JaLCDOI 10.18926/CTED/58115
タイトル(別表記) A study on the association between reading activities and life skills at school among elementary school children
フルテキストURL cted_010_017_026.pdf
著者 邑上 夏美| 安藤 美華代|
抄録 児童生徒の問題行動の増加の背景には,日常生活に求められるスキルの低下が一つの原因と考えられている。本研究では,学校生活スキルに着目し,読書活動や読み聞かせを受ける体験との関連について検討することを通して,学校において読書活動の時間を設ける必要性について検討した。また,学校図書への知見を得るため,児童の興味・関心のあるジャンルについても検討した。小学校5,6 年生728 名を対象に,質問紙調査を行った。その結果,いずれの学校生活スキルにおいても,読書活動体験,読み聞かせを受けた体験が多い子どもの方がいずれの体験も少ない子どもに比べて学校生活スキルが高い傾向が示された。そして,現在の子どもの興味・関心のある本のジャンルは,絵本,児童文学,マンガ,小説が多かった。これらのことから,小学校においては,読書活動を継続するとともに,子ども達の関心のあるジャンルをふまえた学校図書館づくりが大切だと考えられた。
抄録(別表記) The increase in problem behaviors among school children is related to the decline in their life skills. The purpose of this study is to clarify the association among elementary school children between their experience of reading books and listening to stories and their life skills at school. Through this study, we also analyze the necessity of reading activities in school. 728 5th and 6th graders conducted self-reporting questionnaires. The results show that the students who had more experience of reading books or of listening to stories show better life skills at school compared to students who had less experience of reading books and listening to stories. The students showed an interest in genres such as picture books, children’ s books, manga, and novels for children, It may be important to continue reading activities in school. It is also important to arrange a school library from the perspective of which ge nres childre n are inter ested in.
キーワード 学校生活スキル (school-life skills) 読書活動 (reading activities) 小学生 (elementary school children) 学校図書館 (school library)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2020-03-20
10巻
開始ページ 17
終了ページ 26
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
著者 南川 和宣|
発行日 2014-07
出版物タイトル 臨床法務研究
13巻
資料タイプ 紀要論文
著者 平松 万尚| 浅野 基| 松下 公紀| 三好 智子| 中村 好男| 水島 孝明| 小出 典男| 片岡 仁美| 越智 浩二| 光延 文裕|
発行日 2008-03-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
76巻
資料タイプ 紀要論文
著者 林 創| 今中 菜七子|
発行日 2011-10-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
148巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/15202
タイトル(別表記) Recent trend of research on the nongenotoxic mechanisms of chemical carcinogenesis
フルテキストURL 014_1_001_014.pdf
著者 山岡 聖典| 花元 克巳| 稲 恭宏| 片岡 隆浩| 川辺 睦| 佐野 正展| 氏福 亜矢子|
抄録 本総説は,筆者らが進めている「低線量放射線の健康への影響と医療への応用」に関する研究に資するために調査した,化学発がんの非遺伝毒性的メカニズムの解明に関する最近の動向の概要についてまとめたものである。即ち,非遺伝毒性的発がんにおける細胞増殖,シトクロムP450誘導,酸化的ストレス,および遺伝子発現のそれぞれの役割,並びに量的な応答性について言及した。また,後成的発がんにおけるアポトーシス,およびギャップ結合による情報伝達のそれぞれの役割についても触れた。その結果,非遺伝毒性的な発がん物質の作用の様式とメカニズムやこれによる後成的な影響などについては解明さ れつつあり,特に,これらの発がん物質がゲノムDNAに対し直接的な相互作用,突然変異,修飾などを行う発がん物質とは機能的に異なった作用をすることが明らかになった。また,これらは放射線発がんなど低線量放射線の健康への影響などについて研究する上で,重要な知見となっていることもわかった。
抄録(別表記) To elucidate the health effects by low dose radiation, we reviewed the recent trend of research on the epigenetic mechanisms of chemical carcinogenesis. The following view were obtained. It has become apparent that chemical and physical agents that induce cancer may do so through different cellular and molecular mechanisms. Investigators, recognizing the apparent differences in the ways compounds participate in the carcinogenesis process, coined the phrases "genotoxic" and "epigenetic" in describing activities of chemicals and physical agents that induced cancer. The term "nongenotoxic" has to some extent replaced "epigenetic" and thus, classification of chemical carcinogens has been frequently delegated to either the genotoxic or nongenotoxic categories. Moreover, while much work remains in the understanding of the modes and mechanisms of action of nongenotoxic carcinogens and the epigenetic effects of these agents, it is apparent that this category of chemicals are functionally different than those compounds which directly interact, mutate, and modify genomic DNA.
キーワード 化学発がん (chemical carcinogenesis) 非遺伝毒性 (nongenotoxicity) 後成説 (epigenesis) 酸化的ストレス (oxidative stress) ギャップ結合 (gap junction)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-12-25
14巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 14
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307816
著者 渡邊 裕|
発行日 2012-02
出版物タイトル 環境制御
33巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/15363
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_34_39.pdf
著者 早川 聡| 城崎 由紀| 籔田 武司| 都留 寛治| Ohtsuki Chikara| 尾坂 明義|
抄録 Silicone elastomer was chemically treated at 60℃ for 7 days with 30 wt% H(2)O(2) solutions with or without TaCl(5) and soaked for various periods in a simulated body fluid(Kokubo solution) up to 21 days. Apatite formation ability of the surface of the silicone elastomer specimens was investigated with thin-film X-ray diffraction and FT-IR reflection spectroscopy. These silicone specimens did not deposit apatite or calcium phosphates, irrespective of chemical treatment. Osteoblast-like cells (MC3T3-El) derived from mouse were cultured on the specimens at 36.5℃ under 5%C0(2) and 95% humidity. Similar degree of proliferation of cells was observed at 7 days among three specimens, while the no treatment specimen after incubation for 5 days showed a lower degree of proliferation than the silicone treated with 30 wt% H(2)O(2) solutions with or without TaCl(5). Alkaline phosphatase activity of the cells proliferated on the no treatment specimen was lower than those of the silicone treated with 30 wt% H(2)O(2) solutions with or without TaCl(5). These results indicate that the cytotoxicity of the silicone could be improved by the chemical treatment with 30 wt% H(2)O(2) solutions with or without TaCl(5).
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2000-03-27
34巻
1-2号
開始ページ 39
終了ページ 43
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308019
JaLCDOI 10.18926/47005
フルテキストURL mfe_36_1_117_121.pdf
著者 Shirosaki, Yuki| Tsuru, Kanji| Hayakawa, Satoshi| Osaka, Akiyoshi| Takashima, Seisuke|
抄録 γ-Methacryloxypropyltrimethoxysilane (γ-MPS) was grafted to silicone due to emulsion polymerization to induce Si-OH groups, in order to provide silicone with bioactivity spontaneous deposition of apatite in body fluid and to improve cytocompatibility. Apatite deposited on the grafted silicone within 7 days of soaking in 1.5 times as concentrated as the Kokubo solution. Osteoblastic cells (MC3T3-E1) were cultured on the specimens up to 7 days. After 5 days of culture, the number of MC3T3-E1 cells on the grafted specimen was much greater than that on the original specimen. These results indicated that the biocompatibility of silicone elastomer was improved by the grafting γ-MPS.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2001-12
36巻
1号
開始ページ 117
終了ページ 121
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120003497031
著者 大久保 理恵| 坂野 永理| 内丸 裕佳子|
発行日 2012-12-31
出版物タイトル 大学教育研究紀要
8巻
資料タイプ 紀要論文
著者 内丸 裕佳子|
発行日 2012-12-31
出版物タイトル 大学教育研究紀要
8巻
資料タイプ 紀要論文
著者 坂野 永理| 大久保 理恵|
発行日 2012-12-31
出版物タイトル 大学教育研究紀要
8巻
資料タイプ 紀要論文
著者 能年 義輝|
発行日 2014-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
103巻
資料タイプ 紀要論文
著者 内丸 裕佳子| 坂野 永理|
発行日 2014-12
出版物タイトル 大学教育研究紀要
10巻
資料タイプ 紀要論文
著者 高岡 敦史|
発行日 2015-11-27
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
160巻
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) Identity of subject content composition in physical education
フルテキストURL bgeou_167_055_060.pdf
著者 高岡 敦史| 原 祐一| 酒向 治子| 足立 稔| 加賀 勝|
抄録  本稿の目的は,体育科の教科内容構成の固有性とは何か,という問いに対する回答を提示し,体育科の教科内容構成における基本的な教材研究及び教材開発の方法論を示していくことである。そのために,まず体育科の内容・指導の4つの特殊性を概観した上で,各特殊性について検討し,教科内容構成の他教科に対する固有性を構造的に捉えた。 議論の結果,体育科における教科内容構成は,以下の固有性を有していることが明らかになった。①運動内容と学習内容を別に認識する必要がある,②からだとこころの一体化と解放を中核的な認識原理として持っている必要がある,③子どもの心身の発達が,学習方法・指導方法だけでなく,運動内容・学習内容も決定づける,④教科内容構成に際して,スポーツ科学諸領域の知見が必要になる。
キーワード 体育科 教科内容構成 運動内容 学習内容 指導方法
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-02-23
167巻
開始ページ 55
終了ページ 60
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006401583
タイトル(別表記) Mathematical analysis of copy number variation of 2 μ-based plasmids in yeast cells
フルテキストURL srfa_109_007_011.pdf
著者 佐伯 望| 守屋 央朗|
抄録  Plasmids with the 2 μ plasmid origin are commonly-used in the genetic engineering of the budding yeast Saccharomyces cerevisiae. Intracellular copy numbers of 2 μ plasmids are different depending on the genes inserted into the plasmids. This difference is thought to occur from the difference in the growth efficiency (fitness) produced by the positive- and negative-selection biases of genes inserted in the plasmid. In this study, we made a mathematical model based on this assumption. Computational simulations of the model validated that copy numbers of the plasmids are rapidly settled depending on the fitness created by the gene on the plasmid. The copy number of a plasmid only contains a bias to keep the plasmid in a single copy became average 20copies per cell when the plasmid is randomly distributed, suggesting that no positive distribution mechanism is required for a plasmid to become multicopy.
キーワード yeast 2 μ plasmid mathematical model
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2020-02-01
109巻
開始ページ 7
終了ページ 11
ISSN 2186-7755
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 宇塚 万里子|
発行日 2013-12-30
出版物タイトル 大学教育研究紀要
9巻
資料タイプ 紀要論文
著者 宇塚 万里子| 岡 益巳|
発行日 2014-12
出版物タイトル 大学教育研究紀要
10巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/CTED/53244
タイトル(別表記) Organized and Sustainable Education Program for Drug Abuse Prevention by Yogo-teachers
フルテキストURL cted_005_139_148.pdf
著者 上野 芳子| 西村 孝江| 保坂 小百合| 山本 雅恵| 赤坂 理恵| 有松 亜由美| 藤井 治江| 湯口 真琴| 鳥越 加奈子| 大西 真莉香| 難波 有美子| 森 文子| 鷲田 洋恵| 西本 圭子| 日野 裕子| 松本 智子| 石原 智子| 藤堂 真莉子| 山本 久美子| 定森 奈月| 山上 奈緒| 岡本 佳菜子| 松尾 裕未| 小林 静香| 林 加奈子| 水島 希望| 関山 賢一| 福嶋 隆| 上村 弘子| 高橋 香代|
抄録  学校における喫煙・飲酒・薬物乱用防止教育の充実には,問題行動が顕在化する中学校期だけでなく小学校期 における指導の推進が重要であり,系統的な指導計画を立て,指導者や時間の確保,教材作成などに組織的に取 組み,継続可能なプログラム開発を行う必要がある。そこで,地区内12 校の養護教諭が協働して,発達段階に応 じた系統的・組織的かつ継続可能な地区共通の指導計画を開発し,各校の教育課程・年間計画に位置付けた実践 研究を行った。その結果,指導計画の実施状況は,小学校11 校中,学級活動10 校,ミニ保健指導10 校,長期 休業前指導6 校,広報活動9 校となり,特別支援学校1 校では広報活動のみを行うことができた。小学校におけ る喫煙・飲酒・薬物乱用防止教育の推進には,学校保健活動の中核的役割を担う養護教諭が専門性を活かし協働 して,系統的な指導計画を各校の教育課程に位置付け組織的で継続可能なプログラムとする取組が有効であった。
キーワード 小学校 健康教育 喫煙・飲酒・薬物乱用防止教育 養護教諭 中核的役割
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2015-03-06
5巻
開始ページ 139
終了ページ 148
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2015 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005572550
著者 宇塚 万里子| 岡 益巳|
発行日 2015-12-30
出版物タイトル 大学教育研究紀要
11巻
資料タイプ 紀要論文