JaLCDOI 10.18926/ESR/58574
タイトル(別表記) Computation of non-linear site response by the time-domain finite-difference method
フルテキストURL esr_026_001_017.pdf
著者 鳥越 友輔| 小松 正直| 竹中 博士|
抄録 We have developed a time-domain staggered-grid finite-difference code for modeling non-linear response of a one-dimensionally inhomogeneous subsurface structure to a SH plane-wave incidence. It employs the velocity-stress formulation of elastodynamic equation for the linear part, and adopts a elastoplastic rheology model for the non-linear relation between the stress and strain. In this paper, we apply this code to four constitutive models from linear-elastic to nonlinear: (1) linear elastic model, (2) linear viscoelastic model, (3) elastoplastic model, and (4) viscoelastoplastic model, which simulate shallow sand and clay structures and are vibrated by a vertically incident SH plane-wave of Ricker wavelet, to compare the linear and the non-linear soil behaviors including low strains damping (viscoelastic effect) and/or hysteretic attenuation (non-linear effect). We also apply it to a local strong-motion record of the 2000 Western-Tottori earthquake (MW6.8). We then simulate characteristics of non-linear site response such as reduction of the spectral amplitude in the high frequency band and shift of the peak frequencies to lower frequencies.
キーワード finite-difference method non-linear site response strong motion
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2019-12-27
26巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 17
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2019 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/58117
タイトル(別表記) Parents’ Involvement and Self-determination in Junior High School Students’ Club Decision Making and its Effect on the Independence and Adaptability of University Students
フルテキストURL cted_010_039_047.pdf
著者 青木 多寿子| 奥村 弥生| 森田 愛望|
抄録 本研究の目的は,中学時代の部活選択における親の関与と自己決定のあり方が,大学入学後の自立や適応にどう関連するかを明らかにすることである。大学生に質問紙調査を実施し,180 名からデータを得た(男性70 名,女性110 名)。分析の結果,中学部活選択における親の関与は,大学時の親への依存の高さ,精神的自立の一要素である判断責任性の低さと関連することが示された。また,大学生活満足度については自己決定と性別の交互作用が認められ,女性の場合に自己決定が高いと大学生活満足度が高いことが示された。以上の結果より,中学の部活選択が,時間を経た大学時における自立や適応に関連している可能性が示された。中学から大学にかけては,親子関係が変化していく心理的離乳の時期に当たり,その初期である中学時点において,親が関与しすぎず,親子関係の変化に対応していくことが,その後の大学時点での自立に重要である可能性が示唆された。
抄録(別表記) university life. In conclusion, junior high school students’ club decision making related to their level of independence and adaptability to university life despite the passage of time between the two stages. During junior high school, an early stage of psychological weaning, it is important that parents limit their decisionmaking involveme nt and focus on building lasting rel ationships.
キーワード 青年期の親子関係 (parent-child relationship in adolescence) 親からの自立 (independence) 心理的離乳 (psychological weaning) 親の関与 (parents’ involvement) 自己決定 (self-det ermination)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2020-03-20
10巻
開始ページ 39
終了ページ 47
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) Study on the Teaching Strategy of an Junior High School and Improving the Program for Training Students to be teachers of University (1) : In the Case of Japanese Language, Arithmetic, Science and Social Studies
フルテキストURL bgeou_167_111_119.pdf
著者 土屋 聡| 岡崎 正和| 宇野 康司| 飯田 洋介| 桑原 敏典|
抄録  本研究は,教科内容構成の考え方に基づいて中学校の授業づくりのあり方を検討するとともに,それをふまえることで大学の教員養成プログラムの授業が具体的にどのように改善されるかを明らかにしようとしたものである。教科内容構成とは,教員養成において従来から課題とされてきた教科の内容に関わる知識・技能と教科の指導法に関わる知識・技能の分離という問題を克服するために提案されたものである。教科内容構成は,教科の内容と指導法に関わる知識・技能を統合し,それらを応用して,教師が自ら「どのような内容をどのように教えるべきか」を考え,授業づくりに取り組むことができるようになるための考え方を示すものであり,本研究では教員養成プログラムにおける具体的な授業プランを提示してそれを明らかにしていく。本稿では,特に,中学校の国語科,数学科,理科,社会科を事例として論じていくことにしたい。
キーワード 教科内容構成 中学校 教員養成 教科教育
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-02-23
167巻
開始ページ 111
終了ページ 119
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006401588
タイトル(別表記) Study on the Teaching Strategy of an Elementary School and Improving the Program for Training Students to be Teachers of University (1) : In the Case of Japanese Language, Arithmetic and Science
フルテキストURL bgeou_167_091_099.pdf
著者 土屋 聡| 岡崎 正和| 宇野 康司| 桑原 敏典|
抄録  本研究は,教科内容構成の考え方に基づいて小学校の授業づくりのあり方を検討するとともに,それをふまえることで大学の教員養成プログラムの授業が具体的にどのように改善されるかを明らかにしようとしたものである。教科内容構成とは,教員養成において従来から課題とされてきた教科の内容に関わる知識・技能と教科の指導法に関わる知識・技能の分離という問題を克服するために提案されたものである。教科内容構成は,教科の内容と指導法に関わる知識・技能を統合し,それらを応用して,教師が自ら「どのような内容をどのように教えるべきか」を考え,授業づくりに取り組むことができるようになるための考え方を示すものであり,本研究では教員養成プログラムにおける具体的な授業プランを提示してそれを明らかにしていく。本稿では,特に,小学校の国語科,算数科,理科を事例として論じていくことにしたい。
キーワード 教科内容構成 小学校 教員養成 教科教育
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-02-23
167巻
開始ページ 91
終了ページ 99
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006401586
タイトル(別表記) A Study on “Subject Contents Organization (SCO)” for Teacher Training Program in the Faculty of Education, Okayama University : Practice and Assessment of SCO in Elementary School and Junior High School Teacher Training Curriculum
フルテキストURL bgeou_167_079_089.pdf
著者 佐藤 園| 岡崎 正和| 宇野 康司| 斉藤 夏来| 土屋 聡| 尾島 卓| 三島 知剛| 後藤 大輔| 佐藤 大介| 高塚 成信|
抄録  岡山大学教育学部・教師教育開発センターは,平成23 ~ 27年度「教員の資質向上に寄与する『大学と学校・教育委員会の協働』の実現−学校教育改善との連動で教員養成教育を進化させる−(先進的教員養成プロジェクト)」に取り組んだ。その中の教科構成学開発事業では,本学部で独自に構築・実施しているコア・カリキュラムの中での教科内容構成のあり方について,2つのプロセスから研究を行った。本稿では,平成26年度に学部教育全体で取り組んだ「教科内容構成要素に関するシラバス記述」と,部会員が平成26・27年度に授業を実践した小・中学校の教職および教科に関する科目(数学・理科・家庭科・国語科)の受講生に対して実施した「教科内容構成力」に関するアンケート調査の分析から,本学部の教科内容構成研究の特徴と課題について検討した。
キーワード skills of subject contents organization subjects related to the field of specialization and the teaching profession elementary school and junior high school teacher training program
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-02-23
167巻
開始ページ 79
終了ページ 89
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006401585
フルテキストURL kokugo_031_001_011.pdf
著者 土屋 聡|
出版物タイトル 岡山大学国語研究
発行日 2017-03-20
31巻
開始ページ 1
終了ページ 11
ISSN 2189-5414
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006223687
JaLCDOI 10.18926/ESR/54116
タイトル(別表記) Application of simulated annealing to focal mechanism determination
フルテキストURL esr_022_1_009_023.pdf
著者 小松 正直| 竹中 博士|
抄録 Simulated annealing (SA) is known as one of the efficient methods for global optimization. It allows for getting an optimal solution by jumping out of local minimum. In this paper, we apply the simulated annealing to determination of focal mechanism solution. To investigate the feasibility of the application, we determine focal mechanism solution of the 14 March 2014 Iyo-Nada intermediatedepth earthquake. The computation of SA method is then 1278 times faster than that of the grid search method.
キーワード focal mechanism solution
出版物タイトル Okayama University Earth Science Report
発行日 2015-12-27
22巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 23
ISSN 1340-7414
言語 Japanese
著作権者 © 2015 by Okayama University Earth Science Reports Editorial Committee All Rights Reserved
論文のバージョン publisher
NAID 120005728632
JaLCDOI 10.18926/fest/52227
タイトル(別表記) Numerical Evaluation of the Approximation by an Influence Function
フルテキストURL fest_019_001_007.pdf
著者 包 紅梅| 笛田 薫|
抄録 For evaluating statistical models one of the most effective criteria is cross-validation. But it requires a large amount of computation. Various alternative schemes are considered to reduce its computation. Modified generalized information criterion is one of those alternative schemes. In this criterion an influence function is used to estimate the parameters of the models. By the numerical simulation we studied the effect of an influence function.  Surveying data of the lake depth are used as the sample data. We estimate the shape of lake bottom as spline surface. The estimated parameters and the estimated depths obtained by two criteria are compared and the effect of an information function is analysed.
キーワード influence function information criteria CV mGIC B-spline
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2014-03
19巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 2187-6940
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120005394642
JaLCDOI 10.18926/fest/44790
タイトル(別表記) Validation of Dollar cost averaging investment method
フルテキストURL fest_016_001_005.pdf
著者 田路 正幸| 笛田 薫|
抄録 As a method of long term investment for private investor, the dollar cost averaging investment method is well known and seems to reduce the purchase cost because we purchase risk assets with same amount of monye every month, then we purchase many assets when the price of assets is low and few assets when the price is high. On the other hand, if the expectation of the return of the risk assets is positive, we have the maximum expectation of return when we purchase the risk assets with all of money to invest. To reduce the risk of investment, diversified investments are effective. However question whehter we use the dollar cost averaging investment method or investe money all at once to well-diversified risk assets remains. In this study, we validate the effecte of the ddollar cost averaging investment method by Monte Carlo simulation.
キーワード Dollar cost averaging investment Monte Carlo simulation Stock price index
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2011-03-18
16巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 5
ISSN 2185-3347
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002949470
JaLCDOI 10.18926/fest/12816
タイトル(別表記) Statistical modeling for analysis of malaria epidemic behavior at Ishigaki Island
フルテキストURL 13_007_015.pdf
著者 植木 優夫| 中川 祐希| 笛田 薫| 石川 洋文|
抄録 It is necessary to consider a stochastic variability in modeling malaria epidemic behavior since the malaria infection cycle essentially depends on stochastic elements. For this requirement, we need to construct an appropriate statistical model from available data in advance. In this report, we provide some statistical models for the analysis of malaria epidemic behavior at Ishigaki Island. These models can be used for recurrence of past malaria epidemic and prediction of future malaria epidemic at Ishigaki Island.
キーワード Anopheles minimus, generalized liner model Ishigaki Island malaria epidemic behavior prediction stochastic model
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2008-03
13巻
1号
開始ページ 7
終了ページ 15
ISSN 1341-9099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002304876
JaLCDOI 10.18926/fest/11429
タイトル(別表記) Variable selection besed on global score estimation and its numerical investigation
フルテキストURL 012_029_040.pdf
著者 森 裕一| 笛田 薫| 飯塚 誠也|
抄録 A variable selection method using global score estimation is proposed, which is applicable as a selection criterion in any multivariate method without external variables such as principal component analysis. This method selects a reasonable subset of variables so that the global scores, e.g. principal component scores, which are computed based on the selected variables, approximate the original global scores as well as possible in the context of the least squares. Three computational steps are proposed to estimate the scores according to how to satisfy the restriction that the estimated global scores are mutually uncorrelated. Three different examples are analyzed to demonstrate the performance and usefulness of the proposed method numerically, in which three steps are evaluated and the results obtained using four cost-saving selection procedures are compared.
キーワード principal components least square orthogonalization cost-saving selection
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2007-03-15
12巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 40
ISSN 1341-9099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313992
JaLCDOI 10.18926/fest/11428
タイトル(別表記) Socially Responsible Investment to Japanese Companies
フルテキストURL 011_031_041.pdf
著者 池田 陽介| 笛田 薫|
抄録 Recently, Socially Responsible Investment, which is a policy of investment regarding with companies' social, environmental and moral value, attracts attention of investors. However, there are little data to explain the effectiveness of the SIR in Japan. In this paper we report the relation between environmental management and stock price of Japanese companies.
キーワード Socially Responsible Investment Environmental rating Eco fund
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2006-03-15
11巻
1号
開始ページ 31
終了ページ 41
ISSN 1341-9099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313974
JaLCDOI 10.18926/fest/11427
タイトル(別表記) Kernel density estimation on the interval
フルテキストURL 011_027_030.pdf
著者 植木 優夫| 笛田 薫|
抄録 In the field of data analysis, including environmental data, it is important to know the shape of underlying density function. In this case, we often use histogram which provides an information about the board line of density's curve. However histogram can not be the best method when the true density function is continuous, as is often the cases. On the other hand, kernel density estimator is another popular one which gives a continuous function. In some practical cases, however, there is a case that some knowledges about the range of the data are previously given. For instance, data of percentage, such as mortality rate, only takes the values on [0,1]. This paper considers two different modifications in kernel density estimator for the data on known interval and compares them.
キーワード kernel density estimator adaptive bandwidth data on finite interval
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2006-03-15
11巻
1号
開始ページ 27
終了ページ 30
ISSN 1341-9099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313832
タイトル(別表記) Cognition of Solid Figure Size Depending on Learning Stage
フルテキストURL bgeou_173_023_029.pdf
著者 入江 隆| 飯石 佳名子|
抄録 身の回りには様々な立体が存在し,我々はそれらの大きさを認識している。立体の大きさを認識するためにはその形状を理解(推定)し,高さや幅という一次元情報,面積の二次元情報,体積の三次元情報を取得し,それらを情報処理している。本研究の関心は,立体をあらゆる角度から観察できる環境において,それら三情報をどのように利用して大きさ認識を行っているのかということにある。二次元情報と三次元情報は単純な視覚情報だけではなく,立体の正確な形状理解と数学的知識が必要となる。学校教育において図形の学習が行われ,その順序は最初に「一次元認知」,その後「二次元認知」,「三次元認知」へと次元が上がっている。すなわち学習段階によって立体の大きさの認識が変化する可能性がある。本研究では,幼児,小学校低学年,小学校中学年,中学生,大学生を被験者として,立体固有の一次元情報,二次元情報,三次元情報と大きさ認識との関係を明らかにした。
キーワード 立体 大きさ 認識 学習段階
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2020-02-21
173巻
開始ページ 23
終了ページ 29
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) Development of Interactive Learning Material for Internal Stress of a Bending Beam
フルテキストURL bgeou_169_039_045.pdf
著者 入江 隆| 内藤 憲二|
抄録  材料力学は工学初心者にとって理解が容易な分野であるとは言い難い。例えば,中学校技術科教員を目指す学生で,片持ちはりに力を加えた場合にどのような内部応力が発生するのか正しく理解しているものは少ない。本研究では,仮想空間に呈示された片持ちはりに対して,学習者が三次元力覚呈示装置を介して接触し,自ら力を加えて変形させたときの内部応力分布を視覚的に確認できる教材を開発した。内部応力の算出には有限要素法の弾性二次元解析を用いた。自然な力覚呈示には1ms以下の周期が必要とされるが,有限要素法は要素数(節点数)とともに計算時間が増加する。本研究では要素数(節点数)と計算時間の関係を明らかにした上で,力覚呈示の条件を満たす仕様を決定した。結果として十分な分解能を持つ分割要素を組み込んだ教材においても,要求される計算速度を達成できることが確認された。
キーワード はりの曲げ 内部応力 有限要素法 教材 力覚デバイス
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-11-28
169巻
開始ページ 39
終了ページ 45
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) Study on the Teaching Strategy of an Junior High School and Improving the Program for Training Students to be Teachers of University (2) : In the Case of Music, Health and Physical Education, Art, Technology and Home Economics (Field of Technology)
フルテキストURL bgeou_167_121_129.pdf
著者 小川 容子| 原 祐一| 高岡 敦史| 酒向 治子| 山本 和史| 入江 隆| 桑原 敏典|
抄録  本研究は,教科内容構成の考え方に基づいて中学校の授業づくりのあり方を検討するとともに,それをふまえることで大学の教員養成プログラムの授業が具体的にどのように改善されるかを明らかにしようとしたものである。教科内容構成とは,教員養成において従来から課題とされてきた教科の内容に関わる知識・技能と教科の指導法に関わる知識・技能の分離という問題を克服するために提案されたものである。教科内容構成は,教科の内容と指導法に関わる知識・技能を統合し,それらを応用して,教師が自ら「どのような内容をどのように教えるべきか」を考え,授業づくりに取り組むことができるようになるための考え方を示すものであり,本研究では教員養成プログラムにおける具体的な授業プランを提示してそれを明らかにしていく。本稿では,特に,中学校の音楽科,保健体育科,美術科,技術・家庭科(技術分野)を事例として論じていくことにしたい。
キーワード 教科内容構成 中学校 教員養成 教科教育
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-02-23
167巻
開始ページ 121
終了ページ 129
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006401589
著者 Dung, Tran Phuong| 田中 克典| 明石 由香利| Thuy, Duong Thanh| 西田 英隆| 加藤 鎌司|
発行日 2016-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
105巻
資料タイプ 紀要論文
著者 岡本 不二明|
発行日 2012-12-25
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
58巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/CTED/52298
タイトル(別表記) Activity of Health Education at Primary School Attached to the School Education, Okayama University
フルテキストURL cted_004_133_142.pdf
著者 本田 浩江| 北原 和明| 水門 美穂子| 上村 弘子| 棟方 百熊| 宮本 香代子| 門田 新一郎|
抄録  附属小学校において,日頃の保健室で児童との関わりから気づいた課題と体育科保健領域とのつながりを意識しながら,歯・口を題材に,からだの発育発達についての保健指導を行った。同時に,養護教諭養成をになう附属小学校として,保健指導に取り組む際のプロセスを明確にすることを目的に,実践の振り返りを行った。指導計画の作成から実践までの過程を,児童の学び,授業者の反省,学級担任の評価についてまとめ,保健指導の展開にいかす視点を検討したので報告する。
キーワード 養護教諭 保健指導 養護実習
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2014-03-10
4巻
開始ページ 133
終了ページ 142
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2014 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005398262
著者 門田 新一郎| 本多 彩那| 棟方 百熊|
発行日 2013-07-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
153巻
資料タイプ 紀要論文