著者 小林 万里子| ペーンケ アンドレアス| 木内 陽一|
発行日 2016-11-28
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
163巻
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) Developing the teaching program in which the students learn through planning the community for a voter education: Based on the practicing the participatory learning adopting the workshop strategy
フルテキストURL bgeou_163_049_058.pdf
著者 桑原 敏典|
抄録 本研究は,政治や選挙に対する若者の関心を高め,積極的に社会に関わろうとする自覚や態度を育てることを目的とした主権者教育のあり方を,まちづくりをテーマとするワークショップの開発・実践を通して提案しようとするものである。具体的には,地方都市への大型商業施設進出の問題を取り上げ,その問題の解決策を考えることを通して,地域住民の意思や地域社会の将来について考え,自分なりの考えを形成する主権者教育プログラムを開発した。プログラムにおいては,参加者の主体性を尊重しながらも積極的な参加を促すために,ロールプレイングを手法として取り入れた。本研究を通して,投票への関心や意欲の喚起に焦点化された主権者教育に注目が集まる中で,社会や政治に対する関心を高めるという長期的な視野に立った教育プログラムを提案することができた。
キーワード 主権者教育 まちづくり ワークショップ 参加型学習 教育プログラム
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2016-11-28
163巻
開始ページ 49
終了ページ 58
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 梶井 一暁|
発行日 2016-11-28
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
163巻
資料タイプ 紀要論文
著者 金関 猛|
発行日 2016-12-26
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
66巻
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) A. Tatarinov ”Lexicon” Notes8( U~Х) ─On the Confusion of /z/ with /d/─
フルテキストURL jfl_066_055_066.pdf
著者 江口 泰生|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2016-12-26
66巻
開始ページ 55
終了ページ 66
ISSN 0285-4864
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005970821
タイトル(別表記) The Launch and Development of Japanese Education for "Foreign Community Residents" in Soja City, Okayama Prefecture : Creating Systems for Regional Japanese Education with the Local Government
フルテキストURL jfl_066_037_053.pdf
著者 中東 靖恵|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2016-12-26
66巻
開始ページ 37
終了ページ 53
ISSN 0285-4864
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005970820
タイトル(別表記) Post-Skinnerian Perspectives in Psychology(24): The Concept of "Generalized Operant": Its Usefulness and some Problems.
フルテキストURL jfl_066_001_020.pdf
著者 長谷川 芳典|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2016-12-26
66巻
開始ページ 1
終了ページ 20
ISSN 0285-4864
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005970818
著者 田中 秀和|
発行日 2016-12-26
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
66巻
資料タイプ 紀要論文
著者 姜 克實|
発行日 2016-12-26
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
66巻
資料タイプ 紀要論文
著者 中谷 ひとみ|
発行日 2016-12-26
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
66巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/ESR/55324
タイトル(別表記) A case study on the cyclone activity around Europe from winter to spring of 2000
フルテキストURL esr_023_1_033_042.pdf
著者 桑名 佑典| 加藤 内藏進| 瀧川 優実| 小嶋 ゆう実| 大谷 和男|
抄録 Although the extratropical cyclone is one of the basic systems that characterize the weather and climate in mid-latitude regions with the large meridional temperature gradient, its activity and characteristics would be greatly influenced by the seasonal transition and regional differences of the mean atmospheric fields such as between Europe and East Asia. Furthermore, detailed knowledge of the daily cyclone activity would help to understand deeply the differences of regional climatology including seasonal cycles among various areas. In such interest, the present study performed a case study on the cyclone activity around Europe from winter to spring of 2000. In winter, intraseasonal variation of the Icelandic Low was dominant. In the stage when such intraseasonal-scale Icelandic Low approached to the northwestern Europe, the several lows passed eastward with a few days interval around the intraseasonal-scale low pressure area or its southern edge where the baroclinicity was relatively strong. It is also noted that their center pressure was rather low (below 980hPa). After April, when the seasonal mean Icelandic low had disappeared, different types of the intra-seasonal-scale cyclones and anticyclones were dominantly observed. In the lower SLP stage of the intraseasonal variation in Europe, the low to the southwest of England in the middle of April was of the equivalent barotropic structure and persisted for about ten days. On the other hand, high pressure area extending from England to the northern coast of Germany also persisted for about half month. The southern half of that high area was also of equivalent barotropic structure with warmer air there.
キーワード cyclone activity around Europe comparative climatology between Europe and East Asia seasonal cycle dynamic climatology
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2016-12-27
23巻
1号
開始ページ 33
終了ページ 42
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2016 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/ESR/55323
タイトル(別表記) Synoptic climatological analyses on the rainfall features in southern Kyushu and the atmospheric fields around April
フルテキストURL esr_023_1_017_032.pdf
著者 加藤 内藏進| 森塚 望| 松本 健吾| 大谷 和男|
抄録 Around April, total precipitation in southern Kyushu already attains rather large value due to the increase in contribution of the “heavy rainfall days” (with daily precipitation more the 50 mm/day, referred to as HRD). The present study examined the rainfall features and atmospheric conditions on the HRDs at Kagoshima in southern Kyushu, based on the operational observation data from 1990 to 2009. The HRDs there in April appeared mainly associated with the extratropical cyclone passage, together with tentative appearance of the stationary front. The mean daily precipitation on the HRDs was 82 mm and contribution of the intense rainfall more than 10 mm/h attained up to 38 mm, which accounted for 46 % of the daily total precipitation. In April, the high specific humidity area in the time mean field was still located far to the south of the Japan Islands and the stratification around the Japan Islands was very stable for deep moist convection. However, the zone with rather strong seasonal mean baroclinicity extended to rather southern area near 20°N. This would provide a favorable condition for the long-distance moistur
キーワード heavy rainfall around April in southern Kyushu rainfall associated with extratropical cyclones around the Japan Islands seasonal cycle around Japan
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2016-12-27
23巻
1号
開始ページ 17
終了ページ 32
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2016 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/ESR/55322
フルテキストURL esr_023_1_009_015.pdf
著者 Takesue, Norito| Suzuki, Shigeyuki|
抄録 Analyzing of sedimentary facies and structure together with regional field mapping were studied in the mélange unit, upper Cretaceous Shimanto Belt, Wakayama Pref., SW Japan. The field survey was concentrated in the coast of Shiofuki-iwa, Miyama Complex, Hidakagawa Belt where soft deformations penetrate throughout the mélange unit. Brittle to ductile faults associated as later deformations are excluded. The mélange unit is subdivided into the Y-shear zone (YSZ) and P-foliation zone (PFZ). The YSZ is composed of thick lenticular sandstone (trends subparallel to the direction of the mélange), intense shear band (thin layer with concentrated prelithification shear deformation) and mudstone dominant mélange. The PFZ is composed of mudstone dominant mélange (associated with foliations which slightly oblique to the direction of the YSZ) and lenticular sandstone (slightly oblique to the direction of the YSZ). The intense shear band separates the YSZ and PFZ. Preserved radiolarian fossils free from deformation in the intense shear band is the evidence of the prelithification shear deformation in the mélange. A remarkable-fact is that the structures of mélange unit are formed under sinistral sense of shear. The mélange unit in the Shiofuki-iwa is ascribed to be formed by sinistral sense of shear during sediments were prelithified.
キーワード mélange Shimanto Belt Y-shear zone P-foliation zone intense shear band prelithification structures
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2016-12-27
23巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 15
ISSN 1340-7414
言語 English
著作権者 © 2016 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/ESR/55321
タイトル(別表記) Risk prediction of landslide and debris flow using slope gradation map obtained from airborne laser scanning
フルテキストURL esr_023_1_001_007.pdf
著者 鈴木 茂之| 宮下 征士| 平川 武| 藤原 身江子| 西山 哲|
抄録 The slope gradation map which is obtained from airborne laser scanning is very important tool to detect hazardous sites of landslide, debris flow and others. The features of the images (what the images are represented) in the map were confirmed by field survey. The study area, Tamagashi is situated in the Kibi Plateau area, Okayama City, Japan. The map helps to distinguish between artificial microrelief and natural microtopography very well. Small scarps (even 0.5m high), rocky cliffs and large blocks (larger than 2m) are identified in the map. The detail images of the microrelief suggest threatening sites. The merit of the map leads us to find the site in the field easily. We will not miss the threatening sites by using the map.
キーワード Risk prediction slope gradation map airborne laser scanning landslide debris flow Okayama
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2016-12-27
23巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2016 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/55373
タイトル(別表記) The Current Situation and Issues Surrounding Volunteer Tutoring: Based on a Survey of International Students
フルテキストURL biess_1_133.pdf
著者 宇塚 万里子| 岡 益巳|
抄録  ボランティアによるチュータリングをテーマとした先行研究は極めて少なく、庄司(1996)、岡・坂野(2006,2008)のみである。本稿では、2007 年度から2015 年度にかけて、留学生を対象にチュータリングに関する質問紙調査を実施し、回答のあった81 人のデータを分析した結果、①定期的なチュータリングを受けた者の満足度がそうでない者より有意に高いこと、②チュータリングの内容項目が多いほど満足度が高いことを明らかにした。また、ゆとり教育世代の入学、文科省の大使館推薦国費留学生配置方針の転換、English cafe 等の創設、留学生寮へのレジデント・アシスタントの配置などがWAWA スタッフによるチューター活動に影響を及ぼしている点も指摘した。
キーワード ボランティアチューター WAWA チューティ 日本語研修生 日韓予備教育 学生
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2016-12-30
1巻
開始ページ 133
終了ページ 152
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006348275
JaLCDOI 10.18926/55372
タイトル(別表記) Essay on Pluralistic Self-assessment of Career Education : Focus on Non-cognitive Skills
フルテキストURL biess_1_123.pdf
著者 中山 芳一|
抄録  キャリア教育における教育効果を測るとき、学習者の自己評価を多く用いられるが、この自己評価では評価の曖昧さを脱することは困難とされる。そこで、自己評価項目を多元的に構築することで、曖昧になりがちな自己評価の質を高める試みを提起した。特に、本稿では近年注目を集めている「非認知能力」を評価項目に取り入れるため、これまでの動向を踏まえながら能力概念を概観するとともに、キャリア教育との関連性についても示している。その上で、認知的能力を中心とした教育目標、非認知能力、学習行動の3 領域に対応した評価項目を設定し、実際のキャリア教育の授業に即した多元的自己評価の具体化を進めることができた。
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2016-12-30
1巻
開始ページ 123
終了ページ 132
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006348274
JaLCDOI 10.18926/55364
フルテキストURL biess_1_17.pdf
著者 Morioka, Akemi| INUGAI-DIXON, Carol| Mita, Kaoru| Hoshino, Yuko|
抄録 現在多くの日本の大学では、グローバルな教育内容と環境を促進することが火急の課題である。岡山大学では英語教育の質の向上と授業科目の英語での提供の2つに取り組んでいるが、その実践においてCLIL(内容言語統合型学習)が有用であると考えられる。また日本の高等教育機関において、CLIL を既に実践あるいは導入を検討している教育関係者と経験やアイデアを共有し、ネットワークを作って今後の情報交換を行うことも非常に重要である。そこで岡山大学では2016 年2 月にフィンランドから2名の講師を招き、3日間のCLIL ワークショップを開催した。この論文では4大学の参加者4名がワークショップで紹介された2つの大学の異なったCLIL モデルについて報告する。またワークショップで行った様々なアクティビティを通して参加者が学び取ったことや成果についても記述する。
キーワード CLIL content integration thinking collaboration
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2016-12-30
1巻
開始ページ 17
終了ページ 28
ISSN 2432-9665
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120006348267
JaLCDOI 10.18926/55367
フルテキストURL biess_1_43.pdf
著者 Wickstrum, Yuuka|
抄録 This paper discusses the complexity and the transition of the legal and social status of ethnic Koreans (Zainichi Koreans) after the Second World War. It outlines how the legal status of Zainichi Koreans without Japanese nationality remained precarious for four decades after the war. After numerous reforms in Japanese nationality law over the years, in 1991 finally the status of all the Zainichi Koreans with South Korean/Chōsen nationality was categorised into ‘special permanent residents.’ This paper also looks at two main ethnic organisations: pro-North Korea Chongryun and pro-South Korea Mindan. It examines how some Zainichi Koreans were split according to the organisations in which they participated, which led to the division of Korean communities in Japan.
キーワード Zainichi Koreans nationality Japan’s immigration control ethnic organisations
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2016-12-30
1巻
開始ページ 43
終了ページ 62
ISSN 2432-9665
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120006348269
JaLCDOI 10.18926/55369
タイトル(別表記) Designing a collaborative class for International students and Japanese students
フルテキストURL biess_1_83.pdf
著者 末繁 美和| プリチャード ケーレブ| ルシンスキー ジョン|
抄録  本稿は、2016 年4 月から7 月にかけて行った留学生対象の日本語クラスと日本人学生対象の英語クラスとの合同授業の実践報告である。計6 回の授業において、発表、インタビュー、ディスカッション、協働でのプロジェクトを実施し、授業後にアンケート調査を実施した。アンケート調査の結果から、これらの活動に対する学生の評価は高く、特に協働でのインタラクティブなプロジェクトが、お互いの交流や言語使用の機会を増やしたことが分かった。一方で、交流時に、言語に加え、性格や価値観、コミュニケーション・スタイルの違いによる問題があり、両者の関係構築および言語的なサポートを教師に求めていることが示唆された。
キーワード 合同授業 留学生 日本人学生 交流 協働
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2016-12-30
1巻
開始ページ 83
終了ページ 92
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006348271
JaLCDOI 10.18926/55368
タイトル(別表記) De l'histoire litteraire au champ litteraire : Saisei MURO et la poesie japonaise moderne (3)
フルテキストURL biess_1_63.pdf
著者 上田 和弘|
抄録  ある時代のある特定の時期に書かれ発表されたさまざまな文学テクストをながめたばあい、ときにジャンルさえ越えて、そこに流行語のようにいくつかのある特徴的な語や表現が時を同じくして出現してくることがある。それはもちろん作家(詩人)から作家(詩人)へのなんらかの影響関係がそこにあったからだとまずは考えられよう。しかしこれは必ずしもたんに一方から他方への単方向的な影響というのではなく、作家(詩人)たちのあいだで、いくつかの条件があわさって、ほとんど同時発生的にある共通ないし類似の語や表現が生まれたり用いられたりすることもあったのではないか、また、あくまで個々の作品から遡及的にしか見いだされぬとしても、そうした共通ないし類似の語や表現を生みだすことを可能にした、ある時代のある特定の時期に成立していたと想定される表現可能態の言語空間がそこに潜在していたのではないか―― 本稿は、その空間をピエール・ブルデューの用語を借りて「文学場」の名で呼んで、20 世紀初頭における日本の近代詩と19 世紀中葉におけるフランスの近代詩をそうした「文学場」という観点からとらえなおす試みである。
キーワード 文学場 日本近代詩 室生犀星 北原白秋 斎藤茂吉 萩原朔太郎
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2016-12-30
1巻
開始ページ 63
終了ページ 82
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006348270