著者 小山 かおる| 野久保 隆| 三島 愛架| 岸田 芳朗| 富山 雅光| 及川 卓郎|
発行日 2009-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
31巻
資料タイプ 紀要論文
著者 揖斐 隆之|
発行日 2011-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
100巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60660
フルテキストURL okadaironkou_10_44_50.pdf
著者 竹本 由子|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1982-03-01
10号
開始ページ 44
終了ページ 50
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 伊藤 半右衛門|
発行日 1930-02-01
出版物タイトル 農学研究
14巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/11786
タイトル(別表記) Malignant diseases maifesting jaundice as a main symptom -Diagnosis and treatment to improve the poor survival in carcinoma of the bile duct and pancreatic head -
フルテキストURL 002_001_022.pdf
著者 三村 久|
抄録 Primary malignant diseases manifesting jaundice as a main symptom are the carcinomas of the bile duct and the pancreatic head, both of which have very poor survival rates after surgical resection or other treatments. Statistically, unresectable cases of the diseases are absolutely fatal within one or two years. Pathologically curative resection in early stage could only give the patients a chance to survive without diseases. Role of early detection of the diseases at the primary clinics of internal physicians is essentially important, because the patients noticing jaundice would firstly visit them under the impression of having the liver deseases. They should not waste much time in examining various liver function tests. Image diagnosis on the bile duct and the pancreatic duct by ultrasonography, followed by PTC or ERCP, detect the diseases. Tumor marker, CT, MRI and angiography are also performed supplementally to determine the tumor expansion or resectability. Surgery should be the histologically curative resection, including extended skeletonization of the retroperitoneum. Recent five years' survival rates of the bile duct carcinoma after resection in all over Japan are 64.5% in stage-Ⅰ, 50.4% in stage-Ⅱ, 30.7% in stage-Ⅲ and 9.4% in stage-Ⅳ. And those of the pancreatic carcinoma are 39.3% in T(1) (within 2cm in tumor diameter), 21.3% in T(2) (2-4cm), 13.1% in T(3) (4-6cm) and 12.1% in T(4) (over 6cm). From these data, curative resection in the early stages (stage-Ⅰ or -Ⅱ in bile duct carcinoma ant T(1) or T(2) in pancreatic carcinoma) is recommended, but even in the stage-Ⅲ the chance to live longer by extended resection is preserved. To achieve furhter improvement, author has devised the NEW surgical technigues, "block resection of the hepatoduodenal ligament" for carcinoma of the bile duct and "isolated pancreatectomy" for pancreatic carcinoma. Curative resectabilities are increasing by applying these techniques and hepatic recurrence rate in pancreatic carcinoma is decreasing by "isolated pancreatectomy", although the statistical results of improvement in five years' survival rates are not yet achieved because of shortage in cases' numbers and time duration.
キーワード 黄疸 診断 治療 手術
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1992-02-05
2巻
開始ページ 1
終了ページ 22
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313384
著者 西門 義一| 井上 成信| 井上 忠男|
発行日 1952-12-01
出版物タイトル 農学研究
40巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 西門 義一| 井上 忠男|
発行日 1953-09-15
出版物タイトル 農学研究
41巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 高橋 隆平| 安田 昭三| 山本 二郎| 塩尻 勇|
発行日 1954-01-15
出版物タイトル 農学研究
41巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 高橋 隆平| 安田 昭三| 山本 二郎| 塩尻 勇|
発行日 1953-02-28
出版物タイトル 農学研究
40巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 高橋 隆平| 山本 二郎|
発行日 1951-10-20
出版物タイトル 農学研究
40巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 安田 昭三|
発行日 1968-06-24
出版物タイトル 農学研究
52巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 安田 昭三| 下山 博|
発行日 1965-01
出版物タイトル 農学研究
50巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 高橋 隆平| 安田 昭三|
発行日 1960-03
出版物タイトル 農学研究
47巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 安田 昭三| 高橋 隆平|
発行日 1954-09-25
出版物タイトル 農学研究
42巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 安田 昭三| 沖永 康男|
発行日 1976-03
出版物タイトル 農学研究
55巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 安田 昭三|
発行日 1969-03
出版物タイトル 農学研究
53巻
1-2号
資料タイプ 紀要論文
著者 安田 昭三| 沖永 康男|
発行日 1977-03
出版物タイトル 農学研究
56巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信|
発行日 1960-03
出版物タイトル 農学研究
47巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信| 高須 謙一|
発行日 1959-03
出版物タイトル 農学研究
46巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信| 西門 義一|
発行日 1959-03
出版物タイトル 農学研究
46巻
4号
資料タイプ 紀要論文