JaLCDOI 10.18926/15285
タイトル(別表記) The relationships between the components in QOL causal model of kidney posttransplant recipients and recipient characteristics.
フルテキストURL 008_1_061_068.pdf
著者 林 優子|
抄録 本研究の目的は,概念枠組みを基盤にして作成した腎移植後レシピエントQOL因果モデルの構成要素とレシピエント特性との関係を明らかにすることである。対象者は,関東と名古屋の4施設において外来通院をしている腎移植者で,研究参加に同意を得た210名である。データ収集は,自己記入式質問紙 法,面接法ならびに診療記録より収集した。その内容は,身体の状態,自己概念,不確かさ,ソーシャルサポート,対処,QOLについてである。またレシピエント特性として,年齢,婚姻状況,学歴,移植後年数などを取り上げた。データ分析は,ピアソンの積率相関係数, t検定,一元配置分散分析(対比較)を用いた。分析の結果,年齢,婚姻状況,学歴,就労状況,移植後年数,入院を要するほどの合併症および入院回数がモデルの構成要素のいずれかに関係していた。 したがって,それらは腎移植後のケアを行う時に考慮されるべき重要なレシピエント特性であることが明らかになった。
抄録(別表記) The purpose of this study is to analyze the relationships between the components in QOL causal model of kidney posttransplant recipients and recipients characteristics. Based on the conceptual framework for study, the QOL causal model was constructed. The subjects are 210 recipients after kidney transplant aged 20 or more from four hospitals in Kanto area and Nagoya city, who agreed to participating in this study. The data were collected by means of an interview and a questionnaire, and from medical records. The questionnaire consists of physical state, self-concept, uncertainty, social support, coping, QOL, and medical and demographic characteristics such as age, marital status, education, time since transplant. Pearson's correlation coefficient, t-test, and one-way ANOVA were used for analysis. Age, job, marital status, education, time since transplant, frequency of hospitalization, and complications were related to any of the components of the causal model. From this evidence, it follows that they are important characteristics for the care of the recipients after kidney transplant.
キーワード QOL (quality of life) 対処 (coping) 対処に影響を及ぼす要因 (affecting factors on the coping) レシピエント特性 (recipient characteristics)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-09-10
8巻
1号
開始ページ 61
終了ページ 68
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307208
JaLCDOI 10.18926/15284
タイトル(別表記) The development of introduction to nursing - The second report. Nursing educational counseling to understand I-thau relationship.
フルテキストURL 008_1_049_059.pdf
著者 加藤 久美子|
抄録 本研究は,看護学概論の展開―第2報として,マルチン・ブ-バーが述べた関係の仕方と看護の関わりについて,筆者の面接指導を使って説明する。面接対象は看護を学ぶ学生で,自己理解,他者理解に関して「われ―それ」の関係から「われ―なんじ」の関係を体験的に理解した。その関係の変化によって学生の患者理解は深まり,看護の質も変化した。この面接から筆者が考える人間尊重の看護とは,患者と看護婦の「われ―なんじ」の関係の中で行なわれることが解った。
抄録(別表記) In this study, the relationship between the quality of nursing care and Murtin Buber's concept of "the relation" is examined through the nursing educational counseling conducted by the writer. The subject of these nursing eucational counseling is a nursing student. The student's understanding of self and others has developed from "I-it relationship" to "I-thau relationship" as she experiences nursing care. Due to these change in the relation, her understanding of the patient and self-understanding has deepened, which consequently changed the quality of her nursing care. Through these nursing educational counseling, it has been recognized that the nursing care which is based on humanism is achieved in "I-thau relationship" between the nurse and the patient.
キーワード 看護学概論 (introduction to nursing) われ―なんじの関係 (I-thou relationship) 人間尊重 (human respect) 看護 (nursing)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-09-10
8巻
1号
開始ページ 49
終了ページ 59
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307584
JaLCDOI 10.18926/15279
タイトル(別表記) A case of human infection with Diphyllobothrium in Fukuyama City, Hiroshima Prefecture
フルテキストURL 008_1_017_022.pdf
著者 数野 博| 長 亨| 小林 孝子| 草浦 潤子| 斎藤 哲郎| 頓宮 廉正|
抄録 Three strobilae with scoleces were expelled from a 16-year-old man by the administration of 600mg (20mg/kg) praziquantel. The No.1 strobila had a scolex 6.5cm in length. The No.2 strobila had a scolex 28cm in length. The No.3 strobila with a scolex and mature segments was 142cm in length. The No.3 strobila was identified as Diphyllobothrium latum by its morphological characteristics. The No.1 strobila had a scolex similar to that of the No.3 strobila. However, the No.2 strobila was equipped with a hammer-like scolex. This result suggests that the No.2 strobila belonged to species other than D. Latum.
キーワード 裂頭条虫 (Diphyllobothrium) 人体症例 (human case) 広島県 (Hiroshima Prefecture)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-09-10
8巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 22
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307889
JaLCDOI 10.18926/15278
タイトル(別表記) The roles and the position of nurses in the renal transplant nursing
フルテキストURL 008_1_007_016.pdf
著者 林 優子|
抄録 本論文の目的は,腎移植医療のなかで看護婦が果たすべき役割とその位置づけを明確にすることである。まず最初に,腎移植看護のフィロソフィーとチーム医療としての移植医療について述べた。次に調査結果と文献的考察を基に,腎移植看護に携わる看護婦の役割とその位置づけを概説した。ここでは, 看護の対象がレシピエントとその家族,生体腎ドナーであり,看護婦の役割は,移植を待機している時期,移植術前の時期,移植術直後の時期,退院前の時期,退院後のフォローアップの時期に区分して示した。その役割は予期的指導,術前術後の管理,セルフケア教育,相談指導,心理的支援,危機介入などであり,継続看護の必要性を強調している。
抄録(別表記) The purpose of this study is to clarify the roles and the position of nurses in the renal transplant nursing. First of all, the author describes philosophy of transplant nursing and medical care of recipients undergoing transplantation as a team. Then, the author outlines the roles and the position of nurses in relation to renal transplantation. Objects of nursing in this situation are the recipients, their families, and the living donors. The roles of nurses are shown in a separate manner at the period of waiting for transplantation, immediately before and after transplantation, before discharge from hospital, and follow-up period after discharge. The roles of nurses are anticipatory guidance, pre-and postoperartive management, self-care education, consultation, emotional support, and crisis intervention and so forth and the author stresses the necessity of continued nursing care.
キーワード 腎移植看護 (renal transplant nursing) 腎移植看護のフィロソフィー (philosophy of transplant nursing) チーム医療 (medical care as a team) レシピエントと家族 (recipients and their family) ドナー (donors)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-09-10
8巻
1号
開始ページ 7
終了ページ 16
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307715
JaLCDOI 10.18926/15271
タイトル(別表記) Trends in quality of life of in-unit hemodialysis patients
フルテキストURL 009_1_015_021.pdf
著者 小林 有| 林 優子| 金尾 直美|
抄録 本研究の目的は,外来透析者の主観的な評価によりQOLを測定し,そのQOLの傾向を明らかにすることである。対象者は,名古屋・大阪・岡山・広島の4施設における外来透析者で,研究に同意を得られた341名とし,研究方法は,自己記入式質問紙法を用いた。測定用具は,Ferrans & PowersのQuality of Life Index (QLI)を翻訳して用い,データ分析はプロマックス法による因子分析を行なった。QLI項目を因子分析した結果,「社会・経済的な機能」「家族・他者からの支え」「心の安寧」「身体の健康」「医療と教育」の5因子が抽出された。そして,「家族・他者からの支え」および「医療と教育」はQLI得点が高く,「社会・経済的な機能」および「身体の健康」は低いことが明らかになった。従って,QOLを高めるためには,社会的側面や身体面をより重視して看護していくことが重要であると考えられた。
抄録(別表記) The purpose of this study is to clarify the quality of life (QOL) of in-unit hemodialysis patients. The subjects were 341 in-unit hemodialysis patients who agreed to participate in this study from four hospitals in Nagoya, Osaka, Okayama, and Hirosima. The Ferrans and Powers Quality of Life Index (QLI) Hemodialysis version (an authorised translation into Japanese) was used for measuring perceived quality of life. By factor analysis, 'socio-economic functioning', 'support from family and others', 'well-being of mind', 'physical health' and 'medical treatment and education' were extracted as five factors of the QOL. The QOL score on the 'support from family and others' was the highest of all, whereas 'physical health' and 'socio-economic functioning' were lower than other three factors. These results showed importance of physical and social dimensions in caring hemodialysis patients in clinical practice.
キーワード 透析看護 (hemodialysis patient) QOL (quality of life) 満足度と重要度 (factor analysis)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-09-30
9巻
1号
開始ページ 15
終了ページ 21
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307568
JaLCDOI 10.18926/15270
タイトル(別表記) Relationships between the QOL components in kidney posttransplant recipients and their demographic characteristics
フルテキストURL 009_1_009_014.pdf
著者 保科 英子| 林 優子| 中西 代志子| 金尾 直美| 渡邉 久美|
抄録 本研究の目的は,レシピエントのQOL向上を目指した看護援助を行っていく上で,考慮すべきレシピエントの属性を明らかにすることである。腎移植を受けたレシピエント329名を対象に,QOL(Ferrans and PowersのQuality of Life Index-kidney transplant version)及びレシピエント属性を分析した。その結果,QOL構成要素別に見た考慮すべき属性は,①『社会・経済的な機能』,『家族の絆』,『情緒的な支え』,『安らぎと幸福』における年齢。②『社会・経済的な機能』,『家族の絆』,『情緒的な支え』,『安らぎと幸福』における婚姻状況。③『社会的・経済的な機能』,『身体の健康』における就労状況。④『情緒的な支え』における移植後年数。⑤『家族の絆』,『情緒的な支え』,『安らぎと幸福』における性別。⑥『安らぎと幸福』におけるドナー腎の種類であった。
抄録(別表記) This study analyzed the relationships between QOL components in kidney posttransplant recipients and their demographic characteristics. The subjects were 329 resipients receiving a kidney transplant. QOL was analyzed using the Ferrans and Powers QLI kidney transplant version. Recipient's age, gender, marital status, job status, time since transplant, and type of kideny transplant were related to the QOL components. We believe that the findings are useful to provide information which must be considered, caring kidney posttransplant recipients.
キーワード 腎移植 (kidney transplant) QOL構成要素 (QOL components) レシピエント属性 (recipient demographic characteristics)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-09-30
9巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 14
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307758
JaLCDOI 10.18926/15269
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_35_47.pdf
著者 堂前 行宏| 小西 正躬| 今井 純| Asada, Hideki| Kitamura, Akira|
抄録 In this paper, an identification method of motor parameters for the diagnosis of rotor bar defects in the squirrel cage induction motor is proposed. It is difficult to distinguish the degree of deterioration by a conventional diagnostic method such as Fourier analysis. To overcome the difficulty, a motor simulator is used to identify the degree of deterioration of rotors in the squirrel cage induction motor. Using this method, the deterioration of rotor bars in the motor can be estimated quantitatively.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2001-03-27
35巻
1-2号
開始ページ 47
終了ページ 51
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307181
JaLCDOI 10.18926/15268
タイトル(別表記) ヒト血清リポタンパク質とシクロデキストリンのアガロースゲル内における相互作用
フルテキストURL 007_2_093_097.pdf
著者 一村 光子| 唐下 博子| 崎山 順子| 森 秀治| 伊藤 昔子| 中田 安成| 遠藤 浩|
抄録 Cyclodextrins (CDs) are cyclic oligosaccharides with low molecular weight. They have been known to bind to some serum lipoproteins and to form complexes. To elucidate whether each serum lipoprotein subclass could be separated by electrophoresis using CDs, we performed preliminary experiment, in which lipoprotein-CDs interaction was examined on electrophoresis with agarose gel. When the supporting agarose gel containing both α-CD and β-CD was prepared and was applied to isoelectric focusing for fractionating serum lipoproteins, apoB lipoproteins were found to be clearly separated into several fractions on this electrophoresis. This finding suggested that apoB lipoprotein may be detected as isolated form by arranging amounts of added CDs.
抄録(別表記) シクロデキストリンは低分子量の環状オリゴ糖で, リポタンパク質と複合体を形成する。シクロデキストリンを使用した電気泳動による血清リポタンパク質サブクラスの分離の可能性を明らかにするために, リポタンパク質とシクロデキストリンとの泳動用ゲル内での相互作用について検討をおこなった。その結果,α-CDとβ-CDの2種類のCDをアガロースゲルに添加し,このゲルを泳動用支持体として等電点電気泳動をおこなったところ,apoB含有リポタンパク質が数分画分離された。したがって,ゲル内へのシクロデキストリンの適正な添加条件が設定できるならば,apoB含有リポタンパク質サブクラスの分離が可能となることが示唆された。
キーワード 血清apoB含有リポタンパク質 (serum apoB lipoprotein) シクロデキストリン (cyclodextrin) 等電点電気泳動 (isoelectric focusing (IEF)) agarose gel
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-01-31
7巻
2号
開始ページ 93
終了ページ 97
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307426
JaLCDOI 10.18926/15267
タイトル(別表記) Plerocercoids of Nybelinia surmenicola vomited from a domestic cat in Fukuyama City, Japan
フルテキストURL 008_2_165_168.pdf
著者 斎藤 哲郎| 羽原 利幸| 山口 裕之| 吉田 邦恵| 頓宮 廉正|
抄録 Two infective larval forms of Tetrarynchoidea-cestode were vomited from a domestic cat in 1995. The worms were identified with the plerocercoid of Nybelinia surmenicola by their morphological features, especially the shape and numbers of hooks on the proboscis. This is the first case of Nybelinia-plerocercoid infection in a domestic cat in Japan.
キーワード 四吻条虫 ニベリニア (Nybelinia surmenicola) 擬充尾虫 プレロセルコイド (plerocercoid) 猫 (cat) Hiroshima Prefecture
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-01-31
8巻
2号
開始ページ 165
終了ページ 168
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307631
JaLCDOI 10.18926/15265
タイトル(別表記) Reactions of pulmonary emphysema patients before and after VRS - Forcusing on the rehabilitation, activity, surgery -
フルテキストURL 008_2_157_164.pdf
著者 加藤 晶子| 弓場 茂子| 藤井 玲子| 立神 聡子| 竹升 美紀| 高祖 奈穂| 林 優子|
抄録 今まで内科的治療が主体であった肺気腫に対して,近年外科的治療(Volume Reduction Surgery 以後VRSと略す)が行われるようになった。VRSを受ける患者の看護では,手術前後において, リハビリテーション(以後リハビリと略す)や機能回復に向けてのケアが必要不可欠とされる。そこで,本研究は肺気腫患者の適切な看護援助を検討するために,手術前後に示す肺気腫患者のリハビリや活動に対する反応を明らかにすることを目的とした。対象者は当病棟に入院している肺気腫患者8名(VRS手術前8名,手術後はそのうちの6名である)で, リハビリ, 日常生活活動,呼吸,手術などについて,面接ならびに観察による調査を行った。分析の結果,手術前においてリハビリでは≪義務感≫,頑張って行えば呼吸が楽になるという≪期待感≫,≪サポート≫,≪不安≫が,活動では≪活動の制限≫,手術では呼吸が楽になるのではという≪期待感≫,≪おまかせ≫,≪いちかばちかの賭け≫,≪不安≫,≪回復に向けての欲求の高まり≫が明らかになった。手術後においてリハビリでは≪呼吸が楽になるための手段≫が, 日常生活活動では≪今の状態よりは良くなると いう期待感≫が,手術では≪達成感≫ と≪身体的苦痛≫が,将来については≪ささやかな欲求≫が明らかになった。
抄録(別表記) Pulmonary emphysema has been mainly treated with medicine, but recently VRS(volume reduction surgery) has been receiving much attention. In nursing care for VRS patients, it is important to help the patient improve his/her daily activities and recover physical function smoothly after surgery. The purpose of this study is to clarify the reactions of pulmonary emphysema patients before and after VRS for appropriate nursing. The subjects were eight pulmonary emphysema patients at a ward in Okayama University Hospital, but six of them completed both before and after VRS data collection. The data were collected by interview and observation, and from medical and nursing records. Contents of the interview included rehabilitation, daily activities, respiratory symptoms, operative stress, and so on. The results were as follows : <A sense of duty>, <a hope of improvement on breathing>, <support>, and <anxiety> on rehabilitation, <limit of activity> on activity, <a hope of improvement on breathing>, <leaving everything to doctor>, <gambling>, <anxiety>, and <rising desire for recovery> on surgery were extracted as pre-operative patients's reactions. <A means of improvement on breathing> on rehabilitation, <a hope of getting better conditons> on activity, <a sense of achivement> and <pain> on surgery, <a tiny desire> on future were extracted as post-operative patients's reactions.
キーワード 肺気腫患者 (pulmonary emphysema patients) VRS (volume reduction surgery) 手術前後の患者の反応 (reactions of pulmonary emphysema patients)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-01-31
8巻
2号
開始ページ 157
終了ページ 164
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307886
JaLCDOI 10.18926/15262
タイトル(別表記) Introduction of thickened food for patient with dysphagia after surgical treatment for tumor in oral cavity
フルテキストURL 008_2_131_136.pdf
著者 森 繰代| 江口 智美| 清水 美恵| 井村 桂子| 森本 操| 近藤 益子| 太田 武夫|
抄録 口腔腫瘍術後患者は,程度に差はあるが,嚥下・摂食障害をきたしやすい。その経口摂取開始初期の栄養について,患者が満足して,より快適に摂取でき,経口のみで栄養が満たされるような食事を工夫した。そのためには,食べやすさを増すためにトロメリンでとろみをつけ, また,食べ残しがないように患者の嗜好を取り入れた。そして,この嗜好を取り入れたとろみ食を, 口腔腫瘍術後患者一例に提供した。その結果, とろみ食は,食べやすく,全量摂取でき,良好な栄養状態を維持し,口内の移植皮弁へのトラブルもなく有効であるという結果が得られた。また,患者が意欲や自信を持つという精神面への効果も見られた。
抄録(別表記) Following an operation to remove a tumor in the oral cavity, a patient with dysphagia who had received IVH and intubation feeding for 21 days, was given food thickened with proceeded starch and dextrin (Tromelin). The patient acceptance was good and he could chew and swallow safely and easily than if given ordinary food. The psychological and emotional effects of such postoperational care are also discussed.
キーワード 口腔腫瘍 術後 (postoperative care) 摂食障害 (dysphagia) とろみ食 (thickened food) 栄養 (nutrition)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-01-31
8巻
2号
開始ページ 131
終了ページ 136
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307675
JaLCDOI 10.18926/15259
タイトル(別表記) Modified Method of Kluver-Barrera's Staining with Microwave Irradiation
フルテキストURL 008_2_107_112.pdf
著者 崎山 順子| 藤川 亜弥| 山地 佐知子| 浅野 真由美| 遠藤 浩|
抄録 クリューバー・バレラ(KB)染色は中枢神経系の白質における重要成分である髄鞘を選択的に染色する方法として日常的に広く使われている。しかし現在の所,ルクソール・ファスト青(LFB)染色後の0.05%炭酸リチウム及び70%アルコールによる分別時間が確定されていないので,分別の良否を経験的にしか判断せざるをえないという欠点がある。そこで,本研究において,マイクロウェーブ照射をLFB染色に応用することで,その後の分別について検討した結果,従来の0.05%炭酸リチウムでは良好な結果が得られなかったが分別液として,0.05%炭酸水素ナトリウムおよび70%アルコールを用いることで分別時間の確定が可能となった。
抄録(別表記) Kluver-Barrera's (KB) staining is the well-known and widely used method for staining the Schwann's sheath of the central nervous systems. On the contrary, the optimum time is not established yet, which incubated with 0.05% lithium carbonate and 70% alcohol after luxol fast blue staining. The modified method was studied that was stained with the microwave irradiation and used 0.05% sodium bicarbonate in stead of 0.05% lithium carbonate. This method was simple and useful to differentiate Schwann's sheath from other components.
キーワード クリューバー・バレラ染色 (Kluver- Barrera's staining) マイクロウェーブ照射 (Microwave irradiation) ルクソール・ファスト青液 (Luxol fast blue solution)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-01-31
8巻
2号
開始ページ 107
終了ページ 112
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307709
JaLCDOI 10.18926/15255
タイトル(別表記) Occurrence of Balaustium murorum (Hermann, 1804) in a room in Okayama City, 1998
フルテキストURL 009_2_113_116.pdf
著者 頓宮 廉正|
抄録 1998年4月,岡山大学医療技術短期大学部棟6階の実験室内にダニが発生した。ダニは赤色で体長700-900/μmであった.形態的特徴よりハマべアナタカラダニBalaustium murorumの成ダニと同定した。周りの他の部屋や屋上からはこのダニは発見されず,発生源は特定されなかった。発生した部屋はビルの6階にあり,建物以外からの侵入は考えられなかった。
抄録(別表記) A number of red mites suddenly occurred in a laboratory of School of Health Sciences, Okayama University on 28th April 1998. The laboratory was on the top floor of a 6-story building. The mites crept on the inside surface of a graduated glass cylinder on the laboratory table. From morphological characteristics, the mites were identified as adult Balaustium murorum. However, the origin of the mites was not specified in the present case.
キーワード ハマベアナタカラダニ (Balaustium murorum) ダニ (mite) 不快害虫 (nuisance) 室内発生例 岡山市 (Okayama City)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1999-02-26
9巻
2号
開始ページ 113
終了ページ 116
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307265
JaLCDOI 10.18926/15248
タイトル(別表記) Analysis of six cases of renal transplant recipients havingcomplaints about transplanted kidney and medical care.
フルテキストURL 009_1_001_007.pdf
著者 中西 代志子| 林 優子| 金尾 直美| 渡辺 久美| 保科 英子|
抄録 これまで、腎移植者のQOLの向上をめざした系統的アプローチを看護援助モデルを基に検討してきた。そして現在、腎移植者に対する効果的かつ具体的な看護介入について検討を進めている。本研究では、移植された腎臓と受けている医療に不満を抱く腎移植者6名の事例分析を基に、腎移植者への看護的関わりを検討した。その結果、この6名の移植者が抱く不満は、身体状態、責任を果す能力と周囲のサポート、自己実現と人生観、仕事と経済的自立、家族との関係の5つのカテゴリーに分類された。そして、6名に共通する不満は、身体状態の問題に起因した健康に対してであった。また、生体腎移植者はすべて家族に対する役割や他人に対する社会的役割の達成について不満を抱いていた。そして、男性の移植者は、周囲からのサポートに満足していなかった。これらのことは、腎移植者のQOL向上に向けた看護介入を具体化する上で最も考慮すべき要点であることが明らかとなった。
抄録(別表記) The purpose of our nursing study is to know how we can improve QOL (Quality of Life) of renal transplant recipients. Our study uses nursing intervention. Now we examine effective nursing intervention necessary for improving this QOL. The result of this study comes from analyzing the cases of six renal transplant recipients. They had some complaints about their transplanted kidney and medical care. Depending on this analytical result, we examined renal transplant nursing. As a result, the following five items became clear concerning the complaints of these six recipients. Those were, (1) physical state, (2) ability to achieve their responsibility and social support, (3) self-realization and their view of life, (4) work and their economic independence, (5) relation to their family. These six recipients' physical states were in bad condition and had complaints about their health. All of the living donor kidney transplant recipients had complaints about the role in their family and their social role to others. Male transplant recipients were not satisfied with the social support. These analytical results are important for our nursing to improve QOL of renal transplant recipients.
キーワード QOL (quality of life) 腎移植者 (renal transplant recipient) 健康状態 (health) サポート (social support) 看護的アプローチ (nursing approach)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-09-30
9巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307915
JaLCDOI 10.18926/15246
タイトル(別表記) Survey on recipients expenses and degrees of satisfaction in the nursing insurance system
フルテキストURL 012_1_077_082.pdf
著者 鎌田 佳代子| 武岡 千晴| 寺嶋 朋恵| 藤井 可奈子| 松下 英代| 矢野 美雪| 兵藤 好美|
抄録 本研究は,介護保険法の利用者と家族の満足度や,介護保険法がどのように受け止めているのかを明らかにすることを目的とした。対象は,介護保険法の中で訪問看護を受けている利用者の家族の方(主に介護を担当されている方)95名で,郵送法により52名の回答を得た(回収率54.7%)。研究期間は,2000年7月から9月であり,アンケートは介護にかかる費用・介護サービスの2点に重点をおいて作成した。その結果,以下の実態を把握することができた。 1.介護保険法を利用するにあたり,介護サービスにおける費用の問題が多い。介護サービスの内容には満足していたが,介護サービスにかかる費用は高いと感じている。 2.介護者は,介護をしていて「利用者のこれからのことが心配である」,「自分の時間が持てない」と感じている人が多いことがわかった。 3.介護保険法や利用契約の手続きが複雑であるという意見が多かった。今後,介護保険法の利用に向けて,これらの問題点に対する解決への取り組みが必要であることが示唆された。
抄録(別表記) We carried out a survey on the caregivers impression and degrees of satisfaction. The objects are 95 family members who mainly take care of the elderly receiving the visiting care under the nursing insurance law. Sheets of questionnaires were delivered and collected from July to September, 2000. They were mainly focused on the expenses, qualities and quantities of the nursing service. We found that : 1. Many people are unsatisfied with the expenses. They were satisfied with the qualities and quantities of the nursing service, but they think that the fees are expensive. 2. Many caregivers have anxieties about the future of the elderly and they feel that they have no free time for themselves. 3. Many have impression that the nursing insurance law itself and the procedure for a contract are complicated.
キーワード 介護保険法 (nursing insurance law) 介護サービス (nursing service) 費用 (expenses) 負担 (burden) 満足感 (satisfaction)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 77
終了ページ 82
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307867
JaLCDOI 10.18926/15245
タイトル(別表記) Report on the international conference, "Improving Life through Health Promotion : Nurses Making a Difference"
フルテキストURL 012_1_071_076.pdf
著者 樋口 まち子|
抄録 1986年のオタワ宣言以来,ヘルスプロモーションは先進工業国を中心に健康づくりの柱として健康政策策定に大きな役割を果たしてきた。20世紀後半になるとアジア諸国を始めとする発展途上国でも人口の高齢化や慢性疾患の増加に対応するために,ヘルスプロモーションを視野に入れた健康政策が策定されるようになった。このような状況の中で,各国国民のヘルスプロモーションに対する看護職が担うべき役割が世界的に問われている。「ヘルスプロモーションを通した発展:看護者が重要な成果を生み出す」と題した国際会議がタイで開催され,共催校の一つであるミシガン大学看護学部の教授で,世界保健機関(WHO)とともに長年ヘルスプロモーションの研究に取り組んでいるベンダー教授の基調報告は,それに対する回答でもあった。すなわち,看護者は科学者として成長するために,国際的共同研究の蓄積に努め,文化的背景が異なる人々にヘルスプロモーションの介入計画・評価を発展的に進めていくことが重要である。
抄録(別表記) Health promotion has obtained a high importance in the formulation of new health policies, especially in industrialized countries since the Ottawa declaration. At the end of the 20th century, health promotion was integrated into exiting health policies in developing countries in order to solve new health issues such as the increasing elderly population and chronic diseases. Nurses all over the world have to play an active role in order to perform effective health promotion activities and obtain satisfactory results from such intervention. An international conference titled "Improving Life through Health promotion : Nurses Making a Difference" was held in Thailand in January 2001. One of the key speakers, Professor Nola J. Pender who is the Dean of the research center for nursing research, University of Michigan, USA who has done extensive research on health promotion with WHO, reiterated that nurses, as scientists should make every effort to develop international research partnership so that they can expand the science of health promotion, design and test the effectiveness of interventions for culturally diverse populations.
キーワード ヘルスプロモーション (Health promotion) 看護の役割 (role of the nurse) 文化交流 (Cross-cultural exchange) 国際共同研究 (International research partnership)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 71
終了ページ 76
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308016
JaLCDOI 10.18926/15242
タイトル(別表記) Support team and its effects on house remodeling for aged and handicapped persons
フルテキストURL 012_1_045_052.pdf
著者 本干尾 八州子| 田中 操子| 杉井 真澄| 福島 敏子| 田口 道子| 高見 京子| 中島 康子| 津島 裕子| 安本 勝博| 谷口 望| 太田 武夫| 岡野 初枝|
抄録 地域で生活する高齢者・障害者にとって,住宅環境の整備は必須の要件である。津山市では在宅生活を支援する立場にある保健婦やホームヘルパー,作業療法士等保健・福祉関係者と,建築関係者が共同で支援チームをつくり住宅改造に関わってきた。本研究では,この支援チームが関わった事例と直接関わらないで当事者と業者のみで改造を実施した事例を比較し,支援チームが関わることの効果をみた。調査方法は,各事例の家庭を訪問して面接聞き取り調査を行った。調査内容は調査票を用いて改造箇所,生活空間,介護量,外出の状況について尋ねた。改造前後の変化を比較して,支援チームの効果について以下のことが明らかになった。 1.支援チームの関与による浴室の改造は,入浴が可能となり生活空間が広がるなど改善が認められた。 2.離床を目的にした玄関・廊下・居室の改造は,外出などの日常生活行動を広げ,本人のQOLを高めることに役立つ。以上より住宅の改造が,介護者の介護負担を必ずしも直接軽減するとは限らないが,高齢者・障害者の介護の質に変化を与えることが示唆された。
抄録(別表記) The maintenance and improvement of housing environments are essential for aged and handicapped persons living in a local communities. The support team consists of public health nurses, home helpers, occupational therapists and architects took part in giving an advices for house remodeling in Tsuyama City. We compared the effectiveness of the participation of the team before and after remodeling of housing environment. An interview was conducted at each cases for places of remodeling, living spaces, quantity of care and ease of going. The results are as follows ; 1. The remodeling of bathrooms, participating support team improved the living spaces to be able to take bath. 2. The remodeling of entrances and corridors for leaving beds, improved the living space and the QOL of care recipients. The results suggest that the remodeling of houses dose not always lighten care burdens for caring, but changes the quality of care for aged and handicapped persons.
キーワード 高齢者・障害者 (aged and handicapped person) 住宅改造 (house remodeling) 支援チーム (support team)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 45
終了ページ 52
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307921
JaLCDOI 10.18926/15241
タイトル(別表記) Investigation of Quality of Life in Kidney Transplant Recipients
フルテキストURL 012_1_037_044.pdf
著者 林 優子| 中西 代志子| 渡邉 久美| 金尾 直美| 保科 英子|
抄録 腎移植は,レシピエントのQOLを高めることで期待される治療法であるが,移植後の拒絶反応や合併症,あるいはそれらに伴う心理社会的問題などによって移植後のQOLに影響を及ぼす危険性を孕んでいる。本研究では,腎移植後レシピエントのQOL向上を目指した看護援助を検討するために,移植後のQOLに影響すると考えられる移植を受けた理由やそのときの気持ち,ローカスオブコントロールをとりあげた。本研究の目的は,そのようなレシピエントの背景がQOLとどのように関係しているのかを明らかにすることである。対象者は研究の同意を得た腎移植後のレシピエント119名であり,人生に対する感じ方,移植を受けた理由やそのときの気持ち,ローカスオブコントロール,QOLなどについて自己報告調査を行った。その結果,レシピエントは移植後に何らかの身体症状や合併症が生じていても,81%の者が人生を肯定的に感じていた。そして,生活を充実させたいとして移植を受けた者が,また,ローカスオブコントロールの内的統制傾向が強い者ほどQOLを高める傾向にあった。したがって,看護婦はQOLに影響を及ぼすレシピエントの背景を加味して,移植前から適切な看護援助を行う必要性が示唆された。
抄録(別表記) Kidney transplantation is a cure which improve quality of life of kidney disease patients. It is important to note, however, that kidney transplantation is not a complete cure because it will not prevent kidney diseases from recurring, thereby producing new physical and psychosocial problems for the recipients. The purpose of this study is to identify the relationship between their quality of life and the recipients' background that may influence the recipients' quality of life. One hundred nineteen recipients responded to our questionnaires which included reason for undergoing the transplantation, how to feel own life, locus of control, quality of life, and so on. The following results were obtained : 81% of the recipients reported that they were feeling positive about life. The recipients, who are undergoing the transplantation to want to live life to the full and having internal locus of control, promoted their sense of good quality of life. It is therefore considered important to initiate nursing intervention before the transplantation, based on some recipient's background.
キーワード 腎移植 (Kidney transplantation) 人生に対する感じ方 (How to feel own life) 移植を受けた理由 (Reason for undergoing transplantation) ローカスオブコントロール (Locus of control) QOL
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 37
終了ページ 44
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307735
JaLCDOI 10.18926/15239
タイトル(別表記) The subjective lived experience that patients have with chronic renal disease
フルテキストURL 012_1_019_026.pdf
著者 出射 史子| 加藤 久美子|
抄録 本研究では慢性腎疾患を有する若い成人の内的経験世界を検討した。5名の患者が疾病に関してどのようなことを経験しているのかについて非組織的な深層面接を受けた。分析の結果,患者の内的経験世界は,(1)患者が経験している感情や思考,(2)疾病や自己についての解釈,(3)重要な他者への信頼,(4)自己の変化と発達(成長)という4つに特徴づけられることが明らかになった。しかるべき質の高い看護を提供するためには,看護者は,患者の内的経験世界を理解することが必要である。
抄録(別表記) This study explored the inner experiences of young adults with chronic renal disease. Five patients received an in-depth and non-structured interview for what they were experiencing as related to the disease. Analyses showed that the patients' inner experiences could be characterized as follows : (1) feelings and thoughts the patients experience, (2) interpretations they give to the disease and to their self, (3) reliance they place on significant others surrounding them and (4) change and development they make in their self-concept. Nurses are required to understand the inner experiences of patients in order to provide them with due care of high quality.
キーワード 慢性腎疾患 (Chronic renal disease) 青年後期 (Young adulthood) 主観的体験世界 (Subjective lived experience) 自己 (Self) 重要他者 (Significant others)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 19
終了ページ 26
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307642
JaLCDOI 10.18926/15238
タイトル(別表記) Detection of metacercariae of Spelotrema capellae in crabs from Sanyo District, Japan
フルテキストURL 012_1_015_018.pdf
著者 斎藤 哲郎| 久家 光雄| 橋口 正大| 池田 文雄| 山口 裕之| 吉田 邦恵| 頓宮 廉正|
抄録 吸虫Spelotrema capellaeの飼い猫への感染源を調べるために,広島県福山市を中心とした瀬戸内沿岸の河口域に生息するカニにおけるメタセルカリアの感染状況を調査した。調査地のうち広島児内の4ヵ所と岡山県内の1ヵ所のケフサイソガニHemigrapsus PenicillatusからS. capellaeのメタセルカリアが検出された。特に,過去に症例報告のあった猫の行動圏内にある福山市の2ヵ所のケフサイソガニからは高率に検出された。したがってこれらの地方においては飼い猫へのS. capellaeの感染源は河口産のケフサイソガニであることが強く示唆された。
抄録(別表記) The detection of metacercariae of Spelotrema capellae was investigated in crabs that inhabited the river mouth in the Sanyo District, Japan. The metacercaria was detected in crabs from 4 areas of the Hiroshima Prefecture and from 1 area of the Okayama Prefecture. From 2 areas in the Hiroshima Prefecture, the crab, Hemigrapsus penicillatus, showed the high prevalence of metacercariae. This crab could be a source of infection by Spelotrema capellae in domestic cats in these areas.
キーワード Spelotrema capellae ケフサイソガニ (crab) Hemigrapsus penicillatus メタセルカリア (metacercaria) 山陽地方 (Sanyo District)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2001-12-25
12巻
1号
開始ページ 15
終了ページ 18
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307653