著者 松原 幸子| 大森 誉一| 小正富 知美| 高田 裕子|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
79巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60593
フルテキストURL okadaironkou_12_216_200.pdf
著者 Hayashi, Masako|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1984-03-31
12号
開始ページ 216
終了ページ 200
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 大田 征六|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
79巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 竹内 幹雄| 佐藤 豊信| 目瀬 守男|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
79巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 猪 貴義|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
79巻
1号
資料タイプ 紀要論文
フルテキストURL olj_70_1_(156_109).pdf
著者 山田 哲史|
出版物タイトル 岡山大學法學會雜誌
発行日 2020-08-31
70巻
1号
開始ページ 156
終了ページ 109
ISSN 0386-3050
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL olj_70_1_(108_088).pdf
著者 知念 晃子|
出版物タイトル 岡山大學法學會雜誌
発行日 2020-08-31
70巻
1号
開始ページ 108
終了ページ 88
ISSN 0386-3050
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 杉尾 剛| 田中 剛| 鈴木 裕之| 田野 達男|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 市 隆人| 多田 幹郎|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 村松 幹夫| 大朝 慶樹|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 河本 泰生| 佐藤 勝紀| 木尾 幹広| ヘディアント ヤヌアルソ エディ| 猪 貴義|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 三宅 靖人|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 三宅 靖人|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 小野 清六|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 湯原 正高| 中川 豊|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 佐藤 勝紀| 木尾 幹広| 原谷 昌宏| ヘディアント ヤヌアルソ エディ| 河本 泰生| 猪 貴義|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 猪 貴義| 佐藤 勝紀| 橋谷 かおり|
発行日 1992
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
80巻
1号
資料タイプ 紀要論文
フルテキストURL olj_70_1_(072_058).pdf
著者 小塚 真啓| 小田 啓太|
出版物タイトル 岡山大學法學會雜誌
発行日 2020-08-31
70巻
1号
開始ページ 72
終了ページ 58
ISSN 0386-3050
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL olj_70_1_031_042.pdf
著者 𠮷岡 伸一|
出版物タイトル 岡山大學法學會雜誌
発行日 2020-08-31
70巻
1号
開始ページ 31
終了ページ 42
ISSN 0386-3050
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL bgeou_175_001_012.pdf
著者 片山 美香| 西村 華那|
抄録  本稿では,まず,平成29(2017)年に改訂(改定)された幼稚園教育要領に提示された,これからの時代を生き抜くために幼児教育において育てたい資質・能力としての三つの柱を示すと共に,その育成に際して「言葉」の力を育む重要性について述べた。続いて,3つの資質・能力の育成を目指しつつ,子どもが5領域を通じた経験を積み重ねることによって幼稚園修了時に育まれるとされる「言葉による伝え合い」に焦点を当て,幼稚園生活における「言葉による伝え合い」の場と年齢別の姿を描出した。さらに,幼稚園生活の中でほぼ毎日,「言葉による伝え合い」を交えて実践されている「振り返り」の時間を取り上げ,幼児や教師にとっての意義,及び有用な「振り返り」に求められる教師の専門性について論じた。幼児にとっては,ある体験の前後で自らの違いに気付いて学びを自覚したり,小学校での学び方の型を身に付けたりする機会として,教師にとっては新たな幼児理解,適切な環境構成の手がかりとしての意義があることを論じた。
キーワード 言葉による伝え合い 振り返り 幼稚園 教師 言語力の育成
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2020-11-27
175巻
開始ページ 1
終了ページ 12
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher