JaLCDOI 10.18926/14357
タイトル(別表記) A trial of Learning of Western-African Folk Music for Japanese Children
フルテキストURL 006_067_078.pdf
著者 藤原 蕗子| 奥 忍|
抄録 本稿では、異文化学習の視点から西アフリカの民族楽器「Djembe」を用いた学習プログラム開発を行い、その実践を試みる。まず、西アフリカの民族音楽を取り上げることの教育的意義について述べる。次に、アフリカ出身者が多く居住するアメリカにおける音楽教科書“The Music Connection”から、西アフリカの民族音楽を用いた学習教材の事例を取り出し、分析し、実践的に検討する。また、日本で行われているワークショップの分析を行い、現状の問題点を把握する。最後に、これらをふまえて、子ども向けワークショップを開発し、その方法を提案する。
抄録(別表記) In this paper, I examined teaching/learning practices of western-African folk drum, "Djembe" from a view-point of "different culture learning" and propose a teaching strategies. In the first chapter, previous practical researches are reviewed and meanings of learning African music are mentioned. In the second chapter, a teaching material in a music textbook, "Music Connection" published in US is examined practically, several workshops in Japan are analyzed and then, teaching strategies are extracted. In the third chapter, a djembe workshop is tried and propose teaching strategies.
キーワード ジェンベ (Djembe) 学習プログラム開発 (teaching strategy) “kuku” African Feeling 異文化理解 (understanding different cultures)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 67
終了ページ 78
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308417
JaLCDOI 10.18926/14355
タイトル(別表記) On the Background in the Science Learned in the Primary School for Understanding the Climate System (Part 1)-With Special Attention to the Redistribution Process of Solar Radiation in the Earth-
フルテキストURL 006_055_065.pdf
著者 加藤 内藏進|
抄録 本研究では、「日なたと日かげ」、「光を当てよう」のような、小学3年生の段階で学習する内容などにも、本格的な気象・気候システム科学の理解へ直結するような重要な基礎的知見・感覚を含む点を例示して論じた。例えば、1)光として感じる日光(太陽放射)が地球を暖めるエネルギーを持ち、その時空間分布と気候変動、2)白い表面と黒い表面の反射や吸収などに対する特性の違いと気候変動、3)「流体では、分子拡散よりも効率的な『対流』による輸送熱が可能」という点と海洋が絡んだ気候システム、等について気象学の観点から議論した。教師が教材研究を行う際にも、「取り上げられたポイントをどう教えるか」という意識だけでなく、本稿で例示したような科学的内容の奥深さの認識へ繋がる道筋について、自らが辿ってみることも重要だと考える。
抄録(別表記) The present study illustrates that the science learned even in the third or the fourth grade of the primary school in Japan, such as "sunshine and the shade", contains some important background directly leading to the well-understanding of the meteorology and the climate systems. The connection on the following points in mainly discussed in the present paper, i.e., 1) the solar radiation, which would be recognized as a "light" by little children, brings the huge energy for warming the earth, 2) different radiation property between the "white surface" and the "black surface" affects greatly to the atmospheric circulation systems, 3) the convective heat transort rather than by the molecular diffusion in the fluid also results in the difference of the effective heat capacity between the continent and the ocean. It is very important for the teachers to comprehend how deeply the study in the primary school leads to understading the various special fields of sciences, as illustrated in the present paper.
キーワード 小学理科と専門科学 (Science learned in the primary school) 気象・気候システム (Meteorology and Climate System Sciences) 太陽放射と気候 (Solar radiation and climate system) 「日なたと日かげ」 (sunshine and the shade)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 55
終了ページ 65
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308599
JaLCDOI 10.18926/14354
タイトル(別表記) Seasonal transition in spring in Japan and musical expression on "spring" in children's songs, school songs and artistic songs -A trial of joint activity of music with meteorogy-
フルテキストURL 006_039_054.pdf
著者 加藤 晴子| 加藤 内藏進|
抄録 学校教育では、教科の枠組みをこえた総合的な学習が注目されている。本研究では、気象と音楽を総合させた学習について考察した。気候や風土等の自然環境はその地域の音楽文化と深い関わりをもつ。従って学校教育では、気象を視点として、気候などの自然環境と音楽作品の背景にある文化的要素を関連させた学習を行うことが可能であると考える。これまでの研究で、ドイツの春の気候と歌曲にみる春の表現の関係について明らかにしてきた。本研究では、日本の春の気候と歌の関係を取り上げて考察する。まず、日本の童謡・唱歌および芸術歌曲の中の春を歌った曲にみられる音楽表現について分析・検討を行い、次に春の表現と最も深く関係する季節進行過程について考察した。それらの考察結果をもとに、小学校と中学校における音楽と気象を総合させた学習プランを提示した。
抄録(別表記) In school education, many experiments on joint activities between the different special fields have been performed. The present study is a trial of the joint research between music and meteorology. Musical culture is reflected by the regional characteristics of natural environment such as climate. So, it is possible to carry out the practices relating the natural environment and the background of musical works to each other. We firstly investigated the musical expressions on "spring" in children's songs, school songs and artistic songs in Japan. And then, the climatological features on spring in Japan were examined with attention to the transition from March to April. Based on our examination, we proposed study plans on joint activities of music with meteorology in primary school and the lower secondary school.
キーワード 春(spring season) 気候と音楽(climate and music) 音楽表現(musical expression) 気候系の季節特性(seasonal variation of climate system) 総合的な学習(joint activity of music and meteorology)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 39
終了ページ 54
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308116
JaLCDOI 10.18926/14353
タイトル(別表記) A Research on Concepts of Particle for Substance in High School Chemistry
フルテキストURL 006_033_038.pdf
著者 喜多 雅一| 渡邊 敏夫| ギルバート オンウ|
抄録 中学校理科、並びに高校化学における基礎概念の物質の粒子概念や原子・分子の粒子としての表現についてある普通科高校の高校生1年から3年までの全クラスの生徒997名対象に、イメージ図を用いて理解度を測定する目的で調査を行い、イメージとして物質の粒子概念が高校生にどうとらえられているかを明らかにした。この結果より全般的に基礎知識の理解とその応用について不十分であることがわかった。また、全学年で化学変化と物理変化の違いについてイメージができておらず、化学の本質の理解の点で問題点があることがわかった。
抄録(別表記) We have carried out a research on concepts of particle for substance in high school chemistry and junior high school natural science by questionair method with image schema. One of the purposes is the measurement of high school students' understanding depth on substance aas particles. The result shows that many students cannot distinguish pure substance, pure element, pure compound and so many students do not understand physical and chemical changes. Our conclusion is that there are some issues on chemistry culiculum and textbooks in the basic and fundamental level.
キーワード 中学校理科(natural science in Junior high school level) 高校化学(high school chemistry) 粒子概念(concept of particles) 純物質と混合物(pure substance and mixture) 化学反応(chemical reaction)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 33
終了ページ 38
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308087
JaLCDOI 10.18926/14352
タイトル(別表記) 環境教育に関する生徒の知識、意識、関心に関する調査研究―日本の普通科高校を例として―
フルテキストURL 006_021_032.pdf
著者 アグベコ ジュリオス コフィ| 那須 悦代| 笠井 智美| 渡辺 敏夫| 枝川 和子| 喜多 雅一|
抄録 Education for Sustainable Development(ESD)-Environmental Education, has been a major concern at most UN summits. The 2002 Johannesburg Summit broadened the vision and re-affirmed the objective of the Millennium evelopment Goals (MDS) and proclaimed the Decade of Education for Sustainable Development for the period 2005-2014. This emphasized that education, is critical for promoting sustainable development and improving capacity of the people to address environment and development issues. This paper seeks to report, a finding on the level of student awareness and interests in environmental issues at a High School in Japan (a Super Science High School). A curricula unit was developed in the area of environmental education on soil. An actual chemistry class has been conducted in English. Pre & post lesson questionnaires were administered to the students. The result of the analysis indicates that, students are aware of environmental issues but need to be exposed to these issues in the form of activity-based classroom lessons. This we believe, will enable the students appreciate the fact that ESD is a life-wide and lifelong endeavor which challenges individuals, institutions and societies to view tomorrow as a day that belongs to all of us. This we presume is the main challenge of the MDS.
抄録(別表記) 持続可能な開発と環境教育は世界的な課題であり、2002年のヨハネスブルク環境サミットでも議題として採り上げられ、特に教育によって持続可能な社会の発展を進めることが合意された。本研究は日本のある高校で1年間にわたって、土を題材とした単元を実施し、その事前事後に環境問題に関する調査を行い、生徒の環境に関する知識、意識、関心についてどのような水準にあり、授業によってどうかわるかを調査し、明らかにした。
キーワード Environmental Education (環境教育) Awareness (意識) Students' interest (関心) Curriculum (環境教育カリキュラム) Soil
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 21
終了ページ 32
ISSN 1346-3705
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308079
JaLCDOI 10.18926/14350
タイトル(別表記) 高校段階への科学教材の開発:カンボジアにおける洗剤に関する研究授業の実践
フルテキストURL 006_011_020.pdf
著者 セット セング| 三好 美恵| 喜多 雅一|
抄録 A study lesson dealing with the detergent concept was carried out at an upper secondary school in Cambodia after a number of teaching materials concerning with detergent were prepared for classroom activities. Through the pre-/post tests and questionnaires responded by students, the lesson study was evluated high appreciation and satisfactory. The activities prepared in the lesson study were applicable by students. It is also recommended that it can be appropriately introduced as part of curriculum at upper secondary schools in Cambodia and other developing countries which required teaching materials.
抄録(別表記) 洗剤に関する教材(洗剤量に応じて表面張力の低下により試料水の水滴の大きさが変化することを利用したもの)を開発し、カンボジアの高校でカンボジアから来ている留学生と日本人中学校教諭が研究授業を行った。事前ならびに事後テストを実施したところ、生徒の受け入れ方は大変よく、また洗剤についての理解も深まったことがわかった。
キーワード detergent(洗剤) volume of water drop(水滴の体積) surface tension of water(表面張力) knowledge improvement of students(生徒の知識改善) Cambodia(カンボジア)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 11
終了ページ 20
ISSN 1346-3705
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308221
JaLCDOI 10.18926/14347
タイトル(別表記) A Typing the Theories of Teaching of History as the Social Studies in Secondary School
フルテキストURL 006_001_010.pdf
著者 佐藤 育美| 桑原 敏典|
抄録 本研究は、現代歴史授業の改善を目指して、現在主張されている多様な社会科歴史授業構成論を類型化してその特徴を明らかにしようとするものである。一般的伝統的な歴史授業については歴史的事象に関する知識の暗記にとどまり社会認識の形成に至っていないことや、価値注入教育に陥っていること等が問題点として指摘されている。それらを克服するものとして社会科歴史が唱えられている。本研究では社会科歴史授業構成論として、社会科学科歴史論、理論批判学習としての歴史教育論、解釈批判学習としての歴史教育論、社会的判断力育成を目指した歴史教育論、社会形成力育成を目指した歴史教育論を取り上げて、その目標、方法、内容について分析・検討を行った。
抄録(別表記) The Purpose of this study is to type the theories of teaching of history as the Social Studies in Secondary School, which is today discussed in the Japan Social Studies Research Association. A common traditional strategy of teaching of history has a lot of problems, that is to force students to memorize many information about hisorical events and to infuse a particular concept of value into the student's mind. In this paper I analyze five strategies as the theories of teaching of history as the Social Studies, that is the teaching history as social sciences education, the history study based on theory criticism, the history study based on interpretation criticism, the approach to counter-socialization through teaching history and the teaching history as social construction.
キーワード 歴史教育(history teaching) 社会科歴史 (teaching history as the social studies) 解釈 (historical interpretation) 判断力 (sense of judgment) 意思決定(decision making)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 10
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308610
JaLCDOI 10.18926/14220
フルテキストURL 26_b1.pdf
著者 大鷹 涼子|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ b1
終了ページ b20
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308203
JaLCDOI 10.18926/14219
フルテキストURL 26_169.pdf
著者 加計 三千代|
抄録 『天工開物』は、中国の産業技術書である.その特徴としては、「まず第-に当時における重要産業の各部門を網羅していること、第二に個々の産業部門についてその生産過程を非常に忠実に書いていること」があげられる。つまり、産業技術の百科全書であり、マニュアルでもあった。さて、『天工開物』が書かれた動機は何だったのだろうか。薮内清氏のF天工開物』の解説には、次のように書かれている。 「宋磨星がこの書を著した動機は、巻首の序文や各部門の初めの文によって窺い知ることができる。すなわちこの書は対象を当時の支配階級であったインテリ層におき、これらの階級の人々が日常生活に恩恵を蒙りながらも生活必需品の生産過程を知らず、時には農家の人々を軽蔑する態度に、軽い憤りさえ感じて書いたことが知られる」 宋応、星は「農家の人々を軽蔑するインテリ層の啓蒙」のために『天工開物』を書いたということである。しかし、私はこの動機に疑問を持った。『天工開物』は、産業技術の百科全書であると同時に、マニュアルでもある。私は、自分の会社勤めの経験から、マニュアル作りの大変さが骨身に沁みていた。だから、産業技術のマニュアルである『天工開物』著述の動機が「インテリ層の啓蒙」と知り、それでは動機として弱すぎると感じたのである。「さらにもっと大きな理由があったに違いない」と直感し、それを解明したいというのが、『天工開物』著述の動機について、私が取り組み始めた動機である。
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 169
終了ページ 190
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308077
JaLCDOI 10.18926/14216
フルテキストURL 26_145.pdf
著者 神沼 寛美|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 145
終了ページ 154
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308522
JaLCDOI 10.18926/14215
フルテキストURL 21_125.pdf
著者 Meltem Okur Dincsoy|
抄録 The remarkable development in [CT (Information and Communication Technology) was observed in the past decades that it has an increasing impact on economic and social activities in the wurld. Similarly, [CT have had a significant role in the economic growth for developed and developing countries. Therefore, no region has been more dynamic in recent years than East Asia, which is one of the most important geugraphic regions based un [CT. Addit.iunally, focusing on Gross Domestic Product (GDP) per capita income distributions of East Asian countries in this study, it is also aimed to show that lCT and its components are closely linked with socio"economic components in macro and micro level, especially with GDP per capita components. In this regard, the Neoclassical Growth Model and its Convergence Theory are discusst'd to show the effects of [CT investments and developments as a catalyst factor that would increase the multi regional development achievements. Finally, in the light of analyses, it is observed in this study that there are some evidences for regional convergence as a weak Beta-convergence and a strong Sigma-convergence within homugeneous regions of East Asian countries in terms of GDP per capita income distributions.
キーワード ICT Investment East Asia Regional Development Neoclassical Growth Model
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 125
終了ページ 143
ISSN 1881-1671
言語 English
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308053
JaLCDOI 10.18926/14196
フルテキストURL 21_109.pdf
著者 赤松 頌也|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 109
終了ページ 123
ISSN 1881-1671
言語 French
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308566
JaLCDOI 10.18926/14187
フルテキストURL 26_89.pdf
著者 矢吹 香月|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 89
終了ページ 107
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308172
JaLCDOI 10.18926/14184
フルテキストURL 26_61.pdf
著者 新垣 知成|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 61
終了ページ 70
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308581
JaLCDOI 10.18926/14182
フルテキストURL 26_29.pdf
著者 小西 礼子|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 44
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308196
JaLCDOI 10.18926/14181
フルテキストURL 26_17.pdf
著者 吉岡 文夫|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 27
ISSN 1881-1671
言語 English
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308576
JaLCDOI 10.18926/14180
フルテキストURL 26_1.pdf
著者 Michel De Boissieu|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2008-11-28
26巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 15
ISSN 1881-1671
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002308141
JaLCDOI 10.18926/14158
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_39_1_93.pdf
著者 五百旗頭 健吾| 豊田 啓孝| 和田 修己| 古賀 隆治|
抄録 The optical properties of clouds were measured with a polarization Mie lidar during April, 2004 and investigated to categorize the particles detected by the lidar. The cloud layers were categorized into five types according to the depolarization ratios, as follows: (I) constant and small (less than 5%); increasing with height (II) nearly from 0% and (III) from about 50%; (IV) large and varying with the backscattering coefficient; and (V) sharply decreasing. This categorization of clouds enabled us to separate aerosols from clouds in a lidar signal. Comparison of the backscattering coefficients between clouds of types (I) and (II) suggested that the depolarization ratio induced by multiple scattering in dense clouds does not depend on the particle density. Estimation of the particle phase for the five cloud categories was also examined.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2005-01
39巻
1号
開始ページ 93
終了ページ 101
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308479
JaLCDOI 10.18926/14157
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_39_1_82.pdf
著者 Wang, Feng| Nogami, Yasuyuki| Morikawa, Yoshitaka|
抄録 In this paper, we focus on developing a high-speed square root (SQRT) algorithm required for an elliptic curve cryptosystem. Examining Smart algorithm, the previously well-known SQRT algorithm, we can see that there is a lot of computation overlap in Smart algorithm and the quadratic residue (QR) test, which must be implemented prior to a SQRT computation. It makes Smart algorithm inefficient. The essence of our proposition is thus to present a new QR test and an efficient SQRT algorithm to avoid all the overlapping computations. The authors devised a SQRT algorithm for which most of the data required have been computed in the proposed QR test. Not only there is no computation overlap in the proposed algorithm and the proposed QR test, but also in the proposed algorithm over GF(p(2)) (4 | p − 1) some computations can be executed in GF(p); whereas in Smart algorithm over GF(p(2)) all the computations must be executed in GF(p(2)). These yield many reductions in the computational time and complexity. We implemented the two QR tests and the two SQRT algorithms over GF(pm) (m=1, 2) in C++ language with NTL (Number Theory Library) on Pentium4 (2.6GHz), where the size of p is around 160 bits. The computer simulations showed that the proposed QR test and the proposed algorithm over GF(p(m)) were about 2 times faster than the conventional QR test and Smart algorithm over GF(p(m)).
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2005-01
39巻
1号
開始ページ 82
終了ページ 92
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308422
JaLCDOI 10.18926/14156
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_39_1_71.pdf
著者 Nogami, Yasuyuki| Morikawa, Yoshitaka|
抄録 This paper proposes an algorithm for generating prime order elliptic curves over extension field whose extension degree is a power of 2. The proposed algorithm is based on the fact that the order of the twisted elliptic curve is able to be a prime number when the extension degree for the twist operation is a power of 2. When the definition field is F(2(40)−87)(4) , the proposed algorithm can generate a prime order elliptic curve within 5 seconds on PentiumIII (800MHz) with C language.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2005-01
39巻
1号
開始ページ 71
終了ページ 81
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308036