JaLCDOI 10.18926/15129
フルテキストURL 066_085_091.pdf
著者 Chowdhury Riaz| 越智 浩二| 原田 英雄| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 一村 光子| 穐山 恒雄| 横田 聡|
抄録 Experimental model of pancreatitis is mandatory for elucidating the pathobiology of the disease and also to see the response of a novel treatment. In addition, the need for an animal model of chronic pancreatitis is further strengthened by the relative inaccessibility and paucity of the human pancreatitis tissue. Whereas various models of acute pancreatitis and also of exocrine pancreatic tumor have been described, chronic pancr-eatitis has not been consistently reproduced in experimental animals. Many researchers attempted to establish an experimental model of chronic pancreatitis either by partially obstructing the drainage of pancreatic secretion in dogs and cats or by feeding alcohol to dogs and rats with and without temporary occlusion of the biliopancreatic duct or by surgically inducing ischaemia in the pancreas of the dogs. But, none of these models is identical with human disease. A consistently reproducible model of human chronic pancr-eatitis probably does not exist. In this expanding era of molecular biology which promises us to enhance greatly our understanding of this disease, a right experimental model of chronic pancreatitis is still in progress.
抄録(別表記) 疾患の実験モデルの作成は,その疾患の病因,病態の解明,さらに治療法の開発のために重要である。筆者らの一人は厚生省難治性膵疾患調査研究班の班員として,慢性膵炎の病態の解明や治療法の開発に関する研究を行っており,その研究の一環として,慢性膵炎の実験モデルの作成を現在行っている。そこで,これまで報告されている慢性膵炎の実験モデルについて概要を報告した。種々の動物や方法でヒト慢性膵炎に病因,病態,組織像が類似するモデルの作成が試みられてきたが,そのすべてが合致するような慢性膵炎モデルは確 立されてはいない。近年の分子生物学的研究の進歩は著しく,実験モデルへの応用が種々なされている現在,より簡便で再現性のある慢性膵炎モデルの作成が望まれるところである。
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 85
終了ページ 91
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307190
JaLCDOI 10.18926/15150
タイトル(別表記) Study of the preparation with sodium picosulfate and PEG intestinal lavage solution for total colonoscopy.
フルテキストURL 065_022_026.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| Chowdhury, Riaz| 田中 淳太郎| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 水島 孝明| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 蓮岡 英明| 加藤 匡宏|
抄録 Total colonoscopyの前処置における被検者の負担軽減と良好な腸管洗浄を得る目的で,50例の大腸内視鏡検査において,前日の食事制限せず, sodium picosulfate 20mℓ前夜服用,検査当日PEG腸管洗浄液1ℓ以上服用する前処置法の有用性について検討した。本前処置法によってPEG腸管洗浄液平均1230mℓの服用により,50例中48例で観察可能な腸管洗浄が得られ,PEG腸管洗浄液の服用量の減量が可能であった。腹痛,嘔気,腹鳴などの症状出現例は認めたが,重篤な副作用は認めなかった。腸管洗浄度の点で,高齢者の大腸内視鏡検査の前処置として有用である。以上よりSodium Picosulfate 20mℓをPEG腸管洗浄液と併用することにより,優れた腸管洗浄度を得られると同時にPEG腸管洗浄液服用量の減量か可能であり,total colonoscopyの前処置として有用であることが示された。
抄録(別表記) The following results were obtained from a total colonoscopic study of 50 patients who received preparation with 20mℓ of sodium picosulfate (Laxoberon®) and PEG intestinal lavage solution (Niflec®) prior to the examination. (l) The present method in combination with a mean of 1230mℓ of PEG intestinal lavage solution allowed colonic cleaning for which observation was available in 48 of 50 patients. (2) With this method. no adverse reactions were observed except for mild abdominal pain, nausea, and rugitus in a few patients. (3) This method was particularly as a preparation for colonoscopic examination in elderly patients. Thus, we conclude that preparation with 20mℓ of sodium picosulfate and PEG intestinal lavage solution is useful for colonoscopic examination.
キーワード 大腸内視鏡検査 (colonoscopy) 前処置 (preparation)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 22
終了ページ 26
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307186
JaLCDOI 10.18926/15151
フルテキストURL 065_027_039.pdf
著者 Chowdhury, Riaz| 越智 浩二| 田中 淳太郎| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 原田 英雄| 水島 孝明| 谷崎 勝朗|
抄録 Tropical calcific pancreatitis is a nonalcoholic type of chronic pancreatitis affecting the childrens and young adults characterized clinically by recurrent abdominal pain in childhood, diabetes in adolescent and death in early childhood. Although the exact etiology is not known, malnutrition and chronic cassava toxicity either singly or in combination are presumed to be the prime factor in pancreatic injury unopposed by detoxification of free radical. Moreover micronutrients deficiency, oxidant stress and antioxidant deficiency might play substantial role. Diabetes secondary to tropical calcific pancreatitis is a distinctive and frequent problem, being named by W.H.O. study group as 'fibrocalculous pancreatic diabetes (FCPD) and classified as one of the variant of the so-called malnutrition related diabetes mellitus (MRDM).
抄録(別表記) 熱帯地方の貧困層の小児や若干成人にみられる非アルコール性の慢性膵炎で,小児期に反復する腹痛で発症し,10~20歳で膵性糖尿病になり,20~ 30歳で死亡する類似の病像を示す症例をTropical calcific pancreatitis(熱帯性石灰化慢性膵炎)という。高率に膵石を伴う。成因は乳幼児期からの熱量,蛋白貰,micronutrients(亜鉛,銅,セレニウム)の摂取不足に加えて食事中シアン産生物質や環境中oxidantsなど複合因子によると推測されている。病理像は世界各国にみられる慢性膵炎典型例に類似する。最近は,生活環境や医療事情の改善により,全身栄養障害の減少や生存期間 の延長など病像が変貌しっつある。糖尿病を重視する立場からはFibrocalculous pancreatic diabetesと呼ばれ,同一地域にみられるProtein-deficient pancreatic diabetesと合わせてMalnutrition-related diabetes mellitus(MRDM)と総称し,糖尿病の一亜型に分類されている。
キーワード Tropical calcific pancreatitis (TCP) malnutrition cassava diabetes abdominal pain
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 27
終了ページ 39
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307678
JaLCDOI 10.18926/15317
タイトル(別表記) Diagonosis of pancreatic cyst using post-ERCP CT examination.
フルテキストURL 064_065_070.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| Riaz Chowdhury| 水島 孝明| 杉本 啓介| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 蓮岡 英明|
抄録 ERCP直後にCTを撮影するERCP後CTはERCPの際に膵内に注入された造影剤をCTで検出するため,ERCPでは得られない情報が得られる利点がある。われわれはERCP後CTが診断や治療方針の決定に有用であった膵嚢胞の4例を経験した。膵嚢胞では主膵管との連絡,嚢胞の部位,性状診断にERCP後CTは有用な検査法であり,文献的考察を含めて報告した。
抄録(別表記) Post-ERCP CT (computed tomography (CT) examination performed immediately after endoscopic retrograde cholangiopancreatography) detects the contrast medium injected into the pancreatic duct and cystic lesions at the time of ERCP and, therefore, has the advantage of obtaining information which cannot be obtained by ERCP alone. We have experienced four cases of pancreatic cysts in which post-ERCP CT was useful for diagnosis and in deciding on treatment plans. The post-ERCP CT was proved to be a useful method for examining the site and characteristics of the cysts which communicated with the main pancreatic duct.
キーワード ERCP (Endoscopic retrograde cholangiopancreatography) CT (Computed tomography) 膵嚢胞 (pancreatic cyst)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 65
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307547
著者 山本 和史|
発行日 2010-02-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
143巻
資料タイプ 紀要論文
著者 山本 和史|
発行日 2000-09
出版物タイトル 環境制御
22巻
資料タイプ 紀要論文
著者 伊藤 武彦| 鈴木 久雄| 加賀 勝|
発行日 2010-12
出版物タイトル 環境制御
32巻
資料タイプ 紀要論文
著者 山本 和史|
発行日 2012-07-27
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
150巻
資料タイプ 紀要論文
著者 伊藤 武彦| 中山 いづみ|
発行日 2015-02-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
158巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60742
フルテキストURL okadaironkou_1_1_9.pdf
著者 大坪 併治|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 1
終了ページ 9
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60743
フルテキストURL okadaironkou_1_11_14.pdf
著者 井上 富蔵|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 11
終了ページ 14
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60744
フルテキストURL okadaironkou_1_15_30.pdf
著者 小坂 晋|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 15
終了ページ 30
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60745
フルテキストURL okadaironkou_1_31_41.pdf
著者 工藤 進思郎|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 31
終了ページ 41
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60746
フルテキストURL okadaironkou_1_43_54.pdf
著者 三村 晃功|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 43
終了ページ 54
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60747
フルテキストURL okadaironkou_1_55_65.pdf
著者 吉田 俊彦|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 55
終了ページ 65
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60748
フルテキストURL okadaironkou_1_67_78.pdf
著者 松井 律子|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 67
終了ページ 78
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60749
フルテキストURL okadaironkou_1_79_89.pdf
著者 広永 浩|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 79
終了ページ 89
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60750
フルテキストURL okadaironkou_1_91_100.pdf
著者 新間 俊毅|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 91
終了ページ 100
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60751
フルテキストURL okadaironkou_1_101_110.pdf
著者 前川 憲生|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 101
終了ページ 110
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60752
フルテキストURL okadaironkou_1_111_127.pdf
著者 太田 紘子|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1973-03-31
1号
開始ページ 111
終了ページ 127
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher