JaLCDOI 10.18926/14990
タイトル(別表記) Application of hot spring pool training in outpatients with chronic diseases and its clinical evaluation
フルテキストURL 068_071_079.pdf
著者 西村 伸子| 賀須井 捷子| 吉尾 慶子| 中村 あけみ| 池田 昭子| 福井 由美| 伊賀 真由美| 黒田 昭子|
抄録 1996年4月より6月までの3ヵ月間に,三朝分院内の温泉プールで水泳ないし歩行訓練を受けた内科外来患者は延べ2109例(実数213例)で,外来患者総数(延べ6848例)に対する利用率は30.8%であった。これらの対象症例について,リハビリテーション受診カードにより,性別,年令別,疾患別の検討を行った。その結果,性別では女性が多く(72.3%),年齢別では50才以上の患者が多い(80.3%)傾向が見られた。また,地域別検討では,鳥取県内からの患 者が多い(88.3%)傾向であった。さらに,1996年12月より1997年1月へかけて,アンケート調査を行い(集計数;64例)継続期間,利用回数,効果を感じた期間,効果のあった症状などについて疾患別に比較検討した。その結果,慢性閉塞性肺疾患を主とした呼吸器疾患では,週に1~2回の利用回数(50.0%)で長期間(3年以上:52.9%)続けている患者が多い傾向であった。また慢性関節リウマチ,腰痛などの慢性疼痛性疾患では,訓練期間は比較的短期間であっ たが(3年以下:52.9%),利用回数は週に3~5回(38.0%)と多い傾向が見られた。温泉プール訓練では,疾患本来の症状改善に加えて,全身状態の改善,精神的リラックス,気分転換などを感じていることが示唆された。
抄録(別表記) For three months from April to June in 1996, 2109(30.8%) of 6848 outpatients (the total number) had swimming and walking traning in a hot spring pool. Of the 213 patients (the actual number), the numbers of female patients (72.3%), of patients over the age of 50 (80.3%), and of those coming inside Tottori prefecture (88.3%) were larger in analysis by the consultation cards for rehabillitation. The results of questionnaire from the patients performed from December 1996 to January 1997 demonstrated that patients with chronic respiratory disease had pool training 1 to 2 times a week (50.0%) and for longer term (more than 3 years, 52.9%), and patients with chronic pain disease had the training 3 to 5 times a week (38.0%) and for shoter term (less than 3 years, 61.9%). It was suggested from the results that tha training in a hot spring pool improved subjective and objective symptoms of each disease, and, furthermore, brought about improvement of general condition, psychological relaxation, and a change of feeling.
キーワード 温水プール水泳訓練 (swimming training in a hot spring pool) 呼吸器疾患 (respiratory disease) 慢性疼痛性疾患 (chronic pain disease)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 71
終了ページ 79
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308283
JaLCDOI 10.18926/14968
フルテキストURL 069_088_092.pdf
著者 土海 智穂| 寺崎 佳代| 岡本 和代| 山田 修子|
抄録 関節の変形と骨破壊を伴い,排泄動作に支障をきたしている慢性関節リウマチ患者に対し改良パンツの作成を試みた。残存機能に合わせはきなれたパンツを=夫することにより,排泄動作が自立でき満足感が得られた。
キーワード 慢性関節リウマチ 改良衣類 排泄自立 満足感
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 88
終了ページ 92
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308379
JaLCDOI 10.18926/14944
タイトル(別表記) Clincal evaluation of spa effects for patients with respiratory disease and chronic pain disease
フルテキストURL 070_088_092.pdf
著者 西村 伸子| 寺崎 佳代| 山本 貞枝| 中村 寿美江|
抄録 1998年1月より12月までの1年間に,温泉療法-主として温泉プール水泳ないし歩行訓練及び鉱泥湿布治療-を受けた158例の入院症例(呼吸器疾患78例,疼痛性疾患64例,その他16例)について退院時に臨床効果を5段階で評価してもらいそれぞれの入院期間との比較検討を行った。対象症例の年齢は70才代が最も多く,次いで60才代,50才代,80才代であった。地域分布では,鳥取県外の入院症例が72.2%を占め,県外である遠隔地としては,岡山県,兵庫県,広島県,大阪府,東京都,神奈川県からの入院が多く見られた。臨床効果は,"非常に良くなった"と,"かなり良くなった"を有効と判定し,その有効率は呼 吸器疾患では78.2%であった。一方,疼痛性疾患では,その有効率は50.0%であったが,"少し良くなった"症例を含めると,95.3%,その他の症例は68.8%であった。入院期間別に検討すると,呼吸器疾患では入院1ケ月で72.7%,2ケ月では81.8%,3ケ月以上では76.5%であった。一方,疼痛性疾患では,入院1ケ月で21.1%,2ケ月で60.0%,3ケ月で64.0%であり,呼吸器疾患と比べ,効果出現までの期間がやヽ長く,入院期間が長くなるほど,その効果は高くなる傾向が見られた。
抄録(別表記) Clinical evaluation of spatherapy, mainly swimming and walk training in a hot spring pool and fango therapy, was performed in 158 patients (78 with respiratory disease, 64 with chronic pain disease, and 16 with other diseases) who were admitted at our hospital to receive spa therapy from January to December in 1998. The number of patients over the age of 70 was largest, and the number of patients outside Tottori prefecture (72.2%) was larger than the number inside Tottori prefecture. Spa efficacy was assessed by 5 steps according to improvement of clinical symptoms; efficacy-marked, moderate,and slight, no efficacy, and worse. Spa therapy was evaluated as effective when their symptoms were markedly or moderately improved. The spa efficacy was 72.2% at 1 month, 81.8% at 2 months, and 76.5% at 3 months after spa therapy in patients with respiratory disease. In contrast, the, efficacy was 21.1% at 1 month, 60.0% at 2 months,and 64.0% at 3 months after the therapy in patients with chronic pain disease. The efficacy was higher as the term of admission was longer in patients with chronic pain disease.
キーワード 温泉療法 (spa therapy) 呼吸器疾患 (respiratory disease) 慢性疼痛性疾患 (chronic pain disease)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 88
終了ページ 92
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308358
JaLCDOI 10.18926/14941
タイトル(別表記) Analysis of Factors Regarding Spa Therapy in Patients with Rheumatoid Arthritis
フルテキストURL 070_073_078.pdf
著者 吉尾 慶子| 田熊 正栄| 能見 真由美| 中村 寿美江| 原田 誠之| 谷崎 勝朗|
抄録 1998年4月より9月までの6ヶ月間に当院へ入院し温泉療法をうけた慢性関節リウマチ患者6例を対象に,温泉治療経験の有無,年齢,機能障害度(クラス),罹患年数の4項目が温泉療法効果に及ぼす影響につき検討した。温泉治療経験の有無では治療経験を有する患者においてMHAQ(modified health assessment questionnaile),患者による疼痛評価,患者による全般活動性評価に有意な改善が見られ,年齢(75才以上,75才未満)では,75才未満においてMHAQに有意な改善傾向が見られた。機能障害度(クラス3以上,クラス2以下),罹患年数(15年以上,15年未満)においては有意差は見られなかった。温泉の永続効果を保つためには,年1~2回の入院を繰り返すことが効果的であることが示唆された。
抄録(別表記) In patients with rheumatoid arthritis (RA) who received spa therapy (ST) on admission, we examined factors for treatment response. This study included 6 RA patients and the following 4 parameters were investigated: presence or absence of previous ST, age, duration of RA, and grade of the functional disorder. Treatment response was evaluated according to the American College of Rheumatology core set measures. With respect to the presence or absence of previous ST, modified health assessment questionnaire (MHAQ), pain scale and patient global assessments in the group with previous ST were significantly improved compared to those in the group without previous ST. With respect to age, MHAQ in the group consisting of patients less than 75 years old was significantly improved compared to that in the group consisting of patients 75 years old or older. With respect to the grade of the functional disorder (class 2 or lower vs. class 3 or higher) and the duration of RA (less than 15 years vs. 15 years or more), there were no significant differences. These results suggest that repeated therapy is more effective in ST and treatment response may be relatively poor in elderly patients with RA aged over 75 years.
キーワード 慢性関節リウマチ 温泉療法
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 73
終了ページ 78
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308424
JaLCDOI 10.18926/14917
フルテキストURL 071_094_095.pdf
著者 中村 寿美江|
キーワード 看護部 入院状況 運動器疾患
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 94
終了ページ 95
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308355
JaLCDOI 10.18926/14915
フルテキストURL 071_089_093.pdf
著者 石田 美枝子|
抄録 通院患者の温泉プール利用者95名を対象にアンケート調査し,主に訓練に対する満足度と期待度について調査した。 結果は有効回答85名,対象者の年齢65歳以上58名(68%)65歳末満27名(32%),疾患別では呼吸器疾患39名(45.9%)療病性疾患29名(34.1%)その他の疾患17名(20%)であった。 t検定の結果有意差(P<0.05)があったのは,療病性疾患群では呼吸器疾患群に比べ期待度が高い,訓練が頻回な群で期待度が高い,指導あり群で満足度が高い,であった。年齢別での効果では65歳末満と65歳以上の比較で有意差はなかったが,高齢者(65歳以上)において高い傾向が見られた。温泉プール訓練は高齢者に効果的な訓練と考えられ,より効果を高めるための課題として訓練指導を充実する必要がある。
キーワード 温泉プール訓練 外来通院患者 満足度 期待度
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 89
終了ページ 93
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308152
JaLCDOI 10.18926/14914
タイトル(別表記) Evaiuation of spa therapy by questionnaire. Characteristics of patients from distant areas.
フルテキストURL 071_084_088.pdf
著者 西村 伸子| 寺崎 佳代| 山本 貞枝| 吉尾 慶子| 中村 寿美江| 谷崎 勝朗|
抄録 1999年4月~12月の9ケ月間の遠隔地からの入院患者80名(痔痛性疾患47例,呼吸器疾患33例)を対象に,岡大三朝分院に来院した動機,入院前の状態,温泉療法の効果,薬剤の変化,退院決定の動機等について退院前にアンケート調査を行い検討を加えた。対象症例の年齢は60才以上の高齢者力て多く,入院期間は1ケ月~2ケ月末満が多い傾向であった。入院前の状態では,今までの治療に不満,限界を感じて来院している症例が71例(88.7%)を占めていた。地域別では広島,大阪,京都,兵庫からの来院か多く,その他18都府県に及んでいた。アンケート結果では,疾患別による若干の傾向と,温泉療法に対する評価として症状の改善が見られ,また,使用薬剤の減量の可能性が示唆された。
抄録(別表記) Clinical evaluation of spa therapy was examined in 80 patients with respiratory disease and with joint pain including lumber pain, who came from distant areas (outside Tottori prefecture) and were admitted at Misasa Hospital by questionnaire in relation to a motive of admission, effects of spa therapy, dose of medication, a motive of discharge. In many of these patients, the age was over 60 years and duration of their admission was from two to three months. Seventy-one- (88.7%) of the 80 patients were admitted at our hospital because they were not satisfactory for the treatment of asthma which they had before. The number of patients from Hiroshima, Osaka, Kyoto, and Hyogo, prefectures was larger than the number from other distant areas. The results of the questionnaire suggest that improvement of symptoms and reduction of drugs used are ecpected by spa therapy.
キーワード 遠隔地 (distant area) 温泉療法 (spa therapy) アンケート (questionaire) 呼吸器疾患 (respiratory disease) 疼痛性疾患 (pain disease)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 84
終了ページ 88
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308118
JaLCDOI 10.18926/14888
フルテキストURL 72_084_085.pdf
著者 中村 寿美江|
キーワード 看護部 入院状況 運動器疾患
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 84
終了ページ 85
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308135
JaLCDOI 10.18926/14887
フルテキストURL 72_080_083.pdf
著者 西村 伸子| 寺崎 佳代| 山本 貞枝| 吉尾 慶子| 中村 寿美江|
抄録 2000年1月~12月までの1年間に当院へ入院した呼吸器疾患のうち,気管支喘息99例と肺気腫47例を対象に,年齢・入院期間・入院の理由・再入院率を疾患別・県内外別に比較検討を行った。年齢では気管支喘息よりも肺気腫の方が,また県内外別では県外よりも県内の方が年齢層が高い傾向であった。入院期間では気管支喘息・肺気腫とも60日未満の入院期間の症例が多く見られた。入院の理由では気管支喘息・肺気腫とも県内症例においては急性増悪例が,また県外症例においては症状の改善を目的とした入院が多い傾向であり,再入院率は両 疾患とも県内症例に比べ県外症例の方がより高い傾向であった。このことから,当院の再入院症例を中心にした呼吸器疾患に対する温泉療法の傾向として,県内症例の再入院の理由の多くは急性増悪であり,遠隔地からの入院症例では症状の改善を目的とした入院が主要な理由であった。
キーワード 気管支喘息 (asthma) 肺気腫 (emphysema) 再入院 (readmission) 急性増悪 (acute exacerbation) 症状の改善 (improvement of symptoms)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 80
終了ページ 83
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308551
タイトル(別表記) Toward Understanding of Regional Climate in East Asia around the Last Glacial Maximum with Attention to the Seasonal Cycle and Daily Meteorological Systems
フルテキストURL erc_028_017_027.pdf
著者 加藤 内藏進| 池田 祥一郎| 阿部 加奈|
抄録 Regional climate system in East Asia shows the characteristic seasonal cycle affected by the Asian monsoon with various types of its sub-systems. The seasonal cycle there is also related greatly to behaviors of the frontal zones which are the boundaries of these sub-systems. Since the variation of global-scale environment such as the global warming influences on each monsoon sub-system in rather different manner, it is necessary to understand the joint effects of these subsystems, in order to predict the regional climate change in East Asia in the global warming. In such research, it would be also useful to examine the features in the ice age, as an opposite extreme situation against the global warming. Thus the present paper will discuss some viewpoints in investigating the regional climate in the Last Glacial Maximum with attention to the seasonal cycle and daily meteorological systems.
キーワード Climate in East Asia Seasonal cycle Frontal zone Last Glacial Maximum
出版物タイトル 環境制御
発行日 2006-12
28巻
開始ページ 17
終了ページ 27
ISSN 0917-1533
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/14498
フルテキストURL 005_181_184.pdf
著者 教育実践総合センター|
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 181
終了ページ 184
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308655
JaLCDOI 10.18926/14495
タイトル(別表記) New immunization procedure for production of monoclonal antibodies which recognize carbohydrate of glycoprotein
フルテキストURL 062_038_045.pdf
著者 大山 邦夫| 渡来 仁| 保田 立二|
抄録 糖タンパク質糖鎖に対するモノクローナル抗体を効率よくとるための免疫方法の検討をおこなった。抗原としては糖鎖のがん性変化のひとつであるbisecting N-acetyiglucosamine構造をもつオボムコイド(OVM)をとりあげた。OVM全分子を通常のフロインド完全アジュバントでくりかえし感作する方法では糖鎖を認識するモノクローナル抗体をとることはできなかった。またOVMをリポソームニ重膜に挿入する方法でも同様であった。これに対してOVMからプロナーゼ消化により糖ペプチドを調製し,アジュバント活性をもつリピドAを共存させたリポソームに共有結合した抗原を感作したマウスからは高率に糖鎖と反応するモノクローナル抗体をとることができた。しかしながらこれらの抗体はいずれもサブタイプはIgMであった。
抄録(別表記) New immunization method for production of monoclonal anitibodies which recognize oligosaccharide portion of glycoprotein was developed. Conventional immunization method in which glycoprotein was emulsified with Freund's complete adjuvant could not produce anti-carbohydrate monoclonal antibody. Glycopeptide which was prepared by pronase digestion of glycoprotein conjugated liposomes containing lipid A of Salmonella minnesota were revealed good antigen for prodution of anti-carbohydrate monoclonal anitibodies. By this new immunization method several monoclonal antibodies which recognize mainly carbohydrate portion of ovomucoide were established.
キーワード モノクローナル抗体 (Monoclonal antibody) 糖タンパク質 (glycoprotein) オボムコイド (ovmucoide) 酵素免疫測定法 (enzyme immunoassay) リポソーム (liposome) lipid A
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 38
終了ページ 45
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308209
JaLCDOI 10.18926/14462
タイトル(別表記) "Katei-Hyojun, Curriculum Standard of Music (temporary version) for compulsory education" by the Ministry ofEducation, People's Republic of China
フルテキストURL 004_147_161.pdf
著者 孟 艶| 奥 忍|
抄録 中華人民共和国教育部は2000年に日本の『学習指導要領』にあたる『課程標準』を制定した。『課程標判は2002年までが試行期間とされている。これはそれ以前の『教学大綱』を現在の中国の教育事情に合わせて改訂したものであり,社会的な変動を受けて理念や構成方法なども大きく変えられている。試行案とはいうものめ,今後の中国の教育施策の基本となるものとして提示されている。しかしながら,日本においては音楽の『課程標準』に関する論評はこれまで断片的なものしか出されていない。全体像を把握することは音楽教育研究にとって重要であると考え,ここに『全日制義務教育の音楽課程の標準(試行案)』全文を日本語に翻訳した。
抄録(別表記) This is a Japanese version of "Katei-Hyojun, Curriculum Standard of Music (temporary version) for compulsory education" of People's Republic of China, The Ministry of Education enacted a revised version of "Kyogaku-taiko, General Prinsiples of Teaching and Learning" in 20I0t0 w. as expected to enforce formally in 2002T.he principles and construstion are up-dated due to the educational situation of the couMntroyr.eover, it presentes the fundamental education policy for fuIntu Jraep. an, several studies on it have already been done but most of them are fragmentaIrt yi.s very neccesary to see the whole.
キーワード 課程標準 全日制義務教育 素質教育 美育 価値観
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2004
4巻
1号
開始ページ 147
終了ページ 161
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308065
JaLCDOI 10.18926/14410
タイトル(別表記) A Survey on Role and Actual Working Status of the Special Needs Education Coordinator in Public Elementary and Junior High School
フルテキストURL 008_117_126.pdf
著者 三宅 康勝| 横川 真二| 吉利 宗久|
抄録 本研究では、小・中学校における特別支援教育コーディネーターを対象に質問紙調査(144校)を実施し、その職務の状況と校内体制の在り方に関して考察を行った(回収率;59.0%,85校)。その結果、特別支援教育コーディネーターの活動は、校内での支援体制づくりの過程にあり、多くが現在の体制について満足しておらず、「校務分掌や担任の仕事が忙しく、時間がない」、「教職員の理解が得られない」といった課題を感じていた。今後、地域性や校内事情を考慮しながらも、一定のコーディネーター像を確立した上で、特別支援教育に関する学校全体の意識を高めていく必要性が示唆された。
キーワード 特別支援教育 (Special Needs Education) 特別支援教育コーディネーター (Special Needs Education Coordinator) 校内体制 (School System)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2008-03-10
8巻
1号
開始ページ 117
終了ページ 126
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308195
JaLCDOI 10.18926/14406
タイトル(別表記) Psychoeducational approach to prevent emotional and behavioral problems among forth graders in an elementary school
フルテキストURL 008_089_098.pdf
著者 安藤 美華代|
抄録 青少年の情緒的および行動上の問題を予防するための心理教育的アプローチとして、心の健康教室プログラム“サクセスフル・セルフ”を開発し、小学校高学年の児童、中学生を中心に実施している。本研究では、このプログラムを小学4年生に実施し、その評価を行った。プログラム前から後の心理社会的要因、情緒的および行動上の問題に関する要因の変化を検討したところ、男女とも「衝動性・攻撃性」、「いじめ」、「身体的いじめ加害」、「言語的いじめ加害」、「仲間はずれ加害」、「身体的いじめ被害」、「無視被害」、「仲間はずれ被害」、「夜遊び」、「落ち込み」、「泣く・泣きたい」、「不眠」において、有意な減少が見られた。プログラム後の児童の感想から、自己理解、他者理解、自分の気持ちを話して気分が楽になる体験の場になったことが示唆された。引き続きの検討が必要と考えられるが、本プログラムの祥がう4年生への学級での実施は可能で、主にいじめや抑うつ状態に建設的な変化をもたらすことが推測された。
抄録(別表記) A psychoeducational program entitled, "Successful Self", has been developed and administered to students from the fifth grade through junior high school grades to prevent emotional and behavioral problems. The objective of this study was to evaluate this program when administered to fourth grade elementary students. Emotional and behavioral problems including "aggressiveness and impulsiveness", "physical and verbal bullying", "staying out late at night", "depression", "sleeplessness", "exclusion", and "crying" significantly decreased from pre to post interventions. The students' impressions indicated that the program helped them better understand themselves as well as others in communicating their problematical feelings. It is suggested that this psychoeducational program be administered to fourth grade students in an effort to lessen bullying and depression.
キーワード 問題行動 (Problem behavior) いじめ (depression) 抑うつ状態 (bullying) 小学生 (primary school students) 心理教育 (psychoeducation)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2008-03-10
8巻
1号
開始ページ 89
終了ページ 98
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308421
JaLCDOI 10.18926/14405
タイトル(別表記) Long lasting effects of auditory learning of random melodies : A preliminary research for educational application
フルテキストURL 008_081_088.pdf
著者 上田 紋佳| 寺澤 孝文|
抄録 近年、間接再認手続きを用いた研究において、無作為に作成されたメロディの潜在記憶が数ヶ月間保持されることが報告されている。本研究では大学生を対象に、集団実験によってこの現象の再現性を検討することに加えて、自らの成績に潜在記憶の影響が現れる実験を体験することによって、参加者の学習の意識が変化するか否かを検討した。その結果、メロディの潜在記憶が得られ、再現性が確認された。また、潜在記憶を体験することによって、わずかな学習に対する意識の変容が見られた。本研究の結果は、本研究手法によって、子どもの学習に対する意識が変容する可能性を示すものである。今後、学校現場で実践することが期待される。
キーワード 間接的再認手続き (indirect recognition procedure) 潜在記憶 (implicit memory) 学習意識 (attitudes toward study) メタ記憶 (metamemory) メロディ (melody)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2008-03-10
8巻
1号
開始ページ 81
終了ページ 88
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308461
JaLCDOI 10.18926/14404
タイトル(別表記) A Study of Relationship between Self-Esteem, Clarity of Self-Concept, and Temporal Stability of Self-Consept
フルテキストURL 008_073_080.pdf
著者 井上 祥治|
抄録 本研究は、自尊感情水準の高低と自己概念の明確性およびその時間的安定性との関係を調べるものである。これまでの研究から低自尊感情者は、高自尊感情者と比較して、自己概念が曖昧または中間的であることが確認されている。また、低自尊感情者は高自尊感情者と比較して自己概念の変動性が高いことも確認されている。しかし、これらの知見は、それぞれ異なる被験者について得られたものである。本研究では同じ被験者について自己概念の明確性および時間的安定性を調べた。結果は別々の被験者から得られた結果と一致していた。同一の被験者においても低自尊感情者は、高自尊感情者よりも、自己概念の明確性および時間的安定性が低かった。
抄録(別表記) This article examines relationship between self-esteem, clarity of self-concept, and temporal stability of self-concept within identical person. This study tested the hypothesis that the self-concepts of low self-esteem people have less clarity or certainty than those of high self-esteem people. Low self-esteem subjects exhibited less extremity and self-reported confidence when rating themselves on bipolar traitadjectives, less temporal stability in their trait ratings about a 2-month interval.
キーワード Self-Esteem Clarity of Self-Concept temporal stability of Self-Concept
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2008-03-10
8巻
1号
開始ページ 73
終了ページ 80
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308054
JaLCDOI 10.18926/14396
タイトル(別表記) Appreciation of Japanese Calligraphy by German University Students : Focused on "Hitsumyaku" and Deformation
フルテキストURL 008_039_048.pdf
著者 山本 和弘| 奥 忍|
抄録 本研究の目的は、漢字を持たない文化圏における書の観賞について最重要とされる筆脈とデフォルメの感受を明らかにすることである。本稿では、様々な専門をもつドイツの大学生を対象に行った実験結果を、日本における同種の実験結果と比較する。考察の結果以下の結論を得た。 ①書は、可読性が書き手と観賞者の間の共通項として重要な働きを持つ。しかし、一方で観賞者は読むことのできない文字に対しても、内的自己と照らし合わせて観賞することができる ②書き手の制作意識は「筆脈」により観賞者に感じ取られる。 ③書作品は、障害のある書き手による場合でも作品自体の魅力によって観賞者の心をとらえる。 ④書は、漢字文化圏を超えて世界に広がる可能性を持ったグローバルな芸術領域である。
抄録(別表記) Purpose of this study is to examine appreciation of most important factors in Japanese Calligraphy, "hitsumyaku" and "deformation" by German university students of various major field, who have not been grown up out of "kanji" culture. Comparing the results with our former examination for Japanese students, following results were made clear, 1. Even though readability of letters plays an important role between calligrapher and viewer in generally, viewers can appreciate unreadable letters with reference to his/her own inner mind. 2. Calligrapher's intension can be appreciated through "hitsumyaku". 3. Calligraphy by handicapped people can appeal to viewers without knowing about the calligrapher's handicaps and their letters themselves can attract viewers. 4. Calligraphy which is consist of various lines is a global art being able to appeal people across the kanji culture.
キーワード 筆順 (writing order) 筆脈 (hitsumyaku) 線芸術 (linier art) デフォルメ (deformation) 障害者 (handicapped people)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2008-03-10
8巻
1号
開始ページ 39
終了ページ 48
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308349
JaLCDOI 10.18926/14395
タイトル(別表記) An Investigation on Computer Usages in School Music Education : on Questionnaires for Music Teachers using computer in teaching and Studnets
フルテキストURL 008_029_038.pdf
著者 近藤 晶子| 奥 忍|
抄録 コンピュータは、1990年代に飛躍的に性能が向上し、小型化・低価格化と共に一般へ普及、学校教育においても情報教育でコンピュータが扱われるようになり需要が増加した。しかし、最近ではコンピュータ音楽実践報告などもほとんどない。原因把握のための実態調査が必要とされる。そこで、本稿では、各学校段階の音楽教員及び高等学校と大学のコンピュータ音楽授業受講生を対象に意識調査を行った。 調査の結果、問題点としてコンピュータ周辺機器のコスト、メンテナンスできる技術者の不足、教員がコンピュータ音楽ソフトの勉強などに割く時間がない、音楽ソフトの選択が困難であることが判明した。問題の解決のためにはコンピュータメンテナンスサポートの充実、および音楽とコンピュータソフトをつなぐコーディネータの育成と情報発信共有化が望まれる。
キーワード 音楽授業 (music classroom) コンピュータ活用 (computer-aid) 質問紙 (questionnaire) 音楽教員 (music teacher) 音楽学生 (music student)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2008-03-10
8巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 38
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308287
JaLCDOI 10.18926/14394
タイトル(別表記) On Life-long Music Learning in Okayama City : Focused on Music Learning in Public Community Centers
フルテキストURL 008_017_028.pdf
著者 新谷 明子| 奥 忍|
抄録 生涯学習の場で理想とされる「すべての人に満足のいく学習づくり」に向けて、本稿では音楽学習が盛んに行われている岡山市の公民館に焦点を当て、実態調査によって問題点を明らかにすることを目的とする。公民館の音楽学習の特徴を浮かび上がらせるために、インタビューや意識調査を行い、その結果を民間学習機関、個人教授所、大学サークルと比較する。 調査の結果、公民館における生涯学習の可能性についての問題点として以下の3点が明らかになった。 ・公民館における音楽学習のリピーターが多く、他の学習形態・機関からの新入が少ないこと。 ・若い世代にとって公民館が学習の継続のための対象機関として認識されていないこと。 ・音楽用の防音設備と適切なスペースの確保
抄録(別表記) In Okayama City, various life-long learning facilities have been founded and many people are learning there. The idealistic concept of life-long learning is said to make all people to be satisfied at learning. In this paper, we focused on public community center. We examined music leaning in community centers through interviews and questionnaires. The results are compared with other learning, i.e. studio music leaning and pedantic music circles in a university. The results show that community centers are ot popular among young generation. To develop life-long music learning more information about community center is necessary.
キーワード 生涯音楽学習 (life-long music education) 公民館 (community center) 岡山市 (Okayama city) 個人教授所 (private music institusion) 大学サークル (music circle in university)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2008-03-10
8巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 28
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308155