aged and handicapped person) 住宅改造 (house remodeling) 支援チーム (support team)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 45
終了ページ 52
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307921
JaLCDOI 10.18926/15241
タイトル(別表記) Investigation of Quality of Life in Kidney Transplant Recipients
フルテキストURL 012_1_037_044.pdf
著者 林 優子| 中西 代志子| 渡邉 久美| 金尾 直美| 保科 英子|
抄録 腎移植は,レシピエントのQOLを高めることで期待される治療法であるが,移植後の拒絶反応や合併症,あるいはそれらに伴う心理社会的問題などによって移植後のQOLに影響を及ぼす危険性を孕んでいる。本研究では,腎移植後レシピエントのQOL向上を目指した看護援助を検討するために,移植後のQOLに影響すると考えられる移植を受けた理由やそのときの気持ち,ローカスオブコントロールをとりあげた。本研究の目的は,そのようなレシピエントの背景がQOLとどのように関係しているのかを明らかにすることである。対象者は研究の同意を得た腎移植後のレシピエント119名であり,人生に対する感じ方,移植を受けた理由やそのときの気持ち,ローカスオブコントロール,QOLなどについて自己報告調査を行った。その結果,レシピエントは移植後に何らかの身体症状や合併症が生じていても,81%の者が人生を肯定的に感じていた。そして,生活を充実させたいとして移植を受けた者が,また,ローカスオブコントロールの内的統制傾向が強い者ほどQOLを高める傾向にあった。したがって,看護婦はQOLに影響を及ぼすレシピエントの背景を加味して,移植前から適切な看護援助を行う必要性が示唆された。
抄録(別表記) Kidney transplantation is a cure which improve quality of life of kidney disease patients. It is important to note, however, that kidney transplantation is not a complete cure because it will not prevent kidney diseases from recurring, thereby producing new physical and psychosocial problems for the recipients. The purpose of this study is to identify the relationship between their quality of life and the recipients' background that may influence the recipients' quality of life. One hundred nineteen recipients responded to our questionnaires which included reason for undergoing the transplantation, how to feel own life, locus of control, quality of life, and so on. The following results were obtained : 81% of the recipients reported that they were feeling positive about life. The recipients, who are undergoing the transplantation to want to live life to the full and having internal locus of control, promoted their sense of good quality of life. It is therefore considered important to initiate nursing intervention before the transplantation, based on some recipient's background.
キーワード 腎移植 (Kidney transplantation) 人生に対する感じ方 (How to feel own life) 移植を受けた理由 (Reason for undergoing transplantation) ローカスオブコントロール (Locus of control) QOL
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 37
終了ページ 44
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307735
JaLCDOI 10.18926/15239
タイトル(別表記) The subjective lived experience that patients have with chronic renal disease
フルテキストURL 012_1_019_026.pdf
著者 出射 史子| 加藤 久美子|
抄録 本研究では慢性腎疾患を有する若い成人の内的経験世界を検討した。5名の患者が疾病に関してどのようなことを経験しているのかについて非組織的な深層面接を受けた。分析の結果,患者の内的経験世界は,(1)患者が経験している感情や思考,(2)疾病や自己についての解釈,(3)重要な他者への信頼,(4)自己の変化と発達(成長)という4つに特徴づけられることが明らかになった。しかるべき質の高い看護を提供するためには,看護者は,患者の内的経験世界を理解することが必要である。
抄録(別表記) This study explored the inner experiences of young adults with chronic renal disease. Five patients received an in-depth and non-structured interview for what they were experiencing as related to the disease. Analyses showed that the patients' inner experiences could be characterized as follows : (1) feelings and thoughts the patients experience, (2) interpretations they give to the disease and to their self, (3) reliance they place on significant others surrounding them and (4) change and development they make in their self-concept. Nurses are required to understand the inner experiences of patients in order to provide them with due care of high quality.
キーワード 慢性腎疾患 (Chronic renal disease) 青年後期 (Young adulthood) 主観的体験世界 (Subjective lived experience) 自己 (Self) 重要他者 (Significant others)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 19
終了ページ 26
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307642
JaLCDOI 10.18926/15238
タイトル(別表記) Detection of metacercariae of Spelotrema capellae in crabs from Sanyo District, Japan
フルテキストURL 012_1_015_018.pdf
著者 斎藤 哲郎| 久家 光雄| 橋口 正大| 池田 文雄| 山口 裕之| 吉田 邦恵| 頓宮 廉正|
抄録 吸虫Spelotrema capellaeの飼い猫への感染源を調べるために,広島県福山市を中心とした瀬戸内沿岸の河口域に生息するカニにおけるメタセルカリアの感染状況を調査した。調査地のうち広島児内の4ヵ所と岡山県内の1ヵ所のケフサイソガニHemigrapsus PenicillatusからS. capellaeのメタセルカリアが検出された。特に,過去に症例報告のあった猫の行動圏内にある福山市の2ヵ所のケフサイソガニからは高率に検出された。したがってこれらの地方においては飼い猫へのS. capellaeの感染源は河口産のケフサイソガニであることが強く示唆された。
抄録(別表記) The detection of metacercariae of Spelotrema capellae was investigated in crabs that inhabited the river mouth in the Sanyo District, Japan. The metacercaria was detected in crabs from 4 areas of the Hiroshima Prefecture and from 1 area of the Okayama Prefecture. From 2 areas in the Hiroshima Prefecture, the crab, Hemigrapsus penicillatus, showed the high prevalence of metacercariae. This crab could be a source of infection by Spelotrema capellae in domestic cats in these areas.
キーワード Spelotrema capellae ケフサイソガニ (crab) Hemigrapsus penicillatus メタセルカリア (metacercaria) 山陽地方 (Sanyo District)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 15
終了ページ 18
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307653
JaLCDOI 10.18926/15237
タイトル(別表記) Recent medical studies on radon therapy in Europe
フルテキストURL 012_1_007_013.pdf
著者 山岡 聖典| 御舩 尚志|
抄録 本総説は,本邦で実施している三朝ラドン温泉の適応症に関する機構解明に資するために調査した欧州におけるラドン療法の医学的研究に関する最近の動向の概要についてまとめたものである。すなわち,ラドンを用いた温泉や坑道での療法の適応症には,脊椎の非細菌性炎症(べヒテレフ病),慢性多発性関節炎,気管支喘息などが含まれる。臨床医学的研究として,以前,客観的方法で検討されたものはほとんどなかったが,最近,無作為化二重盲検臨床試験などにより,ラドン療法がベヒテレフ病,慢性多発性関節炎などの患者の痛みを緩和させる効能があることが実証されつつある。また,基礎医学的研究として,抗酸化機能や免疫機能などの指標に着目した動物実験により,ラドン療法の機構を解明する上で合理的根拠が得られつつあることもわかった。さらに,これらの知見と本邦での研究動向を踏まえ,今後,期待されるラドン療法の機構解明を行うための研究課題を提案した。
抄録(別表記) To elucidate the mechanism of radon therapy in Misasa radon spa, the author researched these recent studies in Europe. Parts of the results were as follows. In spas and galleries with a slightly elevated radon activity, the empirical medicine showed the same indications in the world. It mainly includes the more painful rheumatic diseases such as deformation or degeneration of the joints and non bacterial inflammation of muscles, tendons or joints ; Morbus Bechterew and other diseases of the vertebral column like spondylarthrosis or osteochondrosis. While these effects were seldom documented in an objecive manner formly, in recent years several prospective randomized double-blind studies proved the pain reducing efficacy of radon therapy in patients with cervical pain syndromes, with chronic polyarthritis or with Morbus Bechterew. Studies in experimental animal models have accumulated remarkable data in cultured cells, organs and tissue that provide a rationale to explain the observed effects of radon therapy in patients.
キーワード ラドン療法 (radon therapy) 適応症 (indication) 活性酸素 (active oxygen) 二重盲検試験 (prospective randomized double-blind study) バードガスタイン (Badgastein)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 7
終了ページ 13
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307417
JaLCDOI 10.18926/15236
タイトル(別表記) ラテンアメリカにおける肺吸虫の種類
フルテキストURL 012_1_001_005.pdf
著者 頓宮 廉正|
抄録 Six species of Paragonimus are presently known in Latin America. They include the following : P. mexicanus, P. peruvianus, P. amazonicus, P. inca, P. ecuadoriensis, and P. caliensis. Among them, P. peruvianus has been recognized as a synonym of P. mexicanus by Miyazaki himself, the discoverer of P. peruvianus. Furthermore, P. ecuadoriensis is suggestive of a synonym of P. mexicanus by Miyazaki. I also regard P. amazonicus, P. inca and P. caliensis as dependent species. I entertain a strong suspicion that these are synonymous with P. mexicanus. Therefore, P. mexicanus is the only species that distinctly inhabits Latin America. In the classification, in particular Paragonimus, we have to recognize the variations in the same species.
抄録(別表記) 現在までにラテンアメリカの肺吸虫はP. mexicanus, P. peruvianus, P. amazonicus, P. inca, P. ecuadoriensis, P. caliensisの6種が報告されてきたが,そのうちP. peruvianusは命名者である宮崎自身によってP. mexicanusのシノニムと訂正された。さらにP. ecuadoriensisもP. mexicanusのシノニムであると示唆されている。P. amazonicus, P. inca, P. caliensisもその分類には些細を形態上の違いを取り上げており,著者はP. mexicanusのシノニムの可能性が強いと考えている。したがって、現在のラテンアメリカに明確に分布している肺吸虫種はP. mexicanus1種のみである。肺吸虫の分類においては特に種内の変異を認めるべきである。
キーワード Paragonimus (肺吸虫) taxonomy (分類) Latin America (ラテンアメリカ)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 5
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308011
JaLCDOI 10.18926/15232
タイトル(別表記) Investigation of collaboration among community-based medical facilities and patient support system in centralcommunity hospitals in Okayama
フルテキストURL 012_2_123_129.pdf
著者 長宗 典代| 中西 代志子| 川田 智恵子| 太田 にわ| 林 優子| 安酸 史子|
抄録 本研究の目的は, 1)県下中核病院の地域医療連携,患者支援活動の現状について面接調査を行い,その実態を明らかにすること, 2)その結果をもとに,今後の特定機能病院に求められる地域医療連携や患者支援のあり方を検討する上での参考にすること,の2点にあった。県下10か所の地域中核病院を対象に,地域医療連携業務やその他の患者支援活動に関する質問紙を作成し,面接調査を行った。その結果,医療連携部門の歴史や業務内容は様々であったが,どの病院も地域医療連携部門を設置することで,開業医との連携を強化し,紹介・逆紹介の円滑化を図ろうとしている状況がうかがえた。特に連携業務の中 でも,開業医からの紹介患者を病院にスムーズに受け入れる機能を重視している傾向が見られた。また,すべての対象病院が地域医療連携以外の患者支援活動を行う部門を有しており,医療相談や地域の医療保健施設との連携強化等の業務を主に行っていた。これらの調査結果をもとに,特定機能病院である大学病院に求められる地域医療連携・患者支援のあり方について考察した。
抄録(別表記) The purpose of this study was to investigate the current status of collaboration among community-based medical facilities and patient support system in ten central community hospitals in Okayama. Interviews were conducted using a questionnaire regarding the current status of collaboration among community-based medical facilities and patient support system in ten central community hospitals. It was revealed that although the size and position of the sections varied, all hospitals were trying to facilitate collaboration among other community-based medical facilities by developing stronger relationships with family doctors. They mainly focused on improving the quality of services for referred patients and referring physicians. Besides, all hospitals possessed another section providing patient support services such as patient education and counseling. Staffs in the sections were trying to build stronger relationship with other health-related and medical facilities in their communities. Finally, it is discussed regarding how to facilitate collaboration among community-based medical facilities and provide patient support system in a university hospital.
キーワード 地域医療連携 (collaboration among community-based medical facilities) 患者支援システム (patient support system)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-03-20
12巻
2号
開始ページ 123
終了ページ 129
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307287
JaLCDOI 10.18926/15231
タイトル(別表記) A case report of Homalogaster paloniae from the cecum of a bull in Fukuyama City
フルテキストURL 012_2_119_122.pdf
著者 斎藤 哲郎| 居神 憲男| 田口 和史| 重東 和宏| 高沖 美江| 頓宮 廉正|
抄録 広島県福山市のとちく場で1頭の牛の盲腸より22匹の吸虫を検出し、形態的特徴より総て平腹双口吸虫Homalogaster paloniaeの成虫と同定した。この牛は岡山県真庭郡川上村で生まれ、そこで約10ヶ月飼育されていた。福山市の牧場内には、この吸虫の中間宿主であるヒラマキモドキガイが生息するような環境はなく、岡山県で飼育されていた時にこの吸虫に感染した可能性が高いと推察された。
抄録(別表記) Twenty-two worms were taken out from the cecum of a bull at the slaughterhouse in Fukuyama City. These worms were identified as adult Homalogaster paloniae by its morphological features. However, we were unable to determine the infection route of these worms. It was suggested that the bull was infected with Homalogaster paloniae in the birthplace, Okayama Prefecture.
キーワード 平腹双口吸虫 (Homalogaster paloniae) 牛 (bull) 盲腸 (cecum) 福山市 (Fukuyama City)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-03-20
12巻
2号
開始ページ 119
終了ページ 122
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307372
JaLCDOI 10.18926/15228
タイトル(別表記) 放射線エネルギーの違いによる喉頭癌における吸収線量の影響
フルテキストURL 012_2_091_099.pdf
著者 青山 英樹| 中桐 義忠| 井上 光広| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 森岡 泰樹| 平木 祥夫|
抄録 We investigated the usefulness of Gafchromic MD-55 film (Nuclear Associates, Inc.) for measuring the radiation doses on the radiotherapy of laryngeal cancers. Since larynx has thin wedge-shaped structure in anterior neck adjacent to airway, the radiation doses to the lesion may be diminished because of build-up and build-down. So, the dose has been measured with conventional measuring systems such as thermoluminescent dosimetry (TLD). However, it was not possible to evaluate the dose distribution correctly using TLD, because it is impossible to float a TLD chip in an air cavity. In this study, we employed Gafchromic MD-55 film as a dosimeter, for it can be set on the area of interest and with a measurability of dose range of 3 to 100 Gy, though it has no energy dependency. And this radiometer is composition near the soft tissue of the human body. The dose distributions to larynx were investigated with this film using neck phantom under each radiation beam energy of 4, 6 and 10 MV x-rays. Our neck phantom is made from acrylic resin and simulates a normal larynx on the basis of image information of computed tomography (CT). Moreover we observed secondary build-up and build-down curves in tissue in the vicinity of air cavities, especially at 10 MV x-rays. These findings suggest that patients with TI-T2 glottic cancers with anterior commissure invasion may receive more effective treatment with 4 MV x-rays rather than with 6 MV and 10 MV x-rays.
抄録(別表記) Tl声門癌に対して放射線治療を単独で行うのは確立している方法である。しかし,頚部は解剖学的に複雑であり,前方に薄いⅤ字形で,喉頭が気道に隣接している構造を持つので,病巣への線量はbuild-upとbuild-downの影響による線量低下が生じることが考えられる。すなわち,放射線エネルギーの選択が喉頭癌の局所的制御に影響を及ぼすと言える。この影響は,より高い放射線エネルギーでは,それに伴いより強く起きるということが基礎実験にて報告されている。また,それらの線量測定は,熱ルミネセンス線量計(TLD)のような従来の測定システムで測定されていた。しかし,空気空洞へTLD を単体 で浮かせ線量を正確に測定し評価を行うのは困難である。本研究において,我々は Gafchromic MD-55 film (Nuclear Associates, Inc.)を使用し測定した。 Gafchromic MD-55 film は,フィルムタイプ線量計でありエネルギー依存性がなく,3~100 Gyを測定可能であり,アクリル製頸部ファントムの空気組織境界面及び,空洞部に線量計を容易に精度良く配置することが可能である。また,この線量計は人体の軟部組織に近い組成である。そこで, 4, 6および10MVの各エネルギーでこの線量計を用いてエネルギーの違いによる,頸部ファントムを用いて喉頭の線量評価を行った。その結果,我々は,特に放射線エネルギー10MVで頸部ファントムにおける,前部組織-組織空洞境界面-空洞部の一連したbuild-upおよびbuild-downを線量計で評価することができた。これらの研究の結果、前交連浸潤を有するT1-T2に相当する声門癌患者は,放射線エネルギー6MVおよび10MVではなく,4MVを用いることによって,より効果的な放射線治療を行えると推測できる。
キーワード Gafchromic MD-55-2 film radiation dose build-up build-down glottic cancer
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-03-20
12巻
2号
開始ページ 91
終了ページ 99
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307342
JaLCDOI 10.18926/15227
タイトル(別表記) Suitability on the densitometry systematize in Laser Densitometer Model 1710 for Gafchromic MD-55-2 film
フルテキストURL 012_2_083_090.pdf
著者 青山 英樹| 中桐 義忠| 井上 光広| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 森岡 泰樹| 平木 祥夫|
抄録 医療の高度化に伴い,放射線治療分野においても急速な技術革新が行われている。QOL(Quality of Life)を考慮に入れた治療が求められる多くの場合,放射線治療が大きな選択肢の一つであることは言うまでもない。このような状況下の中で,正常組織に影響を与えず病巣に限局した放射線を照射する技術が開発され,外照射においては,欧米に習い我が国でも研究段階から臨床へ移り変わろうとしている。その際に,投与線量評価を欠かすことができないが,従来から使用されているいずれの線量計も新しい治療法に対応しきれていない。そこで,フィルムタイプ線量計, Gafchromic MD-55-2 film の開発により,いくつかの問題が解決されてきている。しかし,この線量計を精度良く測定する濃度測定器が必要になるが,現段階において規格化されたガイドラインが存在しないのが現状である。そこで本研究では,当施設で保有しているⅩ線フィルム線量測定用 Laser Densitometer Model 1710 を用いて Gafchromic MD-55-2 fllm による線量測定を行い,問題点の抽出を行うとともに線量測定精度の考察を行った。
抄録(別表記) For the medical advancement, the speedy technical innovation is performed also in the radiotherapy. When patients can search for QOL (Quality of Life), the radiation therapy is one of the choices. The radiation therapy system for limited irradiation to lesion without affecting normal tissue has been developed over several years. On the technology of external irradiation in our country, the level is improving to clinical stage from study grade. In such things, a new requirement will come out also as for the measuring method of the medication dose. However, conventional various radiometers have many problems to the dosimetry of the new radiotherapy method. Gafchromic MD-55-2 film, which has new form of radiochromic film based on poly-diacetylene and has been introduced for medical applications recently, is expected to solve some problems. Now, in clinical usage of this film, there is no comprehensive guideline for densitometry system and it's calibration yet. So, in this paper, the densitometry of Gafchromic MD-55-2 film was performed with Laser Densitometer Model 1710 for general-purpose film dosimetry system. And then, problems in the densitometry were extracted and the accuracy of dosimetry was investigated.
キーワード Gafchromic MD-55-2 film Laser Densitometer Model 1710 濃度測定器制御ソフトウェア (Control software of densitometry system) 測定精度 (Accuracy of measurement)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-03-20
12巻
2号
開始ページ 83
終了ページ 90
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307935
JaLCDOI 10.18926/15225
タイトル(別表記) Analysis of the accidents related to injection in the ICU at O university hospital
フルテキストURL 013_1_047_053.pdf
著者 尾形 美代子| 佐々木 克枝| 足利 久美子| 森本 紗代| 渡邉 久美|
抄録 本研究は,集中治療部(以下ICUとする)で発生しやすい注射事故の現状を把握し,今後の改善点を検討することを目的とした。O大学病院のICUにおいて1998年から2001年に提出された看護師の事故報告書を基礎資料とし,そのうち注射薬に関する事故報告103件を分析対象とした。報告書の内容から,①事故発生時の背景,②事故が患者へ与えた影響,③薬剤投与過程のどの段階における事故発生であったかについて分類,集計を行った。また,事故が患者へ与えた影響と,事故発生時の背景および薬剤投与過程との関連性について分析した。その結果,総事故件数のうち注射事故が56.3%を占め,月別では,5月, 4月,2月の順に多く,経験年数別では,ICU経験年数4年未満の看護師で事故発生率が高かった。患者影響レベルの高い事故は,人事異動月にICU経験年数4年未満で多かった。エラーマップでは,看護婦(時に医師)の実施,薬剤の投与量,指示速度に関するエラーが集中して多かった。
抄録(別表記) In comparison with general award, intensive care unit (ICU) requires various acknowledge and skillful techniques for nurses. On these circumstances, especially, the drug administration or injection to patients would be a trigger of the serious trouble. In this study, we investigated the risk factors of the medical accidents related to drug administration in the ICU at O university hospital for last three years retrospectively. Conclusively, it was implicated that the nurses who work at the ICU for less than 4 years have been more involved in them and the troubles happened frequently when the new members joined. Furthermore the serious troubles occurred in terms of the dosage and the infusion rate.
キーワード 集中治療部 (Intensive care unit) 注射事故 (Injection accident) 事故報告書 (Accident report)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-12-25
13巻
1号
開始ページ 47
終了ページ 53
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307721
JaLCDOI 10.18926/15224
タイトル(別表記) Color environment of maternity centers - Visual measurements of consultation and waiting room areas -
フルテキストURL 013_1_037_045.pdf
著者 小野 清美| 奥田 博之| 光岡 美智子|
抄録 これまで助産所管理に関する事柄において色彩環境についてあまり触れられてこなかったが,色彩環境はよい環境を作りだすことができる要素である。そこで、M助産院の診察室および玄関兼待合室の色彩環境の視感測定を実施した。M事例でわかったことは,ソファカバーや観葉植物・造花などの有効な活用を図っていたが,人形やスリッパなどの小物は目立つ色彩であった。また,大きなポスターは周囲の色彩環境を左右していた。以上のことから,今後,よい色彩環境にするために留意すべき点は以下の7項目である。 1)観葉植物の有意義な活用をすること。 2)カーペットやソファーカバーなどで色彩変化を楽しめるが、その素材にも留意すること。 3)色彩の散乱を防止し,空間内の色彩秩序を保つこと。 4)子どもなどを対象にした物の場合には,対象者の視線にあわせた色彩計画をすること。 5)癒しの環境作りに造花は手軽に利用できる。 6)大きなポスターを貼る時には、その色彩の影響を考慮し添付場所を選択すること。 7)診療場所の色彩は色相より彩度には留意し,「落ち着き」「おだやかさ」「ほっとする温かみ」などを得られるような工夫をすること。
抄録(別表記) Color has not been focused on in the management of maternity centers, but is a factor that can help to establish a good environment. Therefore, we carried out a visual assessment of the color environment in the consultating room and hall/waiting room of M Maternity Center. It was found that the center used the colors of sofa covers, foliage plants, and artificial flowers effectively and that the colors of dolls and backless slippers were bright. In addition, large posters strongly influenced the ambient color environment. Consequently, the following seven items should be considered in the production of a good color environment. 1) Effective utilization of foliage plants. 2) Correct choice of materials as well as colors for carpets and sofas in order to give a good feeling to patients via color changes. 3) Maintenance of color regularity of the space by preventing color scattering. 4) Consideration should be given to children's views in color planning when the objects are to be used by children. 5) Active utilization of artificial flowers to produce a stress-relieving environment. 6) Correct choice of location for posters by considering the influence of their colors when large posters are hung. 7) Consideration of the shade, rather than the hue, of the color in the consulting room so that patients feel "calm", "peace" and "stress-relieving warmth".
キーワード 助産所 (maternity center) 色彩 (color) アメニティ (amenity)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-12-25
13巻
1号
開始ページ 37
終了ページ 45
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307475
JaLCDOI 10.18926/15223
タイトル(別表記) Recognition of the "team medical-care" in medical field.
フルテキストURL 013_1_025_036.pdf
著者 三井 明美| 島田 明美| 谷口 直子| 中村 純子| 西川 絵里| 田中 大策| 森田 雄一| 凪 幸世| 長谷川 益美| 中桐 義忠|
抄録 チーム医療に対して高い関心が寄せられていることから,チーム医療として認識される具体的な事柄や各職種に対する認識,その利点や職種間の認識の違いなどを明らかにする目的で,岡山県内の病院の看護師,診療放射線技師,臨床検査技師,計652名に対してアンケート調査を行った。有効回答者数470名で,その内訳は看護師207名,診療放射線技師91名,臨床検査技師172名であった。結果はチーム医療と認識される具体的な事柄については,異業種間カンファレンスがチーム医療を促進する事柄として認識されているが,整備・実施されていないことがうかがえた。各職種に対する認識については,職種別・経験年数別にみても,医師,看護師,理学・作業療法士はチーム医療のメンバーとして認識されている割合が高かった。また,経験年数別では,10~14年の人までは統計上ややばらつきがみられるが,経験年数15年以上の人はあらゆる職種をチーム医療のメンバーであると考え,その重要性を認識していることがわかった。チーム医療の利点については,どの職種も共通して「患者中心の医療」と考えている割合が高かった。
抄録(別表記) Recently, the "team medical-care" has been received increasing attention in medical field. Therefore we have to develop a clear understanding of "team medical-care". The purpose of this study is to investigate things regarded as "team medical-care" by co-medical, recognition of other category of license, the advantages of "team medical-care" and recognition against the "team medical-care" by different category of license. Total 652 nurses, clinical radiological technologists and clinical laboratory technologists who are working at 8 hospitals in Okayama prefecture were examined by using questionnaire and 470 members (72.1%) responded to it. They were nurses 207 (44.0%), clinical radiological technologists 91 (19.4%), clinical laboratory technologists 172 (36.6%). Majority of respondents recognized that the medical conference consisted of different category of license promoted the "team medical-care", and ninety percent of participants prompted more frequent medical conference. In both by category of license and years of experience, they regarded doctor, nurse, physical therapist and occupational therapist as the menber of the "team medical-care" at high rate. The respondences which have over 15 years of experience regarded all category of license as the menber of the "team medical-care", while the respondences which have less than 10 to 14 years of experience showed disperision of the recongnition. The advantages of "team medical-care" were highly perceived as "patient-centered medical care" by all category of license.
キーワード チーム医療 (team medical-care) アンケート調査 (questionnaire) カンファレンス (medical conference)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-12-25
13巻
1号
開始ページ 25
終了ページ 36
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307647
JaLCDOI 10.18926/15222
タイトル(別表記) Nursing Care Workers' Concerns about Child Restraint System
フルテキストURL 013_1_017_024.pdf
著者 小野 清美| 住吉 和子| 岡崎 愉加| 太田 武夫|
抄録 本調査は患児の救急搬送時のことやCRS (child restraint system)における法規制の理解などに対する看護職の意識と子どもの車での搬送に関する問題への対応を知る目的で実施した。岡山市内にある病院および保健所・保健センターに勤務している看護職725名(回収率72.2%)を対象に無記名アンケート方式で郵送法にて実施した。その結果,入退院時の搬送については「一度も話したことがない者」は84.6%で,搬送に関してはほとんど関与していなかった。CRSの除外規定に関する法的理解について5項目質問したが、正解者は40.9%であった。その他"肥満児および精神的な不穏時のCRSの対応"として は保護者への判断を促す者と医師の判断を仰ぐ者との2通りの意見があった。 わが国では健常児の非CRS使用時の搬送時に事故がおき運転者責任を問われたが,除外規定に関する判例ではなかった。今後は交通事故の発生の場合には確実にCRSの問題は運転者の判断を問われることになる。看護職としては子どもの搬送にCRSは関与していることを認識することへの示唆となるだろう。
抄録(別表記) This study surveyed nursing care workers (workers) understandings of regulations regarding the emergent transportation of childhood patients and child restraint systems (CRS). It also ascertained how they addressed issues involved in the transportation of children by car. Subjects were 725 workers at hospitals or health centers in Okayama City, who were sent an anonymous style questionnaire that was then retrieved by mail (recovery rate 72.2%). As the results, 84.6% of workers had never discussed childhood patient transportation during admission/discharge, with most not being involved in the transportation of children. Only 40.9% answered correctly to 5 questions regarding the exclusive provisions of CRS used to ascertain understanding of the regulations. There were two responses regarding "CRS application to fat children or those with mental restlessness": some encouraged the parents to make a decision and others took advices from doctors. A driver was held responsible for a car accident in Japan when a healthy child was transported without CRS. No case regarding the exclusive provisions has yet been reported. In cases of car accidents, drivers will from now surely be held responsible for the use of CRS. This survey provided nursing care workers for the opportunity to recognize the importance of CRS in the emergenty transportation of children.
キーワード チャイルドシート (child restraint system) 看護職 (nursing care worker) 子どもの搬送 (child transportation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-12-25
13巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 24
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307325
JaLCDOI 10.18926/15221
タイトル(別表記) Recent trend of research on the adaptive response induced by low dose radiation and its significance
フルテキストURL 013_1_007_015.pdf
著者 楠原 俊昌| 花元 克巳| 山岡 聖典|
抄録 本総説は,低線量放射線に対する生体の適応応答(以下,適応応答)に関してその効果を含む最近の研究動向,さらに放射線防護との関係についてまとめたものである。特にこの分野で最も検討が進んでいる「低線量放射線照射の生物学的影響」に関する国際研究組織(BELLE)での動向を中心に報告するものである。即ち,ヒトと自然放射線との共存などヒトの生活環境と適応応答について,適応応答の短期的・長期的効果など適応応答の効果とその生物学的意義について言及した。次に,適応応答の医療などへの応用の可能性について,また,適応応答と放射線防護との関係についても言及した。ここで,低線量放射線にはヒトへの有益な効果があるとの多くの報告例がある半面,放射線防護の面では微量放射線でも危険とする考え方がその根拠にあることがわかった。このため,今後は更なる低線量放射線の生体影響研究を進めるとともに,両者の間の隙間をなくす現実的・合理的な対応が求められている。
抄録(別表記) We reviewed the recent trend of research on the adaptive response induced by low dose radiation and its significance. The following view were obtained. Risk assessment is fundamental to the protection of public health from radiation exposure, but any estimate of risk is subject to numerous major uncertainties. In view of the uncertainties surrounding the shape of dose-response curves at low doses of ionizing radiation. the linear nonthreshold dose-response model is now widely accepted as a paradigm in radiation protection practice and risk analysis. However, interest among scientists in obtaining a more conclusive understanding of the effects of low dose radiation has been evident in recent initiatives, such as adaptive response of low dose radiation, in part to help verify or disprove the linear model. A vigorous worldwide effort is now apparently underway to understand the basic mechanisms underlying the biological effects of low dose radiation. This review presents a series of papers representing the progress going on, which will undoubtably make an important contribution to this field of research.
キーワード 低線量放射線 (low dose radiation) 低濃度化学物質 (low dose chemicals) 適応応答 (adaptive response) 放射線ホルミシス (radiation hormesis) 放射線防護 (radiation protection)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-12-25
13巻
1号
開始ページ 7
終了ページ 15
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307469
JaLCDOI 10.18926/15218
タイトル(別表記) Study of childcare anxieties and way coping in O city
フルテキストURL 013_2_099_107.pdf
著者 板倉 祐子| 大土 井希| 小池 麻希子| 梅地 智恵| 野村 佳代| 樋口 まち子|
抄録 本研究の目的は,母親たちが育児に関して直面している不安を把握し,その不安に対する保健師の対処の実態を明らかにすることである。そこでO市にあるN保健センターの家庭訪問と月1回の育児相談会において,保健師が受けた育児に関する相談を分析した。対象はN保健センター管内の4つの地区で,1歳2ヶ月未満の児を持つ母親からの216件の相談内容である。その結果,母親たちの育児不安で最も多かったのは児の身体や栄養についてであった。さらに不安は出産順位によっても差があり,また児の月齢により変化し,その内容は児の成長発達と深く関係していた。そして,育児に関する情報は増えているものの,個別性に欠けていることや,母親たちの知識に偏りがあることも明らかになった。これらの結果をもとに,現在の母親が抱える不安の傾向を考察し,N保健センターで実施している育児支援活動を踏まえ,母親の不安の対処について検討した。
抄録(別表記) The purpose of this study is to identify childcare anxieties of mothers and how public health nurses cope with them. The data was collected from the contents of 216 consultations of mothers with children under 14th months of age carried by public health nurses of N public health center, O city. It was revealed that most of the consultations were about child's physical and nutritious concerns. The childcare anxieties associated with growth and birth order and the child's age in months. Moreover, we found that even though there is a large volume of information available about childcare, it is too general. Based on the research findings, we made clear tendency of childcare anxiety of mothers and how the public health nurses coped with them.
キーワード 母子保健 (Maternity health) 育児不安 (childcare anxiety)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 99
終了ページ 107
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307542
JaLCDOI 10.18926/15217
タイトル(別表記) Students' empirical learning from clinical nursing practice for chronic illness
フルテキストURL 013_2_091_098.pdf
著者 林 優子|
抄録 本報告は,慢性期看護実習において,学生が何をどのように感じ,悩み,考え,創造し,ケアし,看護観や自己成長を培っていったかという「経験による学び」の過程とその状況を明らかにすることを目的としている。その結果,学生は,関心を持って患者と出会うことで患者の心情を感じとり,受け止め,考えたり悩んだりしながら,患者のそばにいる,感情を共有する,傾聴する,思いを受け止める,そばでよく観察する,などして能動的に患者にかかわっていた。患者との相互関係のなかで,患者を知り,患者がわかるようになると患者の問題が見えてくるようになり,必要なケアを考えて,創造したケアを実践していた。それらの経験が看護観を培っていた。また,看護婦が醸し出す良い雰囲気を経験した学生は,人間としての暖かさと看護の専門家としての看護師像を浮き彫りにさせ,自分を見つめて自己成長を培っていた。
抄録(別表記) This study is designed to clarify the students empirical learning during clinical practice. It focuses on what and how the students feel, suffer from, think about, care for, and cultivate their own views about nursing. The students were actively involved with the patient at the bedside. The objectives were to share a feeling with a patient, listen to the patient, accept the feeling, and observe the patient. As the students got to know the patient and their relationship developed, the students were able to creatively care for the patient. These experiences during clinical nursing practice helped the students to develop their view of nursing. The students saw nursing as warm and sophisticated profession.
キーワード 慢性期看護実習 (Clinical nursing practice for chronic illness) 経験による学び (Empirical learning) 看護観 (View of nursing) 自己成長 (Self development)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 91
終了ページ 98
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307369
JaLCDOI 10.18926/15214
タイトル(別表記) Examination of informed consent to preoperative esophagus cancer patient
フルテキストURL 013_2_067_075.pdf
著者 森 恵子| 金尾 直美| 難波 佳代| 石川 貴子| 斎藤 信也| 猶本 良夫|
抄録 食道がん患者が食道切除術を受けることを自己決定する場合には,食道癌であることの告知と、食道癌に対する治療方法に関するインフォームド・コンセントが重要となる。食道がん患者の治療法選択における自己決定を指向したインフォームド・コンセントの有り様について,質的帰納的に分析した文献は少ない。今回,食道がん患者に対して,半構成的質問用紙を用いて,面接を実施することで,患者が治療法として手術を自己決定するために役立つインフォームド・コンセントとはどのようにあればいいかを明らかにした。その結果,患者が食道切除術を受けることを決めるためには,①患者の理解度にあわせ,何度かに分けてインフォームド・コンセントが行われる必要があること,②術後に起こってくる症状,特に患者にとって苦痛を伴う検査,処置等については,患者のパーソナリティーを考えながら,術後のイメージがわくような説明が必要であること,③患者の自己決定に至る過程のみならず,インフォームド・コンセント後においても,患者や家族を支援する体制が重要であること,が明らかになった。
抄録(別表記) It is important for the patients with esophageal cancer to receive truth telling about their illness as well as to have informed consent fully concerning treatment method when making self-decision. There have been few reports about the self-decision oriented informed consent which were analyzed with qualitative induction research. We therefore conducted qualitative research using semi-structured questionnaire to elucidate how an informed consent should be conducted to support the patients to make self-decision for accepting surgical treatment. As results, 1. Informed consent should not be an event but a process according to capacity of the patients for understanding their own illness. 2. Explanation about the condition following an operation, especially about the symptom or the procedure causing pain, should be supportive for the patients with picturing a specific image, considering the personality of the patients. 3. Supportive system for patients after receiving informed consent and making a decision accepting surgical treatment should be improved because of insufficient sharing of information among medical team members.
キーワード インフォームド・コンセント (Informed consent) 食道がん (esophagus cancer) 治療法の選択 (selecting treatment method) 自己決定 (self-determination)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 67
終了ページ 75
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307148
JaLCDOI 10.18926/15213
タイトル(別表記) A study on patient's difficult experiences' and coping methods for them that patients go through following laryngectomy
フルテキストURL 014_1_075_083.pdf
著者 森 恵子|
抄録 本研究の目的は,喉頭切除術を受けた患者が体験している困難とそれへの対処方法を明らかにすることである。自宅で生活する1名の喉頭切除術後患者に対して行った半構成面接により得られたデータを質的帰納的に分析した結果,喉頭切除術を受けた患者が体験している困難な体験としては,【転移に対する恐怖を持ち続けて生活していかなければならない不安】【うまく意思疎通できないことへの苛立ち】【元通りの生活ができない煩わしさ】【変化した機能を補いながら生きていかなくてはならない不便さ】【予測できない症状に対する恐怖】【役割を果たせないことに対する自己嫌悪】【気管ロを特異な目で見られることの不快感】【生活を再構築するための時間の必要性】の8のカテゴリーが抽出された。また,困難な体験に対する患者の対処方法としては,<術後の状態をイメージする><治療を継続する><発声以外の方法によるコミュニケーションへの転換をはかる><毎日の生活の中で工夫しながら食べる><入浴時つかれるところまでつかり,あとは拭く><気管口をふさがない洋服に買い換える><生きて行くために淡々と気管カニューレの入れ替えを行い,気道の清浄化をはかる><家族から臭いについて情報を得る><自分で病院を受診する><自分で対処方法を修得する><今自分のできることを行う><自分の感覚に従って,覆い隠さず普通にする><時間をかけて元の生活に近づける>の13のカテゴリーが抽出された。<術後の状態をイメージする>という対処方法は,その他12の対処方法の根底として存在し,この<術後の状態をイメージする>という対処方法が,困難な体験を乗り越えていくための原動力になっていることが明らかとなった。
抄録(別表記) The objective of the present study is to clarify difficult experiences and coping methods for them that patients go through following laryngectomy. A semi-structured interview was conducted on a patient who had undergone laryngectomy and was living at home. The results of qualitative induction analysis identified the following eight categories for difficult experiences: 1) Uneasiness to have to live with fear of metastasis, 2) Being frustrated about not being able to communicate weel, 3) Annoyingness not to be able to do former life, 4) Inconvenience to have to live supporting changing function, 5) Have fear of unexpected symptoms, 6) Self-hatred for not playing a role, 7) Being uncomfortable when people look at the tracheal stoma, and 8) Needing time to reconstruct life. And the results of qualitative induction analysis identified the following twelve categories for coping methods: 1) Have mental images postoperative situation, 2) Continue treatment, 3) Switch to communication method except for speaking, 4) Eat while figuring out a good way in the daily life, 5) Soak in the bathtub until at tracheostomy and wipe out other part of body when taking a bath, 6) Buy new clothes not cover tracheostomy, 7)Replace tracheostomy tube without attachment to live, and making the airway clean, 8) Receive information about the smell from the family, 9) Consult a doctor, 10) Master coping method on his own, 11) Practice what I can now, 12) Keep usual not hiding under a cover according to his sense, 13) Brings it close to former life spending time. 'Have mental images postoperative situation' was based on other coping methods. The results clarified that, in order to allow laryngectomized patients to overcome these difficult experiences, it is important for them to have mental images of situations that they will face following surgery.
キーワード 食道癌 (Esophageal cancer) 喉頭切除術 (laryngectomy) 失声 (loss of voice) インフォメーションニーズ (information needs) 生活の再構築 (restructuring of postoperative life)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-12-25
14巻
1号
開始ページ 75
終了ページ 83
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307806