このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 2
Eprint ID
2
フルテキストURL
タイトル(別表記)
岡山県新庄村で収穫されたサルナシ(Actinidia Arguta)果実の成分特性
著者
岡本 五郎 岡山大学
後藤 新太郎 岡山大学
抄録
Actinidia arguta fruits were collected from cultivated and wild vines in Shinjo Village, Okayama Prefecture, in order to evaluate their compositional characteristics, especially as a possible "healthy fruit". Imported kiwifruit (cv.Hayward) and lemon (cultivar unknown), and domestic apple (cv.Fuji) were purchased at a market in Okayama and analyzed for the reference. Hard-mature and soft-ripe fruits of normal size were harvested from each vine as well as soft-ripe small-sized fruit. Juice vitamin C contents were as high as 220mg/100mL in hard-mature Mine-ko fruit with a normal size and 260mg/100mL in soft-ripe small Mitsu-ko fruit. Vitamin C contents in kiwifruit, lemon, and apple were about 100mg/100ml, 50mg/100ml, respectively. Juice total polyphenol content and DPPH radical scavenging activity in A. arguta fruit but the total sugar content was the lowest. Flesh Ca, Mg, Mn contents were higher in A. arguta fruit than in kiwifruit and apple. From these results, A.arguta fruit produced in Shinjo can be evaluated as vitamin C-rich fruit with abundant polyphenol substances, and several useful minerals such as Ca, Mg, and Mn.
抄録(別表記)
岡山県新庄村で栽培されているサルナシ果実の健康食品としての評価を行うために,同地区のサルナシ園で生産された3品種(光香,峰香,在来種)の果実,及び近隣の山地で収穫された野生サルナシ果実の成分分析を行った.参考として,岡山市内のマーケットで購入された輸入のキウイフルーツ(ヘイワード),レモン(品種不明),及び国産のリンゴ(ふじ)の成分も調査した.サルナシ栽培品種では,収穫適期でも硬熟状態のものと軟熟状態のものが混在し,さらに普通の果実の半分程度の小果実(すべて軟熟)も混在した.果汁のビタミンC含量は,峰香の硬熟果と光香の小果で220~260㎎/100mLと非常に高い値を示した.市販のキウイフルーツのビタミンC含量は約100㎎,レモンで50㎎,リンゴは4㎎/100mL程度であった.サルナシ果汁の全ポリフェノール含量とラジカル消去能はキウイフルーツと大差がなかったが,リンゴに比べれば有意に高かった.サルナシはキナ酸含量が最も高く,無機成分のN,Ca,Mg,Mn含量が高かったが,糖含量は低かった.本分析結果から,サルナシ果実はビタミンとポリフェノールが豊富で,現代人の食事で不足しがちなミネラルも多いことから,健康食品として評価されうる。
キーワード
Actinidia arguta
fruit composition
vitamin C
polyphenol
minerals
発行日
2005-02-01
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
94巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
9
終了ページ
13
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa