著者 Leonard, Julian|
発行日 2012-12-25
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
58巻
資料タイプ 紀要論文
著者 Gathge, Roderich|
発行日 2012-12-25
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
58巻
資料タイプ 紀要論文
著者 Gardner, Scott|
発行日 2010-10-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
145巻
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) 対話型ジャーナルから見たライティング初心者の日本人大学生が直面する困難とその支援
フルテキストURL Journ_Sci_Sch_010_103_112.pdf
著者 Kondo, Yoshiko| Takatsuka, Shigenobu| Gardner, Scott|
抄録 プロセスライティング法を使った2005年から2007年の日本の大学での英文ライティングの授業で,初級クラスの学生による, ライティング前/ ライティング/ ライティング後のそれぞれのプロセスにおけるトピックの選定, ブレインストーミング,アイデアの構成,初稿作成,ピアレビュー,書き直し,最終稿作成といった段階に関連して対話型ジャーナル(感想の記録)を書く課題の分析を通して, ライティング初心者の日本人大学生が直面する問超を考察した。その結果, ライティング初心者はそれぞれの段階において様々な問題をかかえることが明らかになった。これらの問題を軽減するために必要なライティング指導について論じる。
キーワード 対話型ジャーナル ライティング初心者 ライティングの困難点 EFLライティング指導
出版物タイトル 教育実践学論集
発行日 2009
10巻
開始ページ 103
終了ページ 112
ISSN 1345-5184
言語 English
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/15229
タイトル(別表記) 加温後のtsAF8細胞の細胞周期
フルテキストURL 012_2_101_106.pdf
著者 澁谷 光一| 川崎 祥二| 黒田 昌宏| 浅海 淳一| 加藤 博和| 平木 祥夫|
抄録 Thermotolerance in tsAF8 cells develops during incubation at 34℃ after heating at 45℃, while it is suppressed by the following incubation at a non-permissive temperature of 39.7℃ after the same heating. The incubation temperature after heating may affect the cell cycle and consequently thermotolerance. In the present study, a relationship between the thermotolerance and the cell cycle of tsAF8 was investigated. The cell cycle fractions and DNA synthesis were measured by flow cytometry using double staining with propidium iodide and bromodeoxyuridine. When the tsAF8 cells were heated at 45℃ for 20 min, and thereafter incubated at 34℃, bromodeoxyuridine uptake in the S phase cells (DNA synthesis) was recovered to 65.1% 6 h after the heating, and the cells showed gradual accumulation in the G(2)/M phase. When the cells were incubated at 39.7℃ after heating at 45℃ for 20 min, then showed inhibition of thermotolerance development, the DNA synthesis was recovered to 15.1% temporarily 6 h after the heating, but it became 0% after 12 h, and the cells did not remarkably accumulate in any phases of the cell cycle. This inhibition of DNA synthesis at 39.7℃ was considered to be the result of cell survival decreasing by a step-down heating. However, the relationship between the thermotolerance and the cell cycle was not found out in tsAF8 cells, because the cells did not accumulate in any phases of the cell cycle under the inhibitory condition of thermotolerance.
抄録(別表記) tsAF8細胞は45℃の加温後34℃で培養すると温熱耐性が速やかに発現するが,加温後,制限温度である39.7℃で培養すると温熱耐性の発現が抑制される。加温後の培養温度が細胞周期に影響し,その結果として温熱耐性発現に影響を与えている可能性があることから,今回,Propidium Iodide(PI)とbromodeoxyuridine(BrdU)でtsAF8細胞を二重染色し,フローサイトメトリーによって温熱耐性と細胞周期の関係の有無について調べた。tsAF8細胞を45℃20分の加温後34℃で培養すると,6時間後にはG(1)期の細胞が減少し,12時間後にはG(2)/M期への蓄積が見られた。しかし,加温後39.7℃で培養した場合には細胞周期の進行がほとんど見られなかった。BrdU の取込みは,加温せずに39.7℃で培養した場合には活発に行われ,また,45℃20分加温後34℃で培養した場合には,6時間後にはBrdUの取り込みは65.1%まで回復した。しかし,温熱耐性発現の抑制が観察される45℃20分加温後39.7℃で培養した場合には,BrdUの取込み量は6時間後に一時的に15.1%に回復するが,12時間後には取込み量はゼロとなった。BrdUの取り込みが阻害されたのはstep-down heatingの現象による細胞生存率の減少が原因だと考えられたが,温熱耐性発現の抑制が観察される条件下では細胞周期の特定の時期への集積がなかったことから,温熱耐性と細胞周期との関係はtsAF8細胞においては見い出されなかった。
キーワード thermotolerance (温熱耐性) hyperthermia (ハイパーサーミア) tsAF8 cell cycle (細胞周期)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-03-20
12巻
2号
開始ページ 101
終了ページ 106
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307264
JaLCDOI 10.18926/15215
タイトル(別表記) A Study of Reconstruction of Magnetic Resonance Image
フルテキストURL 013_2_077_082.pdf
著者 加藤 博和| 花元 克巳| 黒田 昌宏| 澁谷 光一| 川崎 祥二|
抄録 磁気共鳴は医学におけるイメージングにおいて重要なモダリティーであり,高度な数学的手法が画像の再構成に取り入れられている。画像再構成の数学的手法および画像再構成にいたるまでの数学的な過程を理解するこは,MRIを学ぶものにとって非常に重要であるが,成書において明確な説明はなされていない。ここでは,MR画像の再構成法を,複素関数と複素フ-リェ係数を用いて導いたので報告する。
抄録(別表記) Magnetic resonance is an important modality for medical imaging, and advanced mathematical techniques are introduced into the reconstruction of images. Clearly understandable explanations of the reconstruction of the MR image and of the mathematical derivation process have not been presented in the texts. Reconstruction of MR image is presented using the complex function and its relevant Fourier coefficients.
キーワード MRI フーリェ変換 (Fourier transform) 画像再構成 (Reconstruction) 周波数エンコード (Frequency encode) 位相画像 (Phase image)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-03-20
13巻
2号
開始ページ 77
終了ページ 82
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307578
JaLCDOI 10.18926/15198
タイトル(別表記) Measurement of sampling time in MRI and reconstruction of MR image
フルテキストURL 014_2_121_128.pdf
著者 加藤 博和| 花元 克巳| 川崎 祥二| 澁谷 光一| 黒田 昌宏| 小山 矩|
抄録 MRIにおいてk-spaceを構築するためにはエコー信号をサンプリング時間に従って採取する必要がある.このサンプリング時間を測定するために,FOV(field of view)の左半分にファントムを置くことにより階段関数となるスピン分布を生成した。得られたエコー信号を,階段関数をフ-リェ変換したときに得られるフ-リェ係数と比較することによりサンプリング時間を求めた。得られたサンプリング時間を用いて,MRI MULTI-TEST PHANTOMをMRI装置でスキャンすることにより得られたエコー信号をサンプリングしk-spaceを構築した。このk-spaceをフ-リェ逆変換することによりMRI MULTI-TEST PHANTOMの画像を再構成することができた。
抄録(別表記) Regarding the construction of k-space in MRI, it is necessary to extract the required data from the echo signals with the rate of sampling time. In order to measure the sampling time, a rectangular phantom was placed on the left side of the FOV in the body coil of an MRI equipment, and got analog signals in the sequence of spin echo. The sampling time was determined by comparing the measured signals with the Fourier coefficients obtained by transforming the step function which was similar to the profile of the FOV. The MRI MULTI-TEST PHANTOM was scanned, and the k-space was constructed with the extracted data from the echo signals with the rate of the determined sampling time. The MRI images of the MULTI-TEST PHANTOM were reconstructed by inverse-transforming the obtained k-space.
キーワード MRI フーリェ変換 (Fourier transform) 画像再構成 (reconstruction) サンプリング時間 (sampling time)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2004-03-31
14巻
2号
開始ページ 121
終了ページ 128
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307209
JaLCDOI 10.18926/15127
タイトル(別表記) Spa therapy and quality of life in patients with bronchial asthma
フルテキストURL 066_072_077.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 保﨑 泰弘| 横田 聡| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 気管支喘息のなかでも,ステロイド依存性重症難治性喘息では,気管支拡張薬その他の抗喘息薬のみでは発作のコントロ-ルが極めて困難であり,したがって副腎皮質ホルモンの長期投与を余儀なくされる。そして,投与薬剤,特に気管支拡張薬の心臓刺激作用や副腎皮質ホルモンの副作用,さらには運動誘発喘息がひき起こされやすいなどの理由により,体動制限が加えられることが多い。このことが,また精神活動の低下へとつながる。したがって,重症難治性喘息患者のQuality of life (QOL)を高めるためには,薬剤の副作用をできるだけ低くするための投与薬剤の減量をはかるとともに,十分な運動のもとに治療を行い全身状態の改善,それにともなう精神活動の活性化をはかる必要がある。かかる観点からすれば,温泉療法は最も理想的な治療法であり,その直接作用(気道への作用:気道浄化作用,気道粘膜正常化作用)により,白,他覚症状の改善,換気機能の改善,気道過敏性の低下などが観察される。また,間接作用(気道以外への作用)により,全身状態の改善,自律神経系の安定化作用,副腎皮質機能の改善作用などが見られる。すなわち,重症難治性喘息に対する温泉療法では,十分な運動のもとに,精神活動の活性化をともなった喘息症状の改善がはかられるため,患者のQOLをより一層高めることができると判断される。
抄録(別表記) Bronchial asthma is in qeneral a disease with good prognosis and can be controlled with usual antiasthmatic drugs. However, there are some patients whose asthma attacks can be controlled only with use of qlucocorticoids. In these patients, adverse side effects of many kinds of drugs containing bronchodilators and qlucocorticoids, and exercise-induced asthma attacks are often observed. Thus, the patients have to keep limitation of exercise during treatment of their asthma attacks, leading to decrease psychical activity. Complex spa therapy for bronchial asthma consists of swimming training in a hot spring pool (exercise), inhalation of iodine salt solution and fango therapy. Spa therapy has two kinds of actions : direct action to airways and indirect action to other organs except airways. The direct action of spa therapy improves subjective and objective symptoms, and ventilatory function, and suppress bronchial hyperresponsiveness. In contrast, improvemment of suppressed function of adrenocortical glands, of mental activity, and of autonomic nerve system is observed as indirect action of spa therapy. These actions play an important role for improvement of QOL of patients with bronchial asthma.
キーワード 温泉療法 (spa therapy) 重症難治性喘息 (lntractable asthma) 運動 (exercise) 精神活動 (phychical activity) QOL
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 72
終了ページ 77
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307919
JaLCDOI 10.18926/15121
タイトル(別表記) 気管支喘息患者の血清コーチゾール値について. 副腎皮質ホルモン投与および年齢との関連
フルテキストURL 066_030_036.pdf
著者 保﨑 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Serum cortisol levels were examined in 94 patients with bronchial asthma in relation to dose of glucocorticoids and age. 1. The level of serum cortisol was significantly lower in group A patients, treated with glucocorticoids (prednisolone of 5mg/day or more) for more than 2 years, (2.4±1.2mcg/㎗) than in group B, treated with glucocorticoids (prednisolone of 5mg or less) for less than 2 years, (6.8±3.7mcg/㎗) (p<0.001) and in group C, treated without glucocorticoids, (12.6±3.9mcg/㎗) (p<0.001). The serum cortisol level was also significantly lower in group B than in group C (p<0.001). 2. The level of serum cortisol was significantly lower in patients over the age of 70 compared to that in those aged between 0 and 39 years (p<0.01) and those between 40 and 49 (p<0.05), and those between 50 and 59 (p<0.02). The level was also lower in patients between 60 and 69 compared to that in those between 0 and 39, however, this was not significant. These results demonstrate that the level of serum cortisol decreases by long-term glucocorticoid regimen and with aging.
抄録(別表記) 気管支喘息94例を対象に,副腎皮質ホルモン投与および年齢との関連のもとに,血清コーチゾール値の変動を観察した。まず副腎皮質ホルモンの投与量および投与期間により以下の3群に分けて検討した。グループA :副腎皮質ホルモン,プレドニソロンに換算して1日5mg以上を2年間以上にわたり使用している症例,グループB:プレドニソロン1日5mg以下で2年間以内の使用症例, グループC:副腎皮質ホルモンを全く使用していない症例。その結果,グループAの血清コーチゾ-ル値(2.4±1.2mcg/㎗)は,グループB (6.8±3.7mcg/㎗)(p 0.01)やC(12.6±3.9mcg/㎗)(p 0.001)に比べ有意に低い値であった。2、グループCでは,70才以上の症例の血清コーチゾ-ル値は,0-39才の症例(p 0.0l),40-49才の症例(p 0.05),そして,50-59才の症例(p 0.02)に比べ有意に低い値であった。これらの結果は,血清コーチゾール値は,副腎 皮質ホルモンの投与量や投与期間以外にも、加齢による影響を受ける可能性を示唆している。
キーワード serum cortisol level (血清コーチゾール) bronchial asthma (気管支喘息) clinical asthma type (臨床病型) glucocorticoids (副腎皮質ホルモン) aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 30
終了ページ 36
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307345
JaLCDOI 10.18926/15120
タイトル(別表記) 老年者気管支喘息の各臨床病型における換気機能の特徴
フルテキストURL 066_021_029.pdf
著者 保﨑 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Ventilatory function was examined in 55 patients with asthma (25 older patients over the age of 60 and 30 younger patients under the age of 59) in relation to four clinical types classified by clinical symptoms and signs. 1. Regarding cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, number of BAL neutrophils was significantly increased in type II, bronchiolar obstruction type, of older and younger patients compared to that in type la-1 and type la-2 of same patients. In contrast, BAL eosinophilia was observed in type la-2 of both older and younger patients and in type Ib of younger patients. 2. The values of % FVC, FEV(1.0%) and % PEFR were not significantly different among four clinical types of asthma and between older and younger patients, although the values of these ventilatory parameters in type II asthma showed a tendency to be lower compared to other clinical types. 3. The values of % MMF, % V(50), and % V(25), showing ventilatory dysfunction of small airways, were lowest in type II asthma of both older and younger patients among four clinical types. A significant difference in these ventilatory parameters of type II asthma compared to type la-1 asthma was observed in younger patients, but not in older patients. These results show that ventilatory dysfunction of small airways is related to clinical asthma types in younger patients, and to aging rather than asthma types in older patients.
抄録(別表記) 気管支喘息55例(老年症例-65才以上-25例,若年症例-59才以下-30例)における換気機能の特徴について,各臨床病型別に検討を加えた。1.まず対象症例の臨床病型の病態的特徴を,気管支肺胞洗浄(BAL)液中の細胞成分で検討 すると,Ⅱの細気管支閉塞型の症例では,好中球の増加が,またIa-2やIbの過分泌型の症例では好酸球の増加が特徴的であった。2.% FVC,FEVL(1.0%),% PEFRなどの換気パラメーターは,Ⅱ型において他の病型に比べ低値を示す傾向は見られたが,各病型間に有意差は見られなかった。3.% MMF,% V(50),% V(25)などのどちらかと言えば小ないし細気管支領域の換気障害を示す換気パラメーターの値は,老年および若年症例ともⅡ型(細気管支閉塞型)において最も低い値が示された。そして,若年症例では,Ⅱ型の症例においてこれからの換気パラメーターの値は,Ia-1型(単純性気管支攣縮型)に比べ有意に低い値を示した。しかし,老年症例ではⅡ型におけるこれらの換気パラメータ-の値は,他の臨床病型との問に有意の差は見られなかった。
キーワード Ventilatory function (換気機能) Clinical asthma type (臨床病型) BAL cells (BAL細胞) aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 21
終了ページ 29
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308008
JaLCDOI 10.18926/15117
タイトル(別表記) ダニ喘息における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離の加齢による減少
フルテキストURL 066_001_007.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 保﨑 泰弘| 横田 聡| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Histamine release from bronchoalveolar cells induced by house dust mite (HDm) was compared in patients with atopic asthma sensitive to HDm in relation to age. 1. Total cell number in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was larger in patients over the age of 40 years (9.10×10(6)) than in those aged between 20 and 39 years (6.25×10(6)), however, this was not significant. 2. Number of BAL eosinophils was not significantly different between the two age groups. 3. Number of BAL basophilic cells was significantly higher in younger patients (20-39 years) (1.85±1.03×10(2)/mℓ) than in older patients (40+ years) (0.39±0.24×10(2)/mℓ) (p<0.001). 4. Histamine release from BAL cells induced by HDm was significantly higher in younger patients (38.1±24.8%) than in older patients (0%) (p<0.001). These results suggest that histamine release from BAL cells in patients with HDm allergy decreases with aging.
抄録(別表記) ダニ喘息14例を対象に,ハウスダストエキスによる気道遊走細胞からのヒスタミン遊離と加齢との関連について検討を加えた。1.気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数は,20-39才の症例群(6.25×10(6)) に比べ,40才以 上の症例群(9.1×10(6)) でやや多い傾向が見られたが,推計学的には有意差は見られなかった。2.BALF中好酸球数は,20-39才と40才以上の症例群間に差は見られなかった。3.BALF中好塩基性細胞数は,40才以上の症例群(0.39±0.24×10(2)/mℓ)に比べ,20-39才の症例群(1.85±1.03×10(2)/mℓ)において有意に多い傾向が見られた(P<0.001)。4.ハウスダストエキスによるBALF中細胞からのヒスタミン遊離は,40才以上の症例群(0%) に比べ20-39才の症例群(38.1±24.8%)において有意に高い結果が得られた(P<0.001)。これらの結果より,ダニ喘息(アトピー型喘息)における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離は,加齢とともに減少することが示唆された。
キーワード Bronchial asthma House dust allergy Histamine release Bronchoalveolar cells
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307845
JaLCDOI 10.18926/15091
タイトル(別表記) Ⅱ型喘息(細気管支閉塞型)と気管支肺胞洗浄液の好中球数
フルテキストURL 067_079_084.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 横田 聡| 柘野 浩史| 竹内 一昭| 名和 由一郎| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Bronchial asthma is classified into three types ; type Ia (Ia-1 and Ia-2), type Ib, and type Ⅱ, by clinical symptoms (clinical diagnosis). Asthma is also classified by clinical findings and examinations (score diagnosis). Both classification systems show that markedly increased proportion of BAL neutrophils and marked decrease in % V25 value are characteristic of type Ⅱ, bronchiolar obstruction, asthma. However, there are some type Ⅱ asthma patients without BAL neutrophilia. In these patients, age is higher compared to those with BAL enutrophlia. Decrease in FEV1.0% value and decrease in the proportion of BAL lympocytes and serum IgG level, are not so remarkable as decrease in those with BAL neutrophilia. It has been suggested that type Ⅱ asthma with BAL neutrophilia correlates with suppression of humoral and cellular immunity, and same type of astma without BAL neutrophilia is in part caused by aging.
抄録(別表記) 気管支喘息は,その臨床症状より,Ia型(Ia-1およびIa-2),Ib型およびⅡ型の3つの病型に分けることができる(臨床分類)。また,同時に臨床所見および検査により分類することができる(スコアー分類)。いずれの分類においても,BAL液中の好中球の著増および高度な% V25値の低下がⅡ細気管支閉塞型の特徴的所見である。しかしながら,BAL液中の好中球の増加をともなわないⅡ型喘息が存在することが明らかにされている。これらの症例では,BAL液 中好中球増加をともなう症例に比べ平均年齢が高い。しかし,FEVl.0% 値、BAL液中リンパ球頻度や血清IgG値などは、好中球増加をともなう症例ほどの低下傾向は見られない。これらの結果はBAL液中好中球増加をともなうⅡ型z喘息の発症機序には、液性および細胞性免疫能の低下が、また、BAL液中好中球増加をともなわないⅡ型喘息では、加齢がある程度関連していることを示 している。
キーワード Asthma classification (喘息分類) BAL lymphocytes (BALリンパ球) BAL neutrophils (BAL好中球) % V25 value Ⅱ型喘息
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 79
終了ページ 84
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307924
JaLCDOI 10.18926/15088
タイトル(別表記) サーモグラフィーによる体表面温度の測定
フルテキストURL 067_063_070.pdf
著者 保崎 泰弘| 名和 由一郎| 竹内 一昭| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 横田 聡| 光延 文裕| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Body Surface Temperature was observed by thermography. The surface temperature of a healthy person's lower limbs, after being cooled in a water bath, increased in parallel with time. Patients with Diabetes Mellitus had different patterns in the rate of increase of the surface temperature. After cold loading, one patient had a 99% recovery ratio of surface temperature, the same level as healthy volunteers (83%, and 88%), as calculated by a picture processing program with the computerized thermotracer. However, the recovery ratio of other patients was poorer, ranging from 56% to under 6% recovery. This measurement of elevation of body temperature is useful for the estimation of peripheral blood flow in patients with lower limbcirculation failure.
抄録(別表記) 健常人並びに糖尿病患者を対象にして下肢の体表面温度を測定した。測定にはサーモグラフィーを用い,得られた画像の数値化にはコンピュータを用いた画像処理システムを利用した。健常人を用いた実験では,20℃の水を用いた冷水負荷を5分間行うことにより,冷水負荷後,下肢の体表面温度は時間とともに上昇して30分後に良好な回復を得ることができた。画像処理により28℃以上の体表面温度を呈した下肢の面積を負荷前と比較したところ,回復率は,2名の健常人についてみるとそれぞれ83%,88%であった。27℃で画像処理を行った場合には回復率は93%となり過大評価される可能性があった。また,29℃で画像処理を行ったところに,逆に,64%となり過少評価される可能性があり,28℃が最も良い条件であった。この様な条件下で,糖尿病患者7名について同様に測定を行ったところ,1名は健常人と同じく99%の良好な回復率を呈した。しかし,他の1名は56%であり,残りの,5名は6%以下であった。この様に,糖尿病患者では,下肢の体表面温度の冷水負荷後の回復率に顕著な差を認めた。この差は,糖尿病患者における,末梢循環障害の程度を反映しているものと考えられた。この様にコンピュータを用いた画像処理システムの応用によりサーモグラフィーの画像は数値化することが出来,測定結果はより客観的に据えることが可能となった。画像処理されたサーモグラフィーは下肢の循環障害を持つ患者の末梢血流量の評価に有用な測定方法であると考えられた。
キーワード Thermography (サーモグラフィー) Diabetes Mellitus (糖尿病) Peripheral Circulation (末梢循環) Cold Loading (冷水負荷)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 63
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307566
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60148
フルテキストURL okadaironkou_31_142_130.pdf
著者 宮崎 和人|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 2003-03-31
31号
開始ページ 142
終了ページ 130
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 40005896068
タイトル(別表記) On Suspicion as a Kind of Possibility
フルテキストURL jfl_072_001_012.pdf
著者 宮崎 和人|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2019-12-20
72巻
開始ページ 1
終了ページ 12
ISSN 0285-4864
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 40022110113
JaLCDOI 10.18926/CTED/58128
タイトル(別表記) 岡山大学教育学部特別支援教育教員養成における米国での海外研修プログラム
フルテキストURL cted_010_165_181.pdf
著者 OHTAKE, Yoshihisa| CHEATHAM, Gregory| TANJI, Takayuki|
抄録 This article delineates a faculty-led study abroad program that has been conducted for 15 years by a special needs education (SNE) teacher preparation program in Japan. A description of the content and context of the program is followed by a series of observations made by study abroad participants during site visits in the United States of America (U.S.). Finally, suggestions are proposed for how participants’ observations may be used to help them review the values and beliefs embedded in SNE practices in Japan in a way that sublates contradicting values and beliefs between the U.S. and Japan as a means of developing better practices in Japan.
抄録(別表記) 本稿は、岡山大学教育学部学校教育教員養成課程特別支援教育コース・専修学生を対象に行われている米国での海外研修プログラムの意義と課題について論じたものである。まず、プログラム実施の背景と目的、内容について述べた。続いて、海外研修に参加した学生の中で共通して浮かび上がる意識体験を描写し、その意味について論じた。最後に、参加学生が日本の特別支援教育実践の新たな価値を発見できるような授業の在り方について、若干の考察を試みた。
キーワード faculty-led study abroad program (海外研修プログラム) special education (特別支援教育) teacher preparation (教員養成)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2020-03-20
10巻
開始ページ 165
終了ページ 181
ISSN 2186-1323
言語 English
著作権者 Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58116
タイトル(別表記) The Relationship between Word Play and Reading Fluency of Hiragana Words in Preschool Children
フルテキストURL cted_010_027_037.pdf
著者 横山 萌| 丹治 敬之|
抄録 本研究は,年長児のことば遊び,長音表記知識,およびひらがな単語読字の流暢性との関連を明らかにすることを目的とした。年長児40 名を対象に,文字を使ったことば遊びである“ことばのかくれんぼゲーム”,かな読み中後期の発達課題である,ひらがな長音単語の表記知識課題,ひらがな単語速読課題を実施した。各課題の相関から,ひらがな単語速読成績と長音表記選択課題の分節回答成績で有意な関連が認められた。また,ことばのかくれんぼゲーム成績,長音表記選択成績,月齢を独立変数,ひらがな単語速読成績を従属変数とした重回帰分析の結果,ことばのかくれんぼゲームの「部分文字列」成績と月齢が有意な予測変数として抽出された。本研究から,年長児におけるひらがな単語読字の流暢性には,ことばの音韻操作を駆使してことばを見つける力や,有意味な文字列をすばやく見つける力を必要とされるような,ことば遊びが関与することが示唆された。
抄録(別表記) in preschool children. Forty 5-6 aged children participated in the study, and we assessed on three skills: orthographic knowledge of long-vowel words, reading fluency, word play. The results of correlation analysis showed that orthographic knowledge of long-vowel words was moderately related to reading fluency. In addition, the results of multiple regression analysis showed that age and scores of word play variables were predictors of reading fluency. The findings provide further evidence for the relationship between reading fluency and word play that were demanded th e skills of phonological manipulatio n and word search.
キーワード 年長児 (Preschool children) ひらがな単語の読字 (Hiragana Word Reading) ことば遊び (Word Play) 流暢性 (Fluency)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2020-03-20
10巻
開始ページ 27
終了ページ 37
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/fest/58060
タイトル(別表記) Efficient modelling of 3-d finite element mesh formation with use of 3-d topographic survey
フルテキストURL fest_025_001_004.pdf
著者 金重 稔| 西村 伸一| 柴田 俊文| 珠玖 隆行|
抄録 In this decade, 3-dimensional topographic survey has been developed by using the UAV as like drones. With the technique, the complete topographies of the geo-structures can be measured. Although the accurate shapes of the geo-structures can be obtained, the numerical methods as like the finite element method is are not related to the 3-dimensional survey directly. In this research, the finite mesh modelling technique with use of the 3-D topographic survey is developed. The models of the earth-fill embankments formed from measured 3-D data are introduced as the examples.
キーワード 3-dimensional survey UAV finite element mesh modelling
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2020-03
25巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 4
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/OLR/55425
フルテキストURL olr_019_001_008.pdf
著者 米山 毅一郎|
出版物タイトル 臨床法務研究
発行日 2017-09
19巻
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 1881-1485
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006355730
JaLCDOI 10.18926/CTED/54932
タイトル(別表記) Analysis of the Effective Conditions on Social Narratives (SN) Interventions outcomes : Focus on Communication Skills and Social Skills.
フルテキストURL cted_007_071_080.pdf
著者 丹治 敬之| 吉光 美陽|
抄録  本研究は,諸外国のソーシャルナラティブ(SN)介入研究論文14 編35 事例を分析対象とし,コミュニケーションスキルや社会的スキルの介入効果に影響を与える条件を検討した。本研究の結果から,以下4 点の示唆を得た。1 点目は,認知能力が平均下から平均上の発達水準の対象児が多い点である。2 点目は,標的行動はコミュニケーションスキル(例:会話)に比べて,社会的スキル(例:集団参加,ルールやマナーを守る)において介入効果が高い点である。3 点目は,SN と他の介入方略(例:プロンプト,ビデオモデリング等)を組み合わせることで効果が高まる点である。4 点目は,対象児の好み,社会的動機づけ,標的行動の社会的強化が介入効果を高める要因になり得る点である。最後に,他者との対話や振り返りによる学びや本人の語りを反映させたSN 介入の必要性,自己指導文や空欄文の活用,体験と学習の関連づけを高めることの可能性について論じた。
抄録(別表記)  The present study analyzed an effect sizes of thirty-five participants in fourteen Social Narratives(SN) interventions research, examining the effective conditions on communication skills and social skills. The results suggested the following four points. First, Most participants had the high or average level of cognitive functioning. Second, intervention effects of social skills (i.e. participation, following) were higher than those of communication skills (i.e. conversation). Third, SN intervention effec ts could increase by using other intervention strategies (e.g. prompting, video modeling). Finally, other variables of participants’ preference, social motivation, and social reinforcement of target behavior could enhance SN intervention effects. Moreover, the use of self-coaching sentences or partial sentences, exploring connections and implications were discussed to improve maintenances and generalizations of intervention effects.
キーワード ソーシャルナラティブ (Social narratives) コミュニケーションスキル (Communication skills) 社会的スキル (Social skills) 社会的強化 (Social reinforcement) 社会的動機づけ (Social motivation)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2017-03-27
7巻
開始ページ 71
終了ページ 80
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2017 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher