著者 高橋 隆平| 安田 昭三| 山本 二郎| 塩尻 勇|
発行日 1953-02-28
出版物タイトル 農学研究
40巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 高橋 隆平| 安田 昭三| 山本 二郎| 塩尻 勇|
発行日 1954-01-15
出版物タイトル 農学研究
41巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 西門 義一| 井上 忠男|
発行日 1953-09-15
出版物タイトル 農学研究
41巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 西門 義一| 井上 成信| 井上 忠男|
発行日 1952-12-01
出版物タイトル 農学研究
40巻
3号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/11786
タイトル(別表記) Malignant diseases maifesting jaundice as a main symptom -Diagnosis and treatment to improve the poor survival in carcinoma of the bile duct and pancreatic head -
フルテキストURL 002_001_022.pdf
著者 三村 久|
抄録 Primary malignant diseases manifesting jaundice as a main symptom are the carcinomas of the bile duct and the pancreatic head, both of which have very poor survival rates after surgical resection or other treatments. Statistically, unresectable cases of the diseases are absolutely fatal within one or two years. Pathologically curative resection in early stage could only give the patients a chance to survive without diseases. Role of early detection of the diseases at the primary clinics of internal physicians is essentially important, because the patients noticing jaundice would firstly visit them under the impression of having the liver deseases. They should not waste much time in examining various liver function tests. Image diagnosis on the bile duct and the pancreatic duct by ultrasonography, followed by PTC or ERCP, detect the diseases. Tumor marker, CT, MRI and angiography are also performed supplementally to determine the tumor expansion or resectability. Surgery should be the histologically curative resection, including extended skeletonization of the retroperitoneum. Recent five years' survival rates of the bile duct carcinoma after resection in all over Japan are 64.5% in stage-Ⅰ, 50.4% in stage-Ⅱ, 30.7% in stage-Ⅲ and 9.4% in stage-Ⅳ. And those of the pancreatic carcinoma are 39.3% in T(1) (within 2cm in tumor diameter), 21.3% in T(2) (2-4cm), 13.1% in T(3) (4-6cm) and 12.1% in T(4) (over 6cm). From these data, curative resection in the early stages (stage-Ⅰ or -Ⅱ in bile duct carcinoma ant T(1) or T(2) in pancreatic carcinoma) is recommended, but even in the stage-Ⅲ the chance to live longer by extended resection is preserved. To achieve furhter improvement, author has devised the NEW surgical technigues, "block resection of the hepatoduodenal ligament" for carcinoma of the bile duct and "isolated pancreatectomy" for pancreatic carcinoma. Curative resectabilities are increasing by applying these techniques and hepatic recurrence rate in pancreatic carcinoma is decreasing by "isolated pancreatectomy", although the statistical results of improvement in five years' survival rates are not yet achieved because of shortage in cases' numbers and time duration.
キーワード 黄疸 診断 治療 手術
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1992-02-05
2巻
開始ページ 1
終了ページ 22
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313384
著者 伊藤 半右衛門|
発行日 1930-02-01
出版物タイトル 農学研究
14巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60660
フルテキストURL okadaironkou_10_44_50.pdf
著者 竹本 由子|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1982-03-01
10号
開始ページ 44
終了ページ 50
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 揖斐 隆之|
発行日 2011-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
100巻
資料タイプ 紀要論文
著者 小山 かおる| 野久保 隆| 三島 愛架| 岸田 芳朗| 富山 雅光| 及川 卓郎|
発行日 2009-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
31巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/11389
タイトル(別表記) A study of Songs in "Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho"(1938) Edited by Kurosawa and Ogawa
フルテキストURL 005_057_067.pdf
著者 鈴木 慎一朗| 奥 忍|
抄録 本稿の目的は、黒澤隆朝・小川一朗編『標準師範学校音楽教科書』(1938)の歌曲を概観することによって、国定師範学校教科書が発行される直後の検定済教科書における歌曲の特徴と傾向を明らかにすることである。『師範音楽 本科用巻一』(1943)との比較を通して、以下の3点が明らかとなった。①『標準師範学校音楽教科書』は、歌曲の他、器楽、鑑賞、音楽理論、音楽基礎の分野を含み、編纂された教科書である。②8割近くの歌曲は、西洋の作品ないしは西洋の民謡であり、それらの歌詞は原曲の翻案か、新しく作られた日本語の詩である。③ミリタリズム志向の歌曲教材には、4/4拍子、 、弱起、長調の行進曲が適用されている。
抄録(別表記) The purpose of this study is to examine the characteristics of songs in "Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho (Music Standard Textbook for normal schools)"(1938) authorized by the Ministry of Education normal schools. The following results were obtained by comparing with "Shihan Ongaku"(1943) designated by the goverment: 1) "Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho" was a textbook which contains songs materials, instrumental music, listening, music theory, and sight singing. 2) About 80 percent of the song materials were occupied by Western folk songs and songs composed by the European composers. However, lyrics of these songs were adapted from the originals or newly written in Japanese. 3) Regarding military-oriented materials, Western marches with 4/4, doted rhythm, beginning in up-beat, and in major key were adopted.
キーワード 『標準師範学校音楽教科書』 (Hyojun Shihan Gako Ongaku Kyokasho) 歌曲 (Song Materials) 黒澤隆朝 (T. Kurosawa) 小川一朗 (I. Ogawa) ミリタリズム (Militarism) 行進曲 (Western Marches)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 57
終了ページ 67
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313436
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60353
フルテキストURL okadaironkou_20_48_59.pdf
著者 高瀬 和子|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1992-03-31
20号
開始ページ 48
終了ページ 59
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 平田 晴路| 比江島 千春| 妹尾 一道|
発行日 2010-06-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
144巻
資料タイプ 紀要論文
著者 高橋 偵造|
発行日 1930-02-01
出版物タイトル 農学研究
14巻
資料タイプ 紀要論文
著者 近藤 萬太郎| 海野 元太郎|
発行日 1942-11-20
出版物タイトル 農学研究
34巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60212
フルテキストURL okadaironkou_28_93_82.pdf
著者 趙 堈煕|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 2000-03-31
28号
開始ページ 93
終了ページ 82
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 40003941781
著者 小出 滿二|
発行日 1930-02-01
出版物タイトル 農学研究
14巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60046
フルテキストURL okadaironkou_39_20_30.pdf
著者 錦織 浩文|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 2011-03-31
39号
開始ページ 20
終了ページ 30
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 40018898651
著者 笠原 安夫| 秋田 史郎|
発行日 1948-05-10
出版物タイトル 農学研究
37巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 吉岡 伸一|
発行日 2007-03-31
出版物タイトル 文化共生学研究
7巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14981
フルテキストURL kokugo_32_(1)_(12).pdf
著者 又吉 里美|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2018-03-20
32巻
開始ページ (1)
終了ページ (12)
ISSN 2189-5414
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006416184