JaLCDOI 10.18926/11406
タイトル(別表記) A Study of Characteristics of work of the school teacher for every place of work -What should be know with the staff of mental health support?-
フルテキストURL 005_151_157.pdf
著者 塚本 千秋|
抄録 学校教師の仕事は非常に複雑で難しく、教師は非常に多忙である。そのため、教師のメンタルヘルスは次第に悪化し、休職者も増える傾向である。ところが精神科医やカウンセラーなどの教師を支援する立場にある専門家の中には、「教師の仕事は楽である」という誤解をしているものもいる。それでは十分な支援ができるはずもない。筆者は、支援にあたる者が、教師の業務の特性や学校組織の特徴を知りことが重要であると考えた。そこで小学校、中学校、高等学校ごとに、その職場の特性や人間関係の特徴を列記し、不調の背景要因を整理した。
抄録(別表記) The school teachers' works are very complicated and difficult, and most of teachers are very busy. Therefore, the state of teachers' mental health is in a very bad tendency. However, among the specialists in the position which supports teachers, such as a psychiatrist and counselor, there are those who have misunderstanding, saying "A teacher's work is easy". The writer thought it important that a psychiatrist and counselor got to know the characteristic of a teacher's work and culture peculiar to school. So, in thia paper, the writer summarized the characteristic of the work for every elementary school, junior high school, and high school, and described the factor to which a school teacher becomes out of condition mentally.
キーワード 教師のメンタルヘルス (Mental Health) 精神科医の学校観 (Recognition of the psychiatrist about a school) 教師の職務内容 (Characteristics of teachers' work) 管理職 (Managerial position)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 151
終了ページ 157
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313475
JaLCDOI 10.18926/11405
タイトル(別表記) A History of Tests of Infant Development and their Applications to Childcare
フルテキストURL 003_057_065.pdf
著者 木戸 啓子| 山口 茂嘉|
抄録 本研究は、発達検査が保育場面での子ども理解の手だてとなり得ることを明らかにするものである。発達検査を行う一つの効果は、対象となる子どもの発達状況を把握できるという点にある。その上で、子どもの状態をとらえながら、指導に必要な観点を予測することこそが発達検査の意義であるといえる。今日用いられている子どもの発達検査は、ビネー式知能検査を原型として発展してきた。その発達検査の歴史的な変遷について概観し、日本で用いられている発達検査がどう位置づけられているのかを整理し、保育場面での活用の可能性を検討した。
抄録(別表記) This study will examine whether the tests of infant development are useful to childcare teachers in understanding children in childcare environments. Tests of development are important because they will reveal the present developmental stages of the children concerned. The purpose of the tests lies in predicting the viewpoints which are needed for guidance while understanding the developmental stages of the children. The tests of development, which started with Binet-test as the prototype, will be reviwed along with the examination of the other tests in Japan. The purpose of this paper is to show their applicability in childcare environments.
キーワード 発達検査 (tests of development) 津守式乳幼児精神発達質問紙 (Tsumori's developmental diagnosis method) 保育 (childcare)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2003
3巻
1号
開始ページ 57
終了ページ 65
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313431
JaLCDOI 10.18926/11402
タイトル(別表記) A Guideline for Heiping a Child of School Refusal and his/her Parents
フルテキストURL 005_131_137.pdf
著者 山本 力|
抄録 教育臨床家が不登校の子どもの支援を行う際に「臨床的判断」の参照枠となるガイドライン試案を作成することが本論文の目的である。不登校の多様な状態像を見立てる指針として、a)登校状況からみた5型類、b)不登校の6段階の経過、c)7つの原因論、を提示した。その上で教育臨床家による不登校支援の原則を12項目にわたって列記した。教育臨床的な支援12項目は不登校の臨床実践から抽出された経験則が中心である。不登校の子どもの多様な歩みを保障する一方で、ガイドラインを参照しながら社会的自立へと向かえるように周囲が連携して支援していくことが求められる。
抄録(別表記) We have to explore the appropriate way of supports for every child of school refusal. This paper aims at making a guideline for helping a child of school refusal and his/her parents. As a frame of reference for clinical judgment, we present a typology, etiology, and a general course of school refusal, then 12 points of school counseling.
キーワード 不登校 (School refusal) 教育臨床家 見立て(見極め) (Assessment) 支援 (Support) ガイドライン (Guideline)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 131
終了ページ 137
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313504
JaLCDOI 10.18926/11401
タイトル(別表記) Handicraft Education as Technical Education
フルテキストURL 005_119_129.pdf
著者 松本 達郎| 有吉 英樹|
抄録 図画工作科は、戦前まで図画科と手工科が戦後の教育改革より一つの教科に統合されたものである。手工科は普通教育における技術教育を追究してきたが、図画工作化になって以降の工作領域の内容は、美術に偏ったものとなり、技術の基礎が軽視されているとの批判が技術教育を進める立場からなされている。現在の図画工作科の教科書内容も、そのような傾向が一層進んでいる。図画工作科の工作領域は、児童が身の回りのものにはたらきかけ、世界を読み解いていくときの技術的基礎を育てるものでなくてはならないと考える。そこで図画工作科の前身である手工科が積み上げてきた成果に学ぶとともに、自然環境の豊かな小学校における工作教育として適切であると考える「手仕事のカリキュラム」を構成し、実践した内容を検討し考察する。
抄録(別表記) Under the post-war education reforms, the pre-war subjects of 'drawing' and 'handicraft' were combined into a new subject called 'craft'. Handicraft, as technical education in the regular curriculum, has been thoroughly investigated. However, since it came to be part of 'craft', the contents of the subject handicraft have tended to fall within the fine arts category. This neglect of its technical roots has led to criticism from those writing from a technical education background. The contents of contemporary 'craft' textbooks too have shown an even greater tendency to make light of handicraft's technical roots. It is thought that the technical element of craft should help kids learn the technical foundations in which pupils work upon objects around them and interpret the world. As the forerunner of what is known today as 'craft', handicraft has a long history. Drawing on the accumulated fruits of this history, this paper constructs and considers the contents of a practical 'hands on curriculum' as appropriate for 'handicraft education' in a rich elementary school's natural environment.
キーワード 図画工作科 (Craft) 手工科 (Handicraft) 工作教育 (Handicraft Education) 技術教育 (Technical Education) 生活 (life)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 119
終了ページ 129
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313439
JaLCDOI 10.18926/11399
タイトル(別表記) Influence of "Shohka" on Human Bodies and Emotion - An Experimental Research on Physiological and Emotional Responses to Music -
フルテキストURL 003_029_038.pdf
著者 作田 由美子| 奥 忍|
抄録 音楽が心身に及ぼす影響を探るために、情動反応と生理学的測定の2つの指標を用いて実験を行った。情動反応はチェックリストを中心とした質問紙を使い、生理学的測定は精神性発汗を用いた。実験曲として文部省歌である「ふるさと」の歌詞つきと歌詞なし、それに類似した自作メロディー、「こいのぼり」の4曲を取り上げ、反応の比較を行った。実験の結果、曲による反応の相違が現れ、音楽は心身に影響を及ぼしていることが確認できた。特に「ふるさと歌詞つき」に関しては質問紙では「なつかしい」と過去を想起する人が多く、発汗量の変化も他の3曲に比べ有意に差があった。また、個人の特性(性差、嗜好度、音楽経験など)は音楽聴取に対して心身ともに大きな影響を及ぼしていることが明らかになった。
キーワード 文部省唱歌 「ふるさと」 情動反応 生理的反応 精神性発汗
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2003
3巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 38
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313770
JaLCDOI 10.18926/11398
タイトル(別表記) An experiment on making "Belongingness to Classroom Group Scale" in high school.
フルテキストURL 005_109_117.pdf
著者 本多 公子| 井上 祥治|
抄録 本研究では、現代の高校生における学級集団への帰属意識の要因を明確にし、その学級集団への帰属意識の要因の構造をもとに、高等学校における学級集団への帰属意識とスクールモラールや、学校生活適応感尺度との関連性について考察した。まず、145名の高校生から学級集団への帰属意識の規定要因についての項目を収集し、高校生の心的リアリティーに添った具体的場面での46の質問項目を選定した。学級集団への帰属意識尺度の得点について因子分析を行ったところ、「学級からの受容」、「学級のまとまり」、「帰属阻害感」の3因子が抽出された。各因子尺度の信頼性分析により、信頼性が確認された。また、全ての並行検査との間に有意な相関がみられることから構成概念妥当性が支持されたと考える。
抄録(別表記) In this study, factors of "Belongingness to Classroom Group" among high school students of today were clarified and the correlations with "School Morale" and "Adaptation to School Life Scale" were also investigated under the structure of those factors. To begin with, items of factors of "Belongingness to Classroom Group" were collected from 145 students and 46 questionnaires were selected from concrete situations meeting their mental reality. After that, factor analysis was done on the scores and three factors "Acceptance from Class", "Class Unity" and "Obstacle to Belonging" were extracted. By doing the reliability analysis, it is understood that sufficient reliabilities have been confirmed on these three factors. Also, significant correlations were observed with all tests done in parallel and therefore we think that the construct validity has been supported.
キーワード 帰属意識 (Belongingness) 高等学校 (High School) 学級集団 (Classroom Group) 心的リアリティー (Mental Reality)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 109
終了ページ 117
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313907
JaLCDOI 10.18926/11397
タイトル(別表記) The Music Educational Function of Lullabies for Fostering Children's Musicality
フルテキストURL 003_021_028.pdf
著者 加藤 晴子| 奥 忍|
抄録 本研究は、音楽感覚形成における「こもりうた」の機能について検討したものである。「こもりうた」は、人の成長の過程で最も早い時期に行われる音楽的コミュニケーション活動の一つであると共に、子どもと養育者の間に相互に行われる最も親密なコミュニケーション活動である。音楽的発達の視点からみると、このような「こもりうた」を媒介とした音楽的コミュニケーションは、個々人の音楽感覚の形成、すなわち、音楽的母語の形成に大きな影響を与えるものであるといえる。音楽の学習や理解は、その上に形成されるものである。したがって、音楽学習においては、子どものもつ固有の音楽感覚を認識すると共に、それに基づいた学習計画が作成・実践されることが必要である。
抄録(別表記) The purpose of this study is to examine the educational function of lullabies to foster musicality from a music education view-point. Lullaby is not only the first musical communication in life stage, but the most intimate musical communication between a baby and his/her care giver. Musical communication is the most important factor for musical development. Therefore, lullabies give a great influence on developing musicality and musical mother tongue which is the foundation of music learning and understanding. It is very necessary to appreciate musical mother tongue of each child, to develop child's musicality on the base of his/her mother tongue from a view-point of music education.
キーワード 音楽感覚形成 (musical development) 音楽的コミュニケーション (musical communication) 音楽的母語 (musical mother tongue) 「こもりうた」 (lullaby) 養育者と乳児の相互関係 (relationship between infant and caregiver)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2003
3巻
1号
開始ページ 21
終了ページ 28
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002314048
JaLCDOI 10.18926/11395
タイトル(別表記) A Practice Report of the Lecture "Secondary Science Education A" in the First Half of 2002 Academic Year : The Lessons Learned from Science Course Contents in Various Countries
フルテキストURL 003_009_020.pdf
著者 田中 賢二|
抄録 本(平成14)年度の「中等理科教育学 A」における「諸外国における科学教育の学習内容に学ぶ」授業実践を、受講生、講義内容、評価の順に、分析・考察してきた。20名の受講生の内、単位を認定できた15名の受講生自身の自己評価、自らを含む講義全体に対する講義評価、教官が行った最終評価、これら3つの評価とも評定でみれば、総てについて、ほぼ良か優に相当し、今回の授業実践はほぼ所定の成果を得たと考えたい。しかし、次年度以降の改善の余地を、遅刻・早退・期日より遅れて提出されたレポートの把握に、また、学生が課題に取り組む時間的な余裕への配慮に、見いだしている。
抄録(別表記) The lecture "Secondary Science Education A" in 2002 academic year was analyzed and considered from the viewpoints of the attribute of students, course contents, and evaluation. Out of 20 applicants, 15 students got a pass in thid lecture. Judging from a self-evaluation and evaluation of this lecture, which was made by the successful 15 students, and the final evaluation made by the instructor, this lecture were regarded as generally satisfactory. However, there were some problems, such as the tardiness, negligent withdrawal from class, and the management of papers failed to meet the deadline. Moreover, much time was required for students to complete the assignment. In these respects, this lecture has room for improvement.
キーワード 実践報告 (Practical Report) 中等理科教育 (Secondary Science Education) 学習内容 (Contents of Study) 諸外国 (Foreign Country)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2003
3巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 20
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313760
JaLCDOI 10.18926/11394
タイトル(別表記) A Soundscape of YOSHIMOTO, Banana~Focusing the Onomatopoeia~
フルテキストURL 005_087_098.pdf
著者 竹内 唯| 奥 忍|
抄録 本原稿では、文学作品に現れた音を素材に音楽作品の創作を試みる。事例研究として現代の女流作家、吉本ばなな『キッチン』と『TUGUMI-つぐみ』をとりあげこれらの作品に出現する音を素材にボイスプロダクションの創作を行った。まず、授業対象のオノマトペに対する感受性を喚起することを目的に、吉本の『キッチン』『TUGUMI-つぐみ』から抽出した文章に出現する物音をオノマトペで表す実験的なアンケート調査を行い、回答者のオノマトペ把握について分析・検討した。次に、それらのオノマトペを素材にボイスプロダクション創作の授業実践を行い、作品について分析・検討した。
抄録(別表記) In this paper, we tried to make clear the possibility of onomatopoeia for composition, The words describing sounds in two novels "kitchen" and "TUGUMI" by a female contemporary writer, YOSHIMOTO, Banana were used. Soundscapes in these novels were explored and transformed into pieces for voice-productions in a music class in secondary teacher training course. Firstly, to call the sensitivities toward the onomatopoeia students were asked to fill out questionnaires how to describe two scenes in these novels with onomatopoeia. Then, on the basis of its results, students were asked to create a music piece of voice production in group. The process and accomplished pieces were analyzed.
キーワード 吉本ばなな (Banana Yoshimoto) 『キッチン』 (kitchen) 『TUGUMI-つぐみ』 オノマトペ (onomatopoeia) ボイスプロダクション (voice-production)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 87
終了ページ 98
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313337
JaLCDOI 10.18926/11393
タイトル(別表記) A Study of Logic of Building Students'Attitude in Civics in Japan:On the Basis of "Politics and Economics" in A High School
フルテキストURL 003_001_008.pdf
著者 桑原 敏典|
抄録 本研究は、高等学校公民科「政治・経済」を取り上げその内容編成を分析・検討することを通して、我が国の公民的教科目の内容編成原理を抽出し、その問題点を解明しようとするものである。分析の結果、わが国の公民的教科目においては、現在の国家体制を支持する日本国民としての態度形成が目指されており、それは、開かれた社会認識形成に基づく市民育成を目指したものではないということが明らかになった。戦前の公民科等と比べると強力ではないが、やはり緩やかに国民としての態度形成が目指されていると言える。
抄録(別表記) In this paper, I describes the Logic of Building Students'Attitude in Civics in Japan by analyzing contents of Politics and Economics. I found that students would acquire a natural character through learning this subject. We must improve contents of Civics to develop students'citizenship and build a democratic society.
キーワード 公民的教科目 (Civic Education) 公民科 (Civics) 政治・経済 (Politics and Economics) 態度形成 (Building Attitude)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2003
3巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313952
JaLCDOI 10.18926/11392
タイトル(別表記) A Study of Lecture Meetings and Childcare Activities in The Kindergarten
フルテキストURL 002_109_117.pdf
著者 山口 茂嘉| 近藤 優恵| 高見 裕子| 小田 久美子|
抄録 本研究の目的は、子育て支援の一環として試みた講演会や親子での活動が保護者にどのように受け止められ活動の後で変化をもたらしたかをアンケート調査し、今後の講演会や親子活動のあり方を考える上での基礎資料を得ることである。その結果、親子が一緒に活動するものや内容が具体的で保護者のニーズに対応したものの方が、参加率が高く、男女共7割以上の保護者が参加する前より考え方を変化させている。そして、親子参加型の子育て支援が望まれていることが明らかになった。
抄録(別表記) The purpose of this study was to examine the effect of our support of childcare activities: lecture meetings and activities with parents and children. Parents were asked how they accepted these activities and what changes were brought by them. The results should that many parents took part in activities with children, and lecture meetings which had practical and concrete contents. And more than 70% of parents have changed their way of thinking.
キーワード 子育て (Child care) 講演会 (Lecture meeting) 親子活動 (Activity with parents and children)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2002
2巻
1号
開始ページ 109
終了ページ 117
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313987
JaLCDOI 10.18926/11391
タイトル(別表記) Lehrplan fuer Hauptschule in Bayern, Germany
フルテキストURL 005_069_085.pdf
著者 川西 孝依| 奥 忍|
抄録 本稿は、ドイツ、バイエルン州基幹学校の教授プランの中から「教科に関連する教授課題と教育課題」と「学年別教科カリキュラム」の「音楽」の部分を日本語に訳出したものである。社会のグローバル化に伴って世界各国の音楽教育の動向について盛んに研究が行われている。中でもドイツは日本の音楽教育研究者にとって強い関心の対象である。しかしながら、州ごとに異なる「教授プラン」が実施されているために全土を鳥瞰することができてない。そこで、本稿では全体像の把握に近づくべく、これまで研究されていないバイエルン州を扱う。オルフの教育メソッドが生まれ実践されたこの州における音楽教育の現状を把握することは日本の音楽教育研究にとって重要なことと考え、「基幹学校(Hauptschule)」の教授プランを訳出する。この教授プランは、以下のような点で日本の学校音楽教育のあり方に大きな示唆を与えるものである。・学校生活からドロップアウトするかもしれない生徒に対する指導が配慮されている。・各教科のカリキュラムを設定する前提として、各学生の生徒の特性や授業の重点に関する明確な記述が見られるため、教科の枠を越えた総合的な学習が可能である。・活動先行型で、様々な音楽活動が具体的に述べられており、しかも各音楽活動が音楽的諸要素などの学習と密接に関連づけられている。・伝統的な音楽やポピュラー音楽が実在する音楽の一種として、他の音楽ジャンルと並列的に組み込まれている。
抄録(別表記) This is a Japanese version of <Musil> in "Lehrplan fuer Hauptschule" in Bayern, Germany. Regarding present of music education in foreign countries several researches have been done under the impact of globalism. Japanese researchers have strong interests especially in German music education. However, we cannot get a bird-eye view of it because every state enacts its own Lehrplan. In this situation, we tried to translate the Lehrplan in Bayern into Japanese to contribute researches in music education. The Lehrplan suggests following four points for Japanese music education: -It has a viewpoint for students who may drop out from school. -It is suggestive for comprehensive activities across subjects because the concepts of learning based on not only student's music abilities but also on their general development. Important teaching points are clearly indicated with a relation to general development. -It puts emphasis on actual activities and indicates various activities appropriately. Moreover, every activity is strongly related to learning of various music elements. -Traditional music and popular music are included as actual and essential parts of contemporary music scenes and treated evenly with other genres.
キーワード バイエルン州 (Bayern) 教授プラン (Lehrplan) 基幹学校 (Hauptschule)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 69
終了ページ 85
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313774
JaLCDOI 10.18926/11390
タイトル(別表記) Power of Group Studying and Common Acquirement of Knowledge : Through Two Practical Lessons at Okayama University
フルテキストURL 002_103_108.pdf
著者 橋本 勝|
抄録 教育改革は、初等・中等教育と大学教育の両者を見据えたものでなければならない。とりわけ、教育学部は新時代の初等・中等教育の担い手を養成するという社会的責務という観点からも、学生が自らの興味・関心を基に自発的・意欲的に各授業に取り組むよう、授業改善を進めることが特に要求される。その際、少人数授業の実現や卒業研究指導の充実といった従来からの方向性だけに頼ることなく、多人数の授業でいかにそれを達成するかもまた大学教育にとっては重要な現実的課題である。小論は、教職科目の総合演習と教科内容学の経済学Bの2つで、今年度に実施した授業実践報告であるが、学生の相互集団教育力を活用することで、自発的学習意欲を高めるとともに学習集団の知の共有化を図ることを目指した具体的な授業展開例は、初等・中等教育における総合的な学習の展開を考える上でも一定のヒントを与える内容となっている。
抄録(別表記) We must make sure of the relation of two educational reformations : that in elementary and secondary education and that in university. Especially faculty of education should try to improve lessons in order to raise the students' ability to study independently, because they are expected to upon themselves new education at elementary schools and secondary schools. This paper shows two practical lessons at Okayama University. In these lessons, most students study independently by group studying, in which they can get common acquirement of knowledge.
キーワード 教育改革 (educational reformation) FD (faculty development) 総合的な学習 (integrated study) 相互集団教育力 (power of group studying) 知の共有化 (common acquirement of knowledge)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2002
2巻
1号
開始ページ 103
終了ページ 108
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313631
JaLCDOI 10.18926/11389
タイトル(別表記) A study of Songs in "Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho"(1938) Edited by Kurosawa and Ogawa
フルテキストURL 005_057_067.pdf
著者 鈴木 慎一朗| 奥 忍|
抄録 本稿の目的は、黒澤隆朝・小川一朗編『標準師範学校音楽教科書』(1938)の歌曲を概観することによって、国定師範学校教科書が発行される直後の検定済教科書における歌曲の特徴と傾向を明らかにすることである。『師範音楽 本科用巻一』(1943)との比較を通して、以下の3点が明らかとなった。①『標準師範学校音楽教科書』は、歌曲の他、器楽、鑑賞、音楽理論、音楽基礎の分野を含み、編纂された教科書である。②8割近くの歌曲は、西洋の作品ないしは西洋の民謡であり、それらの歌詞は原曲の翻案か、新しく作られた日本語の詩である。③ミリタリズム志向の歌曲教材には、4/4拍子、 、弱起、長調の行進曲が適用されている。
抄録(別表記) The purpose of this study is to examine the characteristics of songs in "Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho (Music Standard Textbook for normal schools)"(1938) authorized by the Ministry of Education normal schools. The following results were obtained by comparing with "Shihan Ongaku"(1943) designated by the goverment: 1) "Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho" was a textbook which contains songs materials, instrumental music, listening, music theory, and sight singing. 2) About 80 percent of the song materials were occupied by Western folk songs and songs composed by the European composers. However, lyrics of these songs were adapted from the originals or newly written in Japanese. 3) Regarding military-oriented materials, Western marches with 4/4, doted rhythm, beginning in up-beat, and in major key were adopted.
キーワード 『標準師範学校音楽教科書』 (Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho) 歌曲 (Song Materials) 黒澤隆朝 (T. Kurosawa) 小川一朗 (I. Ogawa) ミリタリズム (Militarism) 行進曲 (Western Marches)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 57
終了ページ 67
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313436
JaLCDOI 10.18926/11388
タイトル(別表記) An Aspect of the Teaching and Its Evaluation by the Teachers in Service
フルテキストURL 002_095_102.pdf
著者 黒崎 東洋郎| 小林 誠|
抄録 ゆとりの中で「生きる力」の育成を目指して平成14年度から新学習指導要領が完全実施される。新学習指導要領では、指導内容が30%縮減され、基礎学力の低下を危惧する声がある。また、これに連動して「指導と評価の一体化」の観点から教育課程審議会の答申(2000)で、絶対評価重視の方向性が示され、新しい評価観への転換が求められている。そこで本研究では、現職教員が新学習指導要領の意図をどのように受け止め、どんな「学力観」や「評価観」を持っているのかを調査し、授業改善に資する「指導感・評価観」への転換の必要性を考察する。
抄録(別表記) From the school year of Heisei 14 (2002) newly revised Course of Study is to be enforced with a special view to increasing the pupils' power to live for themselves in loosen up school day schedules. But we are afraid of their poor scholarship by 30% reduction of teaching contents. From a point of "Unifying the Teaching and Its Evaluation", the consultation board of Course of Study has made a report about the serious consideration on the absolute evaluation (2000). So we are asked to shift our view to this new aspect of evaluation.
キーワード 指導と評価の一体 (Unifying theTeaching and Its Evaluation) 基礎学力 (basics cholarship) 絶対評価 (absolute evaluation)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2002
2巻
1号
開始ページ 95
終了ページ 102
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002314005
JaLCDOI 10.18926/11387
タイトル(別表記) The Background and Trend of Practical Peer Support and Peer-assisted Activities :the Beginning to Current Tendency of Peer Support and Peer-assisted Activities
フルテキストURL 002_081_093.pdf
著者 西山 久子| 山本 力|
抄録 私たちの社会では、習慣的に仲間支援の手法が用いられてきたが、近年、「ピアサポート」が学校教育現場に実践的に導入され、欧米で開発されてきた技法なども紹介されて仲間関係を積極的に活用しようという動きがある。福祉の領域などでは、より積極的に仲間支援が行われ、歴史的に見ても教育・福祉等の分野で活用してきた経緯がある。そうした支援は、相談活動、葛藤調停、仲間づくり、アシスタント、学習支援、指導、助言、グループリーダーの7項目に分類される。学校で生徒がもつ仲間支援の力が十分活用するようにプログラムが構成されるとき、生徒らにとって有効なピアサポート活動が実施できる。
抄録(別表記) Our society has been utilizing students' support for other peers. Lately "Peer Support" has been introduced to our school environment together with some strategies, and the purpose of this movement is to make a good use of peer relationship. In the field of social work, people are using the function. Even traditionally people have been using this helping relationship among peers both in the fields of education and social work. They are summarized in 7 categories, such as counseling, mediation, be-friending, assistance, tutoring, advising and goup-leading. When schooll utilizes students helping ability, people find useful and practical peer support program.
キーワード ピアサポート (peer-support) 仲間 (peer) ピアカウンセリング (peer-counseling) ソーシャルサポート (social support)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2002
2巻
1号
開始ページ 81
終了ページ 93
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313981
JaLCDOI 10.18926/11386
タイトル(別表記) Climate in spring in Germany and musical expression on "spring" in the classic and the romantic songs -A trial of joint activity of music with meteorology-
フルテキストURL 005_043_056.pdf
著者 加藤 晴子| 加藤 内藏進|
抄録 どの音楽作品にも、その背景には当該の地域の自然や文化が存在する。学校教育において、音楽の生成や表現を考え作品を総合的に理解するために、その歌が歌われた地域の気候や風土、生活習慣等の理解が必要である。それによってはじめて、その地域の人々の気持ちに近づくことができるのであり、そのような気持ちで歌を歌ったり聞いたりすることができる。そのためには教科間の連携が必要と考える。そこで本稿ではドイツの春を取り上げ、気候位置づけと古典派、ロマン派の歌曲に見られる春の表現について検討した。ドイツの5月には、太陽高度や日射量が急に増加し、冬から夏への昇温の最終段階近くに対応する。そのような春、5月をテーマとした歌曲では春に関する様々な音楽表現がみられる。その結果から、音楽表現と気候の関係を視点として音楽科と理科との連携について述べた。
抄録(別表記) Every music work is, more or less, reflected by the regional characteristics of natural environment and the culture in each region. In order to comprehend them totally with consideration of their background and expression in school education, it is firstly necessary to understand the climate, culture and life in each region where the music works express. Such approach enables us to sympathize with the feeling of the people there, and to sing and accept these songs with deeper appreciation. For that purpose, joint activity between the different special fields would be important. The present study is a trial of the joint research between music and meteorology. We firstly examined the climatological features on spring in Germany, especially for those in "May". And then, the songs on "spring" in the classic and the Romantic ages there were investigated. Around May in Germany, the solar altitude and the solar insolation rapidly increase, and the temperature in the lower troposphere has risen close to the annual maximum in late May. Analyses of the songs containing the motivation for "spring" or "May" reveal various kinds of interesting musical expressions on "spring". Finally, necessity for extension of the joint activity of music with natural sciences is addressed from a viewpoint of relationship between the music expression and the climate.
キーワード 春 (spring season) 気候と音楽 (climate and music) 歌曲表現 (musical expression of German songs) 気候系の季節特性 (seasonal variation of climate system) 教科をこえた学習 (joint activity of music and meteorology)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 43
終了ページ 56
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313648
JaLCDOI 10.18926/11385
タイトル(別表記) A Study of Humen Computing in Solving Process of Graphical Problems in Exercises by Frequency Analysis of Brain Wave
フルテキストURL 002_071_079.pdf
著者 山口 有美| 山口 晴久|
抄録 本研究は、CAIの基礎的研究として、立体空間を構成する幾何学的な課題学習における能動的学習行動の生体反応を調べた。基礎的な幾何学的学習課題を、問題提示方法の違い(文、図示)と紙面上とVDT(Visual Display Terminals)の学習メディア提示形態の違いと「書く」、「折る」の表現の違いを基準に8つの学習方法にわけ被験者に学習させて、脳波の周波数分析を用いて、学習者の学習心理にどの様な影響を及ぼすかを脳波性状から比較した。アーチファクトの混入による実験の信頼性低下という課題を残すものの、開眼安静時と学習時のαブロッキングを基準とした脳波の周波数解析から、学習課題解決時の学習者の心的状態を考察した結果、図提示より文読解での学習の方が一般的に精神負担が大きく、静止画より動画像の方が学習での脳波成分の精神負荷の影響が大きい等の知見を得た。
抄録(別表記) In this paper, we describes the comparative experiments to the students on solving process of graphical problems in exercises in both in VDT writing works and on desktop folding works by Frequency Analysis of brain wave. The difficulties of VDT writing works and desktop folding works are various. And α reduction rates in brain wave in each brain work (8 types of VDT writing works and desktop folding works) were comparatively analyzed. As the results, it was elucidated that VDT works are more impressive to the brain work than desktop folding works, etc. And, by frequency Analysis of Brain Wave, the defferences of α reduction rate between individuals are recognized to be so high.
キーワード 脳波 (Brain Wave) メディア (Media) 幾何学的課題解決 (Solution og Graphical Learning Materials) VDT (Visual Display Terminal) αブロッキング (α Wave Blocking)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2002
2巻
1号
開始ページ 71
終了ページ 79
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002314012
JaLCDOI 10.18926/11384
タイトル(別表記) The Survey on Familiar Living Things for the 9th Graders (about 15 year-olds) and High-School Science Teachers(around 35 yrar-olds): Comparison of Two Age Groups.
フルテキストURL 005_0033_0042.pdf
著者 田中 賢二| 本田 義信| 田牧 愛|
抄録 中学校3年生と高等学校理科教諭とを回答者とし、「多様な生物」に関する意識と、現行の小・中学校理科(生活科を含む)教科書に示されている「身近な生物」の身近さの程度とを問うアンケート調査を実施し、回答結果を比較分析してきた。中学3年生より高等学校理科教諭の方が、「多様な生物」に対する関心度が高いこと、自信度が高いこと、「身近な生物」により身近でることを、また、中学3年生と高等学校理科教諭とも、「生物の多様性」に関連した基本方針への関心も基盤となる学問的な知識も十分とは言い難いこと、植物より動物に対して自信度が高いこと、識別されている生物(種)数は現実より非常に多いと考えていることを、明らかにした。
抄録(別表記) Respondents were the 9th graders (about 15-year-olds) and high-school science teachers (32-year-olds or so). For two age groups, surveys were conducted to find the perception of familiar living things. The living things were picked out from the science textbooks (including the Life Environmental Studies). The questions are to what extent respondents are familiar with these living things, and how much perception respondents have of 'diverse living things.' Results of the survey are: High-school science teachers have a greater interest and more confidence in diverse living things than 9th graders. Teachers find 'familiar living things' much familiar and closer to them. Neither 9th graders nor science teachers have a sufficient knowledge and awareness of basic policies related to biodiversity. Both respondents have more confidence in animals than plants, and both of them wrongly estimate that a larger number of life are found and given names.
キーワード 調査報告 (investigation report) 身近な生物 (familiar living things) 比較分析 (comparative analysis) 中学生 (the 9th Graders) 高等学校理科教諭 (high-school science teachers)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 33
終了ページ 42
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313849
JaLCDOI 10.18926/11383
タイトル(別表記) The Present Condition and Problems of Prior Administrative Guidance, Which are Aimed at Fostering the Capacity for Practical Leadership as a Teacher: In Cooperation with the Lower Secondary School Affiliated to the Faculty of Education, Okayama University, also Known as Fuzoku junior High School
フルテキストURL 002_061_070.pdf
著者 有吉 英樹| 梶原 敏|
抄録 附属学校園は、実習生にとって初めて実習を体験する場であり、かれらが学校現場を把握し子どもたちについて理解を深め、実践的指導力を身につけていく上で重要な役割を果たしている。本稿では、実習をより効力あるものにするために、附属中学校のみならず学外とも連携・協力しながら運営・実施している事前指導のプログラムの運営と現状について述べる。次に、3年次生対象に設定されている附属中学校実習に向けた「事前指導」を中心にして、その運営と現状、特徴と成果、今後の連携の在り方、改革課題等について検討し考察する。
抄録(別表記) Fuzoku Junior High School is a place where student teacher have an oppotrunity to teach for the first time. This school performs an important role which allows the student teachers to teach an actual class enabling them thoroughly to understand the students and to acquire practical skills which are necessary in order to become a proficient teacher. Here we give our opinions on the management process and the present condition concerning the prior administrative guidance program, carrying out in cooperation with outside facilities including Fuzoku Junior High School to make student teaching more successful. Then we study about the management of the program and present condition of teaching practice, the feature and the result of the program, the ideal way of cooperation for the future, the problems concerning reform and so on, with all of these in mind we lay stress on prior administrative guidance for undergraduates of the student teaching at Fuzoku Junior High School.
キーワード 教育実習 (teaching practice) 事前指導 (prior administrative guidance) 附属中学校 (Lower Secondary School affiliated to Faculty of Education, University) 実践的指導力 (capacity for practical leadership as a teacher)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2002
2巻
1号
開始ページ 61
終了ページ 70
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313464