このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54542
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The Possibility of Japanese Language Teaching as a Support for International Students
著者
守谷 智美 岡山大学言語教育センター researchmap
抄録
本稿では、近年、日本国内において受け入れが急増している留学生のための支援として、日本語教育にはどのようなことが期待され、どのような役割を果たすべきであるのか検討を行った。留学生の問題や支援に関わる先行研究の外観を通して、日本で学ぶ留学生が抱えやすい問題は多岐にわたっており、その支援のためのアプローチとして予防が重視されていることが示された。また、このような中で、日本語教育には留学生の対人接触の向上を支援することが求められるとともに、日本語教育に携わる者が異文化における留学生の心理に関する知識と理解をより一層深めていく必要性が確認された。
キーワード
留学生
問題
支援
日本語教育
予防的・教育的アプローチ
発行日
2015-12-30
出版物タイトル
大学教育研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Higher Education Okayama University
11巻
出版者
岡山大学グローバル・パートナーズ, 岡山大学教育開発センター, 岡山大学言語教育センター, 岡山大学キャリア開発センター
出版者(別表記)
Global Partners, Center for Faculty Development, Language Education Center, Career Development Center Okayama University
開始ページ
139
終了ページ
150
ISSN
1881-5952
NCID
AA12114090
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
NAID
Eprints Journal Name
bhe